にきびの予防に一番有効なのは正しい洗顔です。

まずやるべきことは名句をしっかりと落とすことです。

肌を清潔にすることが大切なのです。

メイクを落とすクレンジング剤は、油分の多いものは避けましょう。

油分が多くなっている肌には良くないからです。

拭き取るタイプよりも肌への負担が少ない洗い流すタイプのものがおすすめです。

そして油分が多すぎず少なすぎないものを選ぶようにしましょう。

またなるべく刺激が少ないものを選び、スクラブ洗顔料などは避けましょう。

弱酸性の洗顔料などのやさしい泡で洗うのも良いでしょう。

洗顔方法にも注意が必要です。

肌を痛めひきびを悪化させてしまいますので、汚れを落とそうとしてゴシゴシこするのはやめておきましょう。

はじめに髪の毛をまとめて顔にかからないようにしておきましょう。

髪の生え際を洗い残すと、汚れが毛穴をふさいでしまうので気をつけましょう。

次に毛穴を開くために人肌くらいのぬるま湯で洗い、汚れを落としやすくします。

そして洗顔料をよく泡立て、顔の中心から外側にむかって洗っていきます。

丁寧に洗い、力を入れすぎないことが大切です。

最後にぬるま湯で肌をこすらないように洗い流し、タオルで肌をおさえるように水分をふきとりましょう。

毎日行う洗顔を正しい方法で行うことはにきびの改善や予防に大変効果的です。

日々実践してきれいな肌をめざしたいものです。






白ニキビは皮脂によって狭まった毛穴に脂肪が詰まることで発生するもので、白いものは脂肪分です。



詰まった毛穴に常在菌のニキビ菌が増殖してしまうと、炎症・化膿を引き起こして赤ニキビに発展してしまいます。



このように思春期のニキビが出来た人は、大人になれば治ると思われる場合が多いです。



事実、思春期のニキビの大半のが、終わり頃になると、男性ホルモンのバランスが正常に戻ります。



思春期に分泌され皮脂腺を刺激していた男性ホルモンが少なくなるので、ニキビの発生する原因も自然と取り除かれていくのです。



ニキビにならないためには、思春期の頃は過度な化粧をせずに皮膚を清潔にしておくひとも大事です。