アマゴワクチンじゃねーよwww

※訂正終わり(後半に追加記事もあります。)






とうとう夢特性アマルスが配布されます。(あ、夢特性言っちったw)
特性は天候を霰状態にする[ゆきふらし]・・・チゴラスのような進化で特性が変化するケースも考えらましたが、バトルハウスで雪降らしアマルルガが確認済みですのでこれで確定のようですね。

火力的に吹雪<スキン補正ハイパーボイスですので、アタッカーとしては劣りそうです。
霰ダメージ込みなら上回りますがいずれにせよ微々たる差で、シングルでは後攻トンボルチェン(これ自体は弱点多数のアマルルガと好相性)などでダメージ水増し&襷潰しができるパーティでないなら、単体で活かす工夫が要りそうです。
それ以外にも・・・
①〈はかいこうせん〉・〈からげんき〉の超火力
②〈しぜんのちから〉でフィールド技と組み合わせられる(どうせ氷技はフリーズドライもある)。
③砂嵐下で特防アップ。
上記の点で[フリーズスキン]が勝りますね。


さて、先ほど[吹雪+霰ダメージ]でハイパーボイスの火力を超えると言いましたが、敢えて特攻に振らずに霰ダメージの割合を増やすことでこの差は更に広がります。
味方が必中吹雪の恩恵を受けやすいダブルと違って、シングルではこのスリップダメージを重視した型にしたいです。

「アマルルガ@ゴツゴツメット」[ゆきふらし]
のんきHB252orずぶといHB252orHBS調整
〈ふぶき〉〈まもる〉〈でんじはorステルスロック〉〈ストーンエッジorアンコールorどくどく〉
ノーマル・飛行は半減できるのでボーマンダ・ガルーラ・ファイアローに受け出して、ゴツメダメージ+守ると併せて霰ダメージ×2を蓄積させる型です。
*意地っ張りメガボーマンダの捨て身+地震を高乱数耐え(確定じゃないのかよ)。
*いじっぱりメガガルーラの猫騙し+地震確定耐え(そんなシチュエーションは稀)。
*鉢巻ファイアローのフレアドライブ中乱数2発(やる気ないだろ)。
耐久がこんななんで、下手すりゃアローとガルーラからは一発クッションにして逃げるハメになりそうですね・・・展開次第ではありますが。
火力特化しない『無振り両刀』なので吹雪+エッジが無理なく採用できますが、素早さを下げるのが嫌なら1ウェポンで良いと思います。
地面弱点なため流し性能が低くステロを撒く暇がない&逆に〈どくどく〉無効の鋼で受けられやすい事から、もし敵の耐久ポケモンも見る事を想定するなら電磁波+アンコールがベストでしょうか・・・まあ電磁波は他のポケモンで撒いても良いですけど。


次にダブル・トリプルについて・・・天候を霰に変えられるだけで充分な採用価値がありますが、[フェアリースキン]と比較して〈りんしょう〉が使い物にならない代わりに破壊光線がノーマルで撃てます(←は?www)。

「アマルルガ」[ゆきふらし]
〈ふぶき〉〈ほうでん〉〈はかいこうせん〉〈まもる〉 

放電を使える事がユキノオーとの差別化点の一つですので、電気無効特性と吹雪を両立できるアズマオウ・ランターンと組ませれば良いんじゃないでしょうか。
破壊光線の反動も味方の波乗りに巻き込んで落とす事で帳消しにできます。 

追記・・・

またシングルの話に戻るんですが、 他の方の考察でタスキを持って起点作りする型を拝見しました。
耐久が高くても4倍を含む弱点多数なのでタスキもアリなんですね。

「アマルルガ@きあいのタスキ」[ゆきふらし]
ひかえめH4B4C252D4S244
〈ふぶき〉〈ほうでん〉〈ねむる〉〈ねごと〉

とは言えせっかくの耐久ですから、中途半端にHPが削れた場合に眠ってタスキを復帰させる型にしてみました。
有利対面でこちらのHPが少なければ眠るが安定択になりますね。
もしこちらの弱点を突けるポケモンに交代されても、タスキで1回行動できるのでそのまま攻めつつ霰ダメージを余分に蓄積させたり、逆にタスキを残した状態で引っ込めたりする選択肢が生まれます。