2008年03月

2008年03月24日

乾燥に ご用心

お彼岸最後の日は本当にイイお天気で、近所ではタイヤ交換をする姿が多く見られました。
今年は雪が降る程の寒の戻りもなく(ガソリン代も嵩むので)そろそろ私も交換したいところですが 
そうも言ってられない大忙しの1日になりました。

午前中はお客さん、午後イチで納品・・
最後のチェックをしながら梱包をはじめると、あ〜〜〜 板の割れを発見!
空気が乾燥して気温が上がり始めるこの季節、古箪笥にとっては一番怖い季節でもあるのです。
雪に囲まれ 湿度の高い新潟の冬。  
私の作業場も石油ストーブにヤカンを乗せ、湿度を70%くらいに保っています。
それが急に春の乾いた空気に触れると 年数を経て粘り気のなくなった薄い板は割れてしまうのです。
桐の場合は 当時ソクイ(ご飯を練って作った糊)で貼り合せたところが割れるのですが、
今回直した三方桐の箪笥などに使われている杉では 全く予測もつかない所が パーンという音と共に割れてしまいます。(板目に添って裂けることもあります)
大急ぎで板の割れを埋め、梱包を済ませ お客さんのお宅へ・・
井田さんBefer削りあがりAfter











今回の直しは 「着物ではなく日常着るものを入れるので使いやすく」 ということだった。
古い塗装を落として、板の割れを埋めて とにかく補強! 補強!
板が薄いので削りきれないところもありましたが そこはお客様にも納得してもらって・・

棚の中着物のお盆が入っていた上段の扉の中は 「お盆は外して棚を付けて欲しい」 ということでした(バッグなどを収納したいのだそうです)
扉自体の重さで丁番がゆるむケースが多いので 扉も軽量化します。  窓(?)を開け ポリカに極薄和紙を貼ったものを入れました。(ガラスだと重くなるし、ポリカだけだと静電気が起きるのです)
お客様はこの扉の変化を 一番喜んでくださいました

私が一番気にしていたのが色・・ 隣に並ぶ既存の箪笥と色を合わせたかったのですが、同じ色というのは難しく、並べてみたら やはり・・・  でも、お客様は あまり気にしてない様子でした。

いろんなお宅に上がらせていただいていて 私がとても気になるのは ちぐはぐな家具の色。
長い間にアレコレ買い足していくうちに 茶は茶でも いろんな茶色が置かれているのです。  
気にしない方は ちっとも気にしてないようですが、箪笥を引取りに行った時 せっかくお部屋を見せていただくんですから、その辺のことには拘っていきたいものです。

この納品の後、市内のお客様の水屋箪笥の修理に行き(簡単な直し) 比較的早めに任務終了!
帰って作業場の掃除をして、一日待ちぼうけの と 長〜い散歩をしました。
「春だね〜」 とか言いながら・・  これから窓を開けて気持ちよく仕事ができる良い季節ですが、
うちの工房では 『乾燥注意』 の数ヶ月が始まるのです。

cotan3 at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2008年03月19日

こんなことって・・・  あるんですね。

ニラ玉それは ついさっき・・  朝ごはんを食べ始めた時の衝撃!
作ったばかりのニラ玉を口に入れて う〜〜〜〜
吐き出す程ではないけれど かなりの衝撃があった。
味が違う〜
ものすご〜く  しょっぱい
もう何年も作っている簡単料理、ニラの安売りを見つけたら
ギョーザかニラ玉・・ってくらいの 御馴染みサンのはずなのに〜
調味料棚どうやら 砂糖 と 塩 を間違えたようです(サザエさんか

これが うちの調味料棚なのですが・・
 下の段(左側)にある瓶が 砂糖 と 塩 。
同じ瓶だし 中身も同じ白。
間違えやすい といえば ウ〜ン まぁ確かにね。

カエルとクマ一応、瓶の蓋に貼ってあるシールで見分けるんですけど〜
クマ(黄) が 砂糖 で   カエル(緑) が 塩
使うのは私だけだし、もし取り間違えても 蓋を開ければ砂糖と塩の違いは 一目瞭然! のはずなのですが・・・
こんなことって マンガの中の話と思っていましたが・・ 
あるんですね。

そういえば 昨日も大型ホームセンターで着色用の塗料を買ってきて 塗ろう と瓶から出したところで 間違えたことに気付きました。    蓋を開けたとこで気付けよ〜! 
春のせいなのか? 単なる気のゆるみか・・?     歳のせいだったりして  

もし私が 4月になっても長靴はいてフラついてたら 注意してくださいね 

cotan3 at 09:18|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 日常生活 

2008年03月13日

春が来た。

香り椿今週に入って、一気に気温が上がり 今度こそ本当に
春が来たようです。
『椿が開き始めた〜』 って載せたのが2月29日・・ その後 寒い日があったりして 他の蕾はなかなか開かなかったのですが、ようやくポツポツ咲き始めました。

今シーズンは 外に置いたので なかなか目を覚まさなかった
クリスマスローズ花びらは?クリスマスローズも 二鉢だけ中に入れてあげたところ 
1週間の間に グングン伸びて 昨日咲きました。 
※ この花は下を向いて咲くので、こんな風に花がしっかり見られるものは稀です。
庭の番人
暖かな陽が入り 左助は庭先が気になってしょうがないようなので、ガラスに貼っていた断熱シートをとってあげました。
左助はここで日向ぼっこをしながら 庭の番をするのです。
庭を(勝手に)横切る猫どもは 容赦しません
(・・・と言っても狂ったように吠えるだけ、猫は知らん振りです)

椿 や モクレン の蕾を食べに来る ムクドリたちも 見逃しません。 時々「スズメくらい見逃してやれば〜」 と声をかけますが、これが逆効果。 『絶対許さん!』 ってかんじになっちゃうんですよね〜(役に立たない 頑固オヤジのようです)

でも、左助がここで午前中を過ごせるってことは ホントに 春が来たんだなぁ〜って思います。

cotan3 at 09:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常生活 

2008年03月12日

三方桐の再生

最近また本業のことが載ってなかったので、2月の大仕事のことをひとつ・・
昨年、依頼を受けた三方桐のタンスの再生。     裏板 も 棚板 も 薄い杉の板です。
高井さんBefer中は杉棚板






三方桐というのは タンスの前面・両側面のみが桐で、他の部分には杉が使われている箪笥のことです。
(全部桐のものは 総桐と言います)
箪笥としての価値は? と聞かれれば、ウ〜ン 返答に困りますが、私のところに依頼してくださるお客様は、その価値よりも ご両親
材料にできるものとの思い出や モノに対する執着の強い方が多いように思います。

お客様のお宅(新築)が出来るのを待って、お家と設置場所を見にいき、デザインを決めました。  上の2段の横に下の段を縦にして並べたい・・ というご希望でしたが、使われている板が薄く大幅な補強が必要だったので、ボディを新しく作り、引き出しをそのまま使うことを提案しました。
引き出し以外の部分は全て解体して 材料として使います。
完成!
お客様のお宅に使われていた木の色や 造り付けの棚の取っ手などに合わせて ボディの色や 金具を選びました。
硬木を使った足付の台は、高さ25cm。 
設置場所に付けられた(足元の)明り取りの窓を塞がないためのものです。
引き出しを入れない飾り棚部分(最上段)には お客様の希望で 
裏板に鏡を貼りました。(写真では白く写っています)
 
残念なことに 納品時の写真を撮ってくるのを忘れてしまいましたが、お客様も とても喜んでくださって、ホッとしました。
硬木の台、鏡、塗料・・ と今まで使っていなかったものが多かったので、出来上がるまで、そしてお客様に見てもらうまでが 本当に心配でしたが、納品が終わった帰り道は とてもイイ気分でした。  
幅が約120cmと大きい箪笥になったので、久々 お父さんに納品を手伝ってもらいました。
イイ気分だったので バイト代とお昼を奮発しました 


cotan3 at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2008年03月02日

イイ お天気〜

左助でござる。どーも、左助でござる。

先週は 久しぶりの散髪・・気持ちよかったでござる。

髪結床の 店員殿も優しい且つ、店内もきれいなんでござるよ。
(飼ゐ主は 安ゐことばかり 喜んでおるようであったが)

とはいえ、最後のこすぷれポトガラヒーが宜しくなゐ! 

毎回、様々な衣装を着せられてポトガラヒー撮られるでござるんなれど、何時も大笑ゐされてるんでござる

日向ぼこ
存じておるわい

それがしとて 好き好んでやってるわけでないのに 

ひどいよのう。

けふは天気が宜しいので 日向ぼっこでござるよ〜 

もんじろう(コトバ変換)
http://monjiro.net

cotan3 at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 左助のこと 

2008年03月01日

あんまりだ〜  

昨日、材料を買うため三条方面に出掛けたので ついでに左助を床屋さんに連れて行った。
午前中に預け私は用を足し、昼に迎えに行ったら スッキリ男前(?)になった左助が待っていた。(今回も カットするところは見てないんです)
メンバーズカードを見たら、去年の10月以来 約5ヶ月ぶりだった・・
お礼を言って、お金を払って・・・  
このお店では領収書と一緒に カット後に撮影したコスプレ(?)写真をくれるのですが〜
これが毎回笑える・・ というより私を悲しい気持にさせる 
左助は目の周りに黒い毛が生えているので 上手に撮らないと暗〜い顔になってしまうし、
顔がデカイので・・・・        あ〜だ こ〜だ 言う前に見てもらいましょう
ねずみ男
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
ちょっとヒドイでしょ・・
ちょっと可哀想でしょ・・
ネズミ男か


散髪してきました実際は ホ〜ラ  スッキリしたでしょ。
家に帰ってきて この写真を見た私は 5分くらい笑った。
そして その後 悲しくなった・・・
    
笑い転げている私の横で 
左助は狂ったように吠えまくっていた。


『 冗談じゃね〜ぞ!  あんまりだ〜  』   by 左助

cotan3 at 09:27|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 左助のこと