※掲載写真はHITSFAMILYのKOTENHITS 河田孝志さんの許可を頂き、ブログに掲載させて頂いております。写真の無断転載は固くお断り致します。

今回ブログでご紹介するのはHITSFAMILYの名刺です。
HITSFAMILYの掲げるコンセプトは家族の結束を象徴する「血」でした(HITSFAMILYについてはウェブサイトをご覧下さい)

HITSFAMILY ウェブサイトはこちら( http://www.hitsfamily.com/

【↓ Click Here! ↓】
HITSFAMILY CARD(1)
【写真1 ご提供: HITSFAMILY / Takuo Itayama(studio g-mac)】

「血」をコンセプトにした名刺を作りたいというお話を頂いたのは、もう一年近く前のこと。今まで見たこともない新しい試みに、KOTENHITS 河田孝志さん・平和紙業株式会社 販売推進部 販売推進課 西谷浩太郎さん( @nsnk2425 )・コスモテックが総力を挙げて挑ませて頂きました。

完成した写真が上の1枚。表裏の両面が見えるように並べて撮影されているものです。完成したこの名刺は、実は4枚もの紙を貼り合わせ(合紙)して作ってあり、OKフロート(ホワイト) | イルミカード(桃) | イルミカード(桃) | OKフロート(ホワイト)という順番で貼り合せて形成されており、とても厚い紙になっています。

その紙に超高熱・超高圧の加熱型押しを施して、内側のイルミカード(桃)の蛍光ピンク色が外側のOKフロート(ホワイト)からじんわりと透け出るように加工しています。つまりは、OKフロートを皮膚、イルミカードを血液と見立てての設計。

【↓ Click Here! ↓】
HITSFAMILY CARD(2)
【写真2 ご提供: HITSFAMILY / Takuo Itayama(studio g-mac)】

名刺の断面も美しく、合紙したことで生じたイルミカラーのピンク色のラインが2本びしっと走っています。断面の見え方にも意味を持たせ、動脈・静脈を表現しております。

ここに辿りつくまでKOTENHITS 河田さん・平和紙業の西谷さんと共に、入念に作品の打ち合わせを繰り返しました。それと同時に用紙の組み合わせ・紙の厚みのテスト等を行い、細部に渡りこだわって注意深く検証しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR] - KOTENHITS( 河田 孝志 | @KOTENHITSkawada
Web: http://www.hitsfamily.com/

HITSFAMILYは、クリエイティブ・ウェブマガジンHITSPAPER、デザインスタジオKOTENHITS、ディレクションスタジオHITSMEによって形成されたファミリー・コレクティブです。またDaisy Balloonのart directorを担当しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あえてインキを使用した印刷や箔押しを一切使用せず、加熱型押しのみで紙の特性・デザインを活かすというところも大きなポイントといえます。

【↓ Click Here! ↓】
HITSFAMILY CARD(3)
【写真3 ご提供: HITSFAMILY / Takuo Itayama(studio g-mac)】

HITSFAMILYの「HITSFAMILY CARDの記事」の文章を引用させて頂くと『私達は通常、「血・血流」を眼に見ることは稀ですが、自らの手を太陽に翳すと、その活動の一端に触れる事ができます』とあります。この名刺はまさに、そのことを表現しているといえます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR] - 平和紙業株式会社( 西谷 浩太郎 | @nsnk2425
Web: http://www.heiwapaper.co.jp/

東京本店 販売推進部所属。ものづくりにおける影のフィクサー。
家を建てる時に基礎が駄目だと家が傾いてしまうように、ものづくりにおいても土台(紙)が合っていないと全体の調子が狂ってしまう。そんな紙選びに迷える子羊を的確に導く紙のスペシャリスト。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この名刺を光にかざすと…

【↓ Click Here! ↓】
HITSFAMILY CARD(4)
【写真4 ご提供: HITSFAMILY / Takuo Itayama(studio g-mac)】

じわーっと「血」がにじみ出ているような、そんな気さえします。

KOTENHITS 河田さんのデザイン・アイディア・センス、平和紙業の西谷さんの膨大な紙の知識や紙選びをひとまとめにして、コスモテックの現場の匠が一枚一枚手作業で加工を施すことによって、この名刺には関わった皆の血が流れているように感じます。

「血の通った作品」という表現がありますが、デザイナー・紙屋さん・現場の職人が一体となってHITSFAMILYのコンセプトである「血」を表現出来たのではないでしょうか?そして、名刺を受け取った瞬間、相手の「血」が騒ぐ名刺であることは間違いありません。

・・・

- credit -
Creative Director : Arata Sasaki
Art Direction+design : Takashi Kawada

Processing : Cosmotech
Paper : Heiwa Paper

紙 : OKフロート(ホワイト) 4/6判 Y目<120kg>×2枚 +
イルミカード(桃) 4/6判 T目<180kg>×2枚 → 4枚合紙

【関連記事】
HITSFAMILY CARD | www.hitsfamily.com
「血」を表現した封筒 『 HITSFAMILY ENVELOPE 』

ブログ担当:青木

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00~18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━