aamall

2007年01月18日

金利と為替の関係が少々気になります

 金利、どうなるんでしょうね。
 今日は利上げしない方向に行きそうですが、次回は・・・
素人的に報道だけを見ていると、利下げ局面でのことが利上げ局面でも繰る返されそうな感じがしてます。
金利が上がらないとなると、他国の金利との兼ね合いで為替がどうなるか、ちょっと前から注目してます。
何かが決まるちょっと前に正しく予測して先に動き出す場合と決まってから動いた場合では、収益はかなり違います。時間的にはほんの数日の差で大きな差です。


 いつ利上げになるか読みにくくなると、会社で融資を受ける際にキャップをつけておいた方がいいか、若干悩ましくなるかもしれませんね。 

 金利キャップ 懐かしいなあ・・・
デリバティブを活用した金融商品の場合、キャップ付は益の上限が決まってしまうからあまりいい商品じゃないと思っていました。
しかし、企業の借入金利上昇リスクのヘッジ手段としては有効です。

 経理処理は?
信託大好きおばちゃんのブログを読ませていただいたところ、準備をきちんとしておけばよさそうです。
金利上昇リスクをヘッジする会社は、資料準備もきっちりできるでしょう。



記事を書く励みになりますので、ブログのランクアップにご協力をお願いします。 → にほんブログ村 ビジネスブログへ ← 

cost3210 at 09:16│Comments(0)TrackBack(0)気になる話題 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
QRコード
QRコード
タグクラウド