cospcosotoのblog

カテゴリ: 艦隊これくしょん -艦これ-

艦隊これくしょん風◆龍田◆コスプレ衣装◆COSEMPIRE【RCP】激安 アニメ 新作 仮装 変装 コスチューム 制服 メイド服 メンズ レディース 男性用 女性用 大きいサイズ 小さいサイズ パーティー イベント cosplay costume
G-1165

商品説明
セット内容    画像の通りになります。商品名に明記がない場合は小物などが付いていません。
素材    ラシャ地、ボリ混紡生地、棉、合皮等 日本社製工業用ミシン、ロックミシンを使用しております。
素材指定の場合、スタッフまでお問い合わせください。
色・デザイン    色とデザイン変更可能です。含めていないパーツのオーダー可能です。
サイズ    上記のサイズ表をご確認ください(フリーサイズの商品除く)。セットに帽子がある場合、頭周りもお教えください。
オーダーサイズについて    オーダーしたい場合は性別、身長、肩幅、バスト、ウエスト、ヒップなどをお教えください。セットに帽子がある場合、頭周りもお教えください。
同梱発送について    商品同梱で発送可能です。送料は追加しません。
ご注意     お取引の大事なメールをお届けしますので、当店メールの受信拒否を一時解除お願いします。
お客様からのメール連絡はかならず返信いたしますので、1営業日経っても店から返信がない場合は楽天の「携帯メールアドレス宛 不着メール一覧」からご確認ください。または直接店までお電話ください。
その他    こちらの商品は職人の手作り作業で作り出したものですので、実物と微妙に違うところや、モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合がありますので、この点についてどうぞご了承ください。
万が一色合いなど大きく違う商品がお届いた場合、その商品の画像を添付してスタッフのメールアドレスまでご連絡ください。


龍田

たつた

艦名    龍田
図鑑No    29
艦級    天龍型2番艦
艦種    軽巡洋艦
CV    井口裕香


概要

天龍の姉妹艦で、天龍とは違いおっとりした喋り方が特徴。
天龍に負けず劣らずプロポーションが良く、頭には天使のような輪があり、薙刀に似た武器を持つ。
序盤の任務報酬で手に入り、最初のステージでも手に入る軽巡洋艦。
序盤は主戦力として、戦力が整ってきてからは燃費の面から遠征要員として役に立つ。
天龍田と駆逐艦娘たちのセットで遠征部隊とする提督も多い。
史実でも第六駆逐隊を率いていた時期があった。


艦これ 鈴谷 コスプレ衣装 制服 艦隊これくしょん -艦これ- COS 高校制服 入学 サイズ指定OK! 仮装/変装


作品 艦隊これくしょん
人物 艦これ 鈴谷
材質 ポリ混紡/綿
セット ジャケット/ワイシャツ/ スカート/チョーカー/ ストッキング
納 期 通常販売価格から更にお得な予約販売となります。納期の目安は2014年1月末頃の予定となっております
注意事項 ※当店cosplay衣装はすべてオーダー製作しております。追加料金がございません。
※お注文後、ご性別、身長、バスト、ウエスト、ヒップ、肩幅などをお願いいたします。
※当商品は原作をできるだけ忠実に再現できるように細部までこだわり設計、作成しました!
※熟練の職人と専門のデザインナーが製作した高品質の自信作です。
※ご入金確認後に製作開始いたします。(製作開始後キャンセル不可)。
※商品により生地やデザインなどが画像と多少異なる場合がございます。
商品詳細 艦これ 鈴谷 コスプレ 衣装 艦隊これくしょん

鈴谷

すずや

日本海軍の重巡洋艦。最上型の3番艦である。
名前の由来は樺太を流れる鈴谷川(すすやがわ)から。

1933年12月11日、横須賀海軍工廠にて起工。
1934年11月20日には昭和天皇臨席の元で進水し、1937年10月31日竣工した。

第四艦隊事件により最上型の船体強度に問題があることが判明したため設計図が改正され、船体形状に違いができ、4番艦「熊野」と共に鈴谷型と分類されることもある。
ボイラーが「最上」「三隈」は重油専焼罐大型8基小型2基の計10基から、重油専焼罐大型8基に変更されている。そのため、第3砲塔と艦橋構造物との間の大型吸気トランクがなく、一番煙突の太さもボイラー減少の分だけ径が細くなっている。

1941年の太平洋戦争勃発後は、マレー上陸作戦、バタビア沖海戦、第二次ソロモン海戦、マリアナ沖海戦等に参加。
ミッドウェー海戦に於いて第七戦隊旗艦「熊野」(司令官「栗田健男」少将)は「我に続け」の信号旗を掲げ、旗艦の命令伝達ミスで衝突損傷した最上と三隈をその場に残し鈴谷と共に西進離脱した。しかし鈴谷の艦長「木村昌福」大佐は「我機関故障」と熊野に伝達し意図的に速度を落とし、その後独断で行動不能になった三隈生存者の救助に向かった。生存者の救助後、鈴谷より魚雷を発射し三隈を雷撃処分した。

1944年には第七戦隊に所属してレイテ沖海戦に参加。24日にシブヤン海海戦に参加。
同年10月25日のサマール沖海戦では、栗田艦隊巡洋艦部隊と共に米空母部隊を追撃する。その際に米軍機10機に襲撃され、艦後部への至近弾で燃料タンクに浸水。左推進器に異常が発生し、23ノット(信号では24ノット)以上を出すと艦が震動する状態となってしまう。
この直前に第七戦隊旗艦「熊野」も被雷していた為、司令官「白石萬隆少将」は「熊野」から「鈴谷」に移乗し、米空母部隊追跡は中止となった。

このページのトップヘ