2010年10月

2010年10月30日

冬の日課

年代モノ今週は予報どおり この秋一番の寒気がやってきました。
新潟県内も各地で初雪が観測され、私の住む街から見える
守門(スモン)岳も白く雪化粧。
一気に冬の空気です 

朝起きたら まず作業場のストーブを点ける・・  
これが冬の日課です。
この反射板のストーブ、漆を塗る時に使うので夏も出しっ放し。
電気も使わず、お湯も沸かせて、ホントに便利。
実家で使わなくなったモノもやってきているので 大小合わせて5台。  まぁ 一生使えるでしょう(笑)

ある会社の社長さんに 『エスキモーのような環境』 と
表現された COTAN の作業場 
今年は (10年目にして やっと)防寒対策に力を入れたので
少しは快適な冬になるかなぁ〜?

━─━─━─━─━─  ━─━─━─━─━─  ━─━─━─━─━─  ━─━─━─━─━─

この後、本格的に寒くなると 倍くらいの大きさのストーブが登場するので ご心配なく。
ストーブの大きさに対して 馬鹿でかいヤカンが乗っていますが、
これは加湿も兼ねてのことなので こちらも ご心配なく  (o^∇^o)ノ

cotan3 at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月25日

手術

手術仕事をしていたら 踵の外側がチクッとした。
手を離せないところだったので そのまま作業続行。
結局、午前中はバタバタして痛みもなく(気付かず)・・・
夕方になって やっぱり少しピリッと痛みがあることに気付き 靴下を脱いでみると
う〜〜〜ん? 別に何とも無いような??
手で押して、痛いところをよ〜く見ると 1cm程の黒い線。
更にカラダを捻って(外側なので)良く見ると・・トゲかな?

何でこんなとこに? と思いながら、鑿(ノミ)でスゥーっと切ってみると(よい子はマネしないでください) 細いけど先の方は深く入っているよう・・
しょうがないなぁ〜 と道具(?)を取りにいき 手術開始!
薄刃のカミソリで切っただけですが・・ (*´∇`*)

トゲが深く入っている時は とげ抜きで抜くと先の方が残って
しまうことが多くて 後々痛い思いをするもので・・  切ってしまった方がイイのです(経験談)
踵が乾燥してきているので メンタムを塗った絆創膏を貼って終了!

不思議なもので すごく小さなトゲでも 皮膚の下に入っているとミョ〜に気になるのに、
抜いた途端 何事もなかったかのようになってしまう。
人間のカラダって 結構繊細なものなんだな〜と関心したりして。

先週、ベテラン看護師の方に 『何より消毒が大切!』 と言われたばかりなのに、今回もその大切なところを省略してしまう・・  繊細ではない私でした  (´∀`)アハハ

cotan3 at 07:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月21日

初めてのイベント

 週末、三俣のレイクサイドロッヂで 『 勝手にgarden! 』 と銘打った 
 楽しいイベントがありました。

会場ゴリケルン

お天気 オッケー!
紅葉は少し遅れているようです。

ゴリさんのケルンも
見守っています。
(参加したいんだろうな〜)



会場2準備が始まり、出店のテントが並び始めましたが・・
どんな風になるのか?
私達も(社長の藍ちゃんも) 
たぶん出店者も・・・

あまり分かっていません(笑)

桃カフェ桃カフェ2ロッヂの中では 
『MOMO Cafe』 の
準備が進みます。
いつものテーブルも
別のものに見えたりして

チョコレートケーキ
リンゴのマフィン
バナナタルト
ミルクティのシフォン・・


どんどん腕をあげるパティシエ桃ちゃん・・・ですが、
                      
こういうイベントは初めて。     忙しそうです。

桃カフェ3桃ちゃん











ドーナツパン屋さん

  


豆富ドーナツ屋さんも

 

自家製酵母のパン屋さんも






豚汁唄う人とん汁も


唄う人たちも


準備 オッケー!

食べるものだけではなくて、手作りのアクセサリー、皮小物、草木染め、キャンドル・・ と 様々なお店が
出店してくださって とても賑やかです。



左助パニック一応 参加した左助ですが、ハウスから出てくると 
沢山の人の足元で どうして居たらイイのかわからず 
右往左往・・  

夜のバーベキューまで、スタッフもお買い物タイムです(笑)
                      ・・・・ つづく

cotan3 at 08:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) イベント 

2010年10月14日

気取ってる感じ

Befer
1年前に知人からいただいた小抽斗(コヒキダシ)
華奢な飾りの金具が可愛らしかったので
できるだけ そのままのカタチで修理することにしました。

ぶつけた傷が多かったので 古材で埋めましたが
やっぱり微妙に色が違うもので・・塗装が必要に。

濃い色は付けず 削る前と同じ雰囲気の古色仕上げに
したのですが、金具を付けてみると なんか変 (T_T)
(写真は撮らなかったのですが 暗〜い感じ)

After
結局、また金具を外して抽斗部分のみ鉋をかけて・・
幸い抽斗前面には深い傷がなかったので(埋め痕もなく)
削りっ放し(無塗装) にしました。

金具が引き立って、スッキリ綺麗になりましたが
ちょっと気取った感じ・・
年数を経た あのイイ感じを残すは 本当に難しいものです。
傷や 木の欠け方にもよりますが、鉋をかけずに直すことも
これから取り組みたい課題です。




cotan3 at 07:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月08日

季節の変わり目

相田さんBefer相田さんAfter
完全な杉の箪笥
 

普段はお断りすることが多いのですが、なんとな〜く受けてしまい 

引き出しの隙間もスゴイし
金具も錆サビだし
板も割れまくってるし・・

『拭漆(フキウルシ)で仕上げると、グッと良くなると思います』 
なんて言ったのも私で・・
予想通り、大変な作業になりました。

昨日、無事出来上がって、近々納品なのですが この季節の変わり目はすご〜く木が動きます。
乾燥した風が良く入っている作業場ではイイ調子なのですが、雨の日は一気にキツくなります。
これから湿気が多い冬に向かうので あまりキツいのは困るのですが、あまりユルユルにはしたくないし・・  調整が難しいところです。

cotan3 at 07:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月02日

始めると・・

朝露で濡れていた屋根が乾いた午前9時半頃・・半年ぶりに大屋根に登りました。

春先に煙突掃除はしてあったので、トップ部分のチェックをして、一応ブラシを通して・・ 
あっという間に終わりました。
煙突を真っ直ぐ屋根に出してからは 煤がたまりにくくなって煙突掃除が本当に楽になりました。

それにしても 屋根の上は気持ちイイ〜!
 を持って上がらなかったのが残念ですが、まぁ撮っていたとしても写るのは
山 と 稲刈りが終わった田んぼ だけかな(笑)

午前中のうちに全ての作業を終わらせようと 早々に屋根を降り、室内の作業に・・

BeferAfter

細かい錆が浮いてきた天板をスチールブラシで擦ると、簡単に錆が取れていきます。

ボロ布で拭き取るだけでこんなにキレイになります。          

でもここで止めてしまうと また錆が出てくるので 
ポリッシュ(耐火塗装材)を塗りこみ 作業終了!


ストーブ掃除
 終了・・    の つもりだったのですが  
『 一応・・ 』 と天板を外してしまい・・ 
あ〜あ〜 またやってしまった。
どうしても作業を始めると どんどん深みにハマっていく私。
結局、大掛かりなストーブ掃除になってしまいました 

このストーブも9年目です。
10年目を迎える来シーズンには 全部分解しての
メンテナンスをしようと思います。




cotan3 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 外仕事 

2010年10月01日

仕入れのも・・

3Dの金具旅行の目的は ひとつに絞りたいものですが・・
今回も欲張ってしまいました (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

金具の仕入れも そのひとつ。
真鍮の金具をたくさ〜ん!
今は ネット購入できるようになったのですが、
最初に買う時は実物を見たいので・・
サンプルとして一つずつ買ってくるつもりが、結局イロイロと
買い占めてしまい 送ってもらうことになりました。

金具が手に入ると 作りたいカタチが沸々と浮かんできます。
お客様の直しもあるけど、新しいモノも作るぞ〜 ( ̄‥ ̄)=3

外仕事もあるんだった・・
今日は薪ストーブの煙突チェックです。

cotan3 at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 創作活動