未来のミライ

先日、アニメ「未来のミライ」と

上野の東博へ「縄文展」を

観に行ってきました。

 

細田監督の作品は

サマーウォーズ以来

好きでしたので

今回も楽しみにしていました。

 

テーマは

「それは過去から未来へつながる、

家族と命の物語」

 

ただし、壮大ではない。

(個人的感想です。苦笑)

 

今までの作品から期待すると、

大人は肩透かしくらう感は

否めないかも汗

 

ただ子供目線で見たとき、

「こんな世界もあるんだ~

勇気を出せば・・・」って

思うことはあるかも。

 

細田監督が子供に観て欲しいって

言うのも分かる気がしました。

 

他の方のレビューでも

多かった

「ひいじいちゃんはイケメンで

カッコイイ」には同意です。笑

 

あくまで4歳児の目線・世界観がメインなので

周りの大人たちの描写や感情的な

ところは深堀してないですね。

(ただ、物語ではそん色ないよう

それぞれのキャラは描かれています。)

 

くんちゃん自身

自分自身を知る・認めるって

ことは?

 

この答えがラストのクライマックスへと

続いていきます。

 

あまり書くとネタバレになってしまうのであせる

 

うちの甥っ子たちも

上の子の赤ちゃん帰りも

ありましたし、

親の知らないところで

日々成長しているんですよね。

 

山下達郎さんの曲と

夏の空のマッチングは

GOODな感じでした音譜

 

IMG_20180803_170811(1)

そして「縄文展」

 

平日の午後だったので

すんなり入れました。

 

でも、人それなりにいて、

中は結構混んでました。

 

7月末から

ちょうど国宝の土偶

神ファイブが集合していて

国宝展以来

また観ることができましたラブラブ

 

国宝展の時は横一列で

狭かったのですが、

今回は広い場所に点在しているので

一つ一つがじっくり観られます。

IMG_20180804_165032(1)

(おみやに買ったファイルひらめき電球

 

合掌土偶は

そして是川縄文館に行って

観た依頼。

また再会出来て嬉しかったです。

 

地域が離れているにも

関わらず似ているにもあったり、

また全然違う土偶も多かったり、

ますます縄文の生活や

文化・精神性に興味が湧きました。

 

また、土器で渦巻き模様が

多かったのですが、

縄文人はこの模様を

好んでよく使っていたようです。

人気のデザインだったのですねビックリマーク

 

そう言えば、学生の時とか

よく落書きで

渦巻きを書いていたのを

思い出して、

私のルーツって

縄文も濃いかもと

観ていて腑に落ちました。

 

こういうことって他にも何度かあって、

未来のミライじゃないけど、

ほんとに過去から今って

繋がっているなぁと再度実感しました。

(血縁じゃなくても、

自分の過去世やルーツからも)

 

今度、粘土で土器でも

作ってみようかしら?!笑

 

1万年も前なのに、

大きなコミュニティがあり、

お酒やおしゃれアクセサリー、

犬のペットもいて、

また子供や障害を大事にしていた。

 

人の生活自体はそれほど

今と変わってない。

 

だけど、今と違うのは、昔の方が

自然に対しての畏怖が強かった。

そして感謝も・・・

そう感じます。

IMG_20180803_174139(1)

これからも自然災害は

色々あると思います。

 

足るを知って、謙虚さと知恵を

活かして自然と共生していく。

今後ますます必要になってくると思います。

 

会場出口付近には

影響された作家・アーティストが

紹介されていて

岡本太郎さんが最後に見送ってくれました。

ここでも太郎さんに会えるとは。笑

IMG_20180803_175253(1)

出てきた時は、夕方

東博ビアナイトが始まっていました。

 

私はそのまま帰ってきましたが、

空にはちょうど龍雲が。

(それとも、まだケムやってるのか??)

 

そういえば前も東博来た時に

観た気が・・・笑

 

ちなみに、おまけ

IMG_20180804_164757(1)

一つづつ切り離せるマスキングテープと
ピンバッジのガチャで出てきた
遮光器土偶ゲット♪

IMG_20180804_164558(1)

鳥獣戯画系猫猫

ミニファイルは、

東博のミュージアムショップで、

缶(お茶入り)は、

浅草のまるごとにっぽんで

購入しました。

缶の方は、今月まで

出店しているとのことです。

(滋賀の絢燗茶)

他にも可愛い缶が色々ありましたw