【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

アバゴーラ

【悪夢特性】ダイケンキ育成論【シェルアーマー】

ただでさえ他の水タイプとの差別化に難儀すると言うのに、もはや絶望とも言える隠れ特性を賜ってしまったダイケンキについて、『シェルアーマーを活かす』と言う観点から考察しようと思います。
ただし急所で調整を崩される…というのはどのポケモンにおいても痛いことに変わりはないので今回は考慮致しません(まあエッジのような急所ランク↑技を耐える調整を意識するなら意味あるかもですが)。
一応〈シザークロス〉〈ばかぢから〉〈はたきおとす〉〈くさむすび〉など攻撃技の範囲が広いので、あえて水技を切るなら[げきりゅう]は不要になりますが、〈アクアジェット〉があるので厳しいでしょうね。
基本的にシェルアーマーを活用するならメガヤドランの様に耐久積みを急所で突破されるのを防ぐ形になります。

と言うわけで、ダイケンキが覚える耐久↑技をピックアップすると…

〈ありません〉〈みつかりません〉〈ホントにないです〉〈なんなのコイツ〉

…その外見から〈てっぺき〉…いや、せめて〈からにこもる〉くらいは覚えるかと期待したのですが、攻撃技の追加効果まで含めても見事になし…驚きました、その鎧は飾りかよと。
一応6世代の新技〈ないしょばなし〉を習得しましたので、相手の特攻を『1ランク(笑』下げることならできます…勘弁してくれ。

それでは(?)ダイケンキの型紹介に入りましょう。

「ダイケンキ@オボンのみ」[シェルアーマー]
おくびょうHS252
〈まねっこ〉〈アンコール〉〈こごえるかぜ〉〈ねっとうorエアスラッシュetc〉

自分より遅い相手の〈めいそう〉などの積み技を〈アンコール〉する事で、流し際に〈まねっこ〉でその積み技を自分が使う事ができます。
ただし、後攻〈アンコール〉で相手を流した場合は〈まねっこ〉で〈アンコール〉が出てしまうのでその点だけ注意…〈こごえるかぜ〉で素早さを下げてからやると上手くいきやすいです。
他に〈まねっこ〉〈アンコール〉を両立出来るのは「ミミロップ」「プラスル」「マイナン」。
ちなみに自分の鈍足ポケモンが後攻で積み技を使ったターンに毒ダメなどで落ちた場合にも、次のターンに〈まねっこ〉で積み技をコピー出来ます。
特性[がんじょう]のポケモンに火炎玉・毒々玉を持たせるなどすると上手くいきやすいです。
火炎玉を処理出来る〈なげつける〉と〈てっぺき〉を両立する「ドンファン」「ゴローニャ」、何故か〈ドわすれ〉を覚える「ジーランス」、開き直って〈からをやぶる〉「アバゴーラ」あたりがオススメ、確実に後攻で毒落ちを狙うLv.1を使うのもアリですね。

「ダイケンキ@たべのこしorラムのみ」[シェルアーマー]
ずぶといorおだやかHBDS調整
〈まねっこ〉〈まもるorねむる〉〈ねっとうorダイビング〉〈エアスラッシュorメガホーンorアンコール〉

ダブル・トリプルならダイケンキより素早さを1だけ速くした味方を用意して、隣で積み技を使わせる事で〈まねっこ〉でコピー出来ます。
積み技を使うポケモンは誰でも良いのですが、せっかくなら〈とぐろをまく〉〈ちょうのまい〉などの強力な技を選びたいですね。


【ガードスワップ】パーティ考察

前回〈ダメおし〉の考察で取り上げた「エアームド」の、〈ガードスワップ〉で[くだけるよろい]の防御低下を押し付ける戦術が面白そうなので、もう少し掘り下げてコレを要としたパーティを考察してみます。
まず、「エアームド」以外に同戦術を使用出来るポケモンは…

「マグカルゴ」
[くだけるよろい]に加え〈からをやぶる〉の防御低下も〈ガードスワップ〉で押し付ける事ができる。
タイプ的に「エアームド」との相性補完はマズマズだが根本的に種族値が低く、また攻撃面が特殊寄りなためエアームドが押し付けた防御低下を活かせない。

「アバゴーラ」
特性は〈ガードスワップ〉と無関係だが、〈からをやぶる〉〈ばかぢから〉の防御低下を押し付けられる。
こちらは物理攻撃を得意とするが、エアームドと電気弱点が共通する。

この2体のどちらかと「エアームド」を〈ガードスワップ〉要員として採用します。
流石に地面・格闘が共通弱点なので「マグカルゴ」「アバゴーラ」の同時採用は厳しいでしょうか。
これらのポケモンで死に際に〈ガードスワップ〉を放ち、敵の防御低下を後続ポケモンの特性や技で利用する戦略でパーティを組んでゆきます。

それに適う戦術は…
①防御低下した相手を[かげふみ][ありじごく]で交代できなくして処理する。
②防御低下した相手を〈おいうち〉で確実に処理する。
③先制技による不利対面の突破、またそれを背景とした積み。
…といったところでしょうか。
一応「アバゴーラ」は積み技と〈アクアジェット〉を、「エアームド」は〈おいうち〉を覚えます。
その他のメンバーも、それらの戦術に適したポケモンから選択したいです。

「ゴチルゼル」
『こだわりスカーフ』を持たせることで、[かげふみ]で捕らえた相手を先制〈サイコショック〉で逃がさず処理。
自身も〈あまえる〉で相手の防御を下げる役割が果たせ、「アバゴーラ」などの起点作りにもなる。
スカーフトリックができるため〈ちょうはつ〉にも強い。

「ワルビアル」
防御低下した相手を〈おいうち〉で逃がさず狩り、[じしんかじょう]を発動させる。
同戦術を使える「ヘラクロス」「ドンカラス」よりも「ファイアロー」に流されにくい。
もしORASで〈ふいうち〉を習得すればさらに強化されるがどうか。

「ハッサム」
[テクニシャン]補正で〈バレットパンチ〉〈でんこうせっか〉を高威力で放て、〈おいうち〉の威力も安定する。

「ルカリオ」
こちらも〈バレットパンチ〉〈しんそく〉と先制技が得意。〈おいうち〉を覚えない点で「ハッサム」に劣るが、特にメガシンカターンに先制技を撃ちたい事情がある分このパーティとの相性は良い。

「メガヤンマ」
タイプ的に格闘・悪を流しやすく、[いろめがね]で等倍となった〈おいうち〉を決められる。
他に有用な物理技は〈とんぼがえり〉〈きしかいせい〉〈フェイント〉〈ギガインパクト〉程度。

「ゾロアーク」
[イリュージョン]で化けて〈おいうち〉〈ふいうち〉で意表が突ける。
[イリュージョン]の解除条件が攻撃であるためパーティ全体が〈ちょうはつ〉を受け辛くなり、自身も〈リフレクター〉〈おきみやげ〉で起点作りができる。

「ケッキング」
どうせ一発撃ったら[なまけ]で交換するしかないので、遠慮なく『こだわりハチマキ』を持たせて〈おいうち〉する事ができる。

記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ