本日、実験用サンプルをデザインをして頂いたNSSGRAPHICA 町田さん( @nssgraphica )・神村さん( @studioantwork )立会いのもと、先日のブログでご紹介しました箔押しで「どこまで細かい文字が表現出来るんですか」の実験を行ないました。

下の写真は仕上がった実験作品を見て笑顔の町田さん。
さて、結果はどうなったのでしょうか…?

【↓ Click Here! ↓】
NSSGRAPHICA 箔押しトライアル(1)
【Photo-01: ブログ担当 青木】

日々コスモテックに寄せられる質問で多いのが「どこまで細かい文字が箔押し出来るんですか?」というご質問。使用する箔・紙、更にはデザインによってももちろん変わってきますが、今回 NSSGRAPHICA 様のデザインはとっても細かい文字がデザインされた版。そのデザインとメタリック・顔料・ホログラム箔、多種多様な用紙を組み合わせて、箔押しで表現可能な文字の細かさの限界に挑戦。

[ 注 ] 今回の実験では、版は彫刻版ではなく通常の箔押しで使用する版を用いて加工しました。また機械は自動箔押し機ではなく、手差しで一枚一枚の紙を加工する手動箔押し機を用いて加工しております。

【↓ Click Here! ↓】
NSSGRAPHICA 箔押しトライアル(2)
【Photo-02: ブログ担当 青木】

上の写真は次々出来上がってくる作品を撮影するNSSGRAPHICA 町田さん( @nssgraphica )・神村さん( @studioantwork )。

写真内の赤い紙はOKACカード(まあか)・茶色はプライク(ブラウン)・紺色はスタードリーム(ナイトブルー)などなど。OKACカードは(まあか)(ましろ)の2色に対して、ブラックメタリック箔・黒の顔料箔・白の顔料箔などを組み合わせて、メタリックと顔料の箔の圧着具合の比較を検証出来るサンプルを目指しました。

掲載した写真に写っているのは実験サンプルのごく一部。最終的には箔と紙の組み合わせで30パターン以上の実験サンプルが出来上がる予定です。同じ版(デザイン)を用いても、箔と紙の組み合わせが変わると作品の印象ががらりと変わることが確認でき、比較することが出来ます。また、文字が箔で埋まって読めない状態のものもあれば、読めるものもあり、それぞれが貴重なサンプルとなります。

【↓ Click Here! ↓】
NSSGRAPHICA 箔押しトライアル(3)
【Photo-03: ブログ担当 青木】

上の写真はルーペで出来上がったサンプルを覗いてみた時の写真。ディープマット(ホワイト)に金消しの箔押しを組み合わせたものだったかと思います。めちゃくちゃ細かい文字なのですが、白いディープマットにびしっと箔が圧着しているのが分かります。

NSSGRAPHICA 町田さん( @nssgraphica )・神村さん( @studioantwork )・私の三人で何度もルーペを覗いては「美しい…ここまで箔で出ちゃうとは…」と顔を見合わせて大喜びしてしまいました。

【↓ Click Here! ↓】
NSSGRAPHICA 箔押しトライアル(5)
【Photo-05: ブログ担当 青木】

これがルーペで見た写真の全体像。A4サイズの箔押し用の版の中に、大小様々なフォントが整然と並べられており、文字の大きさも明記されているので「どこまでが箔押しで表現可能なのか?」が一目瞭然!それにしても圧巻ですね!

※本日NSSGRAPHICA 様と共に行った実験サンプルの一部は今後弊社のキャンペーンで配布することを検討中です。お楽しみに!

→→ [ 写真の続きはこちらをご覧下さい ] ←←

・・・

[PR] - NSSGRAPHICA / 町田宗弘
Web: http://www.nssgraphica.com
Twitter: http://twitter.com/#!/nssgraphica

[PR] - NSSGRAPHICA / 神村誠
Web: http://studioantwork.com/
Twitter: http://twitter.com/#!/studioantwork

[ 関連記事 ]
「どこまで細かい文字が表現出来るんですか」の実験!

- 過去の素敵な年賀状 -
2009年版 | インタビュー(44)【APR年賀状】⇒NSSGRAPHICA様
2010年版 | 飾っておきたい!肖像画風年賀状 by NSSGRAPHICA
2011年版 | 『2種類の箔で幻想的に』 by NSSGRAPHICA

ブログ担当:青木

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00~18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━