【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

エレザード

【第六世代】新登場ポケモン全てにダメ出ししていく!その③

XY新登場のポケモンへのダメ出しの続きです。
前回の分はページ下部の[ダメ出し]タグから。

「クズモー」「ドラミドロ」
デザイン:○満足
フェアリー登場に合わせて毒・ドラゴンを出す意図があったのか、モチーフが被ってしまった。ただドット絵時代では有り得ない細長さの良デザインではある。
性能:△地味
やはり遅いドラゴンでは環境に適応出来ない。フェアリーがさほど龍への圧力になっていないのも事実。
進化前:△地味
一応進化前はドラゴンである事を隠しているのだが、そもそもドラミドロが普通に釣れるので台無し。

「ウデッポウ」「ブロスター」
デザイン:◎秀逸
鉄砲エビ→ロブスターが上手くネーミングで繋がっている。触角がハサミに移動してるのもバランス良し。
性能:◎良調整
水の波動の威力が低いのは偶々だが、一致技の威力は上がってないのでゲッコウガの壊れっぷりが分かる。水以外のランチャー使いも欲しい。
進化前:○納得
このポケモンの場合はあえてランチャー以外は小さな変化だけで良い感じ。

「エリキテル」「エレザード」
デザイン:○満足
エレキ+エリマキて上手くパラボラアンテナの要素を入れられたのは上手かった。
性能:○方向性に疑問
特性で三種の天候に対応できるのは面白い。ノーマル複合を爬虫類のコイツでやったのには違和観。
進化前:◎秀逸
進化後を見ないと何の生物だか分かり辛いが、可愛らしい良デザイン。

「チゴラス」「ガチゴラス」
デザイン:◎満足
満を持した化石ドラゴン。アマルルガにも言えるが、体型をモチーフに似せた事が3D化を上手く活かして迫力に繋がっている。
性能:◎良調整
若干の使い辛さがあるのはイメージに合っている。攻撃範囲が広く一定の仕事はでき、あとは夢特性でどう変わるか。
進化前:○満足
チゴラスにガを付けるだけで一気に強そうになるネーミングは素晴らしい。

「アマルス」「アマルルガ」
デザイン:○満足
重量感ある動きで優雅さを表現している。ネーミングに捻りが無いのは残念で、同じく帆がある恐竜オーラノサウルスなら語感がオーロラに似てたのだが。
性能:○納得
致し方ないがやはり氷の耐性がひどくて見直し必須だと思う。あとこの見た目なら一致ジェム使えて欲しかった。
進化前:○満足
何故かまつげが帆になっていて愛らしい。名前でどういう進化をするかバレるが、気づく人は少ないから別に良いのか。

「ニンフィア」
デザイン:○満足
単体でみれば神デザ。ブイズらしくない気もするがそれはエーフィ・ブラッキーもか。
性能:○方向性に疑問
こういう脳筋な火力補強はブイズらしくなくて不満。

「ルチャブル」
デザイン:○満足
飛行格闘はコレしかない、といったデザイン。変態っぽいのは良いのか悪いのかよくわからない。
性能:○納得
本来コイツが格闘のシェアを担うことでブシンを抑えようとしたのだろうが、そもそも格闘をイジメ過ぎた。試験的な意味合いもあっただろうが、フライングプレスの威力はもっと上げて良い。

「デデンネ」
デザイン:○満足
正直初見ではライチュウと被るのが気になった。パチリスやエモンガ程の神デザではないが、まあ慣れれば個性もあってカワイいと思う。
性能:△地味
コイツならではの戦術もあるのだが、せめてマジカルシャインは覚えて欲しかった。マスコット枠とてここまで戦闘力を抑える必要はあったのかと…

「メレシー」
デザイン:○満足
ディアンシーありきのデザインなのだろう。幻ポケモンの変異体がいる設定は面白かった。なおフィオネさんは…
性能:○納得
頑丈サポーターは初か。フェアリー地の攻撃範囲が広くて躊躇ったのだろうが、せめて教え技で大地の力が欲しかった。

夢特性ジャローダ育成論【ジャロバコ】構築

解禁されたジャローダの隠れ特性[あまのじゃく]…話題の〈リーフストーム〉ブッ破では芸がないので、凡庸倫理に反したニッチな技や戦術を考察します。

まずは物理型(マテw
うちではもうお馴染みですが、地味に[いかく]を受けると攻撃+1になるのは[まけんき]と同様なんですよね。

「ジャローダ@こだわりハチマキ」[あまのじゃく]
ようきAS252
〈げきりん〉〈アクアテール〉〈はたきおとす〉〈リーフブレードorアイアンテール〉
特殊型では有り得ない〈アクアテール〉〈はたきおとす〉は呼ぶ相手に刺さりやすい。
意表をつくにも火力が足りないので『こだわりハチマキ』は必須か。
[いかく]込み〈げきりん〉で無振り「メガボーマンダ」が確1…メガ進化ターンはこちらが早いため、対面から勝てるのは特殊型にはない長所。
〈はたきおとす〉で「盾ギルガルド」を確2に出来ないが、剣F晒した状況からなら〈キングシールド〉で[あまのじゃく]発動なため乱数2切りで1発。

「ジャローダ@ヤチェの実」
いじっぱりHA252
〈へびにらみ〉〈ドラゴンテール〉〈アクアテール〉〈しぜんのめぐみ〉
「ジャローダ」は防御・特防が高い割りにHPが低いためHPに振りたい→火力を下げたくないので素速さを切る→遅いので〈へびにらみ〉でマヒ撒き→〈ドラゴンテール〉で[いかく]を呼び[あまのじゃく]発動…という発想。
『ヤチェの実』は型バレして水タイプが〈れいとうビーム〉撃ってきた時の保険&〈しぜんのめぐみ〉で「メガボーマンダ」が高乱数。

次に特殊型ですが、「ジャローダ」が覚えるマイナーな特殊技を紹介していきます。

〈ギガドレイン〉(ハイ、全然マイナーじゃないですね。
「ジャローダ」は極端にHPが低く〈リーフストーム〉で特攻が上がればそれなりの回復率が期待できるため、技枠が余れば両立もあり。

〈しぼりとる〉
最大威力120のノーマル技…相手HPが減ると威力が下がるため、特攻↑↑させて一撃で倒したい。
〈リーフストーム〉共々『メトロノーム』と相性が良い。

〈しぜんのちから〉
あらかじめフィールド技を使う事で攻撃範囲を広げられる。
特に〈エレキフィールド〉下の〈10まんボルト〉は一貫性が高い。

「ジャローダ@メトロノーム」
おくびょうCS252
〈リーフストーム〉〈しぜんのちから〉〈しぼりとるorりゅうのはどう〉〈めざめるパワー地or炎〉
一応〈ミストフィールド〉下の特攻↑↑〈しぜんのちから〉で無振り「メガボーマンダ」を乱数3切りで倒せる。
基本的には〈エレキフィールド〉下で動くのを想定するので、相方としては…

「ジバコイル」[じりょく]
〈エレキフィールド〉〈ボルトチェンジ〉〈めざめるパワー炎〉〈10まんボルト〉
主に「ナットレイ」対策…鋼を逃がさないので「ジャローダ」の全抜き態勢を作りやすい。
「ジャローダ」には〈めざ地〉。

「エレザード@きあいのタスキ」[すながくれ]
〈10まんボルト〉〈エレキフィールド〉〈とんぼがえり〉〈なみのり〉
「ヒードラン」に〈なみのり〉が通るため「ジャローダ」には〈めざ炎〉。
先制〈エレキフィールド〉で落とされる形でも「ジャローダ」が動きやすくなる。

この2体が適任です。







※このジャローダのダブルバトルでの活用法は下記タグから

〈そうでん〉マイナー技考察②コンボ成立のための打開策

申し訳ありません、前回の記事で誤った考察をしてしまいました。
[ひらいしん]持ちを並べると〈そうでん〉自体をも吸い寄せてしまい、上手くコンボが成り立たないようですね。
なので今回は力づくでコンボを成立させる方法を考えていきます。
パターンとしては…

①〈スキルスワップ〉で[ひらいしん]を「エレザード」に移す。

「エレザード」自身が[ひらいしん]の役割を兼ねてしまえば、〈そうでん〉が妨害される事もありません。
ただし[ひらいしん]と〈スキルスワップ〉を両立するポケモンはいないので、〈スキルスワップ〉を覚えたポケモンが別に必要…オススメは「ゲンガー」ですね。

「ゲンガー@メガ石」
〈スキルスワップ〉〈まもるorかなしばり〉〈シャドーボール〉〈こごえるかぜ〉

「ライチュウ@だっしゅつボタン」[ひらいしん]
〈ねこだまし〉〈アンコール〉〈ほうでん〉〈自由枠〉

ライチュウが猫騙しで敵一体を止める間にゲンガーがスキルスワップし、もう一方の敵に攻撃されたライチュウが脱出ボタンでエレザードに交代…2ターン目はゲンガーが再度スキルスワップでエレザードに避雷針を渡し、エレザードが送電する流れですね。
ライチュウが攻撃を受けず上手く脱出できなかった場合は次のターンに放電してゲンガーの避雷針を発動させたりしましょう。
影踏み+金縛り+アンコールがあるのでこの2体の並び自体それなりに強力だったりしますが、地震を嫌うならあえてメガ進化せずライチュウを浮遊にするのもアリ。
ゲンガーが乾燥肌になるのでエレザードには波乗りが欲しいです。

②「プラスル」が〈なかまづくり〉で[ひらいしん]を「エレザード」に移して退場する。

「プラスル@オボンのみ」[ひらいしん]
〈なかまづくり〉〈バトンタッチ〉〈エレキネット〉〈自由枠〉

最初から2体を並べるとエレザードに負担が掛かるため、無振りプラスルより1だけ速いポケモンの蜻蛉返りでエレザードを出して仲間作りを当てたい…猫騙しで怯まないよう精神力持ちが良い。

「ゴルバット@しんかのきせき」[せいしんりょく]
〈とんぼがえり〉〈ブレイブバードorいかりのまえば〉〈おいかぜ〉〈ファストガード〉
バトンタッチのあるキリンリキでも似た事ができ、スキルスワップ要員にもなれるが基本スペックに難アリ。
プラスルがいると送電出来ないため次のターンにバトンタッチで退場、エレザードは守る…あるいは普通にプラスルを引っ込めて送電しても良いか。

③「エレザード」より遅いポケモンで〈とんぼがえり〉し[ひらいしん]降臨。

「ゴウカザル@じゅうでんち」
〈とんぼがえり〉〈インファイト〉〈ねこだまし〉〈自由枠〉

最速で丁度エレザードより1だけ遅いので、エレザードの送電後に蜻蛉返りで避雷針持ちと入れ替わる…あえて猫騙しを使って充電池を発動させる動きも可能。
少し遅いが特性:精神力の上バトンタッチで充電池の攻撃↑を引き継げるコジョンドも相性が良い。
送電は一回限りになってしまうがアズマオウを使うならこの戦術しかなく、それ以降の避雷針のサポートや充電池の発動、波乗り+乾燥肌の回復も併せパラボラチャージをエレザードに使わせたい。

④「ドーブル」が〈スキルスワップ〉で[ひらいしん]を得た上で〈そうでん〉する。

「ドーブル@きあいのタスキ」[ムラっけ]
〈そうでん〉〈スキルスワップ〉〈ねこだまし〉〈アシストパワーorバトンタッチetc〉

避雷針持ちとスキルスワップするだけで退場無しに送電の準備が整う…難点の遅さは隣にエレキネットを使わせる事で補う。
避雷針持ちには猫騙しのあるライチュウか、スキルスワップ後にムラっけバトン出来るプラスルを用意。
トリプルバトルなら真ん中に配置したプラスルでエレザードに仲間作り→ドーブルがプラスルにスキルスワップ…の流れで両脇に避雷針持ちの送電使いが用意出来る。

以上の4つをくみあわせてパーティを作ろうと思います。
上記の戦術に必要なエレザードの技構成は…

「エレザード@ふうせん」[かんそうはだ]
〈そうでん〉〈パラボラチャージ〉〈なみのり〉〈まもる〉

素速さサポートは相方でやるべきですね。

以上になります。

〈そうでん〉マイナー技考察①謝罪という名の墓標

※ごめんなさい、勘違いしてました。
[ひらいしん]持ちを並べると〈そうでん〉をも引き寄せてしまい、下記の戦術は成立しないようですね。
打開策は考えてありますので、後でupします。


第六世代の新技〈そうでん〉…そのターン敵一体の技を電気タイプに変える効果です。
〈プラズマシャワー〉に似ていて、ノーマルタイプ以外の技も電気にできる事と全体技でない点が異なります…こちらの方が便利ですね、使えるのは「エレザード」のみなのですが…

「エレザード」[かんそうはだ]
おくびょうS252残り調整
〈そうでん〉〈ほうでんorプラズマシャワー〉〈ローキックorエレキネットorへびにらみorあまごい〉〈あくのはどうorなみのり〉

自身は電気無効特性を持たないので、ダブルやトリプルで[ひらいしん]持ちと並べて使う技だと思われます。
いっその事トリプルで真ん中に[ひらいしん]を配置して、両脇にコイツとスカーフ持った「エリキテル」や「ドーブル」を添えても良さそうですね。
それとも関連しますが先手を取る必要があるのが〈そうでん〉の弱点なので、相手の素早さを下げる技を…特に〈ほうでん〉は相方の[ひらいしん]サポートにも有用ですね。
[ひらいしん]下では対象一体の電気技を使えないので、ノーマル技の〈へびにらみ〉や、[かんそうはだ]と合わせて回復できる全体技の〈パラボラチャージ〉も良いと思います。
サブウェポンは速い相手に一貫しやすく、配置上トリプルで対角を攻撃できる〈あくのはどう〉が第一候補。

[ひらいしん]持ちの相方としては「アズマオウ」が特にオススメです。

「アズマオウ@オボンのみorこだわりメガネ」[ひらいしん]
ひかえめHCS調整
〈なみのり〉〈こごえるかぜ〉〈みずびたし〉〈あまごいorれいとうビーム〉

弱点が被らない事と、〈なみのり〉で[かんそうはだ]を発動させられるのが「アズマオウ」の利点です。
〈こごえるかぜ〉は「エレザード」より速い相手に当てて〈そうでん〉をサポートできますが、低威力なため〈れいとうビーム〉と両立もあり。
〈みずびたし〉は相手の一致技の威力を下げつつ「エレザード」の電気技の通りを良くしたり、「エレザード」の耐性を変化させつつ〈なみのり〉の威力を上げるのに使えます。
「エレザード」で〈なみのり〉するなら〈あまごい〉や「ニョロトノ」を組み合わせて良いかも知れない…いずれにしても〈まもる〉の優先度は低く、〈そうでん〉〈みずびたし〉を駆使して〈まもる〉に頼らないプレイングが重要になります。

他の[ひらいしん]要員としては…

「ジュカイン@メガ石」[しんりょく→ひらいしん]
ひかえめorおくびょうHCS調整
〈りゅうのはどう〉〈めざめるパワー地orギガドレイン〉〈ファストガード〉〈がんせきふうじorグラスフィールド〉

先制技で〈そうでん〉から逃れるのを防ぐ〈ファストガード〉が優秀…「ファイアロー」も止められるか。
〈グラスフィールド〉は〈じしん〉を半減して「エレザード」を守りながら、草技の威力を上げられる…一応「エレザード」も〈くさむすび〉を覚える…〈めざめるパワー地〉の威力は下がらないので問題ない。
ちなみにメガシンカ前は「エレザード」を抜かない調整にしないと、〈ほうでん〉で[ひらいしん]を発動してから攻撃…という動きができない。
それも含め、戦術がバレにくい様「ドーブル@こだわりスカーフ」と組むのもありか。

記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ