2007年01月

2007年01月31日

次回予告

次回の箪笥

次に取り掛かる箪笥は こんなんです。 
パッと見 立派でしょ〜
  (中はそ〜でもないんだ〜)
幅は4尺(120cm)、奥行きが2尺(60cm)・・
ボディは杉、引出しの前板は欅・・
そして手打ちの鉄金具・・・  
だから重たいんです。

がんばるぞ〜


cotan3 at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2007年01月30日

ホッとしたりして・・・

昨年から続いていることですが、なんだか時代箪笥の再生が多い。
前にも書いたかもしれないけど、錆びた鉄金具を外すのは一苦労
手にマメができる・・その手がまだ痛いうちに、次もまた時代箪笥という仕事が続いた。
そして今年に入って最初の仕事が 杉の時代箪笥 3棹。
金具はサビサビ 箪笥は重い・・
3棹仕上げた時には手の傷より、手首が悲鳴を上げていた。
通常(?)私が直している桐箪笥はとても軽く、引出しを抜いてボディの直しをしている時などは、
楽にヒョイと持ち上げている。  知らず知らずのうちに 腕の力ではなく、手首を返して持ち上げるクセがついていたのかもしれない。
同じことを 重い杉の箪笥でやっていたら手首が痛くなってきた。 このまま無理をすると腱鞘炎・・という未知の世界(笑)に突入しそう・・
私は関節が比較的柔らかくて スポーツ漬けだった頃もあまりケガをしなかった。 だから か? 痛い・・というのに弱い。 頭痛 とか 腹痛 も殆どないので、たま〜に何処か痛いと ヒュウとパワーダウンしてしまうのだ(笑)
1月最後の仕事はフツーの桐箪笥。(ホッとした)はじめ 出来上がり
サイズ(幅)は少し大きいのですが、楽々〜
作業がこんなに楽だと感じたことはなかった。
お使いになるのは男性で、
最初は砥の粉を塗った洗い直しを・・というご希望だった。でも、他のお客様の直した記録写真を見ていただいたところ、この色のオイル仕上げに変更された。

昔からの洗い直しは良く知られていて、桐箪笥は『そういうもの』と思っている方が まだまだ多い。
それもアリ・・だけど、箪笥を置く場所や使い方(モチロン好みも大事)によって、いろんな直し方があることを 提案していきたいと思います。
次は(また) さらに重た〜い杉の箪笥です・・ がんばろ〜 オ〜

cotan3 at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2007年01月04日

あけまして おめでとうございます。

初日の出今年は仕事が詰まっているので、今日から仕事です。

去年の今頃は 毎朝1〜2時間は雪掻きに時間を取られていたし、作業場がとにかく寒くて 部屋が10℃くらいになるまでPCの前にいることも多かった。
今年は雪が殆どないのでスゴく楽・・ それに3月までの仕事が結構詰まっているので ゆっくりはしていられない(詰まっているというのは 納期がしっかり決まっているものが多いってこと)

でも仕事があることは有難いことです。
今年もケガをしないよう イイ仕事ができるよう努力しま〜す。

cotan3 at 10:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常生活