【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

ギルガルド

夢特性ジャローダ育成論【ジャロバコ】構築

解禁されたジャローダの隠れ特性[あまのじゃく]…話題の〈リーフストーム〉ブッ破では芸がないので、凡庸倫理に反したニッチな技や戦術を考察します。

まずは物理型(マテw
うちではもうお馴染みですが、地味に[いかく]を受けると攻撃+1になるのは[まけんき]と同様なんですよね。

「ジャローダ@こだわりハチマキ」[あまのじゃく]
ようきAS252
〈げきりん〉〈アクアテール〉〈はたきおとす〉〈リーフブレードorアイアンテール〉
特殊型では有り得ない〈アクアテール〉〈はたきおとす〉は呼ぶ相手に刺さりやすい。
意表をつくにも火力が足りないので『こだわりハチマキ』は必須か。
[いかく]込み〈げきりん〉で無振り「メガボーマンダ」が確1…メガ進化ターンはこちらが早いため、対面から勝てるのは特殊型にはない長所。
〈はたきおとす〉で「盾ギルガルド」を確2に出来ないが、剣F晒した状況からなら〈キングシールド〉で[あまのじゃく]発動なため乱数2切りで1発。

「ジャローダ@ヤチェの実」
いじっぱりHA252
〈へびにらみ〉〈ドラゴンテール〉〈アクアテール〉〈しぜんのめぐみ〉
「ジャローダ」は防御・特防が高い割りにHPが低いためHPに振りたい→火力を下げたくないので素速さを切る→遅いので〈へびにらみ〉でマヒ撒き→〈ドラゴンテール〉で[いかく]を呼び[あまのじゃく]発動…という発想。
『ヤチェの実』は型バレして水タイプが〈れいとうビーム〉撃ってきた時の保険&〈しぜんのめぐみ〉で「メガボーマンダ」が高乱数。

次に特殊型ですが、「ジャローダ」が覚えるマイナーな特殊技を紹介していきます。

〈ギガドレイン〉(ハイ、全然マイナーじゃないですね。
「ジャローダ」は極端にHPが低く〈リーフストーム〉で特攻が上がればそれなりの回復率が期待できるため、技枠が余れば両立もあり。

〈しぼりとる〉
最大威力120のノーマル技…相手HPが減ると威力が下がるため、特攻↑↑させて一撃で倒したい。
〈リーフストーム〉共々『メトロノーム』と相性が良い。

〈しぜんのちから〉
あらかじめフィールド技を使う事で攻撃範囲を広げられる。
特に〈エレキフィールド〉下の〈10まんボルト〉は一貫性が高い。

「ジャローダ@メトロノーム」
おくびょうCS252
〈リーフストーム〉〈しぜんのちから〉〈しぼりとるorりゅうのはどう〉〈めざめるパワー地or炎〉
一応〈ミストフィールド〉下の特攻↑↑〈しぜんのちから〉で無振り「メガボーマンダ」を乱数3切りで倒せる。
基本的には〈エレキフィールド〉下で動くのを想定するので、相方としては…

「ジバコイル」[じりょく]
〈エレキフィールド〉〈ボルトチェンジ〉〈めざめるパワー炎〉〈10まんボルト〉
主に「ナットレイ」対策…鋼を逃がさないので「ジャローダ」の全抜き態勢を作りやすい。
「ジャローダ」には〈めざ地〉。

「エレザード@きあいのタスキ」[すながくれ]
〈10まんボルト〉〈エレキフィールド〉〈とんぼがえり〉〈なみのり〉
「ヒードラン」に〈なみのり〉が通るため「ジャローダ」には〈めざ炎〉。
先制〈エレキフィールド〉で落とされる形でも「ジャローダ」が動きやすくなる。

この2体が適任です。







※このジャローダのダブルバトルでの活用法は下記タグから

※訂正【ゲップすんな】輝石ホルビー育成論


※以下の記事はホルビーがイカサマを覚えると勘違いして書いた誤った考察です。ご了承下さい。




ホルードの鳴き声がオッサンのゲップにしか聞こえなくて、あまりにキモいから進化前のホルビーに進化の輝石を持たせて使えないか考察していきます。
(どうせメインウェポンの力持ちイカサマは威力変わらないし、怒りの前歯もあるからイケそうだよね。)

まず最初に耐久指数から…

防御特化輝石ホルビーの物理耐久指数
H145xB99x輝石1.5=21460

防御特化ホルードの物理耐久指数
H192xB141=26931


   ・・・・・・・・・・www


本日は当ブログにお越しいただきまして誠にありがとうございました。
以上を持ちまして輝石ホルビー考察を終わりといたします。


     釣り記事 乙!www




※(↑↑面白いと思った?イカサマおぼえねーよ、ばーかwww)orz



ではないですよ!
流石に種族値の低い序盤ポケモンに輝石を持たせても何にもなりませんね。※(ホントに何にもならなかったなww)
増してや特防方面に至っては、有用な補助技がないのでホルードに突撃チョッキを持たせても構わないレベルです。
仕方ないのでホルビーにはタスキ持たせて『がむせっか』でもしてもらいましょう(ヤケクソ。
こう見えてホルードや他のLv.1がむせっか使い辺りとは十分に差別化できてたりするんですよ。

「ホルビー@きあいのタスキ」[ちからもち]
ゆうかんA252 HBDS逆V S最遅ギルガルド抜かれ調整
〈がむしゃら〉〈でんこうせっか〉〈イカサマ〉〈じたばたorからげんきorいかりのまえばorねごとetc〉

一般的ながむせっか使いとは、がむしゃら無効のゴーストにイカサマで負担をかけられる点で差別化できます。
ただイカサマの威力の仕様上Lv.50が必須で、一応耐久種族値は逆Vなのですが、Lv.1ポケモンに較べると襷発動にはダメージが足りないケースが出たりするのが難点ですね。
それでも石化の火力があるので倒しきれるのかもしれませんが。
それと関連して逆にホルードに対してはギルガルドに後攻イカサマ出来る点が長所になります。
戦術上がむしゃらもなるべく後攻で撃ちたいので最遅で良いでしょう。
まあ相手が補助技使ったり、先手がむしゃらになった場合も元のHP100未満なので、半分くらい削って相手によってはイカサマ圏内…なので怒りの前歯は不要でしょうか。



あ、ここまで考察して今やっと気付いたけどホルビー単ノーマルだったのか…普通に輝石でも差別化出来てますねorz


※wwwあ、ここまで考察してやっと気付いたけどホルビーはイカサマ覚えなかったのか…上の考察は一体なんだったのだろう…
苦し紛れにイカサマを使わない型を考えます。

「ホルビー@きあいのタスキ」[ちからもち]
〈じたばた〉〈がむしゃら〉〈でんこうせっか〉〈じしん〉
先程の型からイカサマを抜いただけ。
何だかんだで進化前にあるまじき火力が出るのでまったく使えないことも無いと思います。
ギルガルドには後攻地震で確1。



【第六世代】新登場ポケモン全てにダメ出ししていく!その②

XY新登場のポケモンへのダメ出しの続きです。
前回の分はページ下部の[ダメ出し]タグから。

「ヤンチャム」「ゴロンダ」
デザイン:◎秀逸
パンダの模様を上手く学ランっぽくして不良設定を活かしている。一般生徒も学ランは着るがな。
性能:○納得
専用技が面白い効果なので教え技取得でもっと使われるようになって欲しい。肝っ玉は霊の弱点を一致で突けるコイツよりもナゲキあたりに欲しかった。
進化前:◎秀逸
可愛さとワルっぽさが両立してて魅力的。進化方法も設定と上手く合わせられている。

「トリミアン」
デザイン:○満足
XYはオシャレにかなり重点が置かれているので、その象徴に見合ったポケモン。ただデカすぎるので同様にトリミングできる進化前がいれば街がにぎやかで良かった。
性能:△地味
トリミング要素を対戦に活かして欲しい。

「ニャスパー」「ニャオニクス」
デザイン:△地味
猫ポケは毎回出すと決まってるのだろうか?イマイチ魅力を感じずネーミングも苦し紛れ感がある。
性能:◎良調整
悪戯心のエスパーは初。普通に戦うには不遇なタイプなので、こういう絡め手で個性を出したい。
進化前:○納得
進化後よりは良デザ、孤独感が出ていてマチエールのエピソードにマッチしていた。

「ヒトツキ」「ニダンギル」「ギルガルド」
デザイン:○満足
待望の鋼ゴーストを不自然ない形でまとめてくれた。フォルムチェンジはやや盛りすぎで、このアイデアはギギギアルに欲しかった。
性能:▲壊れ
ただでさえ種族値詐欺なのに、そもそもの種族値自体が高い。やはり特攻は上げるべきではなかったか。
進化前:◎秀逸
ヒトツキのネーミングが素晴らしい。ニダンギルが輝石を持って戦える性能なのも進化後と差別化できてて良い。

「シュシュプ」「フレフワン」
デザイン:○満足
ペスト医者をフェアリーにしようとはぶっ飛んだ発想だが、彼等は香料を常備していたので設定には合っている。
性能:○納得
挑発を受けないので色んなコンボのお供に使えそう。今作はダブルバトル向き性能のポケモンが多い。種族値をもっと上げて欲しかったが…あと癒やしの願いを何故覚えないのか?
進化前:△地味
普通の進化すぎてモチーフを活かせてない。進化して初めてペスト医者だと分かる位の変化が欲しかった。

「ペロッパフ」「ペロリーム」
デザイン:◎秀逸
フェアリータイプの概念があってこそ許されるデザインなのである意味一番今作らしいポケモン。美味しそう。
性能:○納得
軽業腹太鼓という固有の戦術を持つ。ただそれ以外は地味、イメージ的にも置き土産が欲しかった。
進化前:○納得
殆どラクガキみたいなデザインだが妙な魅力は感じる。コイツのおかげで軽業なのかな。

「マーイーカ」「カラマネロ」
デザイン:◎秀逸
進化方法とも絡まって、良くもまあ不気味なデザインにしたものだと思う。
性能:○方向性に不満。
設定から筋トレ以外の絡め手をもっと使えるようにして欲しかった。専用技のひっくり返すは面白いのだが…どうせ筋トレはスカーフなんだから強すぎると言うこともあるまい。
進化前:○納得
進化方法とデザインと、どっちを先に考えたのだろうか。ネーミングが設定と無関係だけどまあいいか。

「カメテテ」「ガメノデス」
デザイン:◎秀逸
ネーミングがテキトーだが、出落ちのデザインなので語感重視で良い。
性能:○納得
不遇タイプだが種族値のバランスが取れていて強い部類だと言って良い。ただコイツの殻を破るは違和感あるし必要だったのか…型の多様性を狭めていて残念。
進化前:○納得
いかにも今作でリアルになった磯に似合っている。コイツはあくまでガメノデスの前座みたいなものなのでこんな感じで良い。

だんだんこのシリーズしんどくなってきたな。次回から評価の仕方をもう少しライトに変えるかもです。

【メガルチアさんじゅうなな歳】メガチルタリス育成論&パワースワップ考察

頑なに本名を公開しないミクリのお姉さん、本当は娘なんて居ないんだってよ(ェ・・・


と、言うわけで今日は「メガチルタリス」についてと、17才の方の「チルタリス」について考察しようと思います。

「メガチルタリス」
いじっぱりH252A236B4D4S12
〈すてみタックル〉〈じしん〉〈おいかぜ〉〈りゅうのまい〉
フェアリー+地の攻撃範囲が優秀で他の技が不要だったため〈りゅうのまい〉〈おいかぜ〉を両立…対面や控えに合わせて使い分けたい。
〈おいかぜ〉があることでSを削って努力値をHに回せたために〈すてみタックル〉が使いやすく、さらにもし〈すてみタックル〉の反動ダメージで落ちてしまっても後続が〈おいかぜ〉の恩恵を受けられるようになっている。
素速さは1舞で準速100族抜き&ロトム・クレセドラン辺りも抜け、〈おいかぜ〉で最速130族抜き。


※↑上記の型はタイトル詐欺をカモフラージェスるためのこじつけみたいな物なので適当です。
※↓以降が本命ですので、どうぞ対戦のご参考になさって下さい。


そう!今回「チルタリス」について考察したのは〈パワースワップ〉を使いたかったからなんですよね…そして何故メガシンカではないのかと言うとフェアリー技を覚えさせる枠がないのと、また役割対象の「ギルガルド」に鋼技で弱点を突かれたくないからです。

「チルタリス」[しぜんかいふく]
〈りゅうせいぐん〉〈おいうち〉〈パワースワップ〉〈だいもんじorおいかぜorみがわりetc〉

〈パワースワップ〉と〈おいうち〉の両立は「チルタリス」だけ…剣F晒した「ギルガルド」を逃がさず〈おいうち〉で削るのが狙いで、〈キングシールド〉で受けられても攻撃↓↓を〈パワースワップ〉で移す事ができます。
「ボーマンダ」に〈いかく〉された際も、こちらがメガシンカする可能性から〈げきりん〉は撃たれづらく、おそらく交代するので〈パワースワップ〉が後続に刺さる事になるのです。
また相手が誰であれ〈りゅうせいぐん〉の特攻↓↓押し付けた相手は交代する可能性が高いので、いずれにせよ〈おいうち〉との相性は抜群ですね。

「ブーバー@しんかのきせき」[ほのおのからだ]
〈オーバーヒート〉〈きあいパンチ〉〈パワースワップ〉〈バリアーorおにびetc〉
こちらも剣F「ギルガルド」に対し〈きあいパンチ〉する事で逃げても守っても美味しい状況を狙えます。
〈パワースワップ〉の押し付けによる流し際に撃てるのも、〈おいうち〉と同様に〈きあいパンチ〉を採用するメリットですね。


記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ