2007年07月11日

オマエは誰だぁ〜

自分に吠える昨日、左助がえらく吠えていました。
「どうした〜?」 と聞くと、クルッと振り返って何か言いたげ・・  
そして更に吠える。   調理台の下に お気に入りのボールが入ってしまったのかなぁ〜? と覗いてみるが、ない。
左助の視線に合わせて 床に這いつくばってみると・・・

調理台の下に ゴチャゴチャと鍋やらザルやらが 入っていて、その先の壁(ステンレスが貼ってある)
そこに怒りまくっている左助が写っていました(はぁ〜

日曜の夜、左助が早々と寝たので 久々にレンジ下の掃除をしたのです(ステンレスなので、ちょっと磨くだけでピカピカ
この ちょっとした変化が 左助の視点では 
『侵入者ハッケ〜ン! 貴様ぁ 勝手に入ってきやがってぇ〜! 』   となったようです。

一応、番犬(?)のつもりらしく・・・      頑張れよ、左助。



cotan3 at 08:17│Comments(4)TrackBack(0) 左助のこと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by @BOSS   2007年07月11日 15:45
がんばれよ、探検態員! 
2. Posted by ウトロ   2007年07月11日 19:54
佐助のような、そんな初々しさは
シャリもバニウトロも遠い昔のこと。
親方を守ろうと一生懸命吠える佐助、
かわいいじゃありませんか。

がんばれよ、探検態員!
3. Posted by コタン   2007年07月12日 07:50
 ぼっ ぼっ ぼっくらは皮付き探検態 

・・で、1号はどっち?    by
4. Posted by @BOSS   2007年07月12日 08:09
1号、2号ではなくて、「態長」と「態員」。
「探検態」の世界も熾烈な序列社会。
逆転するには下克上。
よって態長も威厳を示すためいつも威張っています。
気を抜くと、態員に・・・。

「・・・で、態長と親方、偉いのはどっち?」 by
「もちろん、親方!」 by

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔