2014年12月24日

こだわり

箪笥をお預かりする時から ご主人の口から出るのは 奥様のこと。
『妻はできるだけ この雰囲気のまま使いたいと言っていますので・・』

Before


IMG_1111
奥様のご実家からのもののようでしたが 
新築のお宅に置かれていた箪笥はぶつかり傷が
何箇所か有り 一番下の抽斗は おじいさまが
削ったという。




IMG_1116
見たところ 電動鉋でチカラ任せにやってしまったなぁ〜というかんじ。

無理に削ったので板の強度が保てず 引き手金具の
力の掛かるところで割れてしまっていた。




奥様はお留守で直接お話ができなかったので 見積りと一緒に再生の提案書をメール
させてもらい 年内になんとか仕上げますとお約束して(なんせ お預かりしたのは夏・・) 
取り掛かる時に確認の電話を入れようと思っていたら  9月・・お天気の日曜日、ご家族で
工房に来てくださった。  うちの箪笥を見ていただいて 直接お話できたのは大きかった。
奥様はただ古いままでと言っているわけではなく 別のもののようになってしまうのが嫌なのだ
ということが良く判り、私自身も仕事が進め易くなった。

削り上がり
IMG_1158
修理が終わり削り上がった箪笥には 自然な渋の他に 板を干した時の干しムラが黒く出てしまっていた。

BODYに関しては塗装しても良いと了承されていましたが、抽斗表面のムラは気になるのか?
いつもなら私の判断で決めてしまうところだが、今回は
BODYだけ塗装した状態で一度画像を見ていただくことにした。
IMG_1211
金具も塗装しないことになっていたのだが、全体的に
キレイになっていくと錆も気になってくる。

お客様の回答は全塗装、金具も錆を落として塗装する
ことになった。




結局、最初の話とは違ってしまったけど、お客様のリビングにはこれが一番合うものになった。
お客様に自分で決めてもらって こうなったことが とても良かったと思う。
IMG_1287


cotan3 at 16:15│Comments(0)TrackBack(0) 創作活動 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔