【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

トロピウス

ORASオススメ秘伝要員の最終結論(ひでんわざ考察)

前回の記事で、秘伝要因は戦闘用水タイプに〈なみのり〉と〈たきのぼり〉のどちらを覚えさせるかによって選択すれば良いと考察しました。
しかし…よくよく考えてみれば旅パではPPの問題も含めて〈なみのり〉〈たきのぼり〉両立が安定なので、今回はそれを踏まえて攻略場所ごとにオススメな秘伝要因を紹介しようと思います。

ストーリー前半…《トウカジム:主人公父がリーダー》攻略までに入手できる秘伝マシンは〈いあいぎり〉〈いわくだき〉〈かいりき〉です。
また『あなぬけのひも』で十分かもですが、《流星の滝》などの洞窟では技マシンの〈あなをほる:114番道路で入手〉も便利ですね。
これらを覚える中で最も優秀なのは…

「マッスグマ」[ものひろい]
〈いあいぎり〉〈いわくだき〉〈かいりき〉〈あなをほるorなみのり〉

序盤に手に入り特性[ものひろい]でお馴染みのポケモン…特性で『あなぬけのひも』を拾うこともあるので、〈あなをほる〉の代わりに〈なみのり〉でもよく、その場合〈ダイビング〉が必要になる《トクサネジム:ふたごのジムリーダー》攻略後まで長く活躍してくれます。
注意点として進化前の「ジグザグマ:Lv.20で進化」は〈かいりき〉を覚えないので、育成が面倒なら戦闘要員に覚えさせるか…

「マクノシタ」
〈かいりき〉〈いわくだき〉〈あなをほる〉〈なみのり〉

を秘伝要員としアイテム回収に使うだけの〈いあいぎり〉を後回しにしても、ORASは〈そらをとぶ〉で各道路や洞窟前に飛べる新仕様があり苦になりません。
一応…

「サンド」
〈かいりき〉〈いわくだき〉〈いあいぎり〉〈あなをほる〉

なら秘伝マシン〈かいりき〉入手直後~必要になる手前の《113番道路》で出現します。
また、同じ草むらでは…

「エアームド」
〈いあいぎり〉〈そらをとぶ〉〈いわくだき〉〈ひみつのちから〉

が稀に出現します。〈いあいぎり〉〈そらをとぶ〉の両立は他に「トロピウス」だけなので、戦闘用員に〈かいりき〉を覚えさせた場合はストーリー中盤で重宝しますよ。

《トウカジム》攻略~《ヒワマキシティ》到着までは新たに必要になる秘伝技が〈なみのり〉だけなので、戦闘要員や「マッスグマ」でOKです。
また〈なみのり〉使用直後の《118番道路》で『いいつりざお』を入手できるので、御三家に「ラグラージ」を選択しなかった場合の戦闘用水タイプや、後々の秘伝要員をゲットできるようになります。

《ヒワマキジム:家が木の上にある街》攻略後に〈そらをとぶ〉が使えるようになります。
《ヒワマキシティ》両脇の119・120番道路では…

「トロピウス」
〈そらをとぶ〉〈いあいぎり〉〈あまいかおり〉〈ひみつのちから〉

が出現します。
基本的に洞窟には連れて行かずに陸上・水上で捕獲や秘密基地を担当しますが、戦闘要員に〈かいりき〉を覚えさせた場合は…

「トロピウス」
〈そらをとぶ〉〈いあいぎり〉〈いわくだき〉〈フラッシュ〉

の技構成で《チャンピオンロード》に連れて行っても良いでしょう。
これで必要に応じた秘伝要員を好きなタイミングで捕まえに行けるようになりました。

またホウエン地方はマップの半分が海のため、《ミナモシティ》到着以降に〈なみのり〉でかなり広い海を移動する事になり、ORASの新仕様で〈なみのり〉のスピードが2倍になった「サメハダー」が非常に重宝します。
《119・120番道路》
では『いいつりざお』で「キバニア:Lv.30でサメハダーに進化」が釣れますので、進化を見越して戦闘用員にしてしまうのも手でしょう。
後に《トクサネシティ》で『すごいつりざお』を入手すれば同じ場所で「サメハダー」も釣る事ができ、こちらは〈いわくだき〉〈かいりき〉もすぐ覚えられるので素直に秘伝要員にしてしまいましょう。

《トクサネジム》攻略後、《ルネシティ》や《海底洞窟》へ行くためには〈ダイビング〉が必要になるため…

「マリル」
〈ダイビング〉〈かいりき〉〈いわくだき〉〈あなをほる〉

を《117番道路》で捕まえれば、戦闘要員の〈なみのり〉と合わせ《海底洞窟》で必要な技が揃います。
同じ場所で『すごいつりざお』を使って釣れる『シザリガー』も同じ技構成が可能ですので好みで選択して下さい。
〈あなをほる〉を妥協するなら…

「サメハダー」
〈なみのり〉〈ダイビング〉〈かいりき〉〈いわくだき〉

でも良いでしょう。

他に海上から街へ戻る手段としても〈そらをとぶ〉は便利なのですが、〈ダイビング〉と両立できるポケモンは居ないため、戦闘用員に「ラルトス」系統を採用した場合は〈テレポート〉をなるべく温存して手持ちの秘伝要員枠を節約したいですね。

《チャンピオンロード》攻略に必要な秘伝技は〈なみのり〉〈たきのぼり〉〈いわくだき〉〈かいりき〉で、それ以外にも技マシンの〈フラッシュ〉は事実上必須となり、何度もポケモンセンターに戻る都合上〈あなをほる〉も欲しい所です。
〈なみのり〉〈たきのぼり〉は戦闘用水タイプに覚えさせるとすれば…

「パッチール」
〈かいりき〉〈いわくだき〉〈フラッシュ〉〈あなをほる〉

を《114番道路》で捕まえれば一体で済みます。
他に「エネコロロ」も同じ技構成が可能ですが『つきのいし』が必要になってしまいます。

以上が、ORAS旅パ秘伝要員の最終結論です。
《エピソードデルタ》で必要な〈そらをとぶ〉〈なみのり〉〈たきのぼり〉を一体で覚えるのはラティ兄妹くらいですが勿体ないので2体連れれば良いと思います。



ORAS秘伝要員(ひでんわざ)の考察

ORASの秘伝要因についてなのですが、これは戦闘用の水タイプに〈なみのり〉〈たきのぼり〉どちらを覚えさせるかによって決めていけば良いかと思います。

もし御三家をラグラージにした場合は〈たきのぼり〉を覚えさせますので、海の多いホウエンでは〈なみのり〉を使える秘伝要因を常備する必要があり、ちょうど〈たきのぼり〉を覚えない「マッスグマ」「ペリッパー」がオススメです。

「マッスグマ」[ものひろい]
〈なみのり〉〈かいりき〉〈いわくだき〉〈いあいぎりorあなをほる〉
特性[ものひろい]が役に立つ旅のお供。
地上用と洞窟用に2体用意したい。

「ペリッパー」
〈なみのり〉〈そらをとぶ〉〈ひみつのちから〉〈どろぼう〉
「キャモメ」は〈なみのり〉を覚えないので自力で進化させるか、別のポケモンで海へ出て捕まえる必要がある点に注意。
唯一の飛べる波乗り要因だが、それ以外の秘伝技は覚えないため戦闘以外の役割を工夫した。

「ツチニン」[ふくがん]
〈いあいぎり〉〈フラッシュ〉〈あなをほる〉〈みねうち〉
瀕死状態で先頭に置くことで道具持ちの野生がでやすくなり、2番手の上記「ペリッパー」で円滑に〈どろぼう〉できる。
進化しないと〈どろぼう〉を覚えず、進化すると[ふくがん]が消えるがゆえの処置。

「ハスブレロ」
〈ダイビング〉〈フラッシュ〉〈いわくだき〉〈かいりき〉
「ジグザグマ」「ペリッパー」が〈ダイビング〉を覚えないため、「ラグラージ」の技枠に余裕がなければ採用する。
この構成は他のポケモンでは出来ないのだが、必要に応じてどれかを〈なみのり〉とスイッチしてもいい。

御三家に「バシャーモ」「ジュカイン」を選択して戦闘用の水タイプに〈なみのり〉を採用した場合、〈たきのぼり〉〈ダイビング〉を秘伝要因に覚えさせる必要があります。

「ハスブレロ」
〈たきのぼり〉〈フラッシュ〉〈いわくだき〉〈かいりき〉
またもや固有の技構成で、チャンピオンロードで必要な秘伝技を網羅している。

「マリル」
〈ダイビング〉〈あなをほる〉〈いわくだき〉〈かいりき〉
こちらは海底洞窟で必要な技を揃えた。
「ヘイガニ」は進化しなければ〈いわくだき〉できず、ドジョッチは何故か〈あなをほる〉を覚えない。

「エネコロロ」
〈あなをほる〉〈フラッシュ〉〈かいりき〉〈いわくだき〉
戦闘用水タイプに〈なみのり〉〈たきのぼり〉を両立した場合のチャンピオンロード攻略用。
進化が面倒なら「パッチール」でも可。

「トロピウス」
〈そらをとぶ〉〈いあいぎり〉〈ひみつのちから〉〈あまいかおり〉
戦闘用水タイプが〈なみのり〉を覚えた場合の〈そらをとぶ〉要因。
他にも秘伝技を多く覚えるが、基本的に洞窟には入らないので他に任せて良い。

こんなところですね。
単純な覚える秘伝技の数や2体で全種揃える事に捕らわれないで、パーティや目的に合わせて採用していきたいです。



記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ