2017年01月

2017年01月29日

「この世界の片隅に」と「女たちの大震災」

507e0f31f5a568e5

最近、立て続けに映画のサインが出てて

観に行ってますが、

今回は

「この世界の片隅に」

のんが主人公すずの声をしてますね。

 

時代は昭和8年から戦後までのお話

子供の頃から

おっとり、のほほんした性格のすず

そんな女の子にも

段々と戦争の影は忍び寄ってきます。

 

でも、感受性の強いすずは

そんな日々の生活の中にも

ささやかな幸せや変わらないもの、

工夫しての楽しさを見出しています。

 

日常のちょっとしたこと、

変わらない動植物たち、

戦争映画だけど、片隅にいる

人々の生活を丁寧に描いてます。

 

だけど、おっとりやのすずでさえ、

慟哭するシーンがあります。

 

それはこの時代の女性の多くが

胸に抱えたであろう怒りでは

ないでしょうか?

 

自分の意思には関係なく嫁ぐことや

好きな人と添えなかったこと、

承諾したとしても、ほとんど面識がないとか、

夫の家に入り献身的に家のことを勤めるのが

当たり前の時代。

 

その上、戦争で家が焼けたり、

配給が少なく食べるものに困ったり、

環境は大きく変わっていきます。

 

そして最大の悲しみ、怒りは

戦争で失った家族や愛する人たち

ではないでしょうか。

 

女性性が傷つけられ、表現を封じ込められ、

耐えに耐えた時代。

 

同じように大震災でも

同じような状況が起こっている

今という現実

b05c6db56ca75d16eedc32983ade0bdd_s


先日やってたNHKスペシャルの

「女たちの大震災」

 

阪神淡路大震災後に色々分かったこと。

 

女性の方が、震災のストレスで

脳梗塞などのリスクが高くなっていること。

 

その後、出来た血栓は今も

爆弾となって脅かしていること。

 

また、流産、切迫流産が多かったとも。

 

女性は子供を産むという生体機能から

本来保守的と言われています。

 

古代から子を守り、育てるのは女性。

だから急激な変化を嫌ったり、

苦手とするところもあります。

 

男性は逆に狩猟など行動する生きもの。

常に変化しても負担は女性より

少ないです。

 

そういう点で、変わらない日常というのは

女性にとっては安心な要素で精神的も

落ち着いていられるもの。

 

それが震災によって

環境が大きく変わってしまう。

 

周りを気にするばかりに

溜め込んでしまう女性も多いと。

 

今、性差医療というものが

テーマにもあるようです。

 

男性・女性それぞれの

予防やケアが必要と。

 

そういった意味でも

震災時の生活ももっと女性視点で

考えることが必要だなと思いました。

 

すぐには、国や自衛隊、公共機関などの

支援が入るけど、それをどう自分達の日常に

早く近づけていくか、町やコミュニティ単位で

アイディアを出していくといいかもしれませんね。

 

避難所でも子供の世話や介護や食事、洗濯などは

多くの女性がやっていることだと思います。

(男性も手伝っているでしょうが比率から

いったら女性が圧倒的なのではと思います。)

 

実際に熊本地震で女性達がアイディアを

出して動いたことで日常に近づけたという

ケースも紹介されてました。

 

ドラマ「逃げ恥」でも

みくりさんがアイディを出して、

平匡さんが具現化していくって

スタンスを取ってましたよね。

 

女性性が創造・表現して

男性性が具現化・行動していく

 

この循環が本来の男女性のエネルギーの循環で

まさに理にかなった流れです。

 

ほんとにこれからは

それぞれ本来の得意分野を活かし、

お互いを支え、循環させていく、

いがみ合いでもなく、損得でもなく、

 

受容」と「与えること

 

このサイクルが統合へと

繋がっていくのではないでしょうか。

 

それにはまず

自分にも他人にも

素直

になること。

 

ここからですね。。。

 

 



2017年01月22日

赤坂・久国神社

IMG_20170119_124859(2)

先日、たまたま見つかったので
ご挨拶してきました。

「久国神社」

場所は赤坂・六本木の間くらいな感じでしょうか。

赤坂氷川神社からは
近いですので一緒に回るには
いいですね。

ご祭神は、倉稲魂命

六本木通りから一歩奥まった所にあります。

階段を登っていくと、
左手は公園
右手に神社があります。

IMG_20170119_125333(1)

拝殿

左奥は摂社

IMG_20170119_125250(1)

祭神は、猿田彦

手水舎は蛇口をひねってから
水を出す感じでした。

拝殿、摂社にご挨拶させて頂きました。

久国稲荷と呼ばれていた時期もあったみたいですが、
お稲荷さん要素はあまり感じませんでした。

なんと、ここはおみくじが10円でびっくり!

でもご朱印は500円ってありました。

で、おみくじを引いたところ
「大吉」頂きました♪

去年から神社があるのは分かっていたのですが、
場所がよく分からずで、
先日たまたま発見したので
ご挨拶させて頂きました。

あと少し近所でご縁があるので
挨拶できて良かったです。

小さい池みたいのがあったのですが
水が入っておらず
龍ちゃんがちょっとご不満そうでしたね。

港七福神の一つで
布袋尊のご朱印ももらえるようです。

氷川神社からは南部坂を下って、
右へ1~2分歩いていくと
神社へ着きます。

人が行くことで神社も活気が出たりします。

ここもそういったエネルギーが
必要なのかもしれません。

その際はあまり自分事だけでなく、
神さまにもぜひ感謝をお伝えしてください。

きっと喜んでくれると思います。




2017年01月16日

1.11 赤坂氷川神社と津々井のビフテキ丼♪

IMG_20170111_120943(1)

1月11日

 

去年から引き続きご縁のある

赤坂の氷川神社へ参拝してきました。

 

毎回ここへ来ると、

クリアリングして軽くさせて頂き

私の大好きな神社です。

 

ちょうど御祈願の方がいて

私も外ながら御幣で

祓ってもらいました。笑

 

お正月過ぎたばかりなので

山車の猿の展示してありました。

(寄付の呼びかけでしたが)

IMG_20170111_121006(1)

IMG_20170111_121029(1)

「鶏と猿は天下祭でも

一、二番をつとめ重視された主題」

 

と、ありますね。

去年は申年、今年は酉年。

 

天下、政権にとっても重要な年と

いうことでしょうか?

 

境内にはもう梅が咲いてました!

IMG_20170111_121451(1)

和みますね~ラブラブ

 

帰りにすぐ近くにある洋食屋さん

「津々井」

ちょうど、この日はビフテキ丼が

安く食べられたので奮発しちゃいましたひらめき電球

IMG_20170111_122529(1)

IMG_20170111_125022(1)

お肉が柔らかだったですよ~ステーキ

ご飯が多かったですけど完食。笑

 

エンジェルナンバーで

1はスタートでもあり、

 

エネルギーの通り道が開きました。
あなたの思考はすばやく現実となります。
この時期、思考を賢く選ぶこと。
思考が願望と確実に一致したものであるようにしてください。
恐れには一切エネルギーを費やさないように。
そうしないと、それが現実化してしまいます。

 

111を見たら純粋に自分が楽しいことを

思い浮かべるといいですね。

そして、夜は
1(ワン)繋がりになるのでした。笑



2017年01月15日

もう一つの終わりと始まり「ローグ・ワン」

IMG_20170111_180258(1)


1月11日
満月前日の月と東京タワー


始まりの1
1=ワン(one)
繋がりで観に行った、、、
という訳ではないけれど
結果的に
そうなったのか。笑

映画「ローグ・ワン」を
観に行ってきました。

スターウォーズのエピソード4に
繋がるサイドストーリー。

でも、所々にメインメンバーも
出て来て3.5と言っても
過言ではないくらいの作品でした。

このお話も親子の確執や葛藤が
あるのですが、まぁスターウォーズならではの
あるあるネタですね。笑

この映画の象徴的たったのが、

水(雨の中)の父の死

火(溶岩の流れる要塞)に居る
もう一人の再生の父
(ダースベイダー)

まさに終わりと始まり

その要素に加わっているのが
水と火

そして、次へと繋がっていくのは
「希望」

陰と陽の統合が
新たなる希望ということか。

スターウォーズを観ていると
輪廻・火の鳥を思い出してしまう。笑





2017年01月11日

映画「ぼく明日~」と終わりと始まり

ポスター画像

先週、観に行ってきました。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートをする」

 

日本版ベンジャミンバトンという感じでしょうか。

 

詳しい内容は書きませんが

ちょいウルしました。

 

ぼくの明日(未来)と彼女の未来は

切なく交差していくのだけど、

深い深い愛と想い(意志)がないと

耐えられない。

 

一生のうち

たった30日間しか一緒にいられない。

その事実と知った時、

覚悟を決めた時、

魂は確実に大きく成長した。

 

そして彼は愛に目覚めた。

 

この映画限らず

今日一日は二度と戻ってこない。

 

明日が同じ日ではない。

 

それは3.11を経験して

嫌というほど分かっているだろうに…

 

千日回峰行を2回も行った

比叡山の酒井雄哉阿闍梨

 

千日回峰行は失敗したら死という

ほんとに過酷な修行です。

(成功するにも死と隣り合わせの内容)

 

彼が言った言葉が

「一日一生」

 

「一日」を中心にやっていくと、

今日一日全力を尽くして明日を迎えようと思える。

 

一日一善、だっていい。

一日、一日と思って生きることが大事なのと違うかな

***

 

瞬間瞬間を味わい、

大切なことは言葉にして伝えて

やりたいことは先延ばしにしないで

悔いのないように…

 

今月の新しく仲間入りしたアロマは

「トランスフォーメーション」

(自己改革)

否定的な固定観念を前向きな活気ある思考パターンと

入れ替えることによって、人は態度や感情、

行動に変革を与える力を得ます。

 

あなたの人生で望まれる変革力を与え、

それをサポートする香りです。

 

ご希望の方にはサービスで

レインドロップに追加します。

 

成人式も終わり、正月気分も抜けて

今年も本格的に始動モードですね。

 

準備の出来た人から

エンジンかけて進みましょう音譜



HP・サロン用ブログ


《サロンHP》
Healing Salon  La Moon

《サロン用ブログ》
La Moon&Earth

《ヘルシー発信ブログ》

Meneのヘルシー魔女キッチン

Twitter》
https://twitter.com/Mene_Lamoon

~サロン室内~

*都内にある女性専用*
   ヒーリングサロン

  「 LA MOON 」
salon5 

*お知らせ*
2017年4月から至福のアロマ
レインドロップ&ヒーリング
8,000縁とさせて頂きます。

さらに充実した内容に
なっておりますので、
ぜひお待ちしております。

モニター様感想

レインドロップ体験ご感想
  → その1
  → その2

モニター様感想 1

モニター様感想 2