P1070549(1)


3日目・10月25日

いよいよ今日が最終日


今日は大和国一宮

率川神社」からスタートです。

(久々の一の宮シリーズです。笑)


JR奈良駅から徒歩約10分くらいという

ことでしたが、時間と体力温存で

タクシーで向かいました。


信号待ちと朝渋滞もちょっとあったのですが

5分くらいで着いたかな。

P1070552(1)

手水舎でお清め


P1070551(1)
案内板


P1070557(1)

拝殿


率川神社は、593年に

大三輪君白堤(おおみわのきみしらつつみ)が

勅命によりお祀りした奈良市最古の神社です。


御祭神の媛蹈韛五十鈴姫命

(ひめたたらいすずひめのみこと)は、

初代神武天皇(じんむてんのう)の皇后様で、

ご聡明にして、よく内助の功をおたてになりました。


全国の神社の中でも珍しい皇后様を主祭神とした神社です。


三棟の本殿左側には父神の狭井大神(さいのおおかみ)、

右側には母神の玉櫛姫命(たまくしひめのみこと)を

お祀りし、中央にお祀りするお子様(媛蹈韛五十鈴姫命)を

両親がよりそうようにお守りになられる姿で

鎮座されることから、

古くより子供の守り神として知られています。

(神社HPより)


P1070566(1)
拝殿横


P1070562(1)

本殿ちらっと♪

P1070565(1)

横から本殿・拝殿・鳥居


P1070558(1)


隣りには摂社

阿波神社

御祭神 事代主神(ことしろぬしのかみ)

(恵比寿様)

末社

春日大神・住吉大神


今は工事中みたいで、

入れ奥まで入れなくなっています。

神社の方がお掃除をされてました。


P1070561(1)


こちらの石

気になりますが、ちょっと不明でした。


P1070563(1)

拝殿の前・反対側


P1070553(1)

「かえる石」

またの名を撫蛙


P1070554(1)


「大神神社の遥拝所」

ここに来たかったもう一つの理由がこれ。


この神社は大神神社の摂社となってます。

上部中央には平山郁夫先生の絵が

はめ込んでおり、こちらもご挨拶させて頂きました。


大神神社にはまだ登ったことはありませんが、

ご縁を繋げて頂きました。

(後日、同僚の子が大神神社へ登ったことが

あると聞いてびっくり!!)


神社全体優しい気が流れて

途中親子がお参りに来たり、

地元にも愛されている神社さんなんだなと。


清々しさとほっこりと

子育ての神さまだからなのか

温かさを感じました。


一通り見たら

ちょうどバスの時間だったので

神社を後にして

春日大社へ

続く