【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

ジャローダ

【追記】御三家コンビネーション技考察【誓い】

夢特性バクフーン・メガニウムの記事で少し触れたのですが、草の誓い・炎の誓い・水の誓いの仕様についての解説と、オススメの使い手を紹介しようと思います。

〈くさのちかい〉〈ほのおのちかい〉〈みずのちかい〉・・・それぞれ単体で使うと威力80の地味な技です。
エナジーボール・火炎放射・熱湯の劣化なので、コンビネーションが使えるパーティでの採用が前提・・・もちろん採用してさえしまえば、試合の中で安定技としての単体使用もアリですね(技枠の節約にもなる)。 

次にコンビネーションについて・・・2体の異なるタイプ御三家がそれぞれの誓い技を使用することで、技が合体して1発の大技と化します(合体技のタイプは2体の相性で有利な方)。

〈くさのちかい〉+〈ほのおのちかい〉=威力150の炎技。
さらに4ターンの間、炎タイプ以外の相手ポケモンは最大HPの1/8ダメージ・・・草を燃やして『火の海』にするイメージですね。
〈ほのおのちかい〉+〈みずのちかい〉=威力150の水技。
さらに4ターンの間、味方は技の追加効果(エアスラッシュ等)が出やすくなる・・・水を熱で蒸発させて『虹』を作ります。
〈みずのちかい〉+〈くさのちかい〉=威力150の草技。
さらに4ターンの間、相手の素早さが1/4になる・・・草と水だらけの『湿原』が出現です。

この際の挙動としては、素早さの高い方の御三家(起動役)が下準備した直後に、〈おさきにどうぞ〉の要領で遅い方の御三家(発動役)がつられて行動することで合体技を放てます。
すなわち、起動役の素早さと発動役の特攻で威力150の大技が放てるという事ですね。
結果的に合体技のタイプが発動役と不一致になってしまっても、タイプ一致技として扱われます(何故かドーブルを発動役とした場合も同様)。
と言うわけで、誓い技を使う際はとにかく先手を取る素早いポケモンと、特攻の高い中速程度のポケモンを用意するのが有効そうです。

技を合体させるメリットは・・・
①相手の弱点を突く場合。
例えば炎弱点の敵に対し、バクフーンの火炎放射(一致90)+メガニウムのめざ炎(不一致60)を撃つよりも合体技(草+炎=炎150タイプ一致)の方が威力が高い。
②素早や特攻に差がある場合。
弱点を突けない場合でも、スカーフメガニウム(エナジーボール一致90)と眼鏡バクフーン(火炎放射)が別々に攻撃するより、眼鏡バクフーンの合体技の方が威力が高い上(調整次第だが)、スカーフの速さでバクフーンが動ける。
③攻撃対象は発動役が選択。
トリプルバトルで起動役をオーダイル・発動役をバクフーンとした場合、オーダイルをサイドに配置すると対角に水技を撃てない(水の波動を除く)が、技を合体(水+炎=水)させる事でバクフーンの攻撃対象に水技を当てられる。
④追加効果がある。
技の組み合わせによって、『火の海』『虹』『湿原』の追加効果があるのは上記の通り。
それぞれの追加効果の活用法と、それを活かせる御三家の組み合わせについては以下に解説します。

『火の海(草+炎)』
ターン終了時に敵に定数ダメージが入る効果なので、〈まもる〉で定数ダメージを稼ぐ戦術と相性が良く、火傷や宿り木を重ね掛けするのも有効です。
火力・素早さよりも耐久が重要そうですが、〈まもる〉する事でタスキを潰したり確定圏に入れられる事、先手で火傷を入れる必要性なども考慮する必要があります。
定数ダメージを無効化する炎対策にはバンギラス・カバルドンがおススメで、特性:砂起こしで定数ダメージも更に上乗せ出来ます。

【構築案①】メガリザードンY+[ようりょくそ]フシギバナ
葉緑素で2倍になったフシギバナの素早さでリザードンが晴れ威力150の炎技を使える、追加効果より火力を重視した組合せ。
初手はフシギバナが遅いのが欠点・・・トリプルならキュウコンで晴らせばフシギバナが初手から動け、サンパワー眼鏡リザードンで更なる超火力も実現できる・・・。

【構築案②】リザードン(orメガリザードンX)+ブリガロン
リザードンの鬼火+フリーフォール、ブリガロンの宿り木+ニードルガード+身代わりでひたすら定数ダメージを稼ぐ型・・・フリーフォールで敵1体が行動できないターンに身代わりを張ると良い・・・一応ファストガードも覚える。
難点はブリガロンの特攻が低くて普通にリザードンが炎技撃った方が威力が高い事・・・フリーフォールのプレイングが難しくなるがリザードンが素早さを下げて発動役になるのもアリかも知れない・・・どうせみがまもでブリガロンは最速。

【構築案③】[かるわざ]ジュカイン+ゴウカザルorエンブオー
炎タイプで鬼火し、ジュカインが火炎玉を投げつける事で敵を2体共火傷にすることが可能・・・そうして軽業を発動してしまえば炎技を高速で使えるようになる。
器用なゴウカザルと熱湯で炎の弱点を突けるエンブオーの2択だが、ゴウカザルの方がやりやすいか。
守るで定数ダメージを稼ぐ戦術と先制技の相性はいい。

【構築案④】天邪鬼ジャローダ+加速バシャーモ
バシャーモが加速したスピードと、ジャローダが天邪鬼リーフストームで上げた特攻で合体技が放てる、火力重視の組合せ・・・逆に初手はバシャーモがジャローダの速さで動ける。
バシャーモが馬鹿力・オーバーヒートで火力が下がっても置物にならないのも利点。

『虹(炎+水)』 
追加効果の発動率が2倍になるので、特に岩雪崩との相性が良いです。
特性[てんのめぐみ]とは重複しない仕様ですが、親子愛メガガルーラの追加効果発生率は普通に2倍になるので鬼ですね。 

【構築案①】メガラグラージ+エンブオー
メガラグラージは特性[すいすい]のため雨下で起動役になれ、また岩雪崩との相性もいい。
炎御三家と組み合わせるなら唯一水技の熱湯を覚えるエンブオーがベストで、『虹』により火傷も発生しやすくなる。
メガガルーラは岩雪崩に加え、雨下必中の雷で76.5%マヒ。

【構築案②】スカーフバクフーン+メガカメックス
バクフーンの素早さで噴火と高火力水技が2択で撃てる組合せ・・・噴火する際はカメックスが猫騙しでサポートできるのも利点。
ただせっかく噴煙の火傷率が2倍なのにスカーフで技変更が出来ないのは残念・・・脱出ボタン持ちに交代するか、トリプルなら貰い火バクフーンを中央に置いて横でヒードラン等に噴煙させる手もある。

【構築案③】バクフーン+ゲッコウガ
こちらはバクフーンがスカーフを持たないので合体技成功後は普通に噴煙・岩雪崩を撃っていける・・・ゲッコウガに畳返しがあるので噴火も決めやすい。
一応変幻自在めざ炎で噴煙の火傷は防げるが、素直に守るか交換で充分か。

【構築案④】加速バシャーモ+メガカメックスorエンペルト
ジャローダと組んだ時と同様、火力の下がったバシャーモを合体技の起動役として活用する。
天邪鬼の様な火力up手段はないが、上から水技を撃てるようになるのはこちらの利点。
さらにトリプルでは、前のターンに草の誓いor水の誓いを使用したポケモンにバシャーモがオウム返しすることで草技すら上から放てるようになる。


『湿原(水+草)』
使用後に相手の素早さを下げるので、あまり素早さにこだわる必要はありません。
実は『湿原』『火の海』『虹』はそれぞれ重複するのですが、残りの合体技を先手で撃てるよう最初に『湿原』から使うのが筋です。

【構築案①】スカーフカメックス+フシギバナ
カメックスが上から潮吹きと高火力草技を打ち分けられる組合せ・・・合体技使用後ならフシギバナも先手が取れるようになる。
潮吹きにこだわらないなら、スカーフではなくメガシンカして上から2体が高火力で制圧する形でもいい。

【構築案②】メガジュカイン+眼鏡エンペルト
メガジュカインの避雷針でエンペルトが電気技を受けずに済む・・・次のターン以降は相手の素早さが下がってエンペルトも先手を取れるため、電磁波無効になるのも大きい。
特攻が元々高いメガジュカインに起動役をさせる価値を見出せるよう、エンペルトには眼鏡を持たせた・・・技選択ができないが単発で水の誓いを連打するだけでそれなりの機能にはなる。
トリプルバトルなら更に電気弱点のリザードンも並べる事で、各種の合体技を上から撃っていけるようになる。

【構築案③】メガカメックス+ドーブル
ドーブルに草の誓い・炎の誓いを使わせることで、『湿原』『虹』を両方発生させることができる・・・火力の都合上ドーブルが起動役になれるよう素早さを調整したい。
メガカメックスが上から水の波動・悪の波動を撃ってきて、追加効果発生率も2倍となるのは脅威。 
ちなみにバシャーモ+ドーブルならオウム返しを絡めることで2体で全部の合体技が使えるが、バシャーモが先に行動するのが前提なので、ドーブルの火力が低く使い物にならない。


以上で考察を終わります。
細かい調整や技構成は長くなってしまうので省略しましたが、実際に作る機会があればまた紹介します。 

【タブルバトル】ジャローダ天邪鬼の活用法

さて本日はタイトルの通り、夢特性[あまのじゃく]ジャローダのポテンシャルを、ダブルバトルで最大限に発揮させる方法について考察していきます。
基本的にはジャローダの隣に並べたポケモンに[あまのじゃく]と相性の良い技を使わせる事になるので、トリプルバトルやカラマネロに関しても同様に参考にして頂けると思います。

まずは[あまのじゃく]と相性の良い技をいくつか紹介しましょう。

〈じならし〉
技を受けたポケモンの素速さを↓する全体技…味方を巻き込むので本来は飛行タイプや〈まもる〉と組み合わせる必要があるが、[あまのじゃく]なら逆に全体技である事をメリットにできる。
草タイプのジャローダが半減できるのもgood。

〈うそなき〉
対象1体の特防を↓↓する補助技で、味方のジャローダに対し使う事で耐久力を強化したり、普通に敵の厄介なポケモンの特防を下げジャローダで迅速に処理するのにも使える。
特攻↓↓する〈かいでんぱ〉はジャローダ自身が〈リーフストーム〉を使えるため非推奨。

〈あまえる〉〈フェザーダンス〉
こちらも〈うそなき〉と同様、本来は敵の攻撃力を↓↓する技でありながら、物理型ジャローダの攻撃力を↑↑する使い道もあり汎用性が高い。

〈くすぐる〉
攻撃↓防御↓となるので敵味方に撃ち分ける意味が薄いが、ジャローダにとっては防御を確実に上げられる唯一の技。
〈ばかぢから〉を覚えるカラマネロには不要。

〈いやなおと〉
ジャローダの防御力を↑↑出来るが、命中難なので持ち物や[ふくがん]で補いたい。
身代わりを貫通するため、ジャローダが身代わりでターンを凌ぎつつ防御を上げる使い方も。

〈じこあんじ〉
上記の技+ジャローダ自身のリーフストームで上がった能力ランクをコピーできる。
依り代となるジャローダが長居出来るよう、防御・特防を上げられる技を重視したい。
地味に〈まもる〉を使っているポケモンのステータス上昇もコピー出来るのも長所。

〈おきみやげ〉
上記の自己暗示と組み合わせる場合にジャローダのランクを一気に上げることが出来る。

〈みずあそび〉
相手を水タイプに変えることで技の威力を下げる(不一致のため)と共に、ジャローダがリーフストーム・ギガドレインを撃つ動機を作れる。
積み後でも突破出来ない相手を崩したり、ジャローダに使って耐性を変えアクアテールの威力を上げるなども可能で腐りにくい。


と言うわけで、上記の技を使いこなせそうなポケモンと、その型を考えていきます。
ジャローダの効果対象に先に〈うそなき〉を入れる戦術上、ジャローダより素速いポケモンが理想なので候補はかなり絞られますね。
まあ速い2体を並べるとなると〈じならし〉の使い所が見出し辛くはあるのですが…

「レパルダス@きあいのタスキorメンタルハーブ」[いたずらごころ]
〈ねこだまし〉〈うそなき〉〈あまえる〉〈トリック〉
「エルフーン@きあいのタスキorメンタルハーブ」[いたずらごころ]
〈うそなき〉〈あまえるorくすぐる〉〈おきみやげ〉〈すりかえ〉
悪戯心なら確実にジャローダより先制して嘘泣き・甘えるを使えるので〈てだすけ〉以上の火力サポートになります。
タイプ以外は、猫騙しで積みのタイミングを作るか置き土産で一気にステータス上昇するかの違いですね。
レパルダスは一応〈じこあんじ〉も覚えますが、攻撃性能が低く基本は先発向きなのでやる意味が薄く技枠も足りません。
トリック・すり替えはスカーフカラマネロの技固定解除に使えますが、必須ではないので普通に攻撃技でもOK…ただイカサマが甘えるとアンチシナジーな点には注意です。
ちなみに悪戯心じゃない上あまり速くはないのですが、ミミロップなら特性[ぶきよう]によりノーリスクでスカーフを回収しつつオボンの実を渡せるので、カラマネロのサポートに一考です。

「サンダース」[ちくでん]
〈うそなき〉〈あまえるorくすぐる〉〈自由枠〉〈自由枠〉
悪戯心でなくてもジャローダに先制して嘘泣きなどを入れられるなら、相性補完次第で候補になります。
多少素速さを妥協するなら〈おさきにどうぞ〉でカラマネロの積みをサポート出来るチラチーノや、猫騙しに加え高速サポーターとしては珍しく〈じならし〉を覚えるブニャットでしょうか。

「フローゼル@かえんだまetc」[みずのベール]
〈みずびたし〉〈れいとうビーム〉〈すりかえ〉〈ないしょばなしorたきのぼり〉
能力ダウン技は内緒話だけですが、最速の水浸し使いなのでジャローダのリーフストーム積みやギガドレインでの回復をサポート出来ます。
特性により火傷無効なので火炎玉すり替えのギミックを仕込みましたが、カラマネロのスカーフを回収するなら2回すり替えるか別の持ち物でもOKです。
他の水浸し使いだとスカーフ必須になりますが、一応ペリッパーが〈フリーフォール〉〈とんぼがえり〉を、ホエルオーが〈しおふき〉〈じならし〉〈くすぐる〉を、ネオラントが〈とんぼがえり〉〈あまえるorくすぐる〉を覚えます。

「モルフォン@こだわりスカーフ」
〈スキルスワップ〉〈いかりのこな〉〈いやなおと〉〈とんぼがえり〉
充分に積んだジャローダに色眼鏡をスキルスワップする型で、先発で出してもある程度積みのサポートが出来ます。
蝶舞と見せかけたスカーフサポーターなのでそれなりに意表は突けるでしょうか。
同じく色眼鏡スワップが出来るシンボラーの場合は、スカーフよりも〈じこあんじ〉+〈アシストパワー〉が強力だと思います。

「ラティアス」
〈じこあんじ〉〈りゅうせいぐん〉〈アシストパワー〉〈はねやすめorあまえる〉
自己暗示での一気の強化は種族値の高さ+一致アシストパワーも相俟って非常に相性が良いです。
単純に流星群の特攻↓↓を解除するのにも使えますね。
素速さが高いため甘えるで積みのサポートも出来ます。

「ゴチルゼル」[かちき]
〈いやしのはどう〉〈じこあんじ〉〈うそなきorあまえる〉〈自由枠〉
相手の威嚇などによる勝ち気の発動で特攻↑↑するため、自己暗示持ちが他にもいる場合に腐り辛くなります。
積みのサポーターとしてはジャローダより後攻になるため、特にトリプルで癒しの波動による回復が主です。
他の勝ち気ポケモンとしてほぼ同じ技構成になるプクリンや、甘える・癒しの波動は覚えないですが地均しがあるミロカロス、アシストパワーのあるニャオニクスがいます。


重要なのはこんなトコロでしょうか。
他にも自己暗示を覚えるポケモンをタイプ相性で選択して入れると良いかと思います。
何かシナジーを思いついた場合は追加していきますね。



夢特性ジャローダ育成論【ジャロバコ】構築

解禁されたジャローダの隠れ特性[あまのじゃく]…話題の〈リーフストーム〉ブッ破では芸がないので、凡庸倫理に反したニッチな技や戦術を考察します。

まずは物理型(マテw
うちではもうお馴染みですが、地味に[いかく]を受けると攻撃+1になるのは[まけんき]と同様なんですよね。

「ジャローダ@こだわりハチマキ」[あまのじゃく]
ようきAS252
〈げきりん〉〈アクアテール〉〈はたきおとす〉〈リーフブレードorアイアンテール〉
特殊型では有り得ない〈アクアテール〉〈はたきおとす〉は呼ぶ相手に刺さりやすい。
意表をつくにも火力が足りないので『こだわりハチマキ』は必須か。
[いかく]込み〈げきりん〉で無振り「メガボーマンダ」が確1…メガ進化ターンはこちらが早いため、対面から勝てるのは特殊型にはない長所。
〈はたきおとす〉で「盾ギルガルド」を確2に出来ないが、剣F晒した状況からなら〈キングシールド〉で[あまのじゃく]発動なため乱数2切りで1発。

「ジャローダ@ヤチェの実」
いじっぱりHA252
〈へびにらみ〉〈ドラゴンテール〉〈アクアテール〉〈しぜんのめぐみ〉
「ジャローダ」は防御・特防が高い割りにHPが低いためHPに振りたい→火力を下げたくないので素速さを切る→遅いので〈へびにらみ〉でマヒ撒き→〈ドラゴンテール〉で[いかく]を呼び[あまのじゃく]発動…という発想。
『ヤチェの実』は型バレして水タイプが〈れいとうビーム〉撃ってきた時の保険&〈しぜんのめぐみ〉で「メガボーマンダ」が高乱数。

次に特殊型ですが、「ジャローダ」が覚えるマイナーな特殊技を紹介していきます。

〈ギガドレイン〉(ハイ、全然マイナーじゃないですね。
「ジャローダ」は極端にHPが低く〈リーフストーム〉で特攻が上がればそれなりの回復率が期待できるため、技枠が余れば両立もあり。

〈しぼりとる〉
最大威力120のノーマル技…相手HPが減ると威力が下がるため、特攻↑↑させて一撃で倒したい。
〈リーフストーム〉共々『メトロノーム』と相性が良い。

〈しぜんのちから〉
あらかじめフィールド技を使う事で攻撃範囲を広げられる。
特に〈エレキフィールド〉下の〈10まんボルト〉は一貫性が高い。

「ジャローダ@メトロノーム」
おくびょうCS252
〈リーフストーム〉〈しぜんのちから〉〈しぼりとるorりゅうのはどう〉〈めざめるパワー地or炎〉
一応〈ミストフィールド〉下の特攻↑↑〈しぜんのちから〉で無振り「メガボーマンダ」を乱数3切りで倒せる。
基本的には〈エレキフィールド〉下で動くのを想定するので、相方としては…

「ジバコイル」[じりょく]
〈エレキフィールド〉〈ボルトチェンジ〉〈めざめるパワー炎〉〈10まんボルト〉
主に「ナットレイ」対策…鋼を逃がさないので「ジャローダ」の全抜き態勢を作りやすい。
「ジャローダ」には〈めざ地〉。

「エレザード@きあいのタスキ」[すながくれ]
〈10まんボルト〉〈エレキフィールド〉〈とんぼがえり〉〈なみのり〉
「ヒードラン」に〈なみのり〉が通るため「ジャローダ」には〈めざ炎〉。
先制〈エレキフィールド〉で落とされる形でも「ジャローダ」が動きやすくなる。

この2体が適任です。







※このジャローダのダブルバトルでの活用法は下記タグから
記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ