2014年04月07日

三寒四温


4月に入った先週は気温も20℃を越えてポカポカ。
廊下で一冬を越した椿もようやく咲きました。

咲く〜!

咲いた〜!


毎年のことと言ってしまえば それまでですが・・ 春の気候は三寒四温。
 金曜日にはドンヨリしてきて 土曜は雪・・  (゚∇゚ ;) エッ !?  
降り出して15分程で真っ白に   Σ('◇'*) エエエェッ〜 !?

5  雪


それでも春の雪は あっという間に溶けてしまうもので 翌朝には太陽が・・
今日は少しは暖かくなるかな〜 なんて淡い期待もすぐに裏切られ・・ また雪。
舞っているのは花びらではありませんよ、雪です。  この後強風も・・

6  雪


消費税が上がる前に・・ のバッタバタの納品が続き (昨年受けた仕事だったので)
まだ全てが終わったわけではないけれど ようやく一段落・・ というところ。

寒いので 何日かぶりに薪ストーブに火を入れて・・  (* ̄∇ ̄*)アッタカ~イ


伸び放題


冬の間 伸び放題にしてしまったムスコーサの散髪(?)
切り落としたモノも 2週間もすれば切り口から根が出てきます。
それを土に刺せばそのまま元気に育つのです。


ムスコーサ散髪


人間の植毛も こんな風に簡単だったら 不自然なバーコード頭もなくなるのにな〜
なんて 私の頭の方も かんなり一息付けた週末でした。


2014年01月23日

満足かな?

雪が少ない今シーズンは除雪車が来ない日もある。
10cmくらいのフカフカ雪の日は サスケ大喜び .。゚+.(o^∇^o)+.゚


          走って
サスケ疾走



          オシッコして
オシッコ



          ウンチもして・・・
ウ○チ



満足!  なのか? どうなのか?
イマイチ表情に出ないサスケなのでした
  
1月22日 


2014年01月15日

明るいキモチ

4時半(1月15日)

夕方4時半が明るい・・
冬至から1ヶ月足らずだけど、確実に昼の時間は長くなっているわけで
なんだか こんなことだけで気持ちが変わってくる。

 春は近いど〜〜   ヾ(=^▽^=)ノ  
(イヤイヤまだ1月だし・・)




サスケの散歩は クンクン宝物探しが忙しい (T_T)

サスケの散歩

シッポをピンッと立てて サスケレーダーに何かビンビン来ているようで 
探偵気どりの彼ですが、他のワンコたちの足跡や オシッコ跡を辿るような ダラダラ散歩。
みんなこの時間なんですよね〜 ちょっと遅くなるとあっという間に
真っ暗になっちゃうから (ウンチが見えないのが一番タイヘン)


家に戻ると・・   5時が明るい〜!
今までだったら 大急ぎで電気を点けるところですが
今日はこのまま少しだけボケッと外を眺めていたいような。

夕方5時(1月15日)


朝の気温は−7℃  Σ(・ω・ノ)ノ   昼間も2℃に届かなかったという寒い一日でしたが
青空が見えただけで キモチはググッ上がるものなのですね。


2014年01月04日

2014 仕事始め

1月4日

新しい年が始まりましたね・・
ブログの更新を長らくお休みしてしまいましたが、私自身は超忙しく・・
いつにも増してバタバタしておりました。

新年3日までは仕事のことは忘れて のんびりできたし、有難いことに
今年は雪掻きに時間を取られることもなく助かりました。

3日間空けていた自宅に戻ると室温は 1℃(外とおんなじ)
薪ストーブの他に 石油ストーブも点けて・・ ようやくお湯が沸いたので
コーヒーを一杯飲んでから仕事を始めようと思います。

本年もよろしくお願い致します。



cotan3 at 11:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年09月01日

私のお宝

今日、箪笥の引き取りに行ったお宅で 中身ごといただいた小抽斗と小さな行李(コウリ)
この小抽斗は触ると崩れる程の虫食いで(スポンジ状態) 再生不能なのですが
華奢な鉄金具は 再加工すれば まだまだ使えそう・・
お客様は もう捨てると仰るので中身ごと私が処分するということで いただいてきました。
002

003

クルマの中が粉だらけになる程、すごい虫食い・・
金具を外しているより このまま燃やして 灰の中から金具を拾った方が良さそうです(笑)


抽斗(ヒキダシ)の中は 風呂敷、風呂敷、風呂敷・・・
普段使いのものから 銀行や商店の名入れのものが箱に入ったまま 全部で43枚。
そして名入れの手拭いが 22枚!
風呂敷も手拭いも フツーに使っている私としては 嬉しいばかりです ( ̄ー ̄)ニヤリッ

018


特に今日伺ったお宅は 私が小さい頃住んでいたところに近いので 
懐かしい名前(もちろん今も健在の商店も沢山)  一人で盛り上がりました。
006007008009010012013014015016





















きっと お中元・お歳暮の時期に配っていたのでしょう・・  同じ店のモノが何枚もあったり、すでに私のコレクションの中にあったりするものは うちの台所で活躍してもらうことになるでしょう(笑)



2013年08月27日

もう秋風

梅雨明けが8月に入ってから・・という今年。
暑かったことは暑かったのですが、猛暑日が何日も続く西の方々に比べれば 
比較的過ごしやすいなつだったような気がします(←過去形)
そう、先週末からの雨で 一気に涼しくなってしまったのです。

016
8月中に納品のお約束をしていた時代箪笥 

板も厚く 金具も立派で・・  と思うのですが、金具を外してみると

019


BlogPaint

戦争中は疎開させたというだけあって 
立派な鉄金具を鉄砲の弾にされることは
ありませんでしたが、移動の際にできたと
思われる 木口のめくれ傷は沢山ありました。
BlogPaint

こういう傷は 一つ直し始めると
他の小さな傷も目立つようになるので、
何処まで直すか?の判断が難しいところです。







こんな感じで 色の近い古材で埋めていきます。
04
01














他にも 金具を留めていた小釘の穴を埋めたり、ぶつかり傷を埋めたり・・
パッチワークのような作業が続きます。
018


まぁ今回も いろいろハプニングはありましたが、なんとか完成〜!  v( ̄∇ ̄)v
お客様も気に入ってくださったようで 一安心です。

005

昨日は一日お休みしましたが 次は9月中! という3棹セットが待っています。
少し涼しくなって 仕事も捗りそうなので がんばろ〜!












2013年07月31日

追われてます

やってしまいました・・   ズッキーニ30cm超え 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

001


雨が強くて畑に行かない日があると、一気にこんなことになってしまうのです。
そうでなくても畑の野菜たちの成長は待ったナシで、毎日追われるようです。

先週も・・・    キュウリ40cm超え

また やってしまった

この時期、田舎では畑で採れ過ぎた野菜たちが飛び交っていて 他人様に
差し上げるのもお伺いをたててから・・  でないと迷惑になってしまうのです。
このサイズになってしまうと 自分でなんとかするしかありません(泣)

数年前、友達に教えてもらった保存加工が 『 Qちゃん漬 』
嵩を減らすには塩・・と思っていましたが、これは加熱するのです。
2〜3分煮て冷ます →  また煮て冷ます  これを数回繰り返し

004

シワシワになったキュウリを輪切りにして ギュ〜ッと絞ります。
最後に味を調えた漬け汁で少し煮て ゆっくり冷ませば出来上がり!

005

そうは言っても大量に食べるものではないので ジップロックで冷凍保存!
夏の終わる頃には飽きてしまうので、少しずつ解凍して冬まで
(正確には来年まで) 食べることになります。

この他にも 採れたては味噌をつけて食べるし、辛子漬けに 塩麹漬け・・・
熱中症予防には 水分+塩分 と言われますが、塩分取り過ぎ注意! です。



2013年07月17日

ご近所さんから・・

003サスケの散歩コース,療喘罎法)菁でっかいトマトを実らせるオジサンの畑があります。
挨拶はしますが、口数の少ないオジサン・・
トマト作りの極意を聞いてみたいもんだと思っていました。

今朝、たまたまオジサンが畑に居たので
『今年もトマトでっかいですね〜』 
『なんか秘密の肥料とか あるんですか〜?』
・・・と聞いてみました。

『肥料はやらねー、水もやらね』
『秘密なんかねーよ』 
オジサンは大笑いしてましたが 
『褒めてもらったから・・』 と一番赤いトマトを2つ捥いでくれました。
ごちそうさまで〜す

ゴーヤで作ったチャツネ(右) と ルバーブのジャム(左)は ( なんか似てるね  )
いつも おかず作りの情報交換をしているご近所さんから・・
今日は朝6時前から  美味しい いただきモノ 


002

オジサンのトマトはサスケの顔くらいあるので比べてみたいのですが、
これ以上近づけるとサスケが飛び掛るので・・    (* ̄∇ ̄*)サスケ〜

別のご近所さんからは、『 トマトは完熟を待っているとカラスにかじられるから、
もうちょっとってところで採って 追熟させるんさ 』 と教えてもらいました。
確かに!  明日採ろうと思ってたトマトをカラスにヤラレタ経験は私もあります。
採ってきたら すぐに冷蔵庫に入れないで 半日くらい常温で置いておくと 
ちゃ〜んと真っ赤になります。 (スーパーで買ったのも)

ご近所さんから いろんなモノを貰ったり 知恵を付けてもらったりしながら 
ちゃんとした田舎者になるのです(笑)


2013年07月12日

世田谷からのお客様

なんとっっ  東京 世田谷 経堂の部屋から お客様です。
ふてぶてしく・・  スゴイ存在感!  重量感!(ホントにズッシリ)
携帯に届いた画像からは なかなか分からなかった 細部への拘りが感動モノです。
※邪魔なコードが写りこんでしまいました(泣)

008

サイズ的には サスケより少し大きな・・  
少し小さめな中型犬くらいな・・
イメージとしてはブルドックの子供?
かえって分かりにくいか(笑)

早速、サスケと対決  対面させてみると・・

BlogPaint

サスケ、少し圧倒されていますが 興味津々の様子。
さすが本能でしょうか?  お尻の匂いをクンクン 

BlogPaint

生物反応がないと判断したのか(?)  この後は吠えるでもなく 威嚇するでもなく。
でも最近では飽き気味のボールを探してきて 見てくれ! とばかりにドリブルしたり
私とサイの間に立ちはだかったり・・  意識しまくりで笑えました。

実はお客様ではなく 新たな同居人!    
名前も ズンダ に 決定〜!  
これからサスケとの攻防も楽しみなところです。

BlogPaint




2013年07月11日

今シーズン初の・・

雨が降りそうで 降らない。
曇っているのに 気温は上がる。
蒸し暑くって 嫌な汗・・・
明けそうで 明けない梅雨。

でも今朝は 今シーズン初! のモノがふたつ。

001

凄くちっちゃい蝉の抜け殻と 凄〜く お久しぶりの蝸牛

005




2013年07月04日

日ごろの行いが・・

013
ちょっと難敵だった前桐(BODYは杉、抽斗は桐)の時代箪笥も なんとか再生完了し、昨日納品が終わりました。

塗装はしなくてもいいと言われていましたが、削り上がってみると渋の多い桐の古材はとても良いかんじなのに対して 
杉は一鉋かけただけで 急に若返ってしまいます。

この二つの色が 全く合わないのです (TДT)

似ているようで少し違うのって気持ち悪いですよね、
そんなわけで今回もツートンにしてしまいました。

003


002金具の錆びは再塗装するか? そのまま使うか?  
ビミョーなところでしたが BODYを塗装したことで 
そこに付ける金具だけは塗装をして 抽斗の金具は
そのままいくことに方向性が決まりました。
不思議と違和感がないでしょ。
コレ、両方同じにすると アレ?って感じななるんです。

違和感ということでいえば 一番下の引出し三つ →

以前直した時の削り過ぎで 板を交換するしかなくなっていて、同じような古材で組み直したのですが、鉋をかけて仕上げてみると やっぱり渋の出方が同じではなく・・・
白っぽくなってしまいました。
右側の小さい抽斗二つは逆に濃いめの色。

まぁ これはしょうがないか・・ と納品の際、お客様に説明すると 全く気にならないようで。
感じ方は人それぞれ・・  ホッとしました。

この納品は朝イチで まだ小雨・・というかんじでしたが、昨日はこの後 二つの納品と 
帰りには引き取りが一つ。     雨はだんだん強くなるし・・
納品先に近づいた頃 雨は少し小降りになったので ラッキー  
でも細い小路の住宅街に入ってウロウロするうちに ザァーッ と雨は再び強くなり

大きい箪笥ではなかったし、しっかり梱包していったので 箪笥の方は
大丈夫でしたが 納品が終わるとビッチョリ  img033

なんだか目的地に着くと 雨が強くなるような・・  
こういうのって 日頃の行いが関係するんでしょうかね?







2013年06月28日

グルメ?

ズッキーニが採れ始め、毎日大きくて元気な花が咲きます。
鑑賞も兼ねてプランターに植えた1株は お客さんにも好評です。

009



007
  サスケが黄色い花に興味を示していたので
  一枚パシャリ 

  サスケ〜 イイ匂いがするの?

  『 ・ ・ ・ ・    』

006
  あぁ〜〜〜〜!
  食べたのぉ〜〜〜?

  『 ムニャ   ムニャ  ・ ・ ・ 』

  まぁ ズッキーニの花は食材としても使うくらいだから、
  オマエ もしかしたらグルメ?
004

   完  食 〜    ( ̄0 ̄;) オー!!!!!!


  オマエは ボボ・ブラジルかぁ??    (´・ω・`) フルッ



散歩の途中でグミの実を毎日2つずつ採ってあげてたのですが、その季節も終わってしまって。
そんなこと理解できるはずもないサスケ ・ ・ ・
グミの木の下に座り込むサスケは 石のように動かず (T_T)

どうせ数時間で萎んで腐ってしまう花だから ♂の花だけ1つずつあげるよ。
ズッキーニの次は 何だろう?

2013年06月21日

難敵!

ちょっと急ぎの仕事が続きますが・・・   今度はかなり難敵です。
こうやって正面から見ると イイ感じの時代箪笥ですが〜

013


この仕事を受けるか? どうか?(断ろうか?)  一瞬迷いました。
004008
抽斗を引いてみると・・
板は薄く、壊れた箇所を
金釘で直してあります。
これが一番困るんです 

確かに板が薄くて難しい釘打ちですが、全く外れちゃってるし・・ 

底板が割れているのは 
いつものことですが・・

009005








抽斗表面の板は削り過ぎて 欠けているし・・



お客様は70代の男性、以前も欅の棚の修理を頼まれたことがあります。
直して使う方なのです。
『ピカピカにしなくてイイから オレが死ぬまで ちゃ〜んと使えるようにしてくれ!』
という発注ですから・・   難敵ですが (今回も予算に応じて) 頑張ります 



2013年06月20日

杉の小抽斗

古いモノが好き・・ という今回のお客様は お友達連れで2度目のご来店。
そのお友達から譲り受けたこの箪笥を 『 すぐに使いたい 』 と言っておられました。

箪笥 014

箪笥 012箪笥 013それでも 板の割れ と 金具の錆だけは気になったようで・・ 
私の仕事は始まりました。

お話をしていくうちに 抽斗表面の(日焼けによる)色ムラも気になるので お母様の着物生地を貼って欲しいと新たな依頼・・ 
でも〜  送っていただいた生地色がどうしても合わなくて・・ 



最終的には 予算だけ決めてもらって・・ 『 お任せします! 』 でやらせていただきました。
渋染めの和紙を貼って仕上げたのですが、昨夜出来上がり画像を確認していただき 
気に入っていただけたようでヨカッタです。
004



2013年06月15日

私の取り分

桑の実が色付き始めると うちの庭は賑やかになる。
いろんな野鳥が桑の実を食べに集まってくるからですが
時々 恐ろしくなる程の鳥の数に 庭に出るのを躊躇うことも・・

2013 桑の実

この木は自分で植えたものではなく、私が越してきた時には既にしっかりとした大きさで
近所の子供たちが 『桑の実取ってもいいですかぁ〜?』 とやって来たりしていた。
その子供たちも大きくなり わざわざ桑の実なんて取りに来なくなり、『こんなの美味しいの?』
と ようやく私のジャムづくりが始まったのが 7〜8年前からだろうか?
001

今考えれば ここで仕事を始めたばかりの頃は 全く気持ちの余裕がなくて、家の周りのこと
にちっとも目がいかなかった。  父が毎日通ってきては庭に花を植えてくれたり、畑を作って
くれたりしていたが、家主の私は 『それより仕事しなくちゃ!』 という気持ちが強かったのだ。
(現状と比べて・・  どちらが良いのかは解らないが ジャムづくりが楽しみなのは事実だ)

もう少し、一度にまとまった量を採れないものか? と 毎年思うが、それは無理。
全体の4割は鳥たちのもの、3割は熟して落ちて土地を肥やす、猫や狸のおやつにもなる。
2割は熟す前に白カビみたいな病気になってしまい・・  残りの1割弱が私の取り分なのだ。
 
手の届く分だけ、触っただけでポロリと取れるくらい熟した実だけを 毎日少しずついただく。