インターネット大会『バトルオブホウエン』において暴れるであろう「メガボーマンダ」について、どの様に対策するか…受けの面から考察していきます。
※『バトル オブ ホウエン』に関する他の記事は、ページ下部のタグからご覧になれます。

まずはコチラ↓をご覧ください。

「ソルロック@オボンのみ」わんぱくHB252
*意地っ張りメガボーマンダの〈げきりん〉中乱数2発。
*同〈すてみタックル〉+〈げきりん〉をオボン不発のため中乱数。

「ソルロック@アッキのみ」わんぱくHB252
*意地っ張りメガボーマンダの〈げきりん〉中乱数2発。
*同〈すてみタックル〉+〈げきりん〉を確定耐え。







・・・・何なのコイツw?

ルナトーンの物理耐久が低いからわざわざ冷凍ビームを覚えないコイツでマンダを受けようと思ったのに、その物理すら満足に受けられないですか。
一応ようきボーマンダ相手なら確定耐えなんですけど、最速=再降臨時に上を取りやすい=交代不可の逆鱗は撃ちなくない…と言う理由で流星群が多いでしょう。
もちろん特殊耐久の低いソルロックでは耐えられません。
ですから本当にね…陽気マンダの逆鱗を受けられる位で粋がってもらっては困りますよ、ソルロックさんにはww
まあ元々からソルロックに着目したのは消極的な理由からなので、むしろ怪我の巧妙…コレで遠慮なくルナトーンを採用できると言うものです。

「ルナトーン@オボンのみ」[ふゆう]
れいせいH244A4B108C20D132
〈れいとうビーム〉〈トリックルーム〉〈サイコキネシスorだいちのちから〉〈いたみわけorだいばくはつorだいちのちから〉
*陽気メガボーマンダの捨て身タックル乱数1切りでオボン発動→2発目を確定耐え。
*やんちゃメガボーマンダの捨て身タックルをオボン発動し高乱数2耐え。
*同、捨て身タックル+流星群を確定耐え。
*同、逆鱗を確定耐え。
(つまり今環境に増えそうな逆鱗を持たない物理メガボーマンダの攻撃は2耐えする。逆鱗があっても一発は耐えるので鋼で受ければ良い。)

*控え目メガボーマンダの流星群+ハイドロポンプをオボン発動し2連耐え。
*臆病メガボーマンダのハイパーボイス+流星群を高乱数耐え。
(特殊メガボーマンダはほぼ最速なため、ハイドロポンプさえ無ければ2耐えできる。なまいきH244B108D140ならハイボ+ドロポンも高乱数耐え。)

耐久をカツカツに削ってCに回したのですが、それでも無振りメガマンダが冷凍ビームで中乱数(相手がむじゃきなら確定)…ただ捨て身の反動や、トリルで様子見→痛み分けで1ターン誤魔化せば確定圏なので、もっとDに降って良いかも知れません(Bはオボン発動に影響するので固定)。

「ルナトーン@たべのこし」[ふゆう]
なまいきH244A4B124C68D68
〈れいとうビーム〉〈トリックルーム〉〈まもる〉〈いたみわけorだいばくはつ〉
*せっかちメガボーマンダの捨て身タックルを残飯x2込みで2耐え。
*同、捨て身タックル+流星群を残飯x2込みで耐える。
つまり捨て身タックルを受けた後〈まもる〉で回復しつつ、逆鱗の有無を確認しようという型です。
ただ意外と冷凍ビームが知られてなくて、竜舞でもされようものなら目も当てられないのですが…

*臆病メガボーマンダの流星群+ハイドロポンプを残飯x1込み高乱数耐え。
*同ハイパーボイス+ハイドロポンプを残飯x1込み高乱数耐え。
(↑上記2つはなんとダメージ量が完全に一致!オボン型だとハイボでオボン不発になるためドロポンは耐えない。)
特殊マンダに対しては〈まもる〉を挟まずに耐える調整なので確実に〈トリックルーム〉が貼れますね。
トリル下で動きやすいメガクチートやメガボスゴドラとは相性補完も抜群です。

「エアームド@ゴツゴツメット」
わんぱくorのんきH244A4B28C4D228またはH244B20D244
〈はねやすめ〉〈こごえるかぜorがんせきふうじorいわなだれ〉〈のろいorふきとばしorどくどく〉〈ドリルくちばしorステルスロック〉
*1舞ようきメガボーマンダの捨て身タックルを2連耐え。
*無邪気メガボーマンダの捨て身タックル+〈だいもんじ〉を高乱数で耐える。

マンダ受けの真打ちとも言うべき存在ですが、今大会でそれなりに居るであろう特殊型や、大文字の所持を確認したら逃げるしかないですね。
こちらからの打点は凍える風が最高で、それでも1/3削れる程度…。
一貫性重視で岩技にする場合は連続舞いから突破されるため、読みか隙を見て〈のろいorふきとばし〉する必要があり、後続に〈こおりのつぶて〉持ちドンファンを控えさせて置くのが無難です。
凍える風or岩石封じを当ててもバシャーモはまず抜けないのでドリル嘴は主に交代読み…それならステロでも良いでしょうか?
タイプ相性はランターンやラグラージで補完できますが、ドンファン採用ならもう一体はキングドラかブ…ブーピッグでしょうかね(汗。
まあドンファンもエアームドもバシャーモに有効打があるのでルンパッパで良い気もしますが…

「ランターン@シュカのみ」[ちくでん]
ずぶといH148B252
〈れいとうビーム〉〈でんじは〉〈ねっとう〉〈10まんボルトorボルトチェンジ〉
*陽気メガボーマンダの捨て身タックル+シュカ読み逆鱗を確定耐え。
*同、地震をシュカ込みで高乱数2連耐え。

風船を捨て身で割られて地震されるよりもダメージが少なく済むためシュカのみを持たせました。
冷凍ビームを確定耐えされる火力ですが、捨て身の反動ダメや電磁波を挟んで流しに重きを置くなど、〈ふぶき〉を採用する程の問題ではないでしょうね。
一応BC252なら捨て身+地震耐え&1舞逆鱗耐えの耐久と、冷凍ビームで中乱数の火力を両立できます。
またHB特化だと捨て身+地震を確定耐え&逆鱗を中乱数2耐えするので、風船を持たせて地震読み降臨から行動回数を稼ぐのも手ですね。
エアームドの考察でも書きましたが、この2体は好相性…他にはマタドガスorクロバットもオススメです。

「ドサイドン」[ハードロック]
〈れいとうパンチ〉〈じしん〉〈ストーンエッジorロックブラストorがんせきふうじ〉〈ステルスロックorがんせきふうじ〉
1.1倍アイテムを持つだけでメガボーマンダ確1の火力があり(ちなみに冷凍パンチとエッジは同威力)、特性[ハードロック]により逆鱗>地震のダメージ量となるため後出しが安定します。
*H156B100振りで意地っ張りメガボーマンダの逆鱗を高乱数2耐え。
あとは特殊方面をいかに固くするかで…
*H252B36振りで意地っ張りメガボーマンダの逆鱗を高乱数2耐えから、意地っ張り力の鉢巻A216ストーンエッジで確1。
*H252B36D44振りでやんちゃメガボーマンダの捨て身タックル+流星群も高乱数耐えから、帯orプレート意地っ張りA84ストーンエッジで確1&こだわり意地っ張りA136ロックブラストが三発で高乱数。
*H252D140振りで臆病メガボーマンダのハイパーボイス+流星群を高乱数耐えから、帯orプレート意地っ張りA76ストーンエッジで乱数1切り一発。
*慎重D220振りで臆病メガボーマンダのハイドロポンプ乱数2切り耐え&流星群2連耐えだが、A無振りになるためこちらから確1取るには拘り鉢巻が必要。
上記の火力は後出しを前提としていますので、対面で威嚇を貰った場合は最初に岩石封じを入れるか2発撃つ必要があります。

陽気メガバシャーモの〈フレアドライブ〉+〈ばかぢから〉は意地っ張りメガマンダの逆鱗2発と同等の威力ですが、意地っ張りや珠バシャまで考慮するなら腕白H60B252A196にして帯orプレートを持つか、より堅くするならこだわり鉢巻が必要…その際上記特殊耐久ラインを意識しながら残りをBに振ると良いです。
ベストパートナーは格闘・地面・鋼・水に耐性のあるギャラドスで、必要に応じてメガシンカすればランターンやスターミーにも対面から勝てます。

次回はメガボーマンダを上から叩く方法は考察します。
(※既に考察記事をup済み…下記タグから移動出来ます。)