2009年07月

2009年07月31日

分解好き?

BeferBlogPaint











急ぎの箪笥は こんなかんじ
茶箪笥なのか?  飾り棚なのか?  引き戸を閉めてしまうと ものすご〜く地味。
そうだ 茶道具入れにピッタリ〜
右側の仕切りの中 に水指、違い棚 に棗や香合、その下 には釜だって
入ってしまうし、妙に低く付けられた上の棚 には 茶碗が並べられる。
茶道具入れとなれば 中の見えない引き戸も納得できる
( 一人で納得していますが 残念ながら今度使う方は茶道具は入れません  )
分解
棚板にインク染みがあるし、手垢も多いし、
どうせ背板も割れてるし・・
分解してしまいました。

これで背板の割れもキレイに貼れるし、棚の中も塗装できる。
天板の歪みも直せるし・・  と誰にともなく言い訳しながら・・
結局、分解してみるのが好きなのかもしれない 

涼しいので、作業も捗りそうです。




cotan3 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2009年07月30日

急げ〜!

出来上がり米びつが無事出来上がり 納品してきました。

次は 漆の塗り直しを頼まれていた座卓をやってしまおうかなぁ〜と思っていたら、また急ぎの仕事がやって来た。
いつもなら こちらからお客様に 『お急ぎですか?』 と聞くのですが、今回は 『1週間でできますか?』 と言われ・・ 
『一応、10日みてもらえますか?』 と答えてしまった。

この間 預かっている箪笥の整理をして、作業にかかる順に
入れ替えもしたので 『特に急ぎのモノはない』 と、頭の中も整理されていたから 即答してしまったのですが・・

今週末はお茶会があるし、長岡花火も見たいし、来週は新潟花火も。 
いや! 新潟花火の頃には出来てなくちゃいけないんだ〜

やっぱり頭の整理はできてなかったみたいデス 


cotan3 at 14:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 創作活動 

2009年07月28日

古材米びつ

米びつ『 急ぎ 』 と言われている仕事が終わったので、
『 いつでもイイ 』 と言われていた小さいサイズの仕事を
始めました。
お預かりしたのは かなり傷みの激しい箪笥で、それを姉妹
3人で形見分けなのだそうです。
こういう場合、大抵は小引き出しみたいなものを希望される方
が多いのですが、今回は 『 米びつ 』 です。

板が薄い箪笥だったので、分解して使える部分だけを貼り
合わせ、厚い板を作るところからなので 手間がかかります。
内側はキレイに鉋をかけましたが、表面の傷はそのまま。
金具の穴だけ新しい材料で埋め木しました。

ホント・・ いろんなお客様から、いろんな仕事がやってきます。

cotan3 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2009年07月22日

雨多し

2009キュウリ梅雨末期の雨空が続きます。
山口県では 土砂崩れで大きな被害が出てしまいましたね。
( お見舞い申し上げます )
5年前の水害以来、強い雨の音が続くと 左助だけでなく なんか嫌な気分になってしまう・・ 心配なのだ。
TVからの水に浸かった家の映像も 他人事ではない。

まとまった雨がないまま早々と梅雨明けしてしまった関東も 夏場の水は大丈夫? と思ってしまいますが、この集中的に
降る雨は ホント勘弁して欲しいです。   みんな自然のことだから 人間の思うようにはならないのですが・・

2009トマト自然のことと言えば、今年も少しばかり植えた野菜たちが
育ち、キュウリ、ピーマンが(今は)丁度良く収穫できている。
トマトもやっと色が付き始めてきたところだが・・
なんだか元気がない。
あんなにイキイキと伸びていた葉がグッタリ下を向き、
キュウリは下の方から葉が黄色く枯れてきてしまった。
日照不足だろうか?  気温も低い・・
ここのところ雨続きで 土が乾くってことなかったからなぁ。

散歩の途中で近所の方に話を聞いても、同じような症状の
お宅が結構あるようです。  みなさん家庭菜園だから 専門知識はないけれど、私よりは遥かに長い経験があるのだが、
やはり 『 こればっかりは お天道様のすることだから 』 だそうです。  ご尤も 
   
暑くなったら なったで、きっと文句も言うでしょうが、今は梅雨明けが待ち遠しい私でした。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


もうすぐ皆既日食が始まりますね〜  
新潟は部分日食ですが、空は少し明るくなってきましたよ〜


cotan3 at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常生活 

2009年07月20日

やり始めたら・・

昨日、実家にから(また)不要になった棚(1700×1065)が持ち込まれた。   
うちの家族は不要になったものを すぐに私のところへ持ってくる。  
「何処か置く所はあるだろう」 とか 「何かに使うだろう」 とかってことで・・ 

収まりましたこの棚は父の勤めていた会社お抱えの大工さん(惣甚の
あんさ・・と呼ばれていた)に作ってもらったもので、
腕の良い一人大工だったその人に 父も祖母も何かと
お願いして作ってもらっていた。

材料に拘る とか 組み方に拘るわけではなく、置く場所に
ピッタリと収まり、使いやすく、予算に合わせた材料で・・
仕事も速く、正確だった。

実家には 惣甚のあんさが作ってくれたモノが沢山あり
建替えた後の家には サイズ的に合わなくなっていても
捨てられない・・という気持は 家族みんなにある。

キッチリ仕切られた一枡に古金具を入れている箱がピッタリ
収まった。 まるで注文して作ってもらったようで 嬉しい

昨日の午後は仕事そっちのけで 古金具 や 道具 をこの棚に移していて・・
(やり始めたら 止まらなくなってしまって)  夕方、声のかかったBBQにも参加できず・・   
夜な夜な 仕事をするハメになってしまいましたが、今朝 起きてすぐに作業場を覗いてみて 
整然と収まっている棚を見たら また嬉しさが増した 
 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※ 惣甚のあんさ
  惣甚(そうじん) は 屋号。  あんさ=この辺の方言で 兄様(長男)ということ。
 (そんな意味も知らず 私達子供までが ソウジンノアンサ と呼んでいた)

cotan3 at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2009年07月17日

おもてなし

今日は箪笥の納品日でした。
箪笥が出来上がったのは7月に入ったばかりの頃でしたが、お客様の都合の良い日が
今日だったのです。
納品日を 『良き日』 に・・ と、ちゃんと調べて 「○月○日にお願いします」 と
指定されることが時々あります。  
最初はちょっと驚いたのですが、そういうお客様は (特に) 直して新しい顔になった
箪笥をとても大切に迎えてくれるように思います。

こちらのお宅では2棹の箪笥をお預かりして、1棹は昨年末に納品を済ませました。
今日、納品した方は 杉の時代箪笥で、お急ぎでない・・ということだったので、
「気温が上がる頃 漆を塗りましょう」 と 私の方から提案したのです。
前にも書いたかもしれませんが、杉は漆を塗ると(木目の部分には漆の色が
入りにくいので) 木目が浮き上がって見え、良い感じになります。
(実は写真を撮り忘れたのですが・・  )

この箪笥の再生は 本当に大変だったし、杉の箪笥は重いんです。
おまけにスゴイ数の鉄金具が付いていました。
錆付いた金具を壊さないように外すのに5時間程かかり、他の作業の合間に サビ落とし、
再塗装をしておき 出来上がった箪笥に取り付けるのに3時間以上かかったと思います。

苦労した甲斐あって、出来上がった箪笥は 同じカタチ、同じ金具でありながら
全く別の顔になりました。
お客様は本当にビックリされて 喜んでくださって・・
お茶を一杯いただいて帰るつもりが、どんどん出てくる果物・御菓子・アイスクリーム・・
90歳に近いお祖父ちゃんに 「アンタ、イイ仕事を身に付けたわ。 頑張んなさいよ」 と
励まされたり・・     スゴイ おもてなしだった。

いつものことですが、お客様のお宅を出て しばらくクルマを走らせたところで トイレタ〜イム
(コンビニのお世話になってます) 
お腹ガポガポで帰ってくるのですが、それは嬉しいおもてなしなのでした。

漬物寿司夜は 例によって 独り反省会です。
「おつかれさまデシタ」
「ありがとうございました」
 カンパ〜イ 

寿司を食べたわけでなく・・  

西利の漬物寿司が 食べたいなぁ〜 という(あくまでも)希望です。



cotan3 at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 食べ物 

2009年07月16日

あづかった・・

昨日の暑さは もう尋常ではなく、特に午前中の陽射しは刺すようでした。
仕事を始める時すでに作業場は(朝日が入るので) 30℃を超え 
工場の温度計も30℃近くまで上がっていました。
焼付けそんな中、私はストーブを焚いていました。
これは工場に設置してある焼却用のストーブ(D51クン)で 
主に鉋屑を燃やします。

真冬はいくら焚いても工場全体を暖める程ではなく、夏は・・
できるだけ焚きたくない  のですが、鉋屑を溜めておくわけにもいかないので 一日おきくらいに・・それも夕方、少し涼しくなった頃火を入れるのです。

昨日は鉄金具に漆を焼付けるために 昼間から焚き始め
ました。   漆の焼付け用に オーブントースターを買おうと
思っているのですが、天板の大きなものを、それもできるだけ
焼付け2安く・・ なんて考えていると なかなか  

昨日の金具は比較的小さなモノばかりだったのですが、大きな
錠前や角金具の時は大変。 沢山ある時は この上にBBQ用
の網を乗せて金具を並べます。

何か良い方法はないものか? と思いながら、どうせストーブは焚かなきゃだし〜 そんなにいつもってワケじゃないし〜 と 解決策を急がないのも私の性格。

そのうち涼しくなって 『これがベスト!』 なんて
思うんでしょうね 

cotan3 at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動 

2009年07月15日

久しぶりに・・

昨日、久しぶりに加茂へ行ってきました。
独立したばかりの頃は 材料の調達、仕事の相談、陶芸クラブ・・ と週2くらいのペースで
通っていたのですが、最近では すっかりペースダウン。   
陶芸の方も お休みして もう何年になるだろう?

昨日は加茂のホームセンターで以前購入した道具を探しに行ったのですが、 残念ながら 
もう置いてなくて・・   いつも寄る お蕎麦屋さんも休みで・・ 
そこで 陶芸クラブで一緒だった御夫婦が 工房を構えたことを思い出しました。

石澤さんの作品行こう、行こう・・と思いつつ、なかなか伺えなかったので
 『今日こそは!』 と 探しあてました 

以前、建具屋さんだった工場を直して(思いっきり掃除して) 使いやすそうな工房 兼ショップ。
まだ、会社勤めをされているご主人と、会社を辞めモノづくりに励んでいる奥さまの作品がズラリ並んでいました。
奥さまの作品コーヒーをいただき、8年ぶりの奥さまといろんな話をして、
記念にお二人の作品を一つずつ購入しました。

上がご主人の作品。(キチンと精密な作陶をされる方デス)
下が奥さまの作品。   「駄作です」 と謙遜なさる奥さまが 更に「歪んでしまったから」 と値段を下げていたモノですが、実は私はコレが一番好きでした
高台
土は少し違いますが、同じ釉薬をかけ 同じ窯で焼いた二つの『湯冷まし』 ですが、こんなにも雰囲気が違うのが 面白い
ところ。  キッチリしているご主人と おおらかな奥さま・・  
お二人の性格まで見えるような気がして 帰ってきてからも 
楽しく眺めました。




cotan3 at 08:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常生活 

2009年07月01日

左助のおかげで・・

誕生日の左助友達が 「左助、誕生日おめでとう!」 と 
ラベンダーの花束を届けてくれた。  サンキュー

左助は(例によって)友達が来てくれたことの方に 
大興奮    久々の 嬉ション 

すごく良い香り〜 
「ほら〜左助ぇ、イイ匂いだよ〜」 と 近付けたら 
パクッ    飛び掛ってきた 
「食べるんじゃないのー  」   
いくら言っても無駄。

ラベンダーこの距離が ギリギリのところです(笑)


でも左助のおかげで、しばらくは このイイ香りの中で
過せそうです。

この下で昼寝をしたら1時には起きれないだろうな(笑)


  

cotan3 at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 左助のこと