2006年10月

2006年10月27日

今度は茶箪笥。

       Befer
三方桐三つ重ねず〜っと時代箪笥が続いていましたが、今回は戦後に作られた三つ重ね箪笥です(この後、3棹続きます)
三方桐のこの箪笥を  茶箪笥として使いたい  というのが、お客様のご要望です。
余談ですが、この時代(戦後すぐの頃)は材料が豊富ではなかったらしく、お嫁入りの時 一棹は総桐、あとは三方桐を持って行った・・という話を聞きました。
『うちなんかお金がなかったから、三方桐一棹を持たせてもらうのが やっとだった』 なんて話も良く聞きます。
(ご両親が無理をしても持たせてくれたモノだから、簡単には捨てられない・・ ということになるんでしょうね)

       After
茶箪笥です。今回、虫食いは殆どないのですが 板が薄い。 
特に杉の部分は薄い板が反ってしまっていて再生不可能・・ 
茶箪笥ということで、引出しの入っていた棚板は取ってしまわなければいけないので、またまた分解することに。
(分解するのが好きなわけじゃないんですよ)
分解したボディに引出しの板を内貼りして 厚い板を作り組み立て直す。 上台の引き戸は お客様の家の建具に合わせたデザインにしました。 下の引き戸は、上の写真の引き戸に新材を足して作っています。
新材と古材の色はどうしてもハッキリ分かれてしまうので、塗装をしない直しの時は それを考慮しながらデザインします。

三つ重ね箪笥・・・上台・中台・下台の三つに分かれている箪笥です。
三方桐・・・・前面と左右のボディは桐、あとの見えない部分は杉で出来ています。

cotan3 at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2006年10月08日

やっぱり着物にしました

青木さんの紬
午前中 大荒れの天気でしたが、昼前 少し小降りになった
気がしたし・・ なんだか肌寒いし・・
この時期 丁度良い洋服を引っ張り出すのが 『面倒くさい』 ので、やっぱり着物で お稽古に行きました。
(私の場合、着物の方がすぐ揃うのです)

例のコートを着て、スニーカーにも負けないゴム底(ギザギザ付)の 雨草履。
雨の日にも慣れておかないとダメなんです。

cotan3 at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 着物のこと 

2006年10月07日

早くも袷の季節です

先週、9月30日のお稽古で単衣の時期も終わりです。
(お稽古でウールなどの単衣仕立てを着ますが・・)
洗える着物最近、いただき物のお稽古着が増えたので すっかり敬遠して
しまっている 洗える着物です。  最初はこれしかなかった
のに、贅沢な・・ というか、有難い話です。

正絹はモチロンですが、ウールや木綿の着物を着慣れると、
ポリエステルの洗える着物は かえって厄介なんです。
サラサラしていてイイようですが、クルマの乗り降りや
お稽古中の立ったり座ったりで、いちいち前が割れる
(カラダについてこない)のです。
私はウールの普段着が一番好きなので、今週は天気の
良い日に単衣や夏の小物を片付けて、秋、冬のお稽古着を
用意しました。
でも今日の天気は大荒れ 洋服で行こうかなぁ・・


cotan3 at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 着物のこと 

2006年10月03日

生まれ変わって・・

以前、虫食いがひどくて再生方法を模索中だった時代箪笥。
幸いにも お客様の家(新築)の完成が遅れるというので、その分悩ませてもらうことにしました。
(もちろん、その間にも他の仕事をいくつか進めさせていただいてね)製作中 
結局、虫食いが酷いボディは諦めて(分解して) 使える部分に新しい材料を足して ボディを組み直しました。(引出しも同様)

今回、2年前からうちの干し場で渋抜きと乾燥をさせた材料(地元、栃尾の桐)を新築祝いにサービスすることにしました。
(お客様も栃尾の方で小さい頃お世話になったのです)
分解して組み直すのは大変な作業ではありますけど、虫食いのある箪笥はこうして悪い部分をスッキリ取ってしまうと、安心して仕事が進められるんです。
出来上がりこの箪笥の一番価値のある(活かしたい)ところは、この存在感のある金具だったのです。 全部に色を付けてしまうと、古材の優しいカンジがわからなくなってしまうので、引出し部分は無塗装です。
また、使っていくうちに傷ができたり 色もか変わったり・・ その家に馴染んでくれると思います。


cotan3 at 07:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動