外仕事

2013年01月08日

新年パッとせず・・

             遅ればせながら・・  あけまして おめでとうございます。

2012 豪雪 001 (3)

年末 〜 新年 と 慌ただしく、元旦は大雪警報 
実家でゆっくりしていたのは 午前中だけ・・  
『年賀状取りに行ってくるわ』 と雪の状況も見てくるか〜 と家に戻ってみると 
 ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!  

結局そのまま除雪を始め、2日は雪降ろし・・ 
年末からグズグズしていた鼻風邪は回復せず。

それでも雪は降るし、サスケの散歩も休みナシなのでカラダも休まらず。
体調が悪いってダメだな〜 頭ではやろうと思っていてもカラダがついてこない。
早く回復して 正月やり直さなきゃ!  新年会やらなきゃ!

2012 豪雪 001 (2)なんだか見慣れた絵でしょ。
毎年御馴染みになった 工場脇の雪です。
年末には もう屋根と同じ高さになっていたのですが、
なかなか手が付けられず・・
さすがに ココを片付けないと大屋根の雪も落とす場所が
ないので 晴れ間があった昨日、除雪を始めました。

朝は冷え込んだので、この大山も硬くて歯がたたず、
陽があたって少し緩んできたところで 突いてみると・・
雨の日もあったので 中はザクザクのザラメ状態でした。

1時間半の作業で 半分くらい片付いたでしょうか?

2012 豪雪 001 (1)本当なら この山に登りながら上から崩してくる方がイイと
思うのですが ザラメ部分になると一気に崩れるので足が
踏ん張れないのです。

今週の天気予報はずっと マーク
明日も 明後日も あることなので、あまり無理せず
曇ってきた3時過ぎ、作業を止めました。
下の方を削り込んでおいたので、上の方が勝手に落ちて
くれると助かるのですが・・ (* ̄∇ ̄*)エヘヘ




ちょっとスタートがグズグズになってしまいましたが体調を整えながら 
一年間頑張ってまいりますので 本年もよろしくお願い致します。 


cotan3 at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年01月30日

今日はココでした。

明日から大層降るらしいので 今日は大屋根(2回目)の雪降ろし・・ 

BlogPaint大屋根この間降ろしたばっかりなのに、またこの状態。

それにしてもキレイだなぁ〜
みんな真っ白に塗り替えたようです。 
見とれてて 屋根の継ぎ目のクレバスに落ちないように・・ と 緊張感のあったのは最初だけ。  慣れた頃に 落ちるんでしょうね 


cotan3 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月28日

今日は ココ!

昨年程ではないような気がしますが、毎日良く降ります。

BlogPaintBlogPaintそれでも 日中降らない時間があるので、車庫から落ちた雪と玄関前だけは なんとかゼロにすることが出来ています。

でも、屋根の雪はしっかり溜まっていくので、今日は3回目になる玄関の庇 
明日は工場の屋根から落ちた雪  をなんとかせねば・・ 

宝くじが当たって、屋根融雪とロードヒーティングを完備するから、今年が最後の除雪・・  のはずだったのにな〜 


cotan3 at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月21日

ワーキングハイ?

昨日の昼休み、大屋根の雪降ろしをしました。
冬場は登らない! と決めていたのですが、ちょっと様子を見てこよっかなぁ・・と
梯子をかけてみたところ、直接その量を見て マズイ 1.5m位ありそうです。
すぐにシャベルを取りに戻り、結局1時間半汗を流しました。

今日の左助全部降ろさなくても、突いておくだけで 随分違うし・・ と 自分にブレーキをかけますが、一度始めると止まらない。
結局、ポケットに入れておいた携帯に電話があって 1時を過ぎていたことに気付き 『 まぁ こんくらいにしといてやるわ 』 と屋根を降りたのでした(笑)

何故か、外の仕事を始めるとカラダが疲れていくことにも 手にマメができたことにも気付かず やりすぎてしまう。
まぁ 自分の生活のための時間なので無駄ではないのですが、午後の仕事では箪笥を持ち上げるたびに イタタタ・・  
腰を気にしながら立ったり座ったり。
チカラ配分を考えられるようにしなくちゃ・・と痛感しました。

cotan3 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月23日

チェックが入ったので・・

数日前のブログを見て、電話をしてきた友人がいる。
『 あれじゃ、年内はもたないと思うよ! 』

さすが焚いてる人は違うな〜(笑) 
棚の数、詰め具合を見て あの量では もって1ヶ月半だと・・・

ご心配なさるな (^_^)v  写っていないところにも ちゃんと積んであるんだから。

BlogPaintBlogPaint












この他にも別の壁面に積み難い短いものや ゴツゴツの節くれ等を箱に詰めてありますから。

でも、去年のように気前良くバンバン焚くのは控えなきゃ・・ と思ってます。
来シーズンに貯金を残そうとは思っていませんが、赤字は困りますからね (* ̄∇ ̄*) ヘヘ..


cotan3 at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月20日

敗北宣言!

毎年10月半ばを過ぎると 天気予報を見ながら外の仕事(冬の準備)をします。
私の生活の中では 秋に限らず一年中のことなんですが、秋は特に天気が気になります。
最終的には雪が降る前に終わらせれば良い仕事ですが、そのタイミングがとても大切なのです。

晴れの日が2日続いたら、2日目の午後には外に積んでおいた薪を 中に入れます。
今日は絶好の薪入れ日和でしたが ここ1〜2週間異常発生しているカメムシとの戦いと
なりました  ( ̄‥ ̄)=3
うちの裏の空き地は一年中草ボーボーで 大きな杉の木もあり、絶好のカメムシ生息地です。
その空き地に面した倉庫の壁に薪棚を作った(ここしかなかった)ので 薪を入れる際には 
カメムシが越冬態勢でしがみついていないかをチェックしながらの作業になります。

ドット今日はトンボの数より 飛んでいるカメムシの方が断然多く、
薪棚の真上に出ている 焼却用薪ストーブの煙突はカメムシのドット柄   Σ(・ω・ノ)ノ
少し掃ったくらいでは ブイ〜ンと飛んでUターンしてきます。  
この時期のカメムシは動きの俊敏です(泣)

窓やドアサッシの周辺に付いた(サッシの溝で越冬する)ヤツは 箒で落として敷地外へ掃き出しましたが とても対抗できる数ではありません。   もう完全に負けてました ( p_q)エ-ン

ラジオからは各地で 『 カメムシ異常発生! 』 の話題が毎日流れます。  うちだけではない・・ という僅かな慰めにすがりながら 作業を続けました。

薪入れ完了!

PM4:30  なんとか暗くなる前に 年内分の薪を倉庫の薪棚に収納することができました。
3月中旬に薪が底をついてしまった先シーズンでしたが、今度の冬はどうなりますか?
薪の量は増やしたものの、あまり戦力になりそうもない雑木も混じっています。
( 積んでいて軽いのが結構あったし・・ )
薪の減りは 気候によって変わるので こればっかりは冬になってみないとわかりません。


オテヤワラカニ・・  と願うばかりです。

cotan3 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月27日

薪作り週間

薪
3月半ばに薪がなくなってしまった今年  (T_T)   
『春になったら すぐに薪作りするぞ〜!』 と意気込んでおりましたが・・
今週は 一気に頑張りました!

BlogPaint増設部分車庫の重石にもなっている薪棚は ビッチリ満タン(写真左)

今まで棚のなかった左側にも一棚増設して、来々シーズン焚くための梨の枝を 割らずに積み上げました(写真右)

梨は毎年剪定をするので 
梨農家さんにお願いしておくと無料で分けてもらえるのですが、枝部分にはコブが多くて 切るのも積むのも大変です。

BlogPaintあまりにも・・ のコブは チェーンソーで切り落とし 網の袋に
入れて乾燥させることにしました。
手間が掛かっているので 無駄にはできないのです。

   ○●○●○●○●○      ○●○●○●○●○

薪作りをしている時には気をつけなければいけないこと・・
それは虫 (積んであった木に付いてるんですよね)   
さっき 左助 が壁を見上げて吠えまくっているので 
ふと見ると・・  ムカデ〜〜〜 Σ(=゚ω゚=;)
そして PCに向かっていると 何やら動くものが・・  
ゴキブリ〜〜  Σ(`□´/)/ ヒエ〜

しばらく コックローチが手放せません ( p_q)エ-ン


cotan3 at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月01日

ひと休みか?

2011 豪雪 015またしても繋がってしまった工場の雪、気温が
低くて20~30cmの雪が 動かないままだった
のですが、少し気温が高くなった今日の朝・・  
にゅ~っと滑り落ちてきました。
近付いてみると 滑り落ちたというより、ぎゅ~っと折りたたまれたって感じでした。

お向いのオジさんも 作業小屋を掘り出していたので、見ている人がいるうちに(一人での作業はキケンです) 私も 今期3回目のカンジキ隊 
出動しました。

今日からの1週間は マークが消えていますが、まだ2月に入ったばっかり。
4日は立春・・ とはいえ 春は遠い感じです。 

でも、ちょっとひと休みできそうです 

cotan3 at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月29日

束の間の・・

薪の移動
今日の朝の冷え込みはキビシかった。
シャッターが凍りついて上がらない Σ(=゚ω゚=;)
工場の中の気温は -3℃   除雪機も前日落ちた雪や
雫と共に凍っていました。

朝ご飯を食べ終わる頃には 空が明るくなってきたので 外に
ある最後の薪を中に入れてしまうことにしました。
まずは工場前の除雪・・(シャッターはお湯をかけて開けました)

クルマを移動して、一輪車のタイヤに空気を入れて・・
何往復したでしょう?  約1時間。
2棚弱の薪は工場内の薪棚に収まりました。

ご近所でも屋根の雪降ろしをする人、降ろした雪を片付ける人。
みんなスノーダンプを引っ張って、忙しそうでした。

降ってます遅いお昼を食べた後 買い物に出ると、夕方から・・という
予報だったのに早くも雪が降り始めました。
明日は また沢山降るようです    

大雪が降って喜ぶのは 子供とワンコだけですかね(笑)

雪玉つけて

cotan3 at 22:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年01月22日

今日も雪掻き

じゃじゃーん、スノーシューです・・・ ってウソです(笑)

スノーシュー?カンジキ愛用者の私ですが、貰い物のカンジキを修理して使う
のも限界があり    今シーズンは新しいものを購入する
ことにしていました。

ホームセンターに行くと カンジキは2箇所に置かれ、まさに 
旬 の商品です。
3種類のカンジキの前で70代(と思われる)のオジちゃん達が 
雪掻き談議・・頷ける発言ばかりだったので ちょっと聞き耳を。

「毎日よー降るのぉ」
(毎日、良く降りますねぇ)
「ほんにさー、無理するっけんダンプも ぼっこいたて」
(ホントですね。無理するからスノーダンプも壊れてしまったよ)
「いやぁー 重てーがてー、バカ重てー雪だ」
(重たい雪だからですよ、とても重い)
「歳とったがぁろっかの?」 二人大笑い!
(歳とったってことですかね? 笑い)
プラかんじき「このカンジキ値段がバカちごーねっか、どこがちごーってが?」
(値段が すごく違うけど、どこが違うんですかね?)

一つは従来どおりのカンジキ、もう一つは 一部ゴムの金具が
付いていて、紐を何回の結ばなくて良くなってます。
← そして もう一つが コレ。

これって子供のオモチャ? って思ってしまうような代物で、
オジちゃん達はモチロン、このカンジキは論外のようです。 
私も従来どおりのモノを買うつもりでいたのですが、
オジちゃん達がレジに行った後に マジマジとこのパッケージを見ていたら、小学生の頃 登校にも使っていたプラスチック製のミニスキーを思い出し・・  買ってしまいました 
(学校までは わずか100mだったんですけどね)

上の写真でもわかるとおり、長靴より僅かに大きいだけです。
果たして このプラカンジキで この難所に立ち向かえる
ぎゅ~~のでしょうか??

ちょっと判り難いですが 左に見えるのが工場の屋根。
そこから滑り出した雪が 下に溜まった雪のせいで落ちることができずに、ギュ~~ッと固まってしまっています。

ミニスキーのようなカンジキは軽くて良いのですが、やはり面積が狭いので 結構沈みます(笑)
そしてカンジキに比べると 左右の広がりがないので、カンジキを踏んでしまうっていうことはないですが バランスも悪い。

ワンタッチ式〈笑) というだけあって、履き易いのですが
激しく動くと 簡単に外れてしまう 
『まぁ 無茶すんなってことだよね』 と、変な納得をして
ゆっくりと山を登り、崩し、足元を固め・・ の繰り返しで
一時間。 なんとか片付いてきました。

スッキリスッキリしたでしょ~ 
でもこんなの2日も降り続いたら、あっという間に繋がってしまうんですよ~ 雪国って怖いですよね~。

結構好きな作業だから、気が付くと2時間くらい平気で経って
います。 少しカラダを暖めるつもりが、ビッショリ汗をかいて、
着替えることになってしまう(笑)
(程々ってことを 覚えるべきですね)

来週には 次の寒波がやって来るらしいので、今日は反対側で格闘します。   この闘い・・ いつまで続くんでしょうね? 

昨夜はお風呂のお湯をタップリ入れて 『きき湯』 を入れて
どっぷり浸かったので 意外と疲れは引きずっていません。
今日もがんばるぞー 

cotan3 at 08:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)