2009年11月

2009年11月30日

時間

昨日、世間注目の内藤大助対亀田興穀の世界戦がありました。

結果は、戦前の予想を覆し亀田選手の大差の判定勝ち

前日計量のときの内藤選手の顔色の悪さが気になったんですが、
どうやら相当減量が大変だったようですね

内藤選手が有名になったのは、2007年10月の亀田大穀戦がきっかけです。

以来、内藤選手はアンチヒールの英雄と(ちょっと言いすぎか)なり、

テレビでも引っ張りだこになりました。

あれから2年、すっかり有名人となった内藤選手ですが、ボクサーとしての

ピークは完全に過ぎていました。

おそらくキャリアのピークであろう亀田興穀選手との体の張り、動きの質の差

は素人の私が見ても明らかで、判定の結果はむしろ内藤選手がよくがんばったな

といった印象でした。

仮に二年前、大穀選手でなく興穀選手とのマッチメークならどちらが勝つかわからな

い、面白い試合になったでしょう。

何事も、旬があるんですね

時間の残酷さを感じる一戦でした。


社長





cosmowork at 16:45|Permalink

2009年11月27日

たなか少年と少年 その2

☆最近、五十嵐さんがよくブログで言っている『ヒルズ族』の由来が
 【六本木ヒルズ】では無く・・・
 【ヒルズダイエット】である事にようやく気付いた
 清水支店のたなかです



☆さてさて、みなさん今年もすっかり寒くなりましたねぇ・・・
 体調は崩されていらっしゃいませんか???

 今のところ、体がめっぽう弱い事で有名な・・・
 僕と西川さんも何とか体調を崩さず堪えております(笑)

 やはり、この時期【手洗いうがい】は大事ですね
 みなさんも是非体調管理には気を付けて下さいね
 


☆・・・と、前置きがあまり長くなってはいけないので
 ここいらで本日の本題に入ります

 コスモワークのブログにも再三登場してきた事がある
 私、田中ことたなか少年の母『のりこ』でございますが
 最近、また一つ新たな変化が出てきました・・・
 

 今回はそのお話


 

☆大学在学中4年間の放蕩生活を経て、現在実家にて生活中の
 私、田中ことたなか少年でございますが
 
 会社の行事やらプライベートの飲み会などで帰る時間が不規則なため
 家に帰ってご飯を食べる際には必ず連絡を入れるようにしているのですが・・・



 先日その電話を入れた際・・・






       ○●○●○●○●○電話呼び出し中・・・○●○●○●○●○






たなか『あ〜、もしもし将貴ですけど・・・母さん居る?』

たなか妹『居るけど・・・今、止めた方がいいよ・・・』

たなか『いやいや・・・居るんだったら代わってよ

たなか妹『知らないよ〜・・・』



        


          ○●○●○●○●○保留中・・・○●○●○●○●○









          ○●○●○●○●○保留中・・・○●○●○●○●○









          ○●○●○●○●○保留中・・・○●○●○●○●○








            ・・・って長いわッ(笑)




たなか母『はい

たなか『(・・・あれ?何か怒ってる・・・?)』
     『いやいや、居るんだったら早く出てよ


たなか母『ブチッ
      アンタみたいな空気読めない子は帰って来なくてよろしい




             がちゃんっ








☆・・・・はい。もう何がなんだか意味が不明ですよね・・・
 とりあえず、意味が不明でも会社にずっと居るわけにもいかないので
 自宅に帰ったトコロ・・・



たなか『ただいま〜・・・』

たなか母『( ̄_っ ̄)じー・・・』

たなか『な・・何???

たなか母『( ̄_っ ̄)じー・・・』








たなか母『"┐( -""-)┌ "はぁ〜・・・』

たなか『いやいや、何だね?人の顔見るなり急にため息ついて・・・』




たなか母『もういいよっバカっ

たなか『えー何だね、やぶからぼうに・・・』

たなか母『いいから黙ってコレを見なさい



 ・・・と言って目の前に差し出されたパソコンの画面には・・・
こども店長











たなか『えー・・・と、こども店長・・・?』

たなか母『違う加藤清史郎くん
      あんたにもねぇ、一応こんな風にカワイイ時があったのよ
      それが今じゃ・・・


たなか『知らないよ、そんなの・・・







☆・・・はい。勘の良い皆さんは既にお気づきかと思います
 世間一般の奥様方を虜にした・・・
 某『癒し系』韓国俳優や某『イケメン』ヒーロー俳優には
 全く目もくれなかった私の母・・・


 最近、何故か【大河ドラマ 天地人】にて直江兼続の幼少期を演じた
 『こども店長』こと『加藤清史郎くん』にご執心でございます・・・


 どうやら、僕が電話した時は丁度『加藤清史郎くんの特番』がTVにて
 放送されていたのを見ていたらしく・・・
 その時間を割かれた事に腹を立てていたようです・・・


 ただ、僕なんかはまだ割と良い方でして・・・
 他の家族については一日に3回も『清史郎くんのブログ』を見せられる。
 ・・・ラシイ。


 好きな事があるのは良い事なんですが・・・
 ただ、『あまり周りを巻き込まないで欲しい』と思いつつ・・・
 『最近、ことごとく少年との相性が悪いなぁ・・・』と
 実感する田中でした






             
               おしまい




                             たなか

cosmowork at 18:54|Permalink たなか少年の保険簿 

2009年11月26日

あ、司馬遼太郎だ

11月29日より、NHKドラマ 『坂の上の雲』 が始まるのに併せて

原作および関連する本を読んでいる。



原作はこれまで2回読んでいるが

日露戦争は太平洋戦争と相違して勝利した戦いであったから・・・

悲しい・・・辛い・・・残念な思いをせずにエピソードや

歴史的背景なども楽しめる。



夜、寝るときにも枕元に置く本としては最適な本ですな。 



1回目の時は昭和48年9月に商用でソ連のイルクーツク市に

滞在している時に読んだ。


ホテルにて読み、興奮、楽しみの後・・・

食事時に5階の個室から1階のレストランに行くべく 

エレベーターに乗り込んだら・・・



なんと!!!


目の前に原作者の司馬遼太郎がいた。


その時は、とにかく驚いた。


思わず、司馬先生ですね、と問いかけた。  

そしたら・・・


司馬『はい、そうです。あなたは日本の方ですか?』

加藤『はい、そうです。商用でこの地に滞在しています。』  



・・・と緊張した私はここまで話すのが精一杯であった・・・




その後、ホテルに滞在中の商社マンは大騒ぎになった。

これは1回目の読書のさいの経験です。




                                 加藤

cosmowork at 16:42|Permalink

2009年11月25日

酒と泪と男と女



・・といえば 河嶋英吾(漢字がちがうかもしれません)ですが

             ご存知でしょうか。

 実は夕べ、音楽と山岳好きのご夫婦宅で、この人のライブドキュメントを
        
 視聴させていただきました。  
   
     
   10代の頃から作詞作曲していたこととか

   学園紛争の頃のこと
   
   あのねのね(コンビ歌手名)の前座の頃のこと

   神戸大震災の復興支援の歌のこと 
    
   などなど・・。
 
 私・いままでタイトルの歌と・時代おくれ・くらいしか知らなかったけど


   改めて聴いたり初めて聴くものなどじっくり聴くと感慨深い思いに

      
   なって、いっぱい いい唄 作って唄ってたんだぁ・・と思いました。



           なにせ 詞 が いい
           
           唄に挑む姿勢が いい
           
           髪と顔とあごが 長い

 

  ちなみに 酒と泪と男と女 は、高校生の頃作ったんですってー

       マセたというか親父のような感性持った高校生だったのね。

           ・
           ・
           ・

  50代で亡くなられたそうです。

                             石上 でした。




cosmowork at 09:00|Permalink

2009年11月24日

久しぶりです!!

最近、運動不足を強く感じている佐藤です。


今週27・28日と姉の誘いも会って女房も一緒に5人で
旅行に行く事になりました。(無精な私は気乗りは余り・・・)


とは言っても20数年ぶりの1泊旅行楽しんできたいと思います。


その気になったのは宿泊先は日本1と言われている加賀屋旅館です。
有名らしいです。(おもてなし・たてもの・料理・温泉などなど・・・)
じっくり勉強してきます。


次回報告をお楽しみに。


cosmowork at 11:20|Permalink

2009年11月20日

静岡の町名の由来 第5回    鈴木

前回は安倍川を渡り直進して東海道へ入ったが、今回は弥勒交番(安倍川川会所の跡)の交差点を左折して薩摩通へ入って見ます。


薩摩通は、その昔、薩摩土手・ひやん土手と呼ばれていたようです。
昔、安倍川は浅間神社の脇をながれ、市内へ入るとその時の勢いで右へ流れたり、左へ流れたりする暴れ河だった ラシイ。


徳川家康は、隠居所として駿府城を中心に整備したが安倍川の水害が問題であった ラシイ。


そこで、家康は薩摩藩に命じて、井宮町の妙見下から弥勒にかけて土手を構築させた。これは薩摩藩に資金を使わせて国力を削ぐ目的もあった ラシイ。


その時、出来上がった土手を薩摩土手と呼ぶようになった ラシイ。


また、明治の末の頃まで土手の上に野ざらしの火葬場があったので、これを「火屋の土手」、なまって 「ひやん土手」 と呼んだ ラシイ。


薩摩通りを挟んで左側が田町、右側が新富町となっています。


薩摩土手が出来た為、それまで荒れ放題の河川敷が開墾され、その後人々も住みはじめ、内側に出来たのが新富町、外側に安西外新田(今の柳町から田町1丁目〜7丁目)が出来た ラシイ。



                          続く



cosmowork at 10:00|Permalink

2009年11月19日

霊が見える

ここんとこ、ヒルズ族から脱落しそうな、五十嵐です


私は子供の頃から、凡そ霊感とか超常現象とかには全く縁が無く

一度是非UFOなる者に遭遇してみたい・・と学生時代は

授業中、外ばかり眺めては、先生にしょっちゅう注意されてた




ところが、ここ半年ほど前より

どうかすると、視界の隅っこに何か影がサッと動く

振り返り見ても、何も無い・・

  

最初は気のせいかと思って 気にも留めなかったが、

やっぱり黒い影が・・・



とうとう私にも霊が見えるようになったのかも・・と

ちょっとうれしくもあり


あっちの世界に少し近づいたのかも・・と

ちょっと寂しくもあり・・


それが、


なんと、


最近はっきり影が見えるようになり 

どうやら・・・飛蚊症らしい


早速ネットで検索したら、

主に目の疲れ・・ストレス 眼病 脳の疲れ 云々・・の中に
 
なっナント 老化現象・・の文字が・・

結局 今は、きよぶた (森ちゃん曰く「清水の舞台の事」) で購入した

高〜い、サプリメント (ルティンがいいらしい) を愛飲してる

毎日です。





cosmowork at 11:08|Permalink

2009年11月18日

大人顔負け

こんにちわ。毎日せっせとダイエットに励むぷりちーもりです
そのわりに、ちっとも効果は上がらずです


先日、息子Aの部活の新人戦とやらを見てきました。
もともと、部活に力を入れてない学校なので、予選敗退は分かりきって
いましたが、ホントに散々

1勝3敗だったのですが、1勝したのはキセキ
で、あとの3敗が現実です。しかも、サッカーの試合なのに
野球を思わせるかのようなスコア。7-0、5-0、8-0・・・


小柄な息子Aは特に活躍するでもなく、グランドを走り回って、体格に負け
吹っ飛ばされて、土まみれ。


それでも、試合に出たことと走りきったことに満足な弱小チームのメンバー達



帰りの車の中


「勝ってよかったな〜」(キセキの1勝ですけど
「俺、1点決めたし〜」(あれは、キーパーチャージだよ
「打ち上げどこでやるか
「わたみとか、よくねぇ
「居酒屋いきて〜




って、おーいおまえら、ちゅーぼーだろ

さすがに、すこ〜し冷静になって

「わたみは子供だけじゃ無理だな」と現実に戻っていました。


わたみが無理って現実より、野球のようなスコアで負けた現実を
もっと受け止めてほしいな〜と、思う母でした。



ぷりちーもり













cosmowork at 11:06|Permalink

2009年11月17日

楽しいお泊り

ウィークディのみんなでダイエットをがんばってる

おかげでウィークエンドはどか食いの曽根です。



先日 高校の同級生8人で恒例の1泊おとまりに

行ってきました。



高校1年からの付き合いの私達

かれこれ数十年(考えたら恐ろしい年月だ)

毎年2回は必ず全員で(^_^)を合わせる約束をしてる




8人もいるとみんなほんとにそれぞれで

それなりにみんな苦労してるよなって

いつも思う。



ただひとつみんな愛校心が強いのには

毎度のことながらおどろかされる

私ってほんと愛校心がないなってつくづく思う

高校野球の話の盛り上がりようは

なんたってすごい



昔の話でも盛り上がれるけど

10年ぶりの同窓会とかとは違って

現在のお互いもわかってるから

話にはことかかない



それがいいんだろうな
これからもずっと盛り上がっていくんだろう

楽しい2日間でした















cosmowork at 15:40|Permalink

2009年11月16日

七五三(前編)

こんにちは、新型インフルエンザにおびえている大村です。

先日の土曜日、我が家では一大イベントがありました。タイトルにもあるように子供たちの七五三です。

イベントの内容がよく把握できていない私は、2ヶ月ほど前からママさんネットワークで情報を収集している妻の言う通りに、インターネットで写真館を検索検索・・・

我が家は、写真館ルーキーで写真を撮ることに決めました。

当日、朝の天気はあいにくの雨、いやだなぁと思いつつも、保育園の用事等を済ませ11:00に子供を連れて写真館着

レンタル衣装と、持ち込み衣装の二着で写真を取る予定だったので、早速衣装選び、子供たちも初めての体験にはしゃいでいました。

早速着替えて写真を取るわけなのですが、その時の会話が

 パパ「着替える前にトイレ行きなさいよ〜」

 息子「大丈夫!!お家出る前に行ってきた」

   おいおい、家出たの1時間以上前ですけど・・・

 パパ「でも、もう一回行こうね〜」

 息子「出ないもん!!」

 パパ「じゃあ、お写真取ってるときにおトイレ行きたくなっても知らないよぉ」

 息子「いいよ〜」


   かわいくねぇ〜〜〜


        (20分が経過して着替えが完了)


ブログ1














 息子「パパ、おしっこ漏れそう・・・

 パパ「だからさっき行けって言ったでしょ!!写真取ってるときに行きたくなっても知らないって言っただろ!」

 息子「まだお写真とって無いよ」


   屁理屈だぁぁぁぁぁ子供のくせにorz



漏らされても困るのでトイレに連れて行くことに

でも、どうやってするんだろうと思いつつ息子を連れてトイレに・・・

               案の定

 息子「パパどうやってするの?」

 パパ「知らんww」






と言っても放っておくわけにもいかず・・・





恐る恐る、袴をたくし上げると・・・・・















あれ???スカートみたいになってるではないですか!?


ほほう、文明の利器ですなと関心しました。
その後無事写真撮影を済ませ浅間神社に向かいました。 

             終



cosmowork at 19:57|Permalink