2008年07月

2008年07月31日

着物好き、バンザイ!

佐本さんBefer今回の再生は まずお客様が古箪笥を選ぶことから始まった。
時々あることなのですが、「家に直すような桐箪笥がない」 とか 「今、使っているものの他に もう1棹欲しい」 という方が 私のストックしている古箪笥の中から ご自分の使い勝手の良さそうなものを選んで 私が再生するのです。

今回のお客様は 「着物の収納に使いたい」 ということで、
箪笥選びは引き出しの内寸が決め手となりました。
古い桐箪笥はサイズもコンパクト(半間に納まるくらい)
そうすると着物の畳紙(たとうし)の端が折れてしまうんです。
(畳紙は 二つ折にした着物を包んでおく和紙のことです)


佐本さんAfterお友達の紹介で 関西の方・・
そう、一度もお会いしたことのない お客様です。

でも、メールでやりとりをしていると・・
.轡鵐廛襪任△襪海
着物が折れずに 充分に収納できること
小物(帯締めなど)をキチンと整理できる小引き出しが 
 欲しい・・ 
と明確な要望が聞け、『おっ? かなりの着物好き』 と
すぐにわかりました。

外見は時代箪笥風に・・ あまりゴツイ鉄金具は付けられませんが、これまた私がストックしている鉄金具の中から 華奢なものを選び 塗装し直して付けることにしました。
(箪笥のボディは削りっ放し 無塗装です)


帯締め収納一番、手をかけたのは 小物を収納する引き出しです。
 
私も 「帯締めをスッキリ収納できる引き出しがあるとイイなぁ」 と思いながら、自分のことには なかなか手が回らず・・

だから尚のこと 真剣  に考えました。
一段目の引き出しを 2つに割って その中に帯締めを1本ずつ納められる薄い箱を3枚入れました。
1箱に10本、1つの引き出しに30本・・
左右の引き出しで計60本です。 スゴイ 

箱の出し入れがどんな感じか? 
帯締めを入れてみて どんなか?
作業場ではなく、自分の着物部屋(と呼んでいる)に入って 
試行錯誤しました。

帯締め収納済み着物を着る際、大抵前日には着物の上に帯を置いてみて、
それに合う帯締めと帯揚げを選んでおきます。
この作業が楽しいのです(笑)
頭の中で 「あの帯に あの帯締め・・」 と考えていても 
実際乗せてみるとビミョ〜に色が合わなかったり、
絶対合わないと思っていた組み合わせが新鮮だったり。

本当であれば、引き出しを少し開けただけで10本の色が
サッと見られる縦並びが便利なのですが、箪笥の奥行きは
決まっているし、帯締めは4つ折が便利だし・・無理なのです。
まあ、箱を取り出してもらうしかない・・ 
お客様もそれで納得してくださいました。

箪笥が届いた日(ヤマトさんの家財宅急便が便利)、お客様はすぐに着物と帯締めを入れてみたようです。
かなりの収納力に 満足いただいたようで、私もスゴク嬉しかったです。

着物離れを寂しく思っている私ですが、時々出会う(正統派の) 『着物好きサン』 には 
拍手を送りたくなります。  ブラボー

自分の小物箪笥も 早くつくらなくちゃ〜 

cotan3 at 08:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 創作活動 | 着物のこと

2008年07月28日

やっぱり・・・

夏の花土曜日は お茶のお稽古日です。
午前中は普通に仕事をしていますので、体中の木屑を落とし、今の季節ならシャワーを浴びて・・
上から下まで 丸々着替えていかなければいけません。
どうせ着替えるなら・・と、着物を着て行くようにしています。

元々 着物が好きで お茶を始めたようなもの  
ちょくちょく着物を着ていると、また誰からともなく いただいたりするものです(ホントに)  
たいしたお礼もできないので、必ず着たところを見せに行き 
その後もセッセとその着物を着るようにしています。
それが、せめてものお礼のつもり・・

梅雨も明けたので 一昨日は浴衣でお稽古に行ってきました (これは珍しく自分で買った)
私はあまり顔に汗をかかないので 『涼しそうねぇ〜』 と言われますが、実際は滝のような汗   
帰ってきて 着物を脱ぐと ふぁ〜〜  天国の気分が味わえますよ(笑)
デカイ浴衣
浴衣の良いところは自分で洗えること。
たっぷり汗を吸い込んだ浴衣を 風呂の残り湯 (洗剤も少〜しだけ入れ)で ヒタヒタ押し洗い。 
よーくすすいで 軽く脱水 そのまま物干し竿にかけます。

でも、こうしてみると やっぱりデカイね。 私の着物って・・
母がいつも 『普通サイズの人と同じ料金で縫ってもらうの悪いよね』 と言いますが ホントにそうです。 
直線縫いの長いことったら・・ 申し訳ないっス

やっぱり 着物は着たところを見てもらうのがイイですね。 
相撲部屋の物干し場じゃないんだから・・ (`ε´)

そうそう、数年前に友達から 力士がご祝儀に配る 名入れの反物を貰いました。
すんごく嬉しかったのですが、未だに仕立てていません。
なんか シャレにならない気がして・・  ねぇ〜 

cotan3 at 09:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 着物のこと 

2008年07月26日

やっぱり・・・

何年も 「買おうか 買うまいか・・」 ではなく 「買いたい けど 買えない」 と
購入を迷っていた作業ズボンを 先日ようやく買った。
実物を見て 履いてみて 買えばいいのだが、この辺にはあまり扱っている店はなく、
カタログでの注文になった。
完全な山仕事用の防護服なので、モチロン男性サイズしかなく・・ 
でも、私のサイズは間違いなく男性サイズであり・・ 

COTAN : 「○○ページの 吊りズボンの46(Mサイズ)が欲しいんですけど」

電話口の女性: 「あのぉ 失礼ですが、これは山仕事をするための作業着で 
           かなり重いので 女性の方には向かないと思いますが」

COTAN : 「ああ、それなら大丈夫です! 女性は女性ですが、体デカイですし
         体力ありますし」

女 性  : 「でも男性用のMサイズですし170cm〜176cmくらいの方のサイズなんですよ」 

COTAN : 「ええ、ドンピシャ! そのサイズなんです。 ホントにホントに大丈夫ですから

みたいなやりとりを5分程続け、ようやく納得してもらったのです。

現物は翌日届きました(便利な世の中やねぇ〜)

わ〜い わ〜い と箱から出してみて・・ 『うわっ重い!』 ホントにズシッときました。 
Lサイズカタチはスキーパンツのようですが、重さは3倍くらいありそう・・
早速 ジーンズの上から履いてみると・・  キツイ・・
意外と細身なのです (いや、私が太めなのか?)

お腹の部分から 足の前面に 中綿(チェーンソーの刃に絡む 特殊な繊維)がビッシリ入っていて、その分 見た目より細いのです。   ああ〜 交換だぁ〜

さっそく昨日の女性に電話をして 「あのぉ Lサイズに交換て
できますか?」 と話すと  「 はいっ?? エル ですか? 」
「丈も2cmくらい長くなりますけど、いいですか?」 「はい
それ以上はもう何も言わず・・
Lサイズのパンツは すぐ次の日に届きました(ホント便利な世の中やねぇ〜)

今度はちょっと恐る恐る履いてみたところ・・  ピッタリ   ジャストサ〜イズ
そうじゃん! 私って  じゃん! 忘れてたよ。

来週は これを履いて・・ どんなに暑くても これを履いて薪作りです。
「そんなの履いたって切れる時には 切れるんだろ!」 と言う人もいます。
でも、履かないより傷は浅くて済むはずです。

チェーンソーを扱う私自身を信用できないんだから・・  用心! 用心!  

cotan3 at 17:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 外仕事 

2008年07月20日

梅雨が明けました・・  が。

昨日(19日) なんだか梅雨らしい雨がないまま 梅雨が明けてしまいました。
晴れの日が多かったので 『梅雨明けだ〜!』 って程の爽快感はないのですが、
確かに湿度は下がったようです。
それならば・・  と、さっそくゴーヤを干してみることにしました。
2mmに切ってこの網が欲しかった
この網が欲しかったんだな〜
 




中の種とワタを取って2mmの半月切り   網に並べて・・ (も興味津々)

セット完了!
そう! 完全にカバーできるんです 
すご〜い! こういうモノって自分で作ればイイんでしょうが、
○○○円で買えてしまうとなるとね〜。

この網が使いたくてゴーヤを干そうと思ったようなもので・・

 これで2本分。  
取れすぎた時にだけ こうやって干していけば 
冬には香ばしいゴーヤ茶をいただけるワケで・・
楽しみです 


でも、こんな雨の少ない梅雨では 桐の板を干している箪笥屋さんは 泣いてるだろうな・・・
(桐の渋は 雨で流し、雪に晒し、白く美しくなるんです)
降り過ぎも困るけど、雨を見込んでいる商売して人も多いんですよね。


cotan3 at 09:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日常生活 

2008年07月18日

あづい〜

暗い?昨日の暑さ・・ ちょっと堪えましたね。
作業場の扇風機も熱風を送ってくるだけ 
汗をかいた腕に鉋屑が張り付く・・ キィ〜ってカンジでした。

日除けになれば・・と 外のプランターで育てているゴーヤは 順調に成長し、しっかりその役割を果たしてくれています。

2本目収穫の方も順調で、今は2日に1本づつ採れています。
このくらいが丁度イイかなぁ・・

でも、上の方に目をやると 
『 そろそろ採ってね 』
ってヤツが 沢山ぶらさがっています。

いよいよ干さなくちゃ 

cotan3 at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常生活 

2008年07月05日

時間のかかった再生

drawing今日は 午後から納品です。

今回の依頼は この三つ重の箪笥(三方桐)を 上台・中台・下台 
  『三つに分けて使いたい』 という御希望です。

うちのギャラリーに置いてある箪笥や 創作例などを載せた
アルバムを見て、気に入ったカタチに直すことになりました。

上台は 二つの小引出しを活かして、あとは解体。
中台は ほぼそのままのカタチで足だけを付ける。
下台は 全部バラして 市松模様の引き出しにする。

    【 柄が見ずらい場合は 画像をクリック  拡大して  ご覧ください  】
上台中台下台









     

カタチを変えない中台(中央)からスタートして、小引出しに合わせて縦長のボディを作る上台(左)・・  までは順調だったのですが、下台(右)はボディも引き出しも全部解体して、2段分の引き出しを
3段(9個)に増やさなくてはいけないので、この材料でここを作って、コレとコレを貼り合わせて・・・ と大変でした。(足りない部分は新しい材料も足して・・)

型染め今回 初めて挑戦したのが 和紙の型染め。

市松箪笥に使って欲しいという お客様の着物の端切れから
型を起こし、ステンシルの容量でプリントしました。
以前はゴム印を作って(彫って)押していましたが、
今回は図柄が大きいので 上手に押す自信がなく・・ 
苦肉の策です。

なんだかんだ・・と時間がかかってしまい この半月は作業場の中が散らかりっ放しでしたが、昨日 箪笥を梱包して 掃除をして・・
スッキリ     次の箪笥に掛かります。


納品完了!

  納品完了です    
  

cotan3 at 11:12|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 創作活動 

2008年07月03日

ゴーヤが元気!

左助は何処だ?今年、リビングの日除けに ゴーヤを植えてみた
(プランター栽培だけど)
近所のお家が毎年やっていたのを見て、緑が濃くてイイなぁ
と思い、今年は朝顔ではなく、ゴーヤ・・
そして去年、納品に伺ったお宅で出していただいた 
 『ゴーヤ茶』
飲む前に乾燥ゴーヤを乾煎りして ほうじ茶のように入れるのだが、そのゴーヤを煎っている行為が 私は好きなんだと思う。
 
ゴーヤは夏場にチャンプルにして食べるくらいで、家でどんどん出来たら困るなぁと思っていたのですが、ゴーヤ茶の存在、
そして沖縄の人たちの保存方法などを聞いたら ここに居ました
「いっちょ やってみるかぁ〜」 って気になったのでした 

でも、花が咲き始めた今の段階で
「いったいどれだけ採れるんだろう?」 と、少し心配になって
いるのも事実。  まぁ当初の目的であった日除けの役割は 
まずまず果たしてくれているので良しとしましょう。

 来年の お年始に袋詰めにして 配るかなぁ〜 

怖がりの左助は ブラインドより 好きみたいです。
(風が吹いても 音がしないから・・ by )







cotan3 at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常生活