cospcosotoのblog

タグ:販売

進撃の巨人風/エレン イェーガー/リヴァイ兵士長/調査兵団/訓練兵団/駐屯兵団/憲兵団/マント抜き/コスプレ衣装/コスチューム/ゴスロリ/サイズオーダー/ハロウィン/コンビ二支払い/豪華/華麗/

進撃の巨人 駐屯兵団服  コスプレ衣装

進撃の巨人 駐屯兵団服  コスプレ衣装

進撃の巨人 駐屯兵団服  コスプレ衣装

COSOTO製 進撃の巨人 コスプレ衣装 通販/エレン イェーガー/リヴァイ兵士長/調査兵団/訓練兵団/駐屯兵団/憲兵団/マント抜き/コスプレ衣装

★セットの内容はマネキンの画像の通りに(マント除き)なります、ワッペンは刺繍製で、見栄えします。
★刺繍ワッペンは調査兵団、訓練兵団、駐屯兵団、憲兵団からご指定可能です。
★インナーはエレン イェーガー、リヴァイ 兵士長 、アルミンの3タイプからご指定可能です。
★エレン イェーガー、 イェーガー、リヴァイ 兵士長 、アルミンタイプのウィッグご希望の場合、1個につきプラス2480円です。   ★調査兵団女性のM1着、男性M1着、訓練兵団男性L,LLサイズはあす楽対応です、ほかのサイズは2~3週間の納品となります。  
★プーツご希望の場合、プラス5680円です。
★プーツは完全オーダー製のため、2-3週間程度の納品となります。
★プーツ、靴をオーダーするため必要なサイズは
1,性別
2,脚の長さ(普段着用している靴のサイズ)
3,ふくらはぎまわり
4,かかとからブーツの一番上までの丈
太ももまでにある長いプーツは
5,太ももの周り
6.かかとから膝までの丈
7,膝回り
どちらも立ているままで図ってください。


納期とご注意事項

日本に在庫がある場合、2営業日以内発送いたします、海外在庫の場合、2-3週間程度の納品となります、お急ぎの場合,できるだけご要望に応じますので、ご相談ください。サイズオーダーでも追加料金かかりません。

在庫がない商品は原則としてご注文を確認してからの製作となります。メーカーによる納期は2-4週間前後となります。デザイン変更、生地変更などご希望の場合、別途追加料金かかりますが、まずはご相談ください。

生地切れなどにつき、予告なくデザインと生地などを変更する場合がございますが、予めご了承ください。

駐屯兵団

「壁」の補強及び警護を務める兵団。有事の際には巨人を駆逐する尖兵としての役割を持つ。
兵団の中では主力を占め、総兵員は約3万人と軍団並の兵力を有する。

かつては勤務中の飲酒などかなり風紀が乱れていたが、845年の巨人侵攻以降は兵士の危機意識は改善され、壁上固定砲の配置・改良など防衛の強化にも務めた。
また、調査兵団の壁外遠征の際は、出発前に扉付近の巨人を退けるなどのサポートも行っている。
訓練兵団のほとんどがこの兵団に入団するため、また、巨人と直接戦闘することも少ないため、兵士の練度は調査兵団と比べ大きく劣る。精鋭部隊でも、複数の巨人に苦戦を強いられ全滅する可能性もある。


★変装★激安★進撃の巨人 コスプレ」進撃の巨人 衣装 調査兵団風 エレン/ミカサ/アルミン/リヴァイ/エルヴィン・スミス/アルミン コスプレ衣装

注目の新作!進撃の巨人に登場する調査兵団の制服です。

背中にトレードマークの羽模様をあしらい、高級感のある質感に仕上げました。

上着は本格軍服の材質を採用、耐火性高い100%棉。シャツは夏に肌触いいの麻で作ります。

機動ベルトには黒、ブラウン二色選択可。

※お衣装のサイズについて※
こちらのお衣装はシルエットをより美しく見せるため、ジャケットが少々タイトな作りになっております。
また、ブーツインした時にゴワつきが出ないよう、ズボンの丈は短めに製作いたします。
サイズに不安やこだわりのある場合には、予め各部のサイズをご指定いただけますようお願い致します。

マントの生地は薄手のウールを使用しておりますので、分厚過ぎず、薄過ぎず、肌触りの良い素材となっております。

また、生地の程よい重量により、動きのあるカットの撮影時にはマントも形良く広がりますので、様々なポーズやシチュエーションでの撮影にもお勧めです。 細かなご要望やご不明点にも出来る限りお応えしたいと思いますので、何か御座いましたらお気軽にご質問くださいませ。

調査兵団

「壁」の中で暮らす人類国家において唯一、壁外に遠征する兵団。
人類領域外の調査を主な任務とし、王政府の拡大政策を担う。
巨人の捕獲および生態調査も担当するなど、未知の領域に臨む任務が多いためか、型破りで変革の気性に富んだ個性的な面々が多い。
制服として、他の兵団と同様のジャケットの上から緑色(モスグリーンあたり)のフード付きマントを羽織る。その背に抱く紋章は「自由の翼」と呼ばれている。

壁外に遠征する為巨人との戦闘機会が最も多く戦死率は必然的に高い故、いつも慢性的な人材不足に悩まされている。13代団長エルヴィン・スミスが 考案した対壁外遠征用の特殊な陣形(長距離索敵陣形)を組むようになってからは生存率が劇的に向上したが、それでも毎回3割以上の損害を出し、新兵が初の 壁外遠征で生還出来る確率は5割(アニメ版では3割に変更されている)程度と、非常に過酷なものとなっている。850年のトロスト区奪還戦までの時点で、 総兵員数の約9割(アニメ版では6割に変更されている)が戦死しており、騎馬兵約300名という大隊クラスにまで縮小している。しかし、リヴァイを筆頭に 団員達の実力は高く、少数で大勢の巨人達と互角に戦うことができる程の精鋭揃いである(というより死地をくぐって精鋭となった者以外はみんな死んでしまっ たのである)。

かつては成果も乏しかったため、「税金の無駄」と軽視されていた時期もあった。しかし845年ウォール・マリア陥落以降、壁外での活動の必要性が認められるようになる。


原文先へ

このページのトップヘ