【クソオワ】このクソゲーは終末らせる!

主にポケモンのマイナー技や変態型の考察をしています。 基本的に技名は略称等を用いてないので、記事検索で正しい技名(ひらがなカタカナ)を入力すればその技を用いる戦術の一覧が見れます。 また考察記事下部のポケモン名タグを押すと、そのポケモンが登場する他の考察に飛べますので良かったらどうぞ。

ラティオス

【ORAS】新メガシンカ全てにダメ出ししていく!その2

※対戦級という括りで準伝のラティ兄妹のダメ出しを追加。

前回の続きになります。前回を見たい方はページ下の[ダメ出し]タグからご覧ください。

「メガチルタリス」
デザイン:○満足
優雅さを増した外見と、それに応じたフェアリー追加…着地して孔雀感を出せばなお良かった。
性能:○方向性には疑問
固有タイプで独特の耐性を持つ。両刀で特性が脳筋なのは不満。

「メガオニゴーリ」
デザイン:◎秀逸
顎外れは思い切ったデザイン。ユキメノコの存在から霊界設定を追加したのも良い。
性能:◎良調整
無効なし最高火力の大爆発使いという個性を獲得した。ムラっけと組み合わせるプレイングが玄人向け。

「メガボーマンダ」
デザイン:○満足
三日月型の翼は奇抜だがバランスが取れていて、配色と相まって非常に格好良い。脚収納はやや盛りすぎで、このアイデアはピジョットに欲しかった。
性能:▲壊れ
無理にガブ対面で舞おうとして外見に合わない防御の高さになっている。600族で威嚇持ちのメガシンカを弱くするのは無理のある話だが…

「メガメタグロス」
デザイン:◎秀逸
流石に600族はマンダ共々凝ったデザインをしている。
性能:◎良調整
クリアボディ→火力素速さ上昇は本気出した感が出ていて強力。600族がここまでやって壊れにならないのはエスパー不遇を物語っている。

「メガラティアス」
デザイン:△地味
コイツはポケットモンスターアメジストの徘徊準伝「ラティウス」だと思う。可愛くない。
性能:○納得
特性を変えられないのは浮遊エスパーの弊害だから仕方ない。竜舞を覚えず、ラティオスより小回りが利く設定からもう少し素速い方が良かったか。

「メガラティオス」
デザイン:○満足
ラティアスと見分けづらい点を除けば、速そうで悪くないデザイン。
性能:◎良調整
もしも原始回帰だったらメガ枠を消費せず受け出しに有効なので、トップメタに返り咲けたのだろうか。


「メガミミロップ」
デザイン:◎秀逸
女性らしさを強調した良デザインだが、顔はあまりカワイくない。
性能:◎良調整
先にこの性能のポケモンを作りたくて、ミミロップに白羽の矢が立ったのだろう。

「メガエルレイド」
デザイン:○満足
格好良いがどちらかというと通常エルレイドのデザインが残念だとも言える。
性能:○納得
サーナイトと対照でなくなったのは違和感あるが、XYでは手探りだったのだろう。タイプが不遇なため特性はもう少し強くても良かったか。

「メガタブンネ」
デザイン:○満足
第五世代のタブンネをそのままフェアリーに変更するのは節操が無いと思ってメガシンカさせたのだろう。こだわりと愛があっての事なので良いデザインに仕上がっている。
性能:○納得
耐久が上がるので再生力を活かしながら要所でメガシンカ…のような事はやりづらい。捻りはないが、めいそうキッスなどメガ進化前提の戦術はある。


ORAS対戦級のメガシンカは以上です。
次回は第六世代新登場、あるいはメガシンカやゲンシカイキを獲得した伝説・幻にダメ出しします。

ORASオススメ秘伝要員の最終結論(ひでんわざ考察)

前回の記事で、秘伝要因は戦闘用水タイプに〈なみのり〉と〈たきのぼり〉のどちらを覚えさせるかによって選択すれば良いと考察しました。
しかし…よくよく考えてみれば旅パではPPの問題も含めて〈なみのり〉〈たきのぼり〉両立が安定なので、今回はそれを踏まえて攻略場所ごとにオススメな秘伝要因を紹介しようと思います。

ストーリー前半…《トウカジム:主人公父がリーダー》攻略までに入手できる秘伝マシンは〈いあいぎり〉〈いわくだき〉〈かいりき〉です。
また『あなぬけのひも』で十分かもですが、《流星の滝》などの洞窟では技マシンの〈あなをほる:114番道路で入手〉も便利ですね。
これらを覚える中で最も優秀なのは…

「マッスグマ」[ものひろい]
〈いあいぎり〉〈いわくだき〉〈かいりき〉〈あなをほるorなみのり〉

序盤に手に入り特性[ものひろい]でお馴染みのポケモン…特性で『あなぬけのひも』を拾うこともあるので、〈あなをほる〉の代わりに〈なみのり〉でもよく、その場合〈ダイビング〉が必要になる《トクサネジム:ふたごのジムリーダー》攻略後まで長く活躍してくれます。
注意点として進化前の「ジグザグマ:Lv.20で進化」は〈かいりき〉を覚えないので、育成が面倒なら戦闘要員に覚えさせるか…

「マクノシタ」
〈かいりき〉〈いわくだき〉〈あなをほる〉〈なみのり〉

を秘伝要員としアイテム回収に使うだけの〈いあいぎり〉を後回しにしても、ORASは〈そらをとぶ〉で各道路や洞窟前に飛べる新仕様があり苦になりません。
一応…

「サンド」
〈かいりき〉〈いわくだき〉〈いあいぎり〉〈あなをほる〉

なら秘伝マシン〈かいりき〉入手直後~必要になる手前の《113番道路》で出現します。
また、同じ草むらでは…

「エアームド」
〈いあいぎり〉〈そらをとぶ〉〈いわくだき〉〈ひみつのちから〉

が稀に出現します。〈いあいぎり〉〈そらをとぶ〉の両立は他に「トロピウス」だけなので、戦闘用員に〈かいりき〉を覚えさせた場合はストーリー中盤で重宝しますよ。

《トウカジム》攻略~《ヒワマキシティ》到着までは新たに必要になる秘伝技が〈なみのり〉だけなので、戦闘要員や「マッスグマ」でOKです。
また〈なみのり〉使用直後の《118番道路》で『いいつりざお』を入手できるので、御三家に「ラグラージ」を選択しなかった場合の戦闘用水タイプや、後々の秘伝要員をゲットできるようになります。

《ヒワマキジム:家が木の上にある街》攻略後に〈そらをとぶ〉が使えるようになります。
《ヒワマキシティ》両脇の119・120番道路では…

「トロピウス」
〈そらをとぶ〉〈いあいぎり〉〈あまいかおり〉〈ひみつのちから〉

が出現します。
基本的に洞窟には連れて行かずに陸上・水上で捕獲や秘密基地を担当しますが、戦闘要員に〈かいりき〉を覚えさせた場合は…

「トロピウス」
〈そらをとぶ〉〈いあいぎり〉〈いわくだき〉〈フラッシュ〉

の技構成で《チャンピオンロード》に連れて行っても良いでしょう。
これで必要に応じた秘伝要員を好きなタイミングで捕まえに行けるようになりました。

またホウエン地方はマップの半分が海のため、《ミナモシティ》到着以降に〈なみのり〉でかなり広い海を移動する事になり、ORASの新仕様で〈なみのり〉のスピードが2倍になった「サメハダー」が非常に重宝します。
《119・120番道路》
では『いいつりざお』で「キバニア:Lv.30でサメハダーに進化」が釣れますので、進化を見越して戦闘用員にしてしまうのも手でしょう。
後に《トクサネシティ》で『すごいつりざお』を入手すれば同じ場所で「サメハダー」も釣る事ができ、こちらは〈いわくだき〉〈かいりき〉もすぐ覚えられるので素直に秘伝要員にしてしまいましょう。

《トクサネジム》攻略後、《ルネシティ》や《海底洞窟》へ行くためには〈ダイビング〉が必要になるため…

「マリル」
〈ダイビング〉〈かいりき〉〈いわくだき〉〈あなをほる〉

を《117番道路》で捕まえれば、戦闘要員の〈なみのり〉と合わせ《海底洞窟》で必要な技が揃います。
同じ場所で『すごいつりざお』を使って釣れる『シザリガー』も同じ技構成が可能ですので好みで選択して下さい。
〈あなをほる〉を妥協するなら…

「サメハダー」
〈なみのり〉〈ダイビング〉〈かいりき〉〈いわくだき〉

でも良いでしょう。

他に海上から街へ戻る手段としても〈そらをとぶ〉は便利なのですが、〈ダイビング〉と両立できるポケモンは居ないため、戦闘用員に「ラルトス」系統を採用した場合は〈テレポート〉をなるべく温存して手持ちの秘伝要員枠を節約したいですね。

《チャンピオンロード》攻略に必要な秘伝技は〈なみのり〉〈たきのぼり〉〈いわくだき〉〈かいりき〉で、それ以外にも技マシンの〈フラッシュ〉は事実上必須となり、何度もポケモンセンターに戻る都合上〈あなをほる〉も欲しい所です。
〈なみのり〉〈たきのぼり〉は戦闘用水タイプに覚えさせるとすれば…

「パッチール」
〈かいりき〉〈いわくだき〉〈フラッシュ〉〈あなをほる〉

を《114番道路》で捕まえれば一体で済みます。
他に「エネコロロ」も同じ技構成が可能ですが『つきのいし』が必要になってしまいます。

以上が、ORAS旅パ秘伝要員の最終結論です。
《エピソードデルタ》で必要な〈そらをとぶ〉〈なみのり〉〈たきのぼり〉を一体で覚えるのはラティ兄妹くらいですが勿体ないので2体連れれば良いと思います。



性転換妹と両刀兄*メガラティアス&メガラティオス育成論

今日はORASで新たにメガシンカを獲得したラティ兄妹について、お互いを比較しながら考察します。

まずは種族値について…
「メガラティアス」は攻撃・防御・特攻・特防が平均的に上昇し、特に特攻の値が兄のメガシンカ前を越えたので実質こちらが「メガラティオス」だと言っても違和感ない性能となっています。
一方の「メガラティオス」は攻撃が大幅に上昇して物理技を採用しやすくなっており、もはや別ポケモンと言える程でしょう。
バランス的に妹の方が優秀とも言われますが、メガ前の受け出しが割に合わない事と防御・特防に対してHPが低いために一長一短です。
どちらも素速さは据え置きですが、「メガボーマンダ」とはお互いに後出し出来ない関係なのでさほど影響ありません。

「ラティアス@メガ石」
おくびょうHS252
〈りゅうせいぐん〉〈10まんボルト〉〈ミラータイプ〉〈なみのり〉
「マリルリ」がメガボーマンダにどうしようもないため、〈れいとうビーム〉持ち特殊水は間違いなく増える筈。
なので〈ミラータイプ〉で水タイプに転換し〈10まんボルト〉を入れて行く。
無振りでも〈りゅうせいぐん〉でH252ボーマンダを確定一発だが、ゲッコウガを珠ダメ込みで落とすならもう少し振りたい。
ちなみに素速さをガブリアス抜きまで削って特防に回しても「ゲッコウガ@いのちのたま」の〈れいとうビーム〉で6~7割削られるため、〈めいそう〉しても二発目を確定耐えとはいかない。
それが出来るなら、〈れいとうビーム〉〈10まんボルト〉〈めいそう〉〈はねやすめ〉の型がベストだったのだが、「ゲッコウガ」の流行の型を見て選択したい。
元々珠ダメ込みでなくては〈りゅうせいぐん〉でも倒せず、「ゲッコウガ」は両刀型で攻撃にも努力値を割いてそうなので瞑想型の方が強いのかもしれない。
ちなみに〈れいとうビーム〉でH252「メガボーマンダ」を乱数2つ切って倒せる

「メガラティオス@メガ石」
せっかちCS252
〈りゅうせいぐん〉〈10まんボルト〉〈じしん〉〈めざめるパワー炎〉
H252ボーマンダは〈りゅうのはどう〉でも高乱数一発なのだが、せっかくの両刀型なので〈りゅうせいぐん〉を採用した。
一応〈りゅうせいぐん〉+特攻↓↓〈めざめるパワー〉でH252ハッサムは高確率で倒せるため割と気軽に撃っていける…メガハッサムだとややキツイ。
「ガブリアス」が電気技を使えたら…と考えればこの攻撃範囲は相当驚異になるが、〈じしん〉の威力自体は大したことない。



記事検索
タグクラウド
プロフィール

cosmoherios

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ