2016年10月

2016年10月30日

レインドロップご感想

cf6b78e8a9be8eec138540976274dc0d_s

【レインドロップご感想】

おかげさまでリピーターの方も
徐々に増えてきておりまして
誠にありがとうございます。

先日、ご感想をいただきましたので
載せさせていただきます。

(東京・MY様)

ミカエルザヤットオイル使用

終始丁寧な施術で時間をかけてやって下さいました。
こちらの要望にも快く対応して下さり至れり尽くせり、
オーダーメイドの施術でした。

トラウマと解放して下さるヒーリングもあり、
定期的にうけたいと思いました。



cosmospirit at 22:35|PermalinkComments(0)サロンあれこれ 

2016年10月18日

東北・平泉ツアー 10(仙台)大崎八幡宮

P1050952(1)

いったん仙台駅に戻って、
バスで大崎八幡宮へと思ったら、
ちょうどバスが巡回バス「るーぷる」が
出発するということでそれに飛び乗りました。

るーぷるは、主な仙台の名所を回ってくれます。
時間はかかりましたが、青葉城なども通ることが
出来てよかったです。前回仙台に来た時は
駅前の商店街くらいしか寄れなかったので

運転手さんがずっと案内をしてくれて、
ぐるっと回って約50分くらいで
大崎八幡宮へ到着しました。

P1050953(1)


大きな朱塗りの鳥居をくぐって進むと…

P1050950(1)

最後の最後で100段の階段です
(大石段)
運転手さんの話では、ノムさんは
ボヤキながら上がったそうです。

P1050943(1)

思ったよりキツくなかったです。
上がりきったら、また三之鳥居をくぐります。

P1050938(1)

手水舎でお清め

P1050936(1)

金刀比羅社にもご挨拶

P1050930(1)

遥拝所

P1050935(1)

長床

ここを通ると社殿

P1050924(1)

拝殿(国宝です)

祭神
応神天皇、仲哀天皇、神功皇后

平安の昔、東夷征伐に際して坂上田村麻呂は、
武運長久を祈念すべく武門の守護神である宇佐八幡宮を
現在の岩手県水沢市に勧請、鎮守府八幡宮を創祀しました。

その後、室町時代に奥州管領大崎氏はこれを自領内の
現遠田郡田尻町に遷祀し守護神として篤く崇敬した為、
世に大崎八幡宮と呼ばれました。

大崎氏の滅亡後は伊達政宗公が居城の玉造郡岩出山城内の
小祠に御神体を遷し、仙台開府後仙台城の乾(北西)の方角に
あたる現在の地に祀られました。


厄除け・除災招福や必勝・安産の神として篤く尊崇されて
まいりました。又、仙台における「卦体神」という十二支の神を
信仰する習俗においては乾(戌亥)の守護神とされ、
戌歳・亥歳生まれの人々からは格別の崇敬を受けております。
(大崎八幡宮 由来より)

ほんとは、宮城も色々回りたかったのですが、
諸事情により、今回は東照宮とここに厳選してきました。

ここは坂上田村麻呂や他にも
キーワードがあったのと、国宝の社殿も
観たかったというのもあってやってきました。

特にワークはなかったので
ご挨拶してウロウロ散策。

P1050926(1)

美しい拝殿の装飾ですね。

P1050925(1)


P1050921(1)

高野槇

IMG_20160923_145054(1)

可愛いダルマさん達
「八幡宮の縁起だるま」

IMG_20160923_144814(1)

必勝の神さまでも有名らしく、
先ほどのノムさん&楽天イーグルスも来たり、
リオ五輪・卓球女子選手たちも来てました。

IMG_20160923_144848(1)

こちらは、以前音楽祭をした
ミュージションの方々のサイン。
私の好きなあの方のサインも

ここに来る1ヶ月くらい前にライブに行ってこれて、
そこで仙台出身の彼のエネルギーと種火を
もらってきました。


実は、ライブ会場に行く途中で見かけたポスターが

能舞音楽劇「義経記」

公演画像

源義経の生涯を描いた“義経記”をジャンルを
異にする三者が新たな解釈で表現します。

デーモン閣下の朗読と歌、上妻宏光の書き下ろしの楽曲と
演奏、山井綱雄の独自の能舞。

伝統に根ざしながらもエンターテイメント性を伴った、
新たな日本様式を創作する能舞音楽劇です。
(終了してます)


同じ会場で公演予定でしたが、
まさかこんな場所で義経の名を見ることに
なるとは、、、今回の東北ツアーも
ほんとに様々な縁が紡がれて行ってこれたのだなと。

いったんこれで東北ツアーは完了して
蝦夷の地から
今度は、隼人、熊襲の地である
九州へ行くことになりそうです。

駅に着いて遅いランチになりましたが、
たんや善治郎 の牛タン重を頂きました

IMG_20160923_160208(1)





2016年10月17日

東北・平泉ツアー 9(仙台)仙台東照宮

P1050889(1)

新幹線で一ノ関駅から仙台駅へ移動して
仙山線で数分乗ると「東照宮駅」に到着します。

P1050891(1)

ホームは一つだけ。

P1050892(1)

まっすぐ歩いて振り向いた奥が駅

BlogPaint

また、前を向いて公園を通っていくと
すぐ広めの道路に出ます。

P1050894(1)

道路の反対側に「仙岳院」というお寺がありますが、
今回はパス

仙台藩第2代藩主・伊達忠宗が開基した
天台宗・康国寺の塔頭寺院。
仙台東照宮および平泉・中尊寺の別当寺

P1050895(1)

左手奥にはすでに東照宮の入口が見えます。

P1050899(1)

石鳥居

P1050901(1)

階段を登りますよー。

P1050902(1)

どこの東照宮も階段多いんですよね。。。

P1050903(1)

立派な随神門

P1050907(1)

手水舎で清めて

P1050911(1)

拝殿

P1050909(1)

ここでもお参りして、ワーク。
完全な人払いは出来なかったけど、
お参りは貸切で出来たのでOK!

P1050915(1)

唐門

P1050917(1)

拝殿の方から随神門

本殿の裏の方に回ったら
アクシデントは発生。。。

お参りした後だったので
早々に立ち去りました。

ちょっとダメージありましたが、
次は最後の大崎八幡宮へ

いよいよ、ラスト
続く…





2016年10月16日

東北・平泉ツアー 8(一関)舞草神社その2

P1050860(1)

表参道から来ると、たぶんこの鳥居に
出てくるんだと思います。

P1050858(1)

石碑もあります。

P1050861(1)

随神門

P1050863(1)

階段途中の左手に神馬ちゃんがいます。

P1050874(1)


舞草神社(もぐさ・もくさ)

祭神
稲倉魂命(イナクラダマのミコト)
伊弉册命(イザナミのミコト)

舞草刀発祥の地
日本刀の源流とみられている。

718年に白山妙理権現(菊理姫命)を祭神としたのが
始まりと言われてます。

また、坂上田村麻呂が蝦夷討伐の必勝祈願の為に
観音を安置したとも言われています。
(観音山というくらいだけど、どっちが先なのか?!)

神仏習合・修験の場でもあり、
刀鍛冶の集団が刀を鍛えていた
鍛冶場跡も近くにある。

まだ、謎が多いそうですが、
その昔、かなり重要な場所ではなかったのかなと
思います。

ここに今回来たのは、
自分事のワークだったのですが、
RPGで言えば、
難しいところをクリアしたので、
勇者の剣をゲットした、的な感じです。

実際、剣(エネルギーの世界の)なのですが。
(詳細は言えなくて済みません。。。)

これも様々なシンクロや努力があってなのですが、
さらにここに行くことで出来上がるという、
来ないと完成出来ない代物だったんです。

久々の運転でしかも知らない土地でしたが、
頑張って行って良かった~。

神さまからのお礼も聞けたし。

一つ一つの糸(意図)が重なり合って
来ることが出来たところでした。

P1050866(1)

狛犬ちゃん
プリケツで可愛い

P1050870(1)

奥にはご神木と鐘楼

ご神木にもご挨拶

ほんとに自然豊かな神社

でも、昔は人もある程度いて
賑わっていたと思うと、
何となくその情景がうっすらと浮かんできました。

ふと思ったのが、ラピュタの城のよう


最先端の技術があったのに
使われなくなり、
自然がそれを覆っている。

レッドタートルを先日観たのもあったのですが、

自然とどう向き合い、共生していくのか、

私も含め大勢の人がこれから

更に真剣に考えなければならない

時期に来ているのではないでしょうか?

P1050879(1)

帰り道
左手はあじさいがたくさんあって
あじさいロードと言われている?

P1050880(1)

ここは鉱山跡

BlogPaint

三叉路

直進です。左右に行かないでくださいね。

P1050882(1)

途中から見えた景色

東参道の看板のところに戻ってきた時に
先に一台の車が止まってました。

神社に行く人かな?と思ったのですが、
私はとりあえず看板を撮影したかったので
距離をあけて止まりました。

すると、おじさんが一人こっちへやって来て
声をかけてきたのですが、、、

なんとキリスト教の布教で回っているとのことで

東京から神社に来た話をしたら、
そそくさと離れていきました。苦笑

帰りもスムーズに駅まで辿り着けました。
ガソリン代の精算をしたら、
数分後に新幹線が来る!
ということで、
すぐに荷物をピックアップして
ホームへ。

ギリギリ間に合いました。

ここからは南下して
仙台へGO!

まだ続きます。。。




2016年10月15日

東北・平泉ツアー 7(一関)舞草神社その1

P1050847(1)

北上川 遊水池展望台
ドラッグするとルートを変更できます
ドラッグするとルートを変更でき、クリックすると削除できます
ドラッグすると変更できます
ドラッグすると変更でき、クリックすると削除できます
ドラッグして場所を変更するか、クリックして詳細情報を表示
一ノ関駅へ戻って、駅レンタカーを予約しておいたので
車で約30分の舞草神社へ向かいました。

14号線  北上川遊水池展望台のところで
右折して脇道をしばらく走ると
表参道へ続く階段が見えます。

ここからは獣道っぽいので
道なりにそのまま進んでいくと、
東参道の看板がありますので
ここを上がっていきます。

来た道からだと、逆方向なので、
ぐるっと左折する形になります。

P1050886(1)

看板は↓

P1050885(1)

少し上がると鳥居が右手に見えてきます。

P1050848(1)

そのまま道なりに鳥居の横を通っていきます。

P1050849(1)

しばらく進むと史跡の標示があります。
そのまま道なりに。

P1050850(1)

この辺はまだ運転しやすい。

P1050851(1)

分かれ道に出ますが、そのまま直進。
右折しないでくださいね。

P1050853(1)

右側は、鍛冶場の跡

途中、大きめの枝が落ちていてどかしたり、
リスみたいのが道を横切っていったり、
それはもうもののけの森のようです。

IMG_20160923_105553(1)

上がったと思ったら、下ってと、
ゆっくりと慎重に運転して何とか着きました。

眼下の景色だけど、ガスってます。

車を止めようとしたら、左脇の藪から突然
イノシシらしき動物が凄い勢いで出て来て
逃げていくからビックリ

P1050855

止まった・・・

こっち、めっちゃ見てる

ん、顔白い

イノシシじゃない

じゃぁ、何、この生きもの・・・

P1050855(1)

シシガミ様

こっち、来ないよな・・・

くまの対処はある程度知ってるけど、
これは・・・

しばらく、お互いガン見

このままだとアカンと思って
とりあえず目線外してみる。
それをしばらく続けてたら森へと消えてしまった。

ホッ・・・、ふぅ・・・

寿命縮むかと思った

だけど、
絶対何か言いたいことがあったんだろうなぁと。

後で、調べたら
どうやら二ホンカモシカだったらしい。

岩手も出没するとあったので
間違いないと思います。
似てる画像もあったし

二ホンカモシカ今まで見たことない(たぶん)、
しかも顔が白いのもいるなんて知らないし

あぁ、ビックリした。。。

そして、後で確認したところ、
目が合った時に神さまが降りてきたみたいで
感謝とねぎらいを伝えたかったらしい。

カモシカは、神さまのお使いとも
言われてるし、ほんとに使われてたのね。笑

でも、そういうことなら嬉しかったです

BlogPaint

晴れたり曇ったりの中、
つかの間の参拝スタートです。

その2へ続く



HP・サロン用ブログ


《サロンHP》
Healing Salon  La Moon

《サロン用ブログ》
La Moon&Earth

《ヘルシー発信ブログ》

Meneのヘルシー魔女キッチン

Twitter》
https://twitter.com/Mene_Lamoon

~サロン室内~

*都内にある女性専用*
   ヒーリングサロン

  「 LA MOON 」
salon5 

*お知らせ*
2017年4月から至福のアロマ
レインドロップ&ヒーリング
8,000縁とさせて頂きます。

さらに充実した内容に
なっておりますので、
ぜひお待ちしております。

モニター様感想

レインドロップ体験ご感想
  → その1
  → その2

モニター様感想 1

モニター様感想 2