【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

バクフーン

【追記】御三家コンビネーション技考察【誓い】

夢特性バクフーン・メガニウムの記事で少し触れたのですが、草の誓い・炎の誓い・水の誓いの仕様についての解説と、オススメの使い手を紹介しようと思います。

〈くさのちかい〉〈ほのおのちかい〉〈みずのちかい〉・・・それぞれ単体で使うと威力80の地味な技です。
エナジーボール・火炎放射・熱湯の劣化なので、コンビネーションが使えるパーティでの採用が前提・・・もちろん採用してさえしまえば、試合の中で安定技としての単体使用もアリですね(技枠の節約にもなる)。 

次にコンビネーションについて・・・2体の異なるタイプ御三家がそれぞれの誓い技を使用することで、技が合体して1発の大技と化します(合体技のタイプは2体の相性で有利な方)。

〈くさのちかい〉+〈ほのおのちかい〉=威力150の炎技。
さらに4ターンの間、炎タイプ以外の相手ポケモンは最大HPの1/8ダメージ・・・草を燃やして『火の海』にするイメージですね。
〈ほのおのちかい〉+〈みずのちかい〉=威力150の水技。
さらに4ターンの間、味方は技の追加効果(エアスラッシュ等)が出やすくなる・・・水を熱で蒸発させて『虹』を作ります。
〈みずのちかい〉+〈くさのちかい〉=威力150の草技。
さらに4ターンの間、相手の素早さが1/4になる・・・草と水だらけの『湿原』が出現です。

この際の挙動としては、素早さの高い方の御三家(起動役)が下準備した直後に、〈おさきにどうぞ〉の要領で遅い方の御三家(発動役)がつられて行動することで合体技を放てます。
すなわち、起動役の素早さと発動役の特攻で威力150の大技が放てるという事ですね。
結果的に合体技のタイプが発動役と不一致になってしまっても、タイプ一致技として扱われます(何故かドーブルを発動役とした場合も同様)。
と言うわけで、誓い技を使う際はとにかく先手を取る素早いポケモンと、特攻の高い中速程度のポケモンを用意するのが有効そうです。

技を合体させるメリットは・・・
①相手の弱点を突く場合。
例えば炎弱点の敵に対し、バクフーンの火炎放射(一致90)+メガニウムのめざ炎(不一致60)を撃つよりも合体技(草+炎=炎150タイプ一致)の方が威力が高い。
②素早や特攻に差がある場合。
弱点を突けない場合でも、スカーフメガニウム(エナジーボール一致90)と眼鏡バクフーン(火炎放射)が別々に攻撃するより、眼鏡バクフーンの合体技の方が威力が高い上(調整次第だが)、スカーフの速さでバクフーンが動ける。
③攻撃対象は発動役が選択。
トリプルバトルで起動役をオーダイル・発動役をバクフーンとした場合、オーダイルをサイドに配置すると対角に水技を撃てない(水の波動を除く)が、技を合体(水+炎=水)させる事でバクフーンの攻撃対象に水技を当てられる。
④追加効果がある。
技の組み合わせによって、『火の海』『虹』『湿原』の追加効果があるのは上記の通り。
それぞれの追加効果の活用法と、それを活かせる御三家の組み合わせについては以下に解説します。

『火の海(草+炎)』
ターン終了時に敵に定数ダメージが入る効果なので、〈まもる〉で定数ダメージを稼ぐ戦術と相性が良く、火傷や宿り木を重ね掛けするのも有効です。
火力・素早さよりも耐久が重要そうですが、〈まもる〉する事でタスキを潰したり確定圏に入れられる事、先手で火傷を入れる必要性なども考慮する必要があります。
定数ダメージを無効化する炎対策にはバンギラス・カバルドンがおススメで、特性:砂起こしで定数ダメージも更に上乗せ出来ます。

【構築案①】メガリザードンY+[ようりょくそ]フシギバナ
葉緑素で2倍になったフシギバナの素早さでリザードンが晴れ威力150の炎技を使える、追加効果より火力を重視した組合せ。
初手はフシギバナが遅いのが欠点・・・トリプルならキュウコンで晴らせばフシギバナが初手から動け、サンパワー眼鏡リザードンで更なる超火力も実現できる・・・。

【構築案②】リザードン(orメガリザードンX)+ブリガロン
リザードンの鬼火+フリーフォール、ブリガロンの宿り木+ニードルガード+身代わりでひたすら定数ダメージを稼ぐ型・・・フリーフォールで敵1体が行動できないターンに身代わりを張ると良い・・・一応ファストガードも覚える。
難点はブリガロンの特攻が低くて普通にリザードンが炎技撃った方が威力が高い事・・・フリーフォールのプレイングが難しくなるがリザードンが素早さを下げて発動役になるのもアリかも知れない・・・どうせみがまもでブリガロンは最速。

【構築案③】[かるわざ]ジュカイン+ゴウカザルorエンブオー
炎タイプで鬼火し、ジュカインが火炎玉を投げつける事で敵を2体共火傷にすることが可能・・・そうして軽業を発動してしまえば炎技を高速で使えるようになる。
器用なゴウカザルと熱湯で炎の弱点を突けるエンブオーの2択だが、ゴウカザルの方がやりやすいか。
守るで定数ダメージを稼ぐ戦術と先制技の相性はいい。

【構築案④】天邪鬼ジャローダ+加速バシャーモ
バシャーモが加速したスピードと、ジャローダが天邪鬼リーフストームで上げた特攻で合体技が放てる、火力重視の組合せ・・・逆に初手はバシャーモがジャローダの速さで動ける。
バシャーモが馬鹿力・オーバーヒートで火力が下がっても置物にならないのも利点。

『虹(炎+水)』 
追加効果の発動率が2倍になるので、特に岩雪崩との相性が良いです。
特性[てんのめぐみ]とは重複しない仕様ですが、親子愛メガガルーラの追加効果発生率は普通に2倍になるので鬼ですね。 

【構築案①】メガラグラージ+エンブオー
メガラグラージは特性[すいすい]のため雨下で起動役になれ、また岩雪崩との相性もいい。
炎御三家と組み合わせるなら唯一水技の熱湯を覚えるエンブオーがベストで、『虹』により火傷も発生しやすくなる。
メガガルーラは岩雪崩に加え、雨下必中の雷で76.5%マヒ。

【構築案②】スカーフバクフーン+メガカメックス
バクフーンの素早さで噴火と高火力水技が2択で撃てる組合せ・・・噴火する際はカメックスが猫騙しでサポートできるのも利点。
ただせっかく噴煙の火傷率が2倍なのにスカーフで技変更が出来ないのは残念・・・脱出ボタン持ちに交代するか、トリプルなら貰い火バクフーンを中央に置いて横でヒードラン等に噴煙させる手もある。

【構築案③】バクフーン+ゲッコウガ
こちらはバクフーンがスカーフを持たないので合体技成功後は普通に噴煙・岩雪崩を撃っていける・・・ゲッコウガに畳返しがあるので噴火も決めやすい。
一応変幻自在めざ炎で噴煙の火傷は防げるが、素直に守るか交換で充分か。

【構築案④】加速バシャーモ+メガカメックスorエンペルト
ジャローダと組んだ時と同様、火力の下がったバシャーモを合体技の起動役として活用する。
天邪鬼の様な火力up手段はないが、上から水技を撃てるようになるのはこちらの利点。
さらにトリプルでは、前のターンに草の誓いor水の誓いを使用したポケモンにバシャーモがオウム返しすることで草技すら上から放てるようになる。


『湿原(水+草)』
使用後に相手の素早さを下げるので、あまり素早さにこだわる必要はありません。
実は『湿原』『火の海』『虹』はそれぞれ重複するのですが、残りの合体技を先手で撃てるよう最初に『湿原』から使うのが筋です。

【構築案①】スカーフカメックス+フシギバナ
カメックスが上から潮吹きと高火力草技を打ち分けられる組合せ・・・合体技使用後ならフシギバナも先手が取れるようになる。
潮吹きにこだわらないなら、スカーフではなくメガシンカして上から2体が高火力で制圧する形でもいい。

【構築案②】メガジュカイン+眼鏡エンペルト
メガジュカインの避雷針でエンペルトが電気技を受けずに済む・・・次のターン以降は相手の素早さが下がってエンペルトも先手を取れるため、電磁波無効になるのも大きい。
特攻が元々高いメガジュカインに起動役をさせる価値を見出せるよう、エンペルトには眼鏡を持たせた・・・技選択ができないが単発で水の誓いを連打するだけでそれなりの機能にはなる。
トリプルバトルなら更に電気弱点のリザードンも並べる事で、各種の合体技を上から撃っていけるようになる。

【構築案③】メガカメックス+ドーブル
ドーブルに草の誓い・炎の誓いを使わせることで、『湿原』『虹』を両方発生させることができる・・・火力の都合上ドーブルが起動役になれるよう素早さを調整したい。
メガカメックスが上から水の波動・悪の波動を撃ってきて、追加効果発生率も2倍となるのは脅威。 
ちなみにバシャーモ+ドーブルならオウム返しを絡めることで2体で全部の合体技が使えるが、バシャーモが先に行動するのが前提なので、ドーブルの火力が低く使い物にならない。


以上で考察を終わります。
細かい調整や技構成は長くなってしまうので省略しましたが、実際に作る機会があればまた紹介します。 

【追記】もらいびバクフーン育成論&構築【夢特性】

オーダイルに続いて、夢特性[もらいび]を得たバクフーンについても考察していこうと思います。
元々スカーフ噴火型が有名でしたが、ORASで噴火ヒードランが使用不可になったことで、唯一の貰い火噴火使いと言うことになります。
ついでに言えば最速の貰い火、そしてエンテイと並び最速の噴火使い、さらに最速の貰い火噴煙使い(他にブースターとヒードラン) でもありますね。
ただシングルで〈ふんか〉を使う型の場合、HP減少で噴火の威力が下がった時に、通常特性[もうか]なら別の炎技の威力を上げられる・・・という利点があるので貰い火はあまり使われないんじゃないでしょうか。
なので今回は、ダブル・トリプルで味方の炎技で[もらいび]を発動する方法について考察していこうと思います。

特性[もらいび]持ちで〈ふんえん〉を覚えるポケモンが、ブースター・ヒードランと合わせて3体となったのは先述の通り・・・つまりトリプルバトルでその3体を並べて全員で〈ふんえん〉する事により、全員の[もうか]を発動させつつ高確率で相手に火傷をばら撒く事が可能になりました。
一番遅くて特攻が低いブースターにスカーフを持たせ、バクフーン・ヒードランが[もらいび]発動状態で〈ふんえん〉できる形が一番ダメージ効率が高くなります。
この時ヒードランを真中に配置してしまうとバクフーンが貰い火前に噴煙を撃ってしまう点に注意・・・まあヒードランには〈あくのはどう〉もあるので普通に端がベストでしょう。

次にダブルバトルでスカーフを持ったバクフーンに先制して味方の炎技を当てる方法を考えます。
噴煙使いにバクフーンより速いポケモンはいないので、使えるのは単体技のみ・・・と言うかそもそもスカーフ準速バクフーンに先制して当てられる炎技は、悪戯心ヤミラミの〈おにび〉とテッカニンの〈めざめるパワー炎〉だけです。
ヤミラミは〈ねこだまし〉でバクフーンが噴火するサポートもでき、鬼火自体が普通に使える技なので相性が良いと思います。
テッカニンだと論外なので、バクフーンの素早さを調整してアギルダーでめざ炎を撃つことにしましょう。
アンコールやアシッドボムも覚えるのでサポート性能が高いです。
めざ炎だと最速に出来ないのでアギルダーの素早さ実数値は215・・・バクフーンのSに180振ってスカーフを持たせると丁度1低い実数値214となります。

「バクフーン@こだわりスカーフ」
うっかりやA76C252S180
〈ふんか〉〈オーバーヒート〉〈いわなだれ〉〈じんつうりき〉

「アギルダー」
おくびょうH252B4C4S248
〈めざめるパワー炎〉〈アシッドボム〉〈アンコールorいのちがけ〉〈まもる〉

こんな感じですね。詳細はまた追記するかもしれません。 

続きを読む

エルレイド〈ミストフィールド〉パーティ

地上にいるポケモンの状態以上を防ぎ、ドラゴン技で受けるダメージを半減する技〈ミストフィールド〉…
〈エレキフィールド〉〈グラスフィールド〉と比較すると、元々ドラゴン無効のフェアリーには恩恵が少ないので他のタイプのポケモンで使いたいトコロです。

「エルレイド」
〈インファイト〉〈ミストフィールド〉〈がんせきふうじ〉〈はたきおとすorおきみやげ〉
サーナイトの分岐進化のため、フェアリー以外では数少ない〈ミストフィールド〉を覚えるポケモン。
物理アタッカーなので飛んで来る〈おにび〉を〈ミストフィールド〉で防ぎたい。
竜半減は「ボーマンダ」には飛行で弱点を突かれ、「ガブリアス」には相手にも恩恵を与えてしまうなど自身では活かしづらいか。

…地味にその「ガブリアス」は〈ミストフィールド〉の恩恵が大きくて、地上で竜を半減しながら浮いてる「メガボーマンダ」に一方的に弱点をつけたりするんですよね。
『ランニング王子』ことミツル君は強化後に「ガブリアス」を入れてるので、同じメンバーで〈ミストフィールド〉を使うパーティも面白そうですね。
一応「ロズレイド」が〈しぜんのちから:ミストフィールド下ではムーンフォースになる〉を覚え、「ジバコイル」は〈エレキフィールド:しぜんのちからを10まんボルトにする〉を覚えます。

単純に〈ミストフィールド〉下で動きやすいドラゴンとしては「ガチゴラス」もオススメです。

「ガチゴラス@オボンのみorじゃくてんほけん」[がんじょうアゴ]
ずぶといH76A68B164D4S196振り
〈こおりのきば〉〈かみくだく〉〈もろはのずつき〉〈りゅうのまいorロックカット〉
元々「メガボーマンダ」の〈すてみタックル〉を半減するため〈ミストフィールド〉が活かしやすく、耐久に振ったので「メガボーマンダ」の1舞〈じしん〉や「ガブリアス」の〈じしん〉+[さめはだ]を耐えられる。
素速さは1舞で準速「メガボーマンダ」抜き、2舞(=ロックカット1積み)でスカーフ準速「ガブリアス」抜きの116。
火力は〈もろはのずつき〉で[いかく]なしなら「メガボーマンダ」丁度ギリ確1程度…対面なら[いかく]を食らっても一度〈りゅうのまい〉を積む猶予はある。
〈こおりのきば〉だと低乱数だが『じゃくてんほけん』発動なら[いかく]込みでも確1。

教え技で待望の〈げきりん〉を習得しましたが、竜技無しでもドラゴンに有効打があるのは〈ミストフィールド〉と好相性ですね。
他に恩恵を受けるポケモンとして、〈ミストフィールド〉下で〈しぜんのちから〉が〈ムーンフォース〉となる点に着目してピックアップしてみます。
「デデンネ」が覚えてくれれば良かったのですが…

「エルフーン@こだわりメガネ」[いたずらごころ]
ひかえめC252他調整
〈しぜんのちから〉〈シャドーボール〉〈ギガドレイン〉〈めざめるパワー地〉
補助技扱いの〈しぜんのちから〉を[いたずらごころ]で先手で使い、終盤の全抜きをねらう型。
〈ミストフィールド〉時以外は〈トライアタック〉となってしまうため、残りの補完技はそれも踏まえて選択した。

「ノクタス@いのちのたまorきあいのタスキ」
れいせいAC252振り
〈しぜんのちから〉〈あくのはどう〉〈ばかぢから〉〈ふいうち〉
悪タイプにとってフェアリー技はベストな相性補完になるため、〈しぜんのちから〉を覚える中で最も特攻が高いポケモンを選択。
〈トリックルーム〉〈ミストフィールド〉を両立して使いたい。

「マグマラシ@こだわりスカーフ」
うっかりやC252他調整。
〈ふんか〉〈しぜんのちから〉〈じしん〉〈オーバーヒート〉
炎タイプで〈しぜんのちから〉を覚える一体。
「ヒードラン」も覚えるが、ここまで格闘弱点が多いのが気になるためこちらに。

…とパーティを作る意識でポケモンを選んでみると、草2体と飛行が一貫するので「エルレイド」イマイチかな~と思えてきました。
「エルレイド」は「ガチゴラス」と組ませてチャンスがあれば〈ミストフィールド〉する程度がベストでしょうか。
やはり〈しぜんのちから〉を使うなら〈ミストフィールド〉→退場専門のポケモンを用意したいので…

「タブンネ@メンタルハーブ」[いやしのねがい]
〈いやしのねがい〉〈アンコール〉〈ミストフィールド〉〈トリックルーム〉
状態異常撒き以外の妨害手段が豊富な点は〈ミストフィールド〉と相性が良い。
〈ちょうはつ〉対策に『メンタルハーブ』を持たせているので[ぶきよう]〈スキルスワップ〉出来ないのが残念。
〈トリックルーム〉で素速さ逆転からの〈ミストフィールド〉で「ノクタス」に繋ぎたい。
格闘が一貫するが「メガタブンネ」の可能性から呼びづらくはある。

「ニャオニクス♂@だっしゅつボタン」[いたずらごころ]
〈ミストフィールド〉〈あくび〉〈サイコキネシス〉〈自由枠〉
退場技がないので〈ミストフィールド〉して『だっしゅつボタン』で逃げる。
〈あくび〉も含め「ガチゴラス」の積みや終盤の「エルフーン」での全抜きをサポートしたい。

こんな所でしょうか。
(※て言うか「エルレイド」使えねー、ランニング王子とか完全にタイトル詐欺だわ、さーせいした。)


記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ