【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

ゼブライカ

【追記】イ夢特性メガニウム育成論&活用法【リーフガード】

ジョウト御三家夢特性シリーズ、今回は死に特性とも言われる[リーフガード]を得たメガニウムの活用法について考察します。
リーフガードは天候が晴れだと状態異常にならない特性なので、基本的にはシングル・ダブルを問わず晴れパで使う前提になります。
見た目の割に素速さ種族値が80と高く、〈じならし〉で抜くことも出来るのでマヒしないのは大きいですね。
その地均しも含め物理型の方が範囲が広いので火傷にならない利点も活かせます。
またせっかく凍らないのに氷技で抜群取られて落ちるのも嫌なので、氷半減の『ヤチェのみ』を持たせると〈しぜんのめぐみ〉で竜への有効打も得られ無駄がないです。

「メガニウム@ヤチェのみ」[リーフガード]
いじっぱりAS252
〈はなふぶき〉〈じしん〉〈しぜんのめぐみ〉〈じならし〉
*地均し+自然の恵み(氷)で無振りガブリアスがギリギリ確定。
おそらくメガリザードンYと組むので、あちらに〈おいかぜ〉してもらうならハチマキでも・・・。

「メガニウム@こだわりハチマキ」[リーフガード]
いじっぱりHA252
〈はなふぶき〉〈じしん〉〈げきりん〉〈アイアンテール〉
*ハチマキ逆鱗でガブリアスが中乱数。
いずれにせよ火力不足感漂いますが、シングルならこれらの型以外は[しんりょく]の劣化っぽいです。

次にダブル・トリプルでメガニウムを活かす方法を考えようと思います。
ダブルなら麻痺しないスカーフ持ちとしてサポートに徹するのが良いんじゃないでしょうか?

「メガニウム@こだわりスカーフ」[リーフガード]
おくびょうorようきHS252
〈はなふぶき〉〈くさのちかい〉〈いやしのはどう〉〈グラスフィールド〉

ダブルでもメガリザードンYと組み合わせますが、こうなるとお互いが御三家であることが俄然意味を増してきます…そう、誓い技ですね。
この技の仕様はあまり知られてないのですが、まずスカーフを持ったメガニウムが〈くさのちかい〉を使うとそのダメージは発生せず、直後に素早さと無関係にリザードンが〈ほのおのちかい〉を使用できるのです。
つまりリザードンがスカーフメガニウムの素早さで高火力の炎技を使えると言う事…メガニウムが敵の周りにバラ撒いた落ち葉を燃料にしてリザードンの炎が燃え上がるイメージですね。
誓い技に関する詳しい考察は近いうちにやろうと思ってます。

「リザードン@リザードナイトY」
ひかえめC252HS調整orおくびょうCS252
〈ほのおのちかい〉〈ソーラービーム〉〈おいかぜorエアスラッシュ〉〈まもる〉
メガニウムのグラスフィールドで草技の威力が上がるため、ソーラービームは確定です。
炎の誓いや追い風で上が取れるので性格は控えめでもOKですが、もし〈みずのちかい〉を持つポケモンもパーティに組み込むとしたら、エアスラッシュの追加効果の発生率が2倍になるため最速も良いでしょう。

誓い技以外の特徴としてメガニウムは花吹雪を覚える数少ないポケモン…花吹雪は味方を巻き込む唯一の草技なので、スカーフを持てば先手で味方の特性[そうしょく]を発動させるのに使えます。
草食持ちの中でも晴れ下で高火力の〈オーバーヒート〉が撃て、メガニウムのグラスフィールドで地面弱点を打ち消せる「ゼブライカ」が並べるのに最適ではないでしょうか。
リザードンと並べた場合も、相手から見ればゼブライカは特性が[ひらいしん]の可能性もあるので、電磁波を含む電気技でリザードンが狙われにくくなります。

「ゼブライカ@いのちのたま」[そうしょく]
むじゃきAS252
〈ワイルドボルト〉〈オーバーヒート〉〈すてみタックルorギガインパクト〉〈ボルトチェンジ〉


以上で考察を終わります。

・・・追記
輝石ベイリーフはないの?

「ベイリーフ@しんかのきせき」[リーフガード]
ずぶといH252B156D100
〈やどりぎのタネ〉〈どくどく〉〈こうごうせい〉〈カウンター〉
特性によりこちらは状態異常にならないので一方的に毒を撒きに行く耐久型です。
〈まもる〉+〈みがわり〉は晴れターンを消費する上に食べ残しメガニウムと差別化しづらいため、晴れだと回復量が1.5倍になる光合成で凌ぎます。
カウンターは相手に攻撃を躊躇わせて宿り木・毒のターンを稼ぐ代理みがまもとして使え、あれば挑発で止まらなくもなります。
*鉢巻ファイアローのブレイブバード確定耐え→鬼火は撃たれないのでカウンターで倒せる。


・・・まあ、無いかこれは。

エネコロロ[ノーマルスキン]考察③

「エネコロロ」の〈ねこのて〉は対象を選択できないというご指摘を受けましたので、それを踏まえて考察をしようと思います。
最初の考察では〈ねこのて〉で〈なかまづくり〉を引いて相手2体に[ノーマルスキン]を移し、「メガゲンガー」の[かげふみ]でロックしようという戦術でした。
しかし〈ねこのて〉で対象を選択できないとなると、最初のターンは敵のどちらかに[ノーマルスキン]を移せますが、2ターン目に残りの敵に移せるかどうかは50%になってしまいます。
これを解消するには、
①「エネコロロ」が倒された後、「アイアント」の〈なかまづくり〉で残り1体に[なまけ]を移す。
②「エネコロロ」が〈ねこのて〉→〈なかまづくり〉した後、「メガゲンガー」が〈スキルスワップ〉二回で残り1体に[ノーマルスキン]を移す。

①は元々戦術の一つとして組み込まれてましたから問題ないのですが、②は「メガゲンガー」に〈スキルスワップ〉を覚えさせてしまったので、〈ねこのて〉で引いてしまうリスクが発生するんですよね。
控え2体が〈なかまづくり〉を覚えていれば66.6%ですから〈ねこのて〉連打よりはマシかも知れないですが、問題は他にもあります。
まず「メガゲンガー」から預かった〈かげふみ〉を返すまで「エネコロロ」が場に生き残り、かつ〈ねこのて〉で相手に[かげふみ]を移さないよう〈まもる〉を使うため『こだわりスカーフ』が持てないということです。
このために最初のターンの「エネコロロ」が〈なかまづくり〉→後攻「メガゲンガー」が〈スキルスワップ〉という流れを作るためには、「メガゲンガー」は素早さに努力値を振れません。

一応ロックまでの手順としては…
パターン①
1ターン目
「エネコロロ」が〈ねこのて〉で〈なかまづくり〉を引いた後、「メガゲンガー」が〈スキルスワップ〉で「エネコロロ」と特性を交換。
2ターン目
「エネコロロ」が〈まもる〉で[かげふみ]を維持し、「メガゲンガー」が〈スキルスワップ〉で残り1体に[ノーマルスキン]を移す。
3ターン目
「メガゲンガー」を誰かと交代して「エネコロロ」から死に出しし、[かげふみ]を維持する。
パターン②
1ターン目
「エネコロロ」が〈ねこのて〉で〈スキルスワップ〉を引いてしまい、その後「メガゲンガー」が無意味に〈スキルスワップ〉で「エネコロロ」と特性を交換してしまう。
2ターン目
「メガゲンガー」を「アイアント」と交代し、「エネコロロ」は〈まもる〉で[かげふみ]を維持する。
3ターン目
「アイアント」が〈なかまづくり〉で残り1体に[なまけ]を移し、「メガゲンガー」を「エネコロロ」から死に出しして[かげふみ]を維持する。
パターン③
1ターン目
「エネコロロ」が〈ねこだまし〉の後、「メガゲンガー」が〈スキルスワップ〉で「エネコロロ」と特性を入れ換える。
2ターン目
「エネコロロ」が〈まもる〉で[かげふみ]を維持し、「メガゲンガー」が〈スキルスワップ〉で敵に[ノーマルスキン]を押し付ける。
3ターン目
「メガゲンガー」を「アイアント」と交代した後、「エネコロロ」から死に出しして[かげふみ]を維持。
4ターン目
「ゲンガー」が〈まもる〉し、「アイアント」が〈なかまづくり〉で残り1体に[なまけ]を移す。

あれ?これは最初からパターン3に絞ってしまえば〈ねこのて〉無しでいけるんじゃないか…という気がして来ました。
それなら無理して「メガゲンガー」の素早さを下げる必要も無くなりますしね。
〈ねこのて〉を使わないなら技が自由に選べますので、「ゼブライカ」で〈プラズマシャワー〉する
戦術も組み込めます。

あと一応〈ねこのて〉を使うなら、「エネコロロ」に『こだわりスカーフ』を持たせて控えに「ゴチルゼル」を入れる手がありますね。
その場合は上記のパターン①②③において、2ターン目に「エネコロロ」が〈まもる〉する代わりに「ゴチルゼル」に交代する事で[かげふみ]を維持できます。
「ゴチルゼル」が〈なかまづくり〉を覚えないため〈ねこのて〉で〈スキルスワップ〉を引いてしまう確率が上がりますが、『こだわりスカーフ』を持たせることで「メガゲンガー」を最速にしつつ先制〈ねこのて〉ができる事や、パターン③で敵の〈ねこだまし〉使いに先制して〈ねこだまし〉を当てられるなどメリットも大きいと思います。

うーん、でも例え『こだわりスカーフ』を持たせても「エネコロロ」は〈ねこだまし〉だけ打ってた方が強いな…
結局〈ねこのて〉型は「フワライド@じゃくてんほけん」まで繋げないとロックしても見返りが小さいんですよね…

何だか取り留めの無い文章になりましたがコレで今日の考察を終えます。
おそらく最終結論は「エネコロロ」「メガゲンガー」「ゴチルゼル」「ゼブライカ」だと思うので、これで育成しようと思います。

エネコロロ[ノーマルスキン]考察②

「エネコロロ」の〈ねこのて〉のサポートに、〈ねこだまし〉は選択される技のため使えないと判明したので、それ以外に「ドーブル」にできる事はないか模索してみる。
もちろん〈このゆびとまれ〉でも十分強いのだけれど、それ以外の戦術があるならよりステータスの高いポケモンでも可能かもしれない・・・もちろん〈なかまづくり〉要員になれることが前提なのだけれども。

〈なげつける〉:『おうじゃのしるし』を投げる事で疑似〈ねこだまし〉になるが優先度はないので、「エネコロロ」を守る観点では〈このゆびとまれ〉の方が有用。

〈フリーフォール〉:[ノーマルスキン]を移した相手を連れ去ることで「ゲンガー」と交換する隙を作れるが、メガシンカが一手遅れる上にもう一体の敵が残る・・・単純に攻撃手段としても使えるので〈なげつける〉も覚える「ルチャブル」ならあるいは・・・と言ったところ。

〈フェイント〉:何故〈ねこのて〉で選択されないのか謎だが、一応〈まもる〉を割れるので〈なかまづくり〉の補助にはなる。
向こうがこちらの戦術を読めてるか不明なので、こちらも相手が〈まもる〉するか読みようがなく、どうせドーブルしか覚えないのだから素直に〈このゆびとまれ〉の方が安定するか。

〈へんしん〉:「エネコロロ@スカーフ」に変身することで2体で先手〈ねこのて〉が使えるようになるので、前回は思いつかなかったがこれが一番いいのかもしれない。
ただドーブルが変身してしまうと、おそらく〈なかまづくり〉要員が居なくなる(未確認のため要検証)ので、アタッカーが「オクタン」に限定されてしまう。
ドーブルがエネコロロに先制できないため、ゲンガーに〈スキルスワップ〉を覚えさせる型では特性がコピーできない・・・「メタモン@スピードパウダー」なら抜けるが、いずれにせよ連打できないのは厳しいか。

ドーブルの使える戦術はこんなところ。
〈へんしん〉を使う場合の〈なかまづくり〉要員は「アイアント」でも良いのかもしれない。
ロック完成後「アイアント」の[なまけ]を移すため、「ゲンガー」に〈スキルスワップ〉を覚えさせる必要があるが、〈ねこのて〉で引く確率は五分五分の上に「アイアント」も含めた3本の矢でもある。
先発ではないため『レッドカード』を持つ必要が無く、ロック完成後の火力上昇のためには『メトロノーム』を持たせたい・・・どうせ採用できる攻撃技は〈あなをほる〉のみなのだし。


さて、前回の補足が済んだところで次が本題、〈ねこのて〉以外で「エネコロロ」に〈なかまづくり〉を覚えさせる方法・・・それは〈まねっこ〉である。
先発で「エネコロロ」と、相方に〈なかまづくり〉〈なりきり〉を覚えたポケモンを用意する。
次回作でメガシンカを獲得しアタッカー性能が高まった「ミミロップ」なら、相手に悠長なことをさせ辛く適任だろう。
最初のターンは「エネコロロ」が〈ねこだまし〉を使い、その間に「ミミロップ」が〈なりきり〉で[ノーマルスキン]をコピーする。
そして次のターンにまず「ミミロップ」が〈なかまづくり〉をすることで、続いて「エネコロロ」が〈まねっこ〉で同じ技を使えるのである・・・重要なのは「ミミロップ」の素早さを下げて「エネコロロ」より1だけ速い数値にすることで、間に敵の技を挟まれる確率を極限まで減らすことだ。
こうして毎ターン同じことを繰り返し、どちらかが倒れた時点で「ゴチルゼル」の[かげふみ]でロックする戦術。
一応[ノーマルスキン]を1体にしか移せなかった状態で「ミミロップ」が落ちた時のために、〈スキルスワップ〉を覚えさせて〈ねこのて〉で運良く引くことに賭けられるようにしておこう。

正直〈ねこのて〉メインよりも手間がかかって安定しないのだが、こちらの長所は控えポケモンの技を自由に選択できる点にある。
先発が固定されるためタイムラグのある「メガゲンガー」は使えず「ゴチルゼル」になったわけだが、ノーマル技に耐性があるわけではないので、最後の一体の技選択は重要だ。

相手が[ノーマルスキン]であることを利用した上で「ゴチルゼル」を守れる技・・・それは〈ハロウィン〉と〈プラズマシャワー〉である。 
〈ハロウィン〉の方は至極単純で、唯一の使い手である「パンプジン」が「ゴチルゼル」に使うだけで、完全ロックが完成する・・・あとは煮るなり焼くなり積むなりだ。

〈プラズマシャワー〉は[ひらいしん]との相性が良く、両立できるのは「ゼブライカ」だけ。
[ちくでん][でんきエンジン]と違い技の対象を引き寄せる効果も持つため、「ゴチルゼル」が電気技を受ける事がなくなるのである。
ただし全体攻撃は防げないため、適当なタイミングで〈スキルスワップ〉で[ひらいしん]を「ゴチルゼル」に移し替えると良い。
次のターンには十分に特攻が上がった「ゼブライカ」の〈ほうでん〉で、敵を一掃しつつ「ゴチルゼル」の特攻を上昇できる。 


記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ