『バトルオブホウエン』ではサンダーやナットレイが使えないので、サイクル重視のメガバシャーモよりは、マンダ対策のめざ氷を入れた珠バシャーモの方が活躍しそうです。
しかしそれでは面白くないので、メガバシャーモを中心としたサイクルパーティをホウエンのポケモンだけで組めないか考察してみようと思います。

バシャサンダナットの強みはサンダーの『ゴツゴツメット』+ナットレイの[てつのトゲ]でバシャーモの全抜き範囲内まで削りつつ、〈はねやすめ〉や〈やどりぎのタネ〉+『たべのこし』で回復できる点です。
その過程でタイプ相性的にバシャーモで受けざるを得ないケースがあるためメガシンカするわけですね。
バシャーモと弱点が被らず、地面+飛行の範囲を受けられるエアームドはゴツメに最適で、コレは確定だと思います。
そしてこの2体に一貫する弱点は水と電気…ホウエンでこの二つを両方受けられるのは草・ラティ兄妹・アズマオウ・ランターンですが、草とラティは氷弱点が辛く、アズマオウは〈つのドリル〉がバシャーモの全抜き体制を作るパーティのコンセプトに反します。
なので〈ボルトチェンジ〉でサイクル戦に適応出来る事も含めてランターンがベストと言う事になりますね。

バシャサンダナットならぬ【バシャランタムドー】と言った所でしょうか。
この3体でサイクルを回すのを中心に、残りのメンバーはこの3体で見られない相手を対策する形で埋める事になりますね。

まずランターンで厳しい水タイプはランターンのミラーをはじめとして、ルンパッパ・アズマオウ・マリルリ・ラグラージ・キングドラなど…ルンパッパはエアームドとバシャーモに受け出し不可で、アズマオウもエアームドが角ドリル無効なら問題ないとして残りの注意点を考えていきます。

対ランターン:
こちらからも〈ボルトチェンジ〉が撃てず、有効打はめざ草のみ…しかも相手も持ってる可能性がある。
相討ちではサイクルが回せず、バシャーモの全抜きに支障が出てしまう点で実質不利と言える。

対マリルリ:
バシャーモの前に容易に出て来て〈じゃれつく〉連打や〈はらだいこ〉→〈アクアジェット〉が厳しく、ランターンの素早さの調整が困難。
受け出し時のバシャーモの攻撃+腹太鼓の消費(オボンで回復)+ボルチェンのダメージ+エアームドのゴツメで処理出来ない事もないが敵の後続次第にはなる。

対ラグラージ:
そのままならエアームドでも受けられるのだが、今大会は雨パの始動要員の可能性もありメガシンカ→〈あまごい〉は受けきれないか。
雨乞いターンにエアームドを出して〈のろい〉を積めば受け切れるが、あちらには特殊型や〈あくび〉もある。
ランターンのめざ草でも半分程度しか削れず地震で返り討ち…風船ちょすいランターンなら勝てそうだが役割放棄。

対キングドラ:
今回は自分で雨乞いして竜技と水技を撃ち分けて来そうなので、エアームドもランターンもあっさり崩される。
眼鏡なら他のポケモンの雨乞い阻止や、ダメージ量で判断して受けられる方にチェンジなどのプレイングも重要になるだろう。

次の問題点として、炎技はバシャーモが一応は受けられますが、エアームドの前に炎タイプが何度も出て来て負担が大きくなる様な事は避けたいため、要注意な炎タイプも考察が必要になります。

対バクーダ:
バシャーモ・ランターンに地震が一貫してしまい、誰も受けられない。
上から水技が撃てるランターンを無償光臨する手段はない上に、バシャーモ・エアームドの前に平気で出て来るので対策必須。

対バシャーモ:
エアームドの前で居座って加速されるとこちらのバシャーモで抜けなくなるので、必ず流す必要がある。
火力が高くランターンも〈フレアドライブ〉+〈ばかぢから〉で沈む。

対キュウコン:
他の天候特性ポケモン不在で有利に動け、増えるかもしれない。
水での対策は厳しく、メガバシャーモが有利に動けそうではあるが〈じんつうりき〉を持ってる可能性が高い。

その他で厄介そうなポケモンはと言うと…

対キノガッサ:
エアームドは素早さに振って居ないため、交換読みでこごえるかぜを当てないと上から〈キノコのほうし〉をされる。
ランターンも交換読みボルトチェンジでバシャーモに代われば処理出来るが、そもそもタスキを持っているので先発でも対面からバシャーモすら眠らされてしまうので対策は必須と言える。

対サーナイト:
メガサーナイトの超火力は半減のエアームドでも受けが困難な上、搦め手で機能停止の恐れもある。
こちらも火力で対抗し、メガバシャーモの確定内まで削るしかない。
ボルトチェンジでエアームドを対面させアイアンヘッドを撃つ事も出来るが…。

対クチート
エアームドからの有効打が無いので剣の舞の起点にされる。
こちらからも〈のろい〉が積めて回復もある分不利と言う事も無いが、こちらからも有効打が無く長期戦となれば急所のリスクはある。
ゴツメをはたき落とされ負担を掛けられた挙げ句、特殊炎辺りに替えられて流されるのも割に合わない。

対ラティアス:
バシャーモ・エアームドは弱点を突かれやすく、メガストーンを持たれるとはたき落とすも効かない。
ランターンも冷凍ビームの火力が低く一致技で突破される。


かなり厳しい相手が多いですね。
これらへの対策については次回考察しようと思います。