前回の補足です。
ポケモンXDを使えば〈バトンタッチ〉を覚えた「サンダー」や「ルナトーン」「ソルロック」が手にはいるようですね。
「ファイアロー」の一貫を消す上で有用なので、私はXDを持ってないのですが参考までに。

それと前回は余りに「ファイアロー」を警戒しすぎて考察しなかったのですが、 「ペンドラー」はそれなりに面白そうですね。
耐性イマイチですが初手から先手〈てっぺき〉で一発耐えられる相手が多いので、むしろ「バシャーモ」よりバトンで引き継げる機会が多いかも知れません。
岩・地面を撃ち分ける相手に交換で受けても辛いパーティなのでこれは大きいです。
ただ「バシャーモ」よりあからさまにバトンのイメージが強いので〈ちょうはつ〉されそうなのですが…。
〈まもる〉→[かそく]で「ファイアロー」を抜けば、こちらに〈いわなだれ〉があるので炎技は撃たれづらくなります。
なので補完としては「サンダース@アッキのみ」を「ブレバ+フレドラ耐え=ハチマキブレバ2連耐え」で調整すると良いでしょう。
「ペンドラー」自身には『タラプのみ』を持たせて特殊技を一発耐えさせれば、先制技は大抵物理技(真空波は1/4)なのでバトンで逃げられると思います。
(あと「ルナトーン」との相性良すぎ…やはりXD買えと言うのか…)

あともう一体、弱点の被る「エーフィ」を必須と考えていたので見送っていた「フワライド」を考察しようと思います。
実は特防全振りで「臆病メガゲンガー=冷静ギルガルド」の〈シャドーボール〉を耐えるので、逆手に取って『じゃくてんほけん』が発動出来ます。
それを恐れて外の技を打ってくる可能性が高く、逆に普通に弱点を突いてきたら[かるわざ]で抜けるので、対面からなら初手〈たくわえる〉安定ですね。
ゲンガーに対しては急所引かれない限り安定して2、3回積めますし、ギルガルドも先手〈コスモパワー〉で[シャドボ+かげうち]耐えなので問題なしです。
勿論エース構築ではないので、他のポケモンで積んで弱点技読みバトンで[かるわざ]発動…等の芸当も出来ます。

「エーフィ」も加速バトンでメガゲンガーを抜けば、〈めいそう〉→〈アシストパワー〉で特攻無振りでも確1が取れるので、パーティ自体ゲンガーはさほど怖くないんですね。
加速バトンする「バシャーモ」がゲンガーの後攻になるように調整する必要はありますが…