ようこそ!行列のできる『箔押し印刷工房』へ


開設から10年超! 東京都板橋区から発信する印刷会社のブログ。
無限の可能性を秘めた特殊印刷の世界へあなたをご招待!

有限会社コスモテック  担当:佐藤・青木
〒174-0041 / 東京都板橋区舟渡2-3-9
TEL:03-5916-8360 / FAX:03-5916-8362

マスタースタンプについて

写真を蛍光ピンクで活版刷り? そして、箔押し!

今回ご紹介させて頂くのは、 KASUGAMARU 宮前陽さんの 2014年 年賀状。宮前さんの年賀状はシンプルながらも 超実験的な仕様 で制作されております。その全貌を明らかにしちゃいます!

表面(グラフィック面)はこちらの通り。
背景は蹄鉄の写真を蛍光ピンク刷り、そしてその上に文字のグラフィックを金の箔押し(7号金使用)。 紙はファーストヴィンテージ(アッシュ)を使用。

紙の色や特性もあり、インキの発色がトーンダウンすることが考えられるのにも関わらず、この発色の良さは一体…!?

【 ↓ facebook album ↓ 】
宮前 陽 様 年賀状 2014 - 01

今回の制作の流れとしては、蛍光ピンク刷りと切りミシンまでの一連の印刷加工を一発で行い、後工程で表裏に箔押ししております。

※ ファーストヴィンテージ( 4/6判全判の長辺 1091mm )を連結させ、シール印刷機を使用。 蹄鉄写真の 『 CTP樹脂版 』 を制作、蛍光ピンク刷り、切りミシンを一台で行っているのだ!

実は、印刷部分(蛍光ピンク) は 蹄鉄の写真を活版刷りしております。
「 え? 写真を活版刷り?? 」 と思うかもしれませんが、通常の樹脂版・亜鉛版では再現が難しいこと想定して、今回は再現性が高い 『 CTP樹脂版 』 という版を使用しています。

『 CTP樹脂版 』 を用いることで写真が荒くなり過ぎないように、ある程度の精度を確保。また、インキのトーンダウンが予想されたため、インキを厚めに盛ることで蛍光ピンク色がきれいに発色し、活版印刷らしさを表現できました。

後に明らかになることですが、今回の年賀状、一部に切りミシンが入っており、ペリペリペリっと切り取ると 宮前さんご自身の名刺が現れる仕組みになっています。

【 ↓ facebook album ↓ 】
宮前 陽 様 年賀状 2014 - 02

こうして、年賀状が仕上がった状態( 蛍光ピンクが刷られ、且つ切りミシンが入った状態 )で 表面には金箔押し(文字のグラフィック)。裏面には黒マットの箔押し(宮前さんの個人情報)加工。

実は表面の金箔押しのグラフィックは 0.25p、0.5p、0.75p、1p の4種類の太さの異なる線で構成されており、宮前さんご自身の箔見本にもなっているとのこと...。 年賀状を受け取った方にも是非箔見本としても活用していただきたい!

【 ↓ facebook album ↓ 】
宮前 陽 様 年賀状 2014 - 03

蛍光ピンクの印刷時に一緒に加工を施した切りミシンはご覧の通り。
バリバリバリっと心地よく切り離すことが出来ます。

【 ↓ facebook album ↓ 】
宮前 陽 様 年賀状 2014 - 04

年賀状の裏面(宛名面)はこちら。
個人情報・宛名部分は箔押しっぽさを極力無くすため、黒のメタリックではなく、あえて黒のマット 顔料箔を取り入れて加工を施しております。

また、 「 キリトリセン メイシニナリマス ゴジユウニ 」 の文字に沿って、年賀状から名刺を分離出来ることを表しています。

【 ↓ facebook album ↓ 】
宮前 陽 様 年賀状 2014 - 05

名刺サイズに切り取った後、宮前さんの屋号である KASUGAMARU のタイポグラフィの箔押しがキラリ。それにしても、蛍光ピンクと7号金の箔押しの組み合わせが斬新!

【 ↓ facebook album ↓ 】
宮前 陽 様 年賀状 2014 - 06

年賀状から名刺を分離した その後... ちょっぴり哀愁が漂います。

- credit -
Design : 宮前 陽 [ KASUGAMARU ]
Print : Cosmotech

- 仕様 -
用紙 : ファーストヴィンテージ(アッシュ)4/6判Y目<206kg>
寸法 : 148×100mm(角)
印刷 : 画像 活版印刷
( 蛍光ピンク DIC-585 CTP樹脂版使用 ) - [ デザイン面 ]
仕上 : 型抜き(名刺サイズの切りミシン付け)
表面 : 7号金箔押し - [ デザイン面 ]
裏面 : P7-消黒 - [ 宛名面 ]

ブログ担当:青木

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00~18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

活版風+蛇腹+切りミシン 分離名刺 [ 株式会社creo 様 ]

株式会社creo 様のお名刺の印刷加工をお手伝いさせて頂いたのでご紹介させて頂きます。デザインは ALL RIGHT GRAPHICS の 高田唯さんが手掛けられております。

表面(情報面)がスミ1色、裏面(グラフィック面)が DIC-C48+スミ の2色の両面活版印刷風に印刷しています。活版印刷 『 風 』 としているのは、活版印刷機ではなくシール印刷機で、亜鉛版を用いて印圧を強めに印刷することで活版印刷のような風合いに仕上げているためです。

紙は活版印刷でも定評のある、厚みがあり手触り感の優しいハーフエア(コットン)をセレクト。表裏ともにハーフエア(コットン)に印刷部分が食い込むくらい強めの圧を加えております。そして、この名刺の凄いところ... 仕上りの形状が何やら面白い!

【 ↓ facebook album ↓ 】
creo株式会社 名刺 - 01

ペラペラペラ... と蛇腹になっております!
この状態で名刺ケースから出てきたらかなりビックリしますね。

【 ↓ facebook album ↓ 】
creo株式会社 名刺 - 02

そして、まるでパラパラ漫画みたいな形状にも...。
ディスプレイとしても使えそうな予感がしますよね。

【 ↓ facebook album ↓ 】
creo株式会社 名刺 - 03

更に、広げてみると! どどーん!!!

【 ↓ facebook album ↓ 】
creo株式会社 名刺 - 04

山がこんなにも!
通常、今回使用している用紙 ハーフエアは 4/6判( 1091×788mm )のサイズ。 全判の長辺で見ても 1091mm がマックスなのですが、山の数を数えてみても明らかに 1091mm を超えている。

それもそのはず、 1091mm の紙寸を連結させて長ーいロール状にし、シール印刷機と亜鉛版を用いて活版印刷風を実現! こうして見てみると凄い迫力です。

【 ↓ facebook album ↓ 】
creo株式会社 名刺 - 05

広げた状態で横から見てみると、整列しているような、行進しているような。 何故かわくわくします。

【 ↓ facebook album ↓ 】
creo株式会社 名刺 - 06

そして、極めつけは、名刺としての機能。
山・谷に折られている部分には上の写真のように切りミシンが施されており、ペリペリペリ... と切り離す瞬間がなんとも心地よいです。

切り離すと、サイズ 90×47mm の名刺として用いることが出来ます。
両面に活版印刷風、切りミシン、それをシール印刷機1台で完結させているというところがミソであり、この印刷設計・デザインを見事実現した 高田唯さん お見事! そして、このアイディアを採用し実現させてくださった creo株式会社 様 ありがとうございました。

- credit -
Client : creo株式会社
Design : 高田 唯 [ ALL RIGHT GRAPHICS ]
Print : Cosmotech

- 仕様 -
用紙 : ハーフエア(コットン)4/6判Y目<180kg>
寸法 : 90×47mm
印刷 : 活版印刷風 - 両面 [ 下記 ]
表面 : 情報面 - スミ1c
裏面 : デザイン面 - 特色2c(DIC-C48+スミ)
仕上 : 切りミシン+蛇腹折り

ブログ担当:青木

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00~18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

Le MARDI Roll Ticket Cards

現在発売中の 『 デザインのひきだし20 』 内で取り上げられているコスモテックの 『 印刷ハック! 』 の技法 ( 昨日のブログ記事参照 ) を用いた製品のご依頼を頂いたので、早速ブログでご紹介。

製品は Le MARDI の ショップカード・スタンプカード。
デザインはデザイナーであり、紋章図案家の 赤塚 桂子 さん( 赤塚さんの素敵なお仕事の数々は こちら をご覧下さい )

【 ↓ facebook album ↓ 】
Le MARDI Roll Ticket Cards - 01

ロール状に巻かれた、海外の手切りチケット風の印刷物。
ペリペリっとミシン目を手でちぎって、ショップカード、スタンプカードとして使用出来るようになっています( 裏面はショップカードの版、スタンプカードの版の2版に分けて印刷 )

また、ロール状のままお店にディスプレイすることも出来るのだ!

【 ↓ facebook album ↓ 】
Le MARDI Roll Ticket Cards - 02

活版印刷特色10色( 内 蛍光色 3色含む )、箔押し5色( 内 スペシャルメタリック箔 2色含む )、ナンバリング( スミ1色)、型抜き など... 印刷加工盛りだくさんで大変! と思いきや、実は印刷加工の行程数は最小限になるような設計を、デザイナーの赤塚さんと共に仕様の打ち合わせ段階から練り上げております。

デザインするにあたって、デザイナーの赤塚さんが掲げたコンセプトが 『 SCALE( スケール ) 』 ... ロール状の仕上がりということもあり、メジャー( 目盛り・定規 ) のテイストも含んだデザインを展開しております。

【 ↓ facebook album ↓ 】
Le MARDI Roll Ticket Cards - 03

- credit -
Client : Le MARDI
東京都世田谷区池尻2-4-5-111(IID世田谷ものづくり学校内)
Design : 赤塚桂子( Keiko Akatsuka & Associates
Photo : スズキアサコ
Print : Cosmotech

- 仕様 -

「スタンプカード - A」
用紙 : OZアイボリー#250
表面 : 特色1c(DIC-F166 Jaune mimosa)+スミ(ナンバリング)
裏面 : 特色1c(DIC-F31 Bleu azur)
加工 : 表面 箔押し(つや消し銀24号)
仕上 : 両サイドスリッター+ロール仕上げ
※ ナンバリング [ 000001 〜 002000 ]
※ 印刷は亜鉛版使用 – 活版印刷風

「スタンプカード - B」
用紙 : OZアイボリー#250
表面 : 特色1c(DIC-F199 Nigelle)+スミ(ナンバリング)
裏面 : 特色1c(PANTONE 7488 C)
加工 : 表面 箔押し(つや消し金No.108)
仕上 : 両サイドスリッター+ロール仕上げ
※ ナンバリング [ 002001 〜 004000 ]
※ 印刷は亜鉛版使用 – 活版印刷風

「ショップカード - C」
用紙 : OZアイボリー#250
表面 : 特色1c(DIC-F266 Tomate)+スミ(ナンバリング)
裏面 : 特色1c(蛍光イエロー)
加工 : 表面 箔押し(ウイスキーブラウン)
仕上 : 両サイドスリッター+ロール仕上げ
※ ナンバリング [ 004001 〜 006000 ]
※ 印刷は亜鉛版使用 – 活版印刷風

「ショップカード - D」
用紙 : OZアイボリー#250
表面 : 特色1c(DIC-F176 Lichen)+スミ(ナンバリング)
裏面 : 特色1c(DIC-F90 Cerise)
加工 : 表面 箔押し(つや消し金No.102)
仕上 : 両サイドスリッター+ロール仕上げ
※ ナンバリング [ 006001 〜 008000 ]
※ 印刷は亜鉛版使用 – 活版印刷風

「ショップカード - E」
用紙 : OZアイボリー#250
表面 : 特色1c(DIC-F249 Royal air force)+スミ(ナンバリング)
裏面 : 特色1c(蛍光ピンク)
加工 : 表面 箔押し(シルキーピンク)
仕上 : 両サイドスリッター+ロール仕上げ
※ ナンバリング [ 008001 〜 010000 ]
※ 印刷は亜鉛版使用 – 活版印刷風

【 ↓ facebook album ↓ 】
Le MARDI Roll Ticket Cards - 04

活版特色10色の色の組合わせにも注目!( 印刷は亜鉛版を用いて印刷しております ) また、使用可能な箔押しの多彩な色のバリエーションは箔押し屋であるコスモテックならでは!

【 ↓ facebook album ↓ 】
Le MARDI Roll Ticket Cards - 05

ロール状に巻かれた断面も素敵なのだ!
カードの裏面には主に蛍光色などを使用して色鮮やかな配色になっています。断面からも微かにその発色をうかがうことができ、そのチラリズムにドキドキしてしまいます。

日常私たちがよく見かけるショップカード・スタンプカードもこのようにロール状に仕上げることで全く印象が変わり新鮮なアイテムに変身します!今イチオシのロール状印刷物、これからどんな奇想天外な使い方をされるのか、僕は密かに楽しみにしているのです。

★ Le MARDI Roll Ticket Cards の写真、まだまだあるよ! [ こちら ]

【 関連記事 】
[ 掲載 ] デザインのひきだし20 - シール印刷をハック!

ブログ担当:青木

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00~18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

[ 掲載 ] デザインのひきだし20 - シール印刷をハック!

そろそろ 『 デザインのひきだし20 』(グラフィック社編集部) をお手に取って、ご覧頂いている方も多くいらっしゃるかと思います( 10月発売! )

『 デザインのひきだし20 』 第1特集は 「 専門印刷を転用して、コスト省・少部数からのステキ印刷物をつくる 印刷ハック! 」 ... この中にコスモテックが登場!( P044〜P046

コスモテックの、箔押し以外の魅力を垣間見ることが出来る特集となっています。 専門印刷を別の目的に転用して使う、つまり印刷をハックするテクニックで、コスモテックは 「 シール印刷をハック! 」 。 ― シール印刷機を使って、海外などでよく見かけるロール状のチケット(紙)を制作しました!

ぐるぐるに巻かれて、ロール状になった紙が下記の写真。

【 ↓ facebook album ↓ 】
シール印刷をハック! - 01

特色2色で亜鉛版を用いて既に印刷済み! この状態からナンバリング、箔押し、型抜きなど一連の作業を1ラインでババーっとこなしてしまいます!

【 ↓ facebook album ↓ 】
シール印刷をハック! - 02

ナンバリングの版がこちら(上)の写真になります。
この版を用いて、機械にセッティング後、先ほどのロール状になった紙に自動でナンバーを連続して印刷していきます。

【 ↓ facebook album ↓ 】
シール印刷をハック! - 03

完成品は 『 デザインのひきだし20 』 、誌面にてご覧頂けます。

そして、 なんと! 今回、コスモテックでは 『 デザインのひきだし20 』 の表紙の箔押しもお手伝いさせて頂いております。 さて、今回の表紙、素材自体が緊急事態!? トンデモナイ素材に箔押ししちゃっております。こちらについては後日ご紹介させて頂ければと思っております。


↑ 忙しいあなたはネットで購入 ↑

あの超話題になった 『 デザインのひきだし13 』 の ぺらっぺらの青焼き表紙に箔押し 以来の衝撃、笑撃があなたを待っている……。

【 関連記事 】
Le MARDI Roll Ticket Cards
『 デザインのひきだし20 』 表紙 の 箔押しについて

ブログ担当:青木

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00~18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

2012年 emograph の年賀状はこれだ!

シンプルなデザインながらも、実は箔・紙・インキ・PPを駆使して5層から構築されている emograph 牧 忠史さんの2012年年賀状がこれだ!

【↓ Click Here! ↓】
emograph 2012 年賀状 - 01
【Photo-01: emograph 牧 忠史さん】

土台となる用紙はファーストヴィンテージ(アッシュ)を使用。どのような印刷加工をしたのか、まずは下記の仕様をご覧下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
- 仕様 -
◆素材 : ファーストヴィンテージ(アッシュ)4/6判Y目<206kg>
◆印刷 : 模擬活版風印刷(白ベタ1c→スミ1c→和紙PP→型抜き)

- 和紙PP+型抜き後
◆加工 : 箔押し2色(顔料箔GF-170→顔料箔A-50)

- credit -
◆design : Tadashi Maki [ emograph( http://emograph.jp/ ) ]
◆print : Cosmotech Inc.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※表面で使用している模擬活版風印刷(2色)&PP&型抜き同時加工は「+DESIGNING」 2011年11月号 vol.26 内の 印刷の余白Lab. 野口尚子さんと私アオキマサノリ の対談内で紹介している加工方法です。

・・・

土台となるファーストヴィンテージ(アッシュ)に模擬活版風印刷で白ベタ1色刷りとスミ1色刷りを施し、その上から和紙PP加工。下記の写真でダークグレーに見えている部分は実はスミ1色刷りの部分です。そして、葉書サイズに型抜きする工程までを1ラインで一気に仕上げております。

【↓ Click Here! ↓】
emograph 2012 年賀状 - 02
【Photo-02: emograph 牧 忠史さん】

ファーストヴィンテージに白ベタ刷りの時点で「一体何の紙?」と思わせる仕上がりに。更に和紙PPを施すことで素材のファーストヴィンテージに「和」のテイストが加わります(※和紙PPは下地の紙色・印刷で表現されたデザインを和紙の繊維の間からのぞかせ、和風テイストを加えることができるPP素材です)

【↓ Click Here! ↓】
emograph 2012 年賀状 - 03
【Photo-03: emograph 牧 忠史さん】

そして、和紙PPが施され葉書サイズに型抜きされた状態から、今度は顔料箔2色を重ね押しして仕上げます。1工程目には顔料箔GF-170(黄緑)・2工程目には顔料箔A-50(黒マット)の順で加工します。

明るい色味で、メタリック箔程の隠蔽性は持っていない顔料箔(この場合はGF-170)を重ねることで、ファーストヴィンテージに印刷したスミ1色+和紙PPのテクスチャーも微かに透かして見せるデザインです。

そして、最後に顔料箔A-50(黒マット)でビシッと「12」の文字を箔押し加工。こうしてオモテ面だけで箔・紙・インキ・PPを使って5つの層を作り出しているのです。

(※尚、ファーストヴィンテージの素材感と比較できるようにするために、裏面にはあえて加工を施さないデザインになっているのもポイントです)

・・・

[PR]- emograph 牧 忠史
Web : http://emograph.jp/
Twitter : http://twitter.com/taroimoo

【関連記事】
『Movements Make Lives .track3』 flyer | 2010年10月05日
『 reuse press card 』 by MakiAoki | 2011年01月25日
三井化学株式会社 の 『 HAPPY TREE 』 ! | 2011年12月04日

ブログ担当:青木

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00~18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

ファーストヴィンテージでジャンクなDM! ver.2

『ファーストヴィンテージでジャンクなDM!』 という作品を以前ブログでご紹介させて頂きましたが、今回は ver.2 として新たにパワーアップして帰って参りました!

【↓ Click Here! ↓】
TORi DM ver.2 - 01
【Photo-01: ブログ担当 青木】

まず最初に、今回の ver.2 でも素敵なデザインと新しい表現に挑戦された、注目のデザイナー 岡本健さん( @kenbough )にコメントを頂戴したので、ご紹介させて頂きます。

- 下記、今回の素敵なDMをデザインしたデザイナー 岡本健さんより -

中目黒にあるカフェ、TORiが1周年を迎え、その記念のDMをコスモテックさんにお願いしました。1年前の開店時のDMもコスモテックさんにお願いし、マスタースタンプ2色、抜き加工の素敵なDMを制作して頂きました。

その時の版、抜き型を再利用し、今度は箔もプラスした豪華仕様。
金箔をベースにし、その上にマスタースタンプ2色という行程は未知の体験でしたが、箔の上にのった特色が箔の色を変化させ、独特の表情を生み出しました。箔、マスタースタンプ(模擬活版風印刷)2色の3段階の階層が紙に新たな物質感を持たせた、特別なDMに仕上げていただきました。

同じ版、型を使用しつつも、以前と全く異なる風合いのあるDMが出来、印刷の可能性をさらに拡げていただきました。本当にありがとうございました!
Comment from デザイナー 岡本健 様

・・・

岡本さんから頂いたコメントの中にもありますが、前回作成した表面の版(2版)+抜き型は再利用!(※使用する色は前回と変えております)それに新たに1版を加えた新仕様で今回の印刷加工に臨ませて頂きました。印刷設計は下記に通り!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎注目の印刷設計はこれだ!

素材:ファーストヴィンテージ(アッシュ)4/6判Y目<206kg>
表面:模擬活版風印刷(金消しNo.102→DIC-N862→DIC-F71)
裏面:オフセット印刷(女神インキスーパーブラック1c)
形状:型抜き(変形+切りミシン)

◆Design: デザイナー 岡本健( @kenbough
◆Printing: 有限会社コスモテック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岡本さんが選んだ素材は前回と同じ ファーストヴィンテージ(アッシュ)!ファーストヴィンテージは 『針葉樹の未晒パルプと広葉樹の晒パルプ配合の原紙をベースにしたカラークラフトペーパー(株式会社竹尾HPより)』として、人気の高い紙です。また、薄紙から厚紙まで連量のバリエーションが豊富というのも魅力的!

【↓ Click Here! ↓】
TORi DM ver.2 - 02
【Photo-02: ブログ担当 青木】

今回の一番の見どころは、箔押ししてからその上に模擬活版風印刷をしてしまうというところ!しかもアフタープリント用の箔押し(銀ツヤ)ではなく、今回の箔押しで使用したのは一般的な箔押し用の箔 金消しNo.102なのです。赤みの強い金消しの箔押しの上に模擬活版風印刷を刷ることで、インキの色と印圧による凹みが混ざり合い…なんとも風合いのあるDMができあがりました。

【↓ Click Here! ↓】
TORi DM ver.2 - 03
【Photo-03: ブログ担当 青木】

このように金消し箔の色と模擬活版風印刷のインキの色が合わさり、なんとも不思議な発色を放つ仕上がりに。そして、何よりも箔押しと活版風の絶妙な凹み具合がなんともいえません。

また、表面だけでも4つの楽しみ方が出来、1.紙の地色の部分・2.紙の地色×箔押しの部分・3.紙の地色×模擬活版風印刷の部分・4.紙の地色×(箔押し+模擬活版風印刷乗せの部分)を比較することができます。

【↓ Click Here! ↓】
TORi DM ver.2 - 04
【Photo-04: ブログ担当 青木】

今回も岡本さんが印刷精度について挙げたポイントは「インキの滲み・掠れ・版ズレ大歓迎!」模擬活版風印刷マスタースタンプの特徴を最大限に活かしつつも、今回は箔押しを取り入れ且つ、箔押しの上にインキを乗せちゃうといった挑戦的な作品に仕上がっております。

- 関連 -
ファーストヴィンテージでジャンクなDM! ver.1は?
マスタースタンプ関連のブログ記事
◆CAFE&CATERING 『TORi』とは?(下記にご紹介!)

ブログ担当:青木

-------------------------------------------------------------------------------------------

- CAFE&CATERING 『TORi』 -

- 住所 -
〒153-0051 目黒区上目黒5-12-26
tel / 03-6452-3583 fax / 03-6452-3584

mail / mail@cafetori.com
web / http://www.cafetori.com/

--- カフェでもない、レストランでもない、
異国の旅先で出会ったバルのような気軽さで、
老若男女、お茶もお酒も飲めて、ご飯も食べれて、
そんな身近な存在のお店でありたい ----


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00~18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

ファーストヴィンテージでジャンクなDM!

※記事内での使用画像は、デザイナー 岡本健さんの許可を頂き、当ブログに掲載させて頂きました。ご協力感謝申し上げます。(画像の無断転載は固くお断り致します

今回はデザイナー 岡本健さん×模擬活版風印刷マスタースタンプのコラボレーションで、ケータリングユニット『TORi』のオープニングDMを作成!お店のイメージを元にデザイナー 岡本さんが掲げたテーマは『ジャンク!』。今回の作品、初挑戦が満載です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎注目の印刷設計はこれだ!

素材:ファーストヴィンテージ(アッシュ) 4/6 Y目<206kg>
表面:模擬活版風印刷(特2c - DIC N-880→DIC F71)
裏面:オフセット印刷(スミ1c)
形状:型抜き(変形+切りミシン)

◆Design: デザイナー 岡本健
◆Printing: 有限会社コスモテック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎素材選びで冒険!

通常、弊社ではマスタースタンプは特殊紙ハーフエア(ヘンプ)限定でご注文を受け付けておりますが、今回は作品テーマにより忠実に近づけるため岡本さんが選んだ紙、カラークラフトペーパーとして人気の高い『ファーストヴィンテージ(アッシュ)』に挑戦することに。

【↓ Click Here! ↓】
TORi DM - 01
撮影:ブログ担当青木

◎活版風印刷で複数色のインキを重ねる!

岡本さんが印刷精度について挙げたポイントは「インキの滲み・掠れ・版ズレ大歓迎!」とのこと。まさしくマスタースタンプの特徴と一致するのですが、より作品テーマに近づけるためこれらを意識して加工しました。

2つ目の初挑戦は、2色のインキを使って2度刷っていること。まずターコイズブルー(DIC N-880)を最初に刷り、その次にブレーズ(DIC F71)を重ねています。双方の色が重なっている箇所のインキの見え方がまた絶妙で味のある仕上がりに。双方の色は活版印刷の風合いを出しつつ、用紙の色味との兼ね合いもあってインキの発色は抑えめでレトロな雰囲気になりました。

【↓ Click Here! ↓】
TORi DM - 02
撮影:ブログ担当青木

◎変形抜きとバリバリミシン!

3つ目の初挑戦は、仕上がり形状を変形サイズにし、切りミシンを入れていること。模擬活版印刷〜型抜き仕上げまでを1パスで仕上げられるのがマスタースタンプの最大の特徴ですが、このような変形サイズ&切りミシン入れは初めて。また、切りミシンはDMからバリバリっと分離するとお店のショップカードになる仕掛け。

ミシン形状も、細かく繊細なマイクロミシンかざっくりした切りミシンかで迷うところでもあったのですが、綺麗に簡単に分離出来るのではなくバリバリと豪快に分離した箇所がボソボソするように、あえて荒めの切りミシンをチョイスすることでより『ジャンク!』な印象を持たせました。

【↓ Click Here! ↓】
TORi DM - 03
撮影:ブログ担当青木

◎裏面にも印刷しちゃう!

さて、ここまで模擬活版風印刷〜変形抜きまでを終えて今回の肝心なところ、初挑戦の4つ目。DMからバリバリ切り取った部分がショップカードになるように、切りミシンで分離出来る箇所の「裏面に」お店情報を印刷しなくてはならない。

通常、マスタースタンプの場合は表面の印刷のみ可能なのですが、今回の挑戦によりオフセット印刷を使用することで、型抜き仕上げの後に特1c〜特3c(DIC指定)を裏面に刷ることが出来るようになりました(※紙との相性・ベタ刷りの有無・形状などによるので要相談)。今回はDM裏面にシンプルなスミ刷りでお店の情報を印刷することになりました。

【↓ Click Here! ↓】
TORi DM - 04
撮影:ブログ担当青木

こうして仕上がった『ジャンク!』なDM。
今回は箔押し印刷は行わず、活版風な印刷と抜きの工夫でテーマを実現しています。模擬活版風印刷マスタースタンプの特徴を巧くデザインに取り入れ、更には進化させるきっかけを与えてくださったデザイナー 岡本健さん、本当にありがとうございました!

ブログ担当:青木

-------------------------------------------------------------------------------------------

ケータリングユニット『TORi』

- 住所 -
〒153-0051 目黒区上目黒5-12-26
tel / 03-6452-3583 fax / 03-6452-3584

--- カフェでもない、レストランでもない、
異国の旅先で出会ったバルのような気軽さで、
老若男女、お茶もお酒も飲めて、ご飯も食べれて、
そんな身近な存在のお店でありたい ----

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00〜18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」寒中見舞い by MCDX

※記事内での使用画像は、Miracle Deluxe(ミラクルデラックス)様の許可を頂き、当ブログに掲載させて頂きました。ご協力感謝申し上げます。(画像の無断転載は固くお断り致します

[ お知らせ ] >>> どどーんと配布!
最初にお知らせ!なんと、下記のMiracle Deluxe 様の寒中見舞いを現在ブログで行っている 『季節はずれの福袋キャンペーン』 に詰めさせて頂けることに。Miracle Deluxe 様の素敵なデザインとマスタースタンプの融合を楽しんで頂ければ何よりです。

※26号金 or 金消しNo.111のどちらか一方ランダムで入ります。

----------------------------------------------------------------------------
【仕様】
素材:ハーフエア(コットン) 4/6判 Y目 <180kg>
(※通常はヘンプのみの対応ですが、今回は特別にコットンで作成)

印刷:擬似活版印刷『マスタースタンプ

「工程」
unit1: 箔押し1色(押し分け)- 26号金 and 金消しNo.111
unit2: 印刷1色 - DIC-156(箔押しの上から)
unit3: 型抜き仕上げ(148×100mm-角)

◆Design: Miracle Deluxe
◆Printing: 有限会社コスモテック
----------------------------------------------------------------------------

・・・今回、「遅れてきた年賀状」ということで、寒中見舞いの製作をお願いしました。Miracle Deluxeの年賀状は毎年、和の要素を取り入れるという1つのルールが有ります。そこで、今回はコスモテックの独自技術である擬似活版印刷『マスタースタンプ』での加工をお願いしました。

私たちMiracle Deluxeにとって、2010年は挑戦の年にしようということで、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」というテーマで『丸くなった虎』『穴』をグラフィックにしました。

【↓ Click Here! ↓】
MCDX寒中見舞い(1)
撮影:Miracle Deluxe 様

虎のもさもさした毛の質感をグラフィックで表現したいと思い、ピンストライプのチェックを用いました。こんなに細い線は箔押しでは無謀かとも思いましたが、「版がデータ通り再現できていれば、どんな細かいデザインでも箔押しできる」とおっしゃっていた“匠”こと佐藤さんの言葉を思い出し、また青木さんに無茶なデータを送ってしまいました。

【↓ Click Here! ↓】
MCDX寒中見舞い(2)
撮影:Miracle Deluxe 様

しかし、コスモテックはそんな期待を絶対に裏切りません。

カスレや潰れがでると予想していましたが、まったく問題の無い完璧な仕上がり。さすがです!!箔押し特有の、ビビった線が優しい印象を与えてくれて、毛のふわっとした質感をしっかり表現してくれています。オフセットのシャープな線では、この質感は出ないんだよなぁ。。ベタ面で刷られた『穴』との質感の対比がまた面白いですね。

そして虎をモチーフにした落款の赤が程よく効いています。

【↓ Click Here! ↓】
MCDX寒中見舞い(3)
撮影:Miracle Deluxe 様

この『マスタースタンプ』での加工をはじめて依頼したのですが、本当に活版印刷(凸版印刷)と見紛う風合いを出せるのがとても魅力的です。

ブログ中に青木さんからの注意があるように、版ズレが出ます。たまにものすごく豪快に出ます。この個性をどうやって生かすか、デザイナーとしては腕がなる加工法ですね!

またまたとてもお世話になりました!
今回も、素晴らしい仕事、本当に有難うございました!!

【要チェック!】
>>> Miracle Deluxe | ミラクルデラックス

【MCDX 関連記事】
『特殊紙×箔押し』実験室(2) with Miracle Deluxe様
『みずのね』 | Miracle Deluxe

Comment from Miracle Deluxe 様

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行列のできる『箔押し印刷工房』コスモテックのブログをご覧頂き、誠に有難うございます。ご意見、ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。

■Tel:03-5916-8360/Fax:03-5916-8362
■営業時間:9:00〜18:00
定休日:土日・祝祭日/担当:佐藤・青木

←メールはこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

     

「匠バンザイ!キャンペーン第8弾」 - 延長決定 -

いつも当ブログをご愛読いただき、また、7月13日より開始しました「匠バンザイ!キャンペーン第8弾」にたくさんのご応募をいただきまして誠にありがとうございます!

印刷業界では例年秋に来年の年賀状作成のピークを迎えます。そこで大変ご好評を頂いております「匠バンザイ!キャンペーン第8弾」の応募期間を【2009年9月30日(水)まで】拡大延長することに決定いたしました!!ぜひこの機会にこちらの年賀状サンプルをお手に取って、あなたの来年の年賀状作成のご参考としていただければ幸いです。

[ 当キャンペーンの詳細は下記をご覧下さい! ]

活版ブームに便乗するかの如くも更に新しいものを目指すコスモテックの温故知新の精神『マスタースタンプ』年賀状の中に見い出して頂ければ何よりであるのと同時に、特殊印刷・加工・素材の素晴らしさ等を改めて感じ取って頂ければと思います。

匠をはじめ弊社一同お客様のご応募を心よりお待ちしております。引き続き宜しくお願い致します。

・・・

この度は『マスタースタンプでコダワリ年賀状を!』と称しまして、応募者全員に下の写真のマスタースタンプ年賀状4種をプレゼント致します。

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(1)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(2)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(5)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

「ハーフエア」「やわらかく」「ふかふかした」優しい触感と今デザイナー注目の活版風印刷で印刷の余白Lab.と共同で年賀状のサンプルを作ってみました。

◎Aパターン(cosmotech):ラブリーパンク
金 No.2 + DIC 155(濃いめピンク)

◎Bパターン(cosmotech):モノトーンシック
パール + DIC 511(スモークグレー

◎Cパターン(印刷の余白Lab.):クールスカイ
つや消し銀 24号 + DIC 67(水色)

◎Dパターン(印刷の余白Lab.):金の卵
つや消し金 No.102 + DIC 9(薄黄色)

◆協力:印刷の余白Lab.( http://yohaku.biz/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記の応募要項をご確認のうえ、ふるってご応募下さいませ。

【応募要項】

応募期間:2009年9月1日(火)〜2009年9月30日(水)消印有効

募集方法
長3封筒(120×235mm)に返信の宛先(郵便番号・住所・お名前)を明記し、80円切手を貼付したものを同封のうえ、下記までご郵送下さい。

ご応募はこちらまで
〒174-0052 東京都板橋区蓮沼町62-10
有限会社コスモテック 「匠バンザイ! 事務局8」宛 

注意書き:以下↓

1.サンプルはご応募の到着順にお送り致します。

2.サンプルは4種1セットでお届け致します。

3.返信の宛先は必ず都道府県名からご記入下さい。

4.返信の宛先の書き間違い・その他の郵便事故に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。

5.返信用封筒が同封されていないもの・切手が貼付されていないもの・応募期間を過ぎて到着したものに関しては無効とさせて頂きます。

6.個人情報の取り扱いに関しては、こちらをご覧下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ担当こと、匠バンザイ!事務局担当:青木

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!


     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

「匠バンザイ!キャンペーン第8弾」 - 受付開始 -

いつも弊社ブログをご覧頂き、誠に有り難うございます。

この度は『マスタースタンプでコダワリ年賀状を!』と称しまして、応募者全員に下の写真のマスタースタンプ年賀状4種をプレゼント致します。

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(1)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(2)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(5)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

「ハーフエア」「やわらかく」「ふかふかした」優しい触感と今デザイナー注目の活版風印刷で印刷の余白Lab.と共同で年賀状のサンプルを作ってみました。

◎Aパターン(cosmotech):ラブリーパンク
金 No.2 + DIC 155(濃いめピンク)

◎Bパターン(cosmotech):モノトーンシック
パール + DIC 511(スモークグレー

◎Cパターン(印刷の余白Lab.):クールスカイ
つや消し銀 24号 + DIC 67(水色)

◎Dパターン(印刷の余白Lab.):金の卵
つや消し金 No.102 + DIC 9(薄黄色)

◆協力:印刷の余白Lab.( http://yohaku.biz/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記の応募要項をご確認のうえ、ふるってご応募下さいませ。

【応募要項】

応募期間:2009年7月13日(月)〜2009年8月31日(月)消印有効

募集方法
長3封筒(120×235mm)に返信の宛先(郵便番号・住所・お名前)を明記し、80円切手を貼付したものを同封のうえ、下記までご郵送下さい。

ご応募はこちらまで
〒174-0052 東京都板橋区蓮沼町62-10
有限会社コスモテック 「匠バンザイ! 事務局8」宛 

注意書き:以下↓

1.サンプルは7月下旬以降、ご応募の到着順にお送り致します。

2.サンプルは4種1セットでお届け致します。

3.返信の宛先は必ず都道府県名からご記入下さい。

4.返信の宛先の書き間違い・その他の郵便事故に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。

5.返信用封筒が同封されていないもの・切手が貼付されていないもの・応募期間を過ぎて到着したものに関しては無効とさせて頂きます。

6.個人情報の取り扱いに関しては、こちらをご覧下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ担当こと、匠バンザイ!事務局担当:青木

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!


     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

マスタースタンプでコダワリ年賀状を!

※記事内での使用画像は、印刷の余白Lab.代表 野口様の許可を頂き、当ブログに掲載させて頂きました。ご協力感謝申し上げます。尚、写真の撮影は野口様です。(画像の無断転載は固くお断り致します

早くも2009年も後半戦!
ちょっと早いけれど2010年の年賀状サンプルを作成しました。
今回作成しました年賀状4種類は近日発表の「匠バンザイ!キャンペーン第8弾」で無料サンプルとして配布させて頂きますので、お楽しみに!

・・・

・・・印刷の余白Lab. 野口です。2010年へ向けて、コスモテックさんと印刷の余白Lab.の年賀状サンプルをマスタースタンプで作成させていただきました。ハガキサイズでも加工できるんですね!!

紙はマスタースタンプ用のハーフエア<ヘンプ>。
デザインは2パターン、バリエーションは下記4種類です。

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(1)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

◎Aパターン(cosmotech)
金 No.2 + DIC 155(濃いめピンク)ラブリーパンク

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(2)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

◎Bパターン(cosmotech)
パール + DIC 511(スモークグレー)モノトーンシック

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(5)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

◎Cパターン(印刷の余白Lab.)・・・右
つや消し銀 24号 + DIC 67(水色)クールスカイ

◎Dパターン(印刷の余白Lab.)・・・左
つや消し金 No.102 + DIC 9(薄黄色)金の卵

デザインについては、コスモテックさんのものは細かいドットの箔押しの上に、太細織り交ぜたタイポで。ベタ面の大小で色・圧の乗り方がどうなるのかと、箔の上にインキが乗るとどう見えるかを確認できるサンプルになってます。

そして何と言っても、青木さんのムービーメッセージへアクセスできるQRコード付き!ぜひアクセスしていただきたいです(笑

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(6)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

印刷の余白Lab.パターンは、加工よりもデザイン先行で。寅年+印刷の余白Lab.が1歳になるので、年賀状と事務所のバースデイを兼ねて虎パンツベビーを描いてみました。箔の豪華さよりも、紙と印刷のナチュラル感を出したかったので、箔はつや消しにしています。

箔押し版には手書きのイラストをIllustratorでパスにして使っています。手書きっぽさもあるためか、角度によってはつや消し銀が黒鉛みたいに見えるんですよね。つや消し銀の上にスミとかグレーを重ねたら鉛筆みたいになるような……?別の機会で試してみたいです。文字も2010以外は7〜8ptのテキストにしていますが、細かい文字もけっこうキレイに出ます。

それにしても、どのパターンもくっきりとした凹具合、バッチリ出てますね。

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(4)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

個人的に一番ヒットだったのは、Bパターンのパール箔とスモークグレーのもの。ぱっと見ではタイポだけのシンプルなハガキに見えますが、角度を変えると上品なパールが輝いて見えます。一応、マスタースタンプは「箔押し→ 印刷」の順になっていますが、パール箔を上にしちゃっても綺麗かもしれません。しかもツブツブした細かい柄の場合、箔が欠けたり飛んだりしやすいのですが、パール箔は金属箔より柔らかいのでドットがきれいな円になっています。逆に深く押込むとフチにからみ(バリ)が出やすい難しい箔でもあるのですが……。

ちなみに、固い箔の代表と言えば「ブラックメタリック」。今回のような細かいドットや、反対に大きなベタをラフな紙に乗せると表面がパリパリになりますので要注意です。

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(7)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

全体的にハーフエア<ヘンプ>の地色の影響もあって、特色は暗め・濃いめに出た印象です。個人的には、ニュアンスをつける程度の淡い色でプレスしても良さそうだなーと思っています。その場合は「淡めに」と一言添えていただくと良いのではと思います。しかし彩度が落ちるのはいなめないので、鮮烈な色を求めるならカラーメタリック箔にしてしまうのがおすすめ。

あと、マスタースタンプ特有の難を言うならば(すみません!)、ハーフエアを連続して通す際、構造的にサイズが大きくなるほど版ズレしやすくなるみたいです……。名刺サイズではそれほど気にならない程度のズレだった気がするのですが、ハガキサイズでは1、2mmのズレが見られるものも。予想はしていたので、ベビーのイラストはフチ広めにしてバッファを儲けてありますが、デザインによっては目立っちゃうと思います。

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(8)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

厳密なケヌキ合わせが必要なデザインは避け、もういっそアナログ感のあるズレが活きるデザインにしてみると良いんじゃないでしょうか。あとは中心と端の方で印圧・インキの着きに微妙な差が見られるので、ベタ面の多用はNGかも(これもマスタースタンプ用の亜鉛板だと避けられないのでは)。

【↓ Click Here! ↓】
マスタースタンプ年賀状(3)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

……っと、注意点が多くなってしまいましたが(笑)
それだけ視覚・触覚にうったえる要素が多いのがマスタースタンプのすごいところです!素材の性質がどうやれば活かせるかを練りながら、実際に仕上るまでワクワク感は、ちょっとしたギャンブル要素もあり。

最近はディレクション仕事が多く、自分でデザインすることが少ないのですが、印刷のデザインって楽しいなあと改めて思いました。
どうぞお手に取っていただければ幸いです。

Comment from 印刷の余白Lab.代表 野口様

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■WEB(1):印刷の余白Lab.( http://yohaku.biz/
■WEB(2):IID 世田谷ものづくり学校( http://www.r-school.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・・・2010年の年賀状はこれで決まり!

※現在は技術面・価格面において検討中のため、『マスタースタンプ』のご注文は受け付けておりませんのでご注意下さい。

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!

     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

「匠バンザイ!キャンペーン第7弾」 - 延長決定 -

『満員御礼!マスタースタンプ名刺』

いつも当ブログをご愛読いただきましてありがとうございます。
前回の『噂の名刺プロジェクト』同様、今回もまた予想を上回る沢山のご応募・お問い合わせを頂き、うれしい悲鳴をあげているブログ担当:青木です。弊社ブログをご愛読いただき、また、当キャンペーンにご興味を持って頂き、誠に有難うございます!

さて、ご好評いただいております「匠バンザイ!キャンペーン第7弾」も締切まで残すところあと3日。ここ数日は駆け込み応募される方が多くなっております。期間延長を熱望する声も多数出ております…そこで!

朗報です!
匠と相談の結果、当キャンペーン応募期間を【2009年6月30日(火)まで】拡大延長することに決定いたしました!!一人でも多くのお客様にコスモテック目玉商品『マスタースタンプ名刺』をリーズナブルにお試しいただきたいと思っております。匠をはじめ弊社一同お客様のご応募を心よりお待ちしております。

マスタースタンプ
撮影:ブログ担当青木

活版ブームに便乗するかの如くも更に新しいものを目指すコスモテックの温故知新の精神『マスタースタンプ』名刺の中に見い出して頂ければ何よりであるのと同時に、特殊印刷・加工・素材の素晴らしさ等を改めて感じ取って頂ければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[重要]

・お一人様1回限り、1種類のみの作成を承ります。

・今回は1回限りの特別価格でのご提供ですので、当キャンペーンで作成したマスタースタンプ名刺の増刷をご希望の場合はお見積り差し上げます。

・名刺の納品先は日本国内に限ります。

・キャンセルは6月8日までメールにて承ります。6月9日以降はいかなる理由におきましてもキャンセルできませんのでご注意下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[仕様確認]

活版風印刷
撮影:ブログ担当青木

印刷:マスタースタンプ方式
サイズ:91×55mm(角)※デザインは縦型・横型どちらでもOK。
素材:ハーフエア(ヘンプ)<連量:180kg>
デザイン:お客様によるオリジナルデザインにて承ります。
※デザインデータの入稿についての詳細は下記[ご注文方法]及び[名刺のデザインデータ入稿の注意点]をご覧下さい。
枚数:200枚
色数:表面スミ1色 / 裏面0色
加工:箔押し加工可能(但し表面のみ、金ツヤ3号箔を使用)+型抜き仕上げ
※つばめ返し等の特殊加工はご利用いただけません。
マスタースタンプは表面のみの表現になりますので、裏面は無地になります。

金額:18,000円(版代・送料・消費税込)+代引き手数料420円(消費税込)
配送:ヤマト運輸
お支払方法:作品到着時に代金引換にてお支払い下さい。
(代引き手数料はお客様ご負担となります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[ご注文方法]

名も無き印刷方式(1)
撮影:ブログ担当青木

■メールにて受付:aoki@shinyodo.co.jp → 担当:青木
■メールタイトルは「匠バンザイ!キャンペーン第7弾」と記載して下さい。

■メール内容について(以下のお客様情報を記入して下さい)

・郵便番号 ※必須
・住所(納品先) ※必須
・電話番号 ※必須
・会社名(必要である場合は明記)
・氏名 ※必須
・備考(ご質問・ご要望等ありましたらご記入下さい)

※ご注文時に名刺用のデザインデータを添付してメール送信願います。
(デザインデータ入稿についての注意点は下記を参照下さいませ)

※ご注文メール確認後3営業日以内にご注文確認メールを担当:青木よりご返信させて頂きます。ご注文をしたにも関わらずご注文確認メールが届かない場合はお手数ですがご連絡くださいますようお願い申し上げます。

■ご注文受付期間:2009年4月20日(月)〜2009年6月30日(火)まで

■名刺作成期間:約1ヶ月

■納品時期:6月中旬より順次お届けいたします。

■当キャンペーンに関するお問い合わせ:
aoki@shinyodo.co.jp → 担当:青木まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[名刺のデザインデータ入稿の注意点]

【↓ Click Here! ↓】
活版風印刷
撮影:ブログ担当青木

・データはAdobe Illustrator ver.8にて、アウトライン化してください。
・スミ1色部分は黒色100%・箔押し部分は黄色100%でデータを作成してください。
・グラデーションや網は使用しないで下さい。
・トリムマークは名刺の仕上がりサイズ91×55mmで付けてください。
・デザインに関して、紙・加工の特性上、紙上に表現することが難しいものについては担当:青木から調整をお願いする場合がございます。予めご承知おきくださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[参考]
『活版印刷風』名刺 加工実験!
[ 開発室だより ] - 印刷方法の名称決定
[ 開発室だより ] - ハーフエアに決定の決め手
[ 開発室だより ] - 活版風印刷の特性
[ 開発室だより ] - 思わずスリスリ……
[ 開発室だより ] - 箔押しの上からインキ

ブログ担当:青木

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!


     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

[ 開発室だより ] - 箔押しの上からインキ

※記事内での使用画像は、印刷の余白Lab.代表 野口様の許可を頂き、当ブログに掲載させて頂きました。ご協力感謝申し上げます。尚、写真の撮影は野口様です。(画像の無断転載は固くお断り致します

・・・印刷の余白Lab.の野口です。最近は活版印刷に人気が出てきたのでしょうか。印刷の余白Lab.へも、ときおり活版のお問い合わせがあります。

今回作っていただいた「マスタースタンプ」の名刺は、とある方法で「活版印刷風」の印刷ができちゃうというもの。しかもそれほど大きな手間をプラスせずに、同時に箔押しもできてしまう。おおお。これ普通に考えたら見積り取るの怖いですね(笑

詳しい制作方法はまだナイショってことなので、今回は仕上がりについて書いていきますよー。まず、今回の仕様は「ハーフエア ヘンプ 180kg」に・・・

【↓ Click Here! ↓】
mas-yohaku(1)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

(1)箔押し(ツヤ消し金 No.108)
(2)特色2色刷り(DIC 546-1/2へ少し緑追加/DIC 273)
(3)断裁仕上げ(91×55mm - 名刺サイズ)


さすがのハーフエアと申しますか、箔押し部分、印刷部分ともに印圧がくっきり(写真でも分かりますでしょうか?)。印刷部分は、紅の方を印圧強めにしていただいています。

結論から言うと、活版印刷風というか、どう見ても活版印刷です。
お渡しした方々にも「活版、いいですねー」と言っていただくのですが、ふふふ、違うんですよと心の中で密かににやり。

【↓ Click Here! ↓】
mas-yohaku(2)
撮影:印刷の余白Lab.野口様

しかも今回は部分的に、箔押しの上からインキを乗せてみました。
キノコの上にグリーンを、中央上のストライプの上に紅を重ねています。
アフタープリント用の箔ではないにもかかわらず、思ったよりもキレイに乗った印象です。本当はグリーンを乗せた部分の金が、若干くすんだ綺麗な輝きなのですが、写真ではお伝えしきれず。残念。

-------------------------------------------------------------------------------------------

下地の箔の色にもよりますが、あまり濃い色を乗せるよりも淡い色を乗せてニュアンスを加えるように使うと良い仕上がりになるのではないでしょうか。
-------------------------------------------------------------------------------------------

また、これも通常の名刺サイズの箔押しではやりにくいこととして、箔をギリギリまで使って裁ち落としにしています。普通に名刺サイズの紙に箔押しをするとフチに3〜5mmくらいは空きを作らないといけないので、紙のフチまで箔を乗せるには大きめの紙に刷って型抜きする方法が取られます。しかしそれだと紙の無駄が多くなるし、コストも上がりがち。

マスタースタンプは、それよりも無駄が少なくフチなしの箔押しが実現可能。ただ、ちょっとデザインによっては注意しなきゃいけないところもありそうなので、実際に作られる際は青木さんに相談してみていただけると良いかと思います。

現在はまだハーフエアのヘンプ限定ですが、これから色々な紙が使えるようになると良いですね。ロベールとか……どうでしょう(個人的に好きなだけなんですけど)。と、青木さんのハードルを上げてみる野口なのでした。

Comment from 印刷の余白Lab.代表 野口様

-------------------------------------------------------------------------------------------

[ 関連記事 ]
[ 開発室だより ] - 思わずスリスリ…… from 編集長 津田淳子様
コスモテックさんのマスタースタンプ from 適宜更新

※現在は技術面・価格面において検討中のため、『マスタースタンプ』のご注文は受け付けておりませんのでご注意下さい。

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!

     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

「匠バンザイ!キャンペーン第7弾」 - 受付開始 -

まもなくブログアクセス数は20万件を突破します。そして、匠バンザイ!キャンペーンは今回で第7弾を迎えることとなります。

日頃お世話になっているお客様への感謝の気持ち・キャンペーンのラッキーセブンも含め、今度のバンザイキャンペーンは何にしようか?・・・会議を重ねた結果、1つの結論に達しました。

『マスタースタンプ』名刺作成お試しキャンペーンにしようと。

マスタースタンプ
撮影:ブログ担当青木

活版ブームに便乗するかの如くも更に新しいものを目指すコスモテックの温故知新の精神『マスタースタンプ』名刺の中に見い出して頂ければ何よりであるのと同時に、特殊印刷・加工・素材の素晴らしさ等を改めて感じ取って頂ければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[重要]

・お一人様1回限り、1種類のみの作成を承ります。

・今回は1回限りの特別価格でのご提供ですので、当キャンペーンで作成したマスタースタンプ名刺の増刷をご希望の場合はお見積り差し上げます。

・名刺の納品先は日本国内に限ります。

・キャンセルは5月10日までメールにて承ります。5月11日以降はいかなる理由におきましてもキャンセルできませんのでご注意下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[仕様確認]

活版風印刷
撮影:ブログ担当青木

印刷:マスタースタンプ方式
サイズ:91×55mm(角)※デザインは縦型・横型どちらでもOK。
素材:ハーフエア(ヘンプ)<連量:180kg>
デザイン:お客様によるオリジナルデザインにて承ります。
※デザインデータの入稿についての詳細は下記[ご注文方法]及び[名刺のデザインデータ入稿の注意点]をご覧下さい。
枚数:200枚
色数:表面スミ1色 / 裏面0色
加工:箔押し加工可能(但し表面のみ、金ツヤ3号箔を使用)+型抜き仕上げ
※つばめ返し等の特殊加工はご利用いただけません。
マスタースタンプは表面のみの表現になりますので、裏面は無地になります。

金額:18,000円(版代・送料・消費税込)+代引き手数料420円(消費税込)
配送:ヤマト運輸
お支払方法:作品到着時に代金引換にてお支払い下さい。
(代引き手数料はお客様ご負担となります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[ご注文方法]

名も無き印刷方式(1)
撮影:ブログ担当青木

■メールにて受付:aoki@shinyodo.co.jp → 担当:青木
■メールタイトルは「匠バンザイ!キャンペーン第7弾」と記載して下さい。

■メール内容について(以下のお客様情報を記入して下さい)

・郵便番号 ※必須
・住所(納品先) ※必須
・電話番号 ※必須
・会社名(必要である場合は明記)
・氏名 ※必須
・備考(ご質問・ご要望等ありましたらご記入下さい)

※ご注文時に名刺用のデザインデータを添付してメール送信願います。
(デザインデータ入稿についての注意点は下記を参照下さいませ)

※ご注文メール確認後3営業日以内にご注文確認メールを担当:青木よりご返信させて頂きます。ご注文をしたにも関わらずご注文確認メールが届かない場合はお手数ですがご連絡くださいますようお願い申し上げます。(ゴールデンウィーク前後のご注文についてはゴールデンウィーク明けにご注文確認メールをお送りします)

■ご注文受付期間:2009年4月20日(月)〜2009年5月31日(日)まで

■名刺作成期間:約1ヶ月

■納品時期:5月中旬より順次お届けいたします。

■当キャンペーンに関するお問い合わせ:
aoki@shinyodo.co.jp → 担当:青木まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[名刺のデザインデータ入稿の注意点]

【↓ Click Here! ↓】
活版風印刷
撮影:ブログ担当青木

・データはAdobe Illustrator ver.8にて、アウトライン化してください。
・スミ1色部分は黒色100%・箔押し部分は黄色100%でデータを作成してください。
・グラデーションや網は使用しないで下さい。
・トリムマークは名刺の仕上がりサイズ91×55mmで付けてください。
・デザインに関して、紙・加工の特性上、紙上に表現することが難しいものについては担当:青木から調整をお願いする場合がございます。予めご承知おきくださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[参考]
『活版印刷風』名刺 加工実験!
[ 開発室だより ] - 印刷方法の名称決定
[ 開発室だより ] - ハーフエアに決定の決め手
[ 開発室だより ] - 活版風印刷の特性
[ 開発室だより ] - 思わずスリスリ……

ブログ担当:青木

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!


     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

[ 開発室だより ] - 思わずスリスリ……

発売に向け着々と準備を進めている「マスタースタンプ」の名刺試作品を、デザイナーのための情報誌『デザインのひきだし』の編集を務めていらっしゃるグラフィック社 津田編集長にお試しいただきました。

印刷物や特殊紙に精通した津田様からどのような反応が返ってくるかドキドキしながら待っていましたが、とてもお忙しいにもかかわらず光栄にもコメントを頂くことが出来ましたのでご紹介いたします。

・・・スリスリ……、えへへ。
名刺の名前の部分、思わず触ってにやけてしまいました。

見た目にもその食い込み感はわかりますが、触ってみるとその凸凹感がよりいい感じです。活版印刷じゃないのに活版印刷風。でも活版より印字面がスパッとスマートで、かつ、私の名刺ではマットな黒インクを使っていただいたので、その独特な深いマット感と相まって、本当にすてきな質感です。

【↓ Click Here! ↓】
活版風印刷
撮影:ブログ担当青木

【仕様】
■素材:ハーフエア コルク 4/6 Y目<180kg>
■色数:表スミ1色(活版印刷風)
■加工:箔押し(金消しNo.102)
■仕上:型抜き

そして驚くべきことに、これが、1ラインでできてしまうというじゃありませんか!いったいどんな魔法で……。

名刺が届いたすぐ後に、京都をはじめとして何カ所か出張してきたのですが、お渡しする人、する人、どの方も「これ、どうやって作っているんですか?」と聞かれました。加えて「すてき」と、目にハートが見えるような反応をたくさん目にして、(私が作ったんでもないのに……)むふふ、すごいでしょ、とばかりに見せびらかしてきました。

私は『デザインのひきだし』という媒体を作っているので、よりその重要性を感じるのですが、名刺から話題が始められるというのは、本当にすばらしいことですよね。そこで話が盛り上がり、そしてその後、名刺を見てもらえれば私のことがより思い出せることでしょう。

ちょっとレトロで、でも「古い」とは違うこのマスタースタンプ、これから大注目ですね。名刺はもちろん、ショップカードやDMなどの小物グラフィックにぜひ使ってみたいです。

それにしてもコスモテックの皆さんの、いつもたゆまぬ努力と技術革新には頭が下がる思いです。この機械を使ってどんな新しい表現ができるか、常々考えていらっしゃるんですね。私も負けないように頑張らないと……と本気で思いました。どうもありがとうございました!

Comment from 編集長 津田淳子様

-------------------------------------------------------------------------------------------

[ 関連記事 ]
コスモテックさんのマスタースタンプ from 適宜更新

※現在は技術面・価格面において検討中のため、『マスタースタンプ』のご注文は受け付けておりませんのでご注意下さい。

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!

     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

[ 開発室だより ] - 活版風印刷の特性

さて、今回は『マスタースタンプ』の活版風印刷についてご紹介させて頂きます。

活版風印刷
撮影:ブログ担当青木

前回ご紹介させて頂いた、特殊紙ハーフエア(ヘンプ)に対して特殊な亜鉛版を用いて印刷を施します。その際、活版印刷風になるように匠が絶妙な印圧の調整を行います。活版風印刷の原理は、印鑑と朱肉の関係のようなもので、ここでは亜鉛版につけたインキを圧力でハーフエアに食い込ませることです。

活版風印刷
撮影:ブログ担当青木

さて、次はインキについて。
色数はスミ(黒色)の他に特色3色まで対応可能です(カラー4色は対応していません)。特色の色味はDIC・PANTONEより選ぶことが出来ます。特色インキは匠が職人の目・経験・職人の勘に基づき練り上げます。

ハーフエアは上質系の質感のため、インキの発色はDIC・PANTONEの色チップの色よりも実際はやや沈んだ感じになります。また、『マスタースタンプ』はハーフエア(ヘンプ)のみの対応ですので、紙の地色がインキにも影響しますので、インキの色を決める際は考慮に入れる必要があります。

活版風印刷
撮影:ブログ担当青木

ここからが超目玉ポイント。
インキのかすれ・にじみがランダムに起こります。これは活版印刷で刷られた文字の特徴である「マージナルゾーン」と呼ばれるものです。

「マージナルゾーン」とは版を紙に押し付けた時にできるインキが溜まって、文字の輪郭が濃くなった部分のことです。「マージナルゾーン」のある文字は目に優しく、読み続けても目への負担が少ないと言われています。これが『マスタースタンプ』における活版風印刷の最大の特徴です。

「ハンドメイド」「レトロ」「アナログ」が開発におけるキーワードでありましたので、この特徴は『マスタースタンプ』による活版風印刷の【味】であり、出来上がった作品一枚一枚全てが違った表情を持ち合わせているので、それをお楽しみ頂ければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------

- Question & Answer -

Q.1 校正刷りは可能でしょうか?
A.1 はい、可能です。
印刷・表面加工(箔押し含む)・仕上げまで全て一気に校正できます。その際、校正費用+特殊亜鉛版作成の費用がかかりますので、ご希望があればお見積り致します。校了の場合は、校正時の特殊亜鉛版をそのまま本番時に使用することができますが、修正が加わる場合は再度、特殊亜鉛版作成代がかかりますのでご注意下さい。

Q.2 インキで金刷り・銀刷りは可能ですか?
A.2 はい、可能です。
但し、前述のとおりハーフエアは表面が上質系の素材で発色が沈むことを考慮に入れますと、金は黄土色・銀は灰色のように見えます。金・銀については箔押し加工でも対応できますので、デザインやご予算によりご検討頂くのも1つの選択肢ではないでしょうか?

Q.3 グラデーションは印刷できますか?
A.3 印刷できません。
また、前述のとおりカラー4色も対応しておりませんが、インキは特色3色までご使用頂けます。ちなみに、網(アミ)に関しては15%以上より対応可能です。

Q.4 デザインする上で注意すべきポイントはありますか?
A.4 『マスタースタンプ』では活版風印刷の表現を活かすためには、文字(タイポグラフィ)や線で魅せるデザインをおすすめしております。
また、多色(特色3色まで)のデザインを組むにあたって、毛抜き合わせの様な見当(けんとう)の厳しいデザイン(特色と特色の間に隙間がないようなデザイン・仕上がりの淵に四方ぐるりと囲むようなデザイン等)は、多少の版のずれが生じることを必ず念頭に入れておくことが必要になってきます。

-------------------------------------------------------------------------------------------

※現在は技術面・価格面において検討中のため、『マスタースタンプ』のご注文は受け付けておりませんのでご注意下さい。

[参考]
■デザインのひきだし p126 [ 螢哀薀侫ック社 ]

ブログ担当:青木

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!

     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

[ 開発室だより ] - ハーフエアに決定の決め手

『マスタースタンプ』に使用する紙はこの紙に決定しました。
ハーフエア(ヘンプ)4/6 Y目<180kg>です。

ハーフエアとはその名の通り、紙の半分に空気が含まれる「やわらかく」「ふかふかした」優しい触感が特徴のファンシーペーパーです。
この度、『マスタースタンプ』の開発において、数種類の特殊紙に対して印刷を施した結果、『マスタースタンプ』の特徴である活版風印刷の文字が、紙に深く食い込んで特色ある仕上がりになったハーフエアを採用することに決めました。

マスタースタンプ
撮影:ブログ担当青木

ハーフエア<180kg>には、写真左側の真っ白な"コットン"・中央の少し茶色味を帯びた"ヘンプ"、そして右側は"ヘンプ"よりも少し濃い茶色の"コルク"の3種類があります。

当社開発室においてミーティングを重ねた結果、"コットン"の明るさと"コルク"のレトロ感の両方の良さを持ち合わせた"ヘンプ"『マスタースタンプ』に使用することで意見が一致しました。

・・・

さて、次回は『マスタースタンプ』の最大の特徴である活版風印刷にスポットを当てたいと思います。

※現在は技術面・価格面において検討中のため、『マスタースタンプ』のご注文は受け付けておりませんのでご注意下さい。

[参考]
■デザインのひきだし p122-123 [ 螢哀薀侫ック社 ]
ハーフエア(コットン・ヘンプ・コルク) [ 王子製紙 ]


ブログ担当:青木

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!

     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

[ 開発室だより ] - 印刷方法の名称決定

先日の記事でご紹介した 『活版印刷風』名刺 加工実験! の開発の裏側を数回にわたってご紹介したいと思います。

・・・

当社開発室でいくつかのキーワードが挙がりました。
「活版印刷ブーム」「ハンドメイド」「職人業(わざ)」「レトロ」「クラシカル」「温故知新」「古き良き時代」「ヴィンテージ」「アナログ」「特色インキ」「一発で」「日本の製造業」等。

マスタースタンプ
撮影:ブログ担当青木

今回この新しい印刷方法を『マスタースタンプ』と名付けました。

3 in 1方式採用で、印刷(活版印刷風)・箔押し・型抜きの一連の作業を一工程で連続して行え押し付ける(活版印刷風)・圧着させる(箔押し)・打ち抜く(型抜き)が一つの職人業に到達していることから『マスタースタンプ』と名付けることに決めました。

匠の工房から産声をあげたこの印刷方法は、新しい設備や機械を導入することなく、既存の印刷機を使用し、匠の知恵と経験・お客様の声を取り入れることで編み出されました。

大手印刷会社とは違い、弊社のような小さな印刷会社では最新設備を導入することはなかなか難しい現状があります。しかし、古い機械の凄いところは斬新なアイディアの息吹を吹き込まれることによって、今までとは全く違った輝きを放つことです。直感と技術、そして印刷を尊ぶ心を合わせることによって『マスタースタンプ』は生み出されました。

・・・

次回は『マスタースタンプ』に使用される特殊紙ハーフエアについてお話したいと思います。こうご期待!

※現在は技術面・価格面において検討中のため、『マスタースタンプ』のご注文は受け付けておりませんのでご注意下さい。

ブログ担当:青木

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!

     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン

『活版印刷風』名刺 加工実験!

名も無き印刷方式(1)
撮影:ブログ担当青木

■素材:ハーフエア コルク 4/6 Y目<180kg>
■色数:表スミ1色(活版印刷風
■加工:箔押し(3号金)
■仕上:型抜き

今流行りの活版印刷をまるっきり別の印刷方法で実現出来ないかと、現場と試行錯誤のうえ加工実験を繰り返している最中です。

この『活版印刷風』の印刷方法の凄いところは、特色3色(DICカラー or PANTONEカラー等で指定可)までを『活版印刷風』に印刷でき、且つ表面加工のグロス二ス・マットニス・グロスPP・マットPP・箔押し、型抜き仕上げまでを一気に一工程で加工出来るところにあります。

また、現時点では、この印刷方法で『活版印刷風』の表現をする上で最適な素材は特殊紙ハーフエアのようです。写真で公開している名刺は、スミ1色(活版風)+箔押し(3号金)+型抜きを1つの工程で仕上げております。ちなみにこの『活版印刷風』の印刷方法にはまだ名前が無いため、今後の製品化に向けて弊社オリジナルのネーミングも考える予定です。

名も無き印刷方式(2)
撮影:ブログ担当青木

上の写真をご覧下さい。
優しい風合いのハーフエアに『活版印刷風』のスミ文字が印字されている部分、よく見ると深く溝になっているのが分かると思います。また、文字のかすれ感やつぶれ感にも活版印刷特有の雰囲気を再現できているのが分かります。名刺1枚1枚の文字の表情が少しずつ違い、ハンドメイド感あふれる味わい深い仕上がりとなっています。

名も無き印刷方式(3)
撮影:ブログ担当青木

しかし、現段階ではまだ改良の余地も有り、製品化するにはしばらく時間がかかりそうです。

ブログ担当:青木

[メルマガ]行列箔押しチャンネルへようこそ!

[PR]日本全国の建築・製造現場を支えるMonotaRO!

     

ミックスアップホームページ     ミックスアップブログ


[PR]アフィリエイト・プログラムといえば >> リンクシェア・ジャパン
サンプル直売所
コスモテック サンプル直売所
印刷加工連
印刷加工連
営業時間のご案内
■ 営業時間 : 9時〜18時
■ 定休日  : 土日・祝祭日

※夏期休暇・年末年始・GWは
 都度ご案内


【定休日のお知らせ】
月別アーカイブ
最新情報
お客様の声
■ clammbon( クラムボン ) 11/6( 2015年 ) 武道館 限定販売CD 『 ジャケット 』 の印刷加工をお手伝いさせて頂きました。

clammbon(クラムボン)

■ フジテレビの人気女子アナウンサー 戸部洋子さんの結婚式ペーパーアイテムの加工立会いを行ないました。

tobeana_wedding-paperitems

■ いつも迅速・丁寧に対応して頂いて有難うございます。

デザイナーや美大生は絶対この現場を知るべきだと思いました。

morldパチカ(2)
(Comment:Morld様)

■ 漫画家の高河ゆん先生のお名刺の印刷加工をお手伝いさせて頂きました。

漫画家 高河ゆん先生 名刺

いろいろな可能性にチャレンジして日々研究、テストを行っているようですね。

クリエーターの方々、かなりお薦めです。仕上がりも期待通り、いや、期待以上に素晴らしいです。

パチカ名刺(ミナロ2)
(Comment:Client Minaro様)

■ クリアファイルへの箔押しをお願いしましたが、クオリティ・お値段共に大満足です。またお願いします。

(Comment:JIMONET INC.様)

■ 細かい字も全くつぶれることなく、ちゃんと読める点に感動です。匠の技、本当にスゴイですね!

■ 隈研吾建築都市設計事務所の「TOYAMAキラリができるまで」展フライヤー箔押しの印刷加工をお手伝いさせて頂きました。

隈研吾「TOYAMAキラリができるまで」展フライヤー箔押し

(Comment:Milk Graphics様)

シエルブライダルカード
(Comment:Client シエル様)

卒制+パチカカード
(Comment:大学生S.Oさん)

初めてのお仕事でしたが、立会いを快く引き受けて下さり感謝してます。

(Comment:Client ヨシミ / カナエ)

■ 書家 寺島響水さんの3色箔押しマスキングテープの印刷加工をお手伝いさせて頂きました。

寺島響水 「 水 」 3色箔押しマスキングテープ

一個人のユーザにも、丁寧に対応していただけて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

(Comment:Client some origin)

■ 青木さんの元気な挨拶を聞くとこちらも元気をもらった気分になります。

パチカ名刺(SPF)
(Comment:Client SPF様)

■ こんなに身近箔押しできる会社があるなんて知りませんでした。

プロの職人技術により非常に素敵な箔押し仕上げとなっております。

パチカ名刺(jyune)
(Comment:Jyune / 樹音様)

箔押し印刷屋でブログをやっている所は他に見たことがないので、いつも参考にさせて頂いてます。

レッドメタリック箔使用
(Comment:Daisy&Frou-Frou)

箔押し部分のエッジがくっくりしていて、ブレ/擦れがなく感動しました。

(Comment:Client てら山様)

■ Chim↑Pom エリイさん「LOVE IS OVER」案内状の印刷加工のお手伝いさせて頂きました。

Chim↑Pom エリイ さん 「 LOVE IS OVER 」 案内状

化粧品箱への箔押し美しい仕上がりでした。また御願いします。

Daisyパチカ名刺(2)
(Comment:Designer Daisy様)

世界にここだけしかない表現の手段を与えてくださったコスモテックさんに感謝です。

ブラックメタリック+3号金(3)
(Comment:大学生K.Bさん)

今日箔押しされた表紙が戻ってまいりました〜vv きれいに箔押しされてます。やった。満足。

■ 谷川俊太郎さん詩集『あたしとあなた』表紙 - 3色箔押しのお手伝いさせて頂きました。

谷川俊太郎さん詩集 『あたしとあなた』

出来上がって来た名刺はまさに期待通りのものでした。特にホロ箔に関しては想像以上のインパクトでした。
ピックアップ!


箔便箋 白夜飛行
製品名:箔便箋 白夜飛行
[記事:2016年12月23日]
ご購入は こちら から

箔封筒 白夜飛行
製品名:箔封筒 白夜飛行
[記事:2017年01月21日]
ご購入は こちら から


スペシャルメタリックカラーホイル
[記事:2012年03月21日]

スペシャルメタリックカラーホイル

アフタープリント専用箔押し
[記事:2007年12月28日]

匠スペシャル弐
“アフタープリント専用箔押し"

+++++++++++++

萩原ダイスケさんのお名刺
[記事:2016年11月13日]

ナスカの電子回路
[記事:2015年10月09日]

遊星商會 箔押しマスキングテープ
[記事:2015年07月19日]

Cover for a book in TEDxTokyo 2014
[記事:2014年06月04日]

『 HITSFAMILY ENVELOPE 』
[記事:2011年06月30日]

『 HITSFAMILY CARD 』
[記事:2011年06月02日]


[記事:2011年04月05日]

ホログラム箔「HK038」
[記事:2006年06月10日]

ホログラム箔「ステラシルバー」
[記事:2006年03月10日]

パール箔
[記事:2006年01月23日]
箔押しマスキングテープ
白夜飛行
製品名:白夜飛行
[記事:2016年12月06日]


錦鯉スパイラル
製品名:錦鯉スパイラル
[記事:2016年10月17日]
ご購入は こちら から


生命の帯
製品名:生命の帯
[記事:2016年08月31日]
ご購入は こちら から


夜間飛行
製品名:夜間飛行
[記事:2016年09月12日]


ナスカの電子回路
製品名:ナスカの電子回路
[記事:2016年02月20日]
展示会 『 謝恩会 』
コスモテックと平和紙業の5年間。 その軌跡をふりかえる

謝恩会

5年間の成功と失敗のすべてを公開する展示会を開催。
おすすめ本
バナーについて
当サイトはリンクフリーです。リンクは http://blog.livedoor.jp/cosmotech_no1/ で御願い致します。

ようこそ!行列のできる『箔押し印刷工房』へ

ようこそ!行列のできる『箔押し印刷工房』へ

【リンクについて】

Copyright
(C) 2005 - 2017
Cosmotech Inc.
All rights reserved.
会社案内
箔押しの匠

【 お問い合わせはこちら 】
TEL:03-5916-8360
FAX:03-5916-8362
Mail:aoki@shinyodo.co.jp

【 会社所在地 】
〒174-0041
東京都板橋区舟渡2-3-9
地図を表示


設立以来、常にお客様にご満足頂ける商品創りを誠心誠意お手伝いして参りました。

「イメージを形にしたい」
「一緒に挑戦していきたい」

そんな思いを胸に、日々お客様と共に歩んでいます。私達の箔押し印刷は『ドラマ』です!
ブログ担当者の紹介
アオキマサノリ
コスモテック営業担当:青木

【最新情報はツイッターで】


【コメント】
箔押しの匠である「ISAMU SATO」が発信する確かな技術と品質。それは新しいブランド。

当ブログを通して、より多くの人に箔押しについての理解が深まれば嬉しい限りです。

Made in Cosmotechの製品を是非一度手にとってご覧下さい。

【プロフィール】
19??年11月生まれ。A型。
某大手不動産会社勤務後、印刷会社営業へ転身。

下請け屋ではなく、モノつくり屋であることをモットーとし、日々匠「ISAMU SATO」と共に奮闘中。

【当ブログについて】
当ブログは、箔押しを中心としてその他様々な情報も更新しております。営業マン工場スタッフの趣味や日常風景もお楽しみ頂ければと思います。

詳しくはこちら↓をご覧下さい。

[ 弊社ブログの在り方 ]

【CAUTION】
公序良俗に反する発言、誹謗・中傷、著作権の侵害と管理者が判断したコメント・トラックバックは予告無く削除致します。ご了承下さい。

当ブログに掲載しているイラスト・写真・文章等のあらゆる素材を、如何なる方法においても無断で複写・転載することを禁じております。

メディア取材 / 掲載
デザインのひきだし取材①
[記事:2008年03月24日]

デザインのひきだし付録①
[記事:2008年06月09日]

デザインのひきだし立会い
[記事:2008年09月04日]

カヴァーノチカラ2 「箔力」展
[記事:2008年10月24日]

デザインのひきだし7
[記事:2009年06月12日]

デザインのひきだし8
[記事:2009年10月21日]

HITSPARK
[記事:2010年02月04日]

JAGDA CALENDAR SALONE 2011
[記事:2010年02月23日]

テクスチャーで魅せるデザイン
[記事:2010年06月07日]

+DESIGNING(vol.22)
[記事:2010年09月27日]

Tokyo Graphic Passport 2010
[記事:2010年09月29日]

名工の肖像 『箔押し職人 佐藤 勇』
[記事:2010年10月17日]

細巾織物 × TOKYO DESIGN TEMPLATES
[記事:2010年10月22日]

Think PAPER 5「BEFORE_AFTER展」大阪
[記事:2010年11月11日]

マキアオキ
[記事:2010年12月05日]

+DESIGNING(vol.23)
[記事:2010年12月25日]

デザインのひきだし12
[記事:2011年02月06日]

日本の名刺デザイン・コレクション
[記事:2011年03月15日]

+DESIGNING(vol.24)
[記事:2011年03月24日]

Think PAPER 5「BEFORE_AFTER展」東京
[記事:2011年05月22日]

『デザインのひきだし13』 青焼き表紙 箔押し
[記事:2011年06月04日]

「金銀パール」展
[記事:2011年09月03日]

+DESIGNING(vol.26)
[記事:2011年09月24日]

「ROOM FOR PLAY 子供の部屋」展
[記事:2011年11月28日]

TYP Exhibition. o1
[記事:2012年02月20日]

お祝いのデザイン
[記事:2012年03月19日]

使い方がうまい! 紙もの・紙加工ものコレクション
[記事:2012年04月11日]


[記事:2012年05月02日]

予算内でこんなにすてき!小型グラフィック・コレクション
[記事:2012年07月09日]

印刷加工連
[記事:2012年07月25日〜]

読ませるしかけはここにある!DMデザイン・コレクション
[記事:2012年09月16日]

デザインのひきだし17
[記事:2012年10月02日]

カコウイチ
[記事:2012年11月04日]

まるごと一冊 デザイン& レイアウトの見本帳
[記事:2012年12月03日]

大塚いちお個展
[記事:2012年12月08日]

手づくり印刷 アイデア帖
[記事:2013年01月15日]

デザイン・印刷加工 やりくり BOOK
[記事:2013年04月14日]

デザインのひきだし19
[記事:2013年06月09日]

LIXIL BOOKLET 海藻 海の森のふしぎ
[記事:2013年06月20日]

特殊印刷・加工の本(MdN)
[記事:2013年07月27日]

PAPERSTOCK Showcase_01
[記事:2013年08月05日]

[DM]デザインのアイデア
[記事:2013年09月01日]

胞子文学名作選
[記事:2013年10月07日]

デザインのひきだし20
[記事:2013年10月09日]

デザインのひきだし21
[記事:2014年02月16日]

PRINT PUB 01 PAPER VOICE OSAKA
[記事:2014年03月19日]

デザインのひきだし22
[記事:2014年06月02日]

TEDxTokyo 2014
[記事:2014年06月04日]

デザイン室
[記事:2014年08月07日]

謝恩会
[記事:2014年11月15日]

Fライフ 3号
[記事:2014年11月18日]

NAMED BY WORK-ER + PORT
[記事:2015年01月10日]

デザインのひきだし24
[記事:2015年02月05日]

紙モノカタログ5 「本が好き」特集
[記事:2015年09月22日]

デザインのひきだし26
[記事:2015年10月17日]

MdN[エムディエヌ] 2016年1月号
[記事:2015年12月05日]

ナスカの電子回路
[記事:2015年12月05日]

デザインのひきだし27
[記事:2016年02月03日]

おたくま経済新聞
[記事:2016年03月22日]

きのこ漫画名作選
[記事:2016年04月04日]

夜間飛行
[記事:2016年04月23日]

デザインのひきだし28
[記事:2016年06月10日]

たのみやすい! 特殊印刷・加工・製本所イエローページ
[記事:2016年07月01日]

「夜間飛行」和紙膠帶
[記事:2016年07月01日]

箱庭 haconiwa 2016.08.03
[記事:2016年08月03日]

錦鯉スパイラル
[記事:2016年10月17日]

白夜飛行
[記事:2016年12月16日]

デザインのひきだし30
[記事:2017年02月09日]

STORES.jpオフィシャルマガジン
[記事:2017年02月24日]
AOMASA - FOTO
AOMASA-FOTO
【Click here!】

ブログ担当青木が撮影するフリーフォト。のんびりとご覧下さいませ。

フォトは気ままに撮影。主に旅先の風景写真を公開できればと思います。
  • ライブドアブログ