July 2011

July 10, 2011

アメリカ旅行記 その7

DSC_5799アメリカ滞在9日目。今日は土曜日。幼稚園はお休みです。そして先日の「お母さんのフリータイム」に続き、今日は「お父さんのフリータイム」。朝からひとりでメリーランド州で開催予定のオートバイのダートレースを見に行きました。車で4・5時間かかるところ。1泊して明日帰ってきます。せっかくですから、夫も楽しい思い出を作ってほしいです。
そして今日はこのおうちの嬢さんのお誕生日パーティ。とにかくおもてなしお料理が次々と出来上がりすごいです。しかもひとつひとつが「やっつけ仕事」ではないのがすごい。上の写真はフルーツタルト。DSC_5863生地を二つつくり、ひとつは盛り付け済み、ひとつは子供たちがフルーツを乗せて完成させます。そして一番おいしかったのは玄米焼きおにぎり。玄米にしらすと青海苔とごまをまぜおにぎりをつくり、少し多めの油で両面を焼き、取り出してから熱いうちにしょうゆを塗ります。そしてしそを巻いていただきます。さめてもおいしく、お弁当にぴったりそうです。DSC_5877
お誕生日パーティは本当ににぎやか。子供たちが走り回り、お料理もおいしく幸せな時間。娘はお土産のプレゼントをいただき大喜び。それでもやはり主役のプレゼントは豪華。DSC_6036そちらが欲しくて欲しくて泣き出しました。見ると・・・私もほしい。なんとSINGERのミニミニソーイングマシーン。6歳からが対象らしいですが、4歳の娘、ねらっています。ケーキも食べ終わりおなかがふくれると、裏庭で水着姿のスイカ割り。そのままビーチへ行きひと泳ぎ。8時になってもまだまだ明るいのでなんだか調子が狂ってしまいますが・・・DSC_6029帰ってきたら、パジャマの格好で小さな花火をやっておしまい。とにかく朝から夜まで遊びっぱなし。お昼寝もする暇がありません。泣いたり笑ったり、ふざけたり怒ったり、転んだりスネたり、とにかくめいっぱい今日という1日を楽しむ娘。こんな日々を大人になっても覚えているかなぁ。

cotogoto at 11:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行 | 家族のこと

July 09, 2011

アメリカ旅行記 その6

DSC_5695アメリカ滞在8日目。今日は2回もお庭で鹿に会えました。1回目は午前中。オスの子供でした。夫がせっせと切った木の周りをうろうろ。ピタっと止まったと思ったらいきなりむしゃむしゃ・・草を食べ始めました。私がカメラを持って近寄っていくとなんとしっぽを振っている。あら〜かわいい。となでなでしたくなりましたが、もちろんそんなことはできません。そして午後、今度はメスがやってきました。飛び跳ねています。子供かな。その鹿もまた近寄っていくとしっぽを振った!何だかうれしい出来事でした。やはりココは白雪姫の森だ。どこかに小びとたちも住んでいるかも。

DSC_5412娘は今日もお昼寝なしで午後の幼稚園をがんばりました。今日は「I am Motoko」と「I am 4 years old!」と言えました。それから「I am sorry, That's OK」も遊びの中で覚えました。子供の力は本当にすごい。すぐに追い越されそうです。

さて、滞在しているおうちのケイコさんについて。彼女は「オーガニックの食材と旬のお野菜を使った体にやさしいお料理」を提案されている先生です。とにかくそのこだわりはすごい。ココにきて毎日朝・昼・晩とお手伝いをしながら一緒にキッチンにたっていますが、まず感心するのがキッチンのきれいさ。洗練された道具たち。いつもピカピカです。やはり自分の仕事場はきれいにしないと、きれいなものは生まれないのかもしれません。(←夫の言葉)食材に対してはもう想像をはるかに超える徹底ぶり。卵、牛乳は使いません。白いご飯もお肉もお魚もほとんど出てきません。それでも、体にとってよいもので代用して作ってしまうのです。

先日びっくりしたのはカリフラワーのポタージュスープ。オリーブオイルににんにくとスライスした玉ねぎを敷きたっぷりのカリフラワーを入れて沸騰させた後、弱火にしてやわらかくなるまで煮込みます。ハンドミキサーでピューレ状にして火を止めてから塩少しで味を調え、最後に生クリームの代わりにコクを出すため入れたものは・・・なんでしょう。食べてみても全く気づかなかった。なんと、白みそ!本当においしいのです。
さらに夫がおかわりをしたキャベツのコールスロー。材料を言ったら絶対におかわりなんてしなかった。しょう油、しょうがの絞り汁、そして入れたのはオーガニックのピーナツバターにメープルシロップ。とにかくすごい、の一言です。

さて、明日はお嬢さんのお誕生日パーティ。2日前から準備に入り、今晩はフルーツタルトを作っています。もちろんバターや卵は使いません。もうすぐ焼きあがるかな。指をくわえて待っている私です。やっぱりいいなぁホームメイド。

cotogoto at 11:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 旅行 | 家族のこと

July 08, 2011

アメリカ旅行記 その5

DSC_5649アメリカ滞在7日目。今日は1日だけお母さんのフリータイムを獲得!いざ、ひとりでマンハッタンヘ。まずこの白雪姫の森から抜け出し、高速バスに乗りました。マンハッタンに近づくとものすごい数のバス。バス専用レーンがあり、あらゆる地域からバスが大集合。東京や新宿にラッシュの電車が次々と到着するのと同じでしょうか。8時半、バスターミナルに到着すると都会の香り・・・あらゆる香水の良い香り。ターミナルを出るとタクシーの多さ、クラクション回数の多さに圧倒されます。昔はかなり治安が悪かったというBryant Parkのさわやかな朝(太極拳などやってました)の風景を横目に通り過ぎ、5th Ave(フィフスアベニュー)のNew York Public Library(ニューヨーク市立図書館)へ向かいました。そこで今日1日の作戦を練りました。(せっかくの1日なのに何の予習もしていない)
DSC_5599バスや地下鉄用にメトロカードを買いにGrand Central Terminalへ。6th Aveでバスに乗ってまず向かったのはキルターとしてやはりココ。American Folk Art Museum(アメリカン・フォーク・アート美術館)。大人気美術館のMoMA(ニューヨーク近代美術館)の脇にひっそりとありました。MoMAにはすでに行列ができていたのにこちらは全くなし。本当に小さなところでしたが、1800年代、1900年代のすばらしいキルトを間近で見ることができました。針目の小さく美しいこと。DSC_5638今も昔も器用な人はたくさんいたんだなぁ。

私はアートキルトとは別に、いつか手縫いで仕上げたいと思っている(何年越し?)キルトがあります。それはボルチモアキルト。この配色、このデザイン。なぜだか昔からとても惹かれ、手を出せずに今に至ります。今すぐ初めて少しずつ針を進めればいつかは必ずできる、とわかっているのに始められない。。。終わらせるべきプロジェクトがいくつ残っているか、それを考えると何も始められないのです。あ〜。DSC_5618トラディショナルなキルトを満喫した後は、カフェにて大きなクロワッサンのサンドイッチを食べ、5th Aveでまたバスを使って18th Streetまで一気に南下、訪れたのは映画「ユー・ガット・メール」の絵本屋さん、BOOKS of WONDER。以前から探していた絵本を聞いてみましたが残念ながらなかった。あきらめて25th Streetまで歩き、いざニューヨークのキルトショップ「City Quilter」へ(これまた予習せず、美術館で聞きました)。。DSC_5660
かわいいキルトショップ!私が留学中にお世話になったキルトショップと何かが違う・・・わかった、店員さんが若い!何か都会的な匂いがすると思ったらそれか。なんてったってニューヨークですからね。それにしても久々にアメリカのキルトショップを訪れました。生地についてはもちろん見たことあるものがたくさんありましたが、いろいろな道具類については何だかバージョンアップされていたような。。。
そしてなんだかんだ歩いていたら予定のバスの時間まであと15分!ということに気づき、スターバックスでMocha Coconut Light FrappuccinoRを買って一気飲みをしながらタクシーを捕まえ、バスターミナルへ。教えてもらっていたバス乗り場へ走りぎりぎりセーフ!(なぜいつもこういうパターンなんだ)森へ帰ると本当に「ホッ」とした〜。私はやはり白雪姫の森の方が好きだなぁ。
さ、残りはのんびり大切に過ごそう。

cotogoto at 12:41|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 旅行 | 家族のこと

July 07, 2011

アメリカ旅行記 その4

DSC_5382アメリカ滞在6日目。今日も盛りだくさんすぎて写真を選べません・・・ということで記念にたくさん載せちゃいます。まずは隠し撮り。大好きなベビーシッターのお姉さん(なんと16歳でこのスタイル。)に今日も午前中はビーチキャンプへ連れて行ってもらいました。アスレチックや工作のプログラムにも参加させてもらい、本当に良い時間を過ごしています。DSC_5425そしてお昼に帰ってくると今度は午後、いよいよABCの幼稚園に初登校!泣きもせずニコニコ。絵を描くとさっそく先生に「見て見て」(日本語)と見せにいっていました。迎えに行くと「少し泣いちゃった」と言いながらも、チョークで地面に描いた絵を見せてくれました。すっかりMOTOKOと英語で書けるようになりました。
DSC_5406娘が幼稚園の間にスーパーへお買い物へ行きましたが、今日行った所はイタリア系スーパー。このフルーツの山を見てその半端じゃない山の大きさに笑うしかありませんでした。さらにパスタもさまざまな種類が見渡す限りの棚に。おそらく逗子のSEIYUの20倍くらいはありそう。チーズコーナーも天井からぶら下がってその量の多さに口があんぐり。
DSC_5397ところで。娘と夫はすでに鹿を見ましたが私だけまだ生で見ていませんでした。それが6日目にしてお庭でようやくご対面。カメラを持って追いかける変な日本人がいようと、全く動じない鹿さん。それにしても優雅だった。一瞬白雪姫になれた(なれないなれない)かな。

DSC_5467さて、まだまだあります。お夕飯の後、今日はビーチでイベントがありました。毎週水曜日の夜にやっているそうですが、今週のテーマは「Castle in the Sand」ビーチの砂でいろいろ作って競うイベントです。早速みなで繰り出して制作開始。作ろうと決めたのは日本代表のハローキティ!「あ〜何もキティちゃんグッズを持ってくるのを忘れちゃったね」と言いながらも想像で少しずつつくり・・・途中で気づいた。友人のリュックはキティちゃん。私のクロックスにもキティちゃんがいた。子供たちにやらせようと思って手伝っていたら、段々本気を出したのは私です。さて、キティちゃんのリボンを赤く染めたい。そこで使ったのは何でしょう?DSC_5437なんと、オーガニックを極める友人、ビーツの絞り汁をさっと用意し、スプレーしました。このアイデアがさっと出てくる彼女。本当に尊敬します。

DSC_5533さぁ、出来上がったのはこちら。なかなかの出来です。表彰式ではファミリーカテゴリーで受賞!娘たち大喜び。薄暗くなった森の中、蛍と一緒に歩いて帰宅。今日の娘も寝かしつけ不要のバタンキューでした。

cotogoto at 13:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 旅行 | 家族のこと

July 06, 2011

アメリカ旅行記 その3

DSC_5228アメリカ滞在5日目。昨晩のブログはすっかりおかしな文章で終わっていました。(一応修正済み)スミマセン。何度読み返しても最後まで読めずに睡魔が。結局そのままアップしてしまったことも覚えていない。今日は大丈夫!こちらにきて初めて朝まですっきり眠れて、すっかり時差ボケ治りました。たぶん。娘も無事朝まで寝られた。あと残すは3時に目覚めた夫のみ。
さて、今日も1日盛りだくさんでした。まず今日からビーチキャンプの開始です。娘は高校生のきれいなお姉さんベビーシッターに連れられて午前中のプログラムへ参加。DSC_5248はらぺこあおむしのリュックを背負い、水着で出かけていきました。その合間に夫は滞在させてもらっている家の仕事。きれ〜いに垣根を丸々とさせ、今日もまたセンスを発揮。しかしその後3時間のお昼寝をしてしまい・・・また時差ボケ調整失敗の疑いが・・・

明日から通う幼稚園は午後のプログラム。毎日お昼寝の時間にあたってしまうため、朝まで寝られた今日は「お昼寝なし」を決行してみました。午後はかわいいピンクの自転車を借りられてご満悦。DSC_5264お夕飯の後には8時過ぎまで明るいのでまたビーチまでお散歩・・・と思ったら服のまま水の中へ!びちょぬれで裸足のまま帰ってきました。そのままお風呂に直行し、バブルバスで大はしゃぎ。もう限界だろうと思いきや、「蛍をみる!」と裏庭へ。ボール遊びをしながら日が沈むのを待ち、蛍狩り。蛍を追いかけ走り回り、絵本を読んだら自分から寝床へ直行。「一人で寝る。」と言い残し直後に爆睡。お母さん大助かり!楽チンな夜でした。そして何とかお昼寝なしの1日に成功。
ところで、胚芽玄米を数日食べ続けていたのですが、かなりおなかの調子が良い。でも白いご飯が食べたかろうと気にしてくれて、今日は久しぶりに白いご飯。しかし何だかおなかが重く、満腹すぎる。やはり玄米はいいなぁと実感しました。

さて、明日からいよいよABCの幼稚園。無事行ってくれるかな。
ひとつ調べごとがあるのだけど・・・何だかまたフラフラ眠くなってきた。。。危ないのでこの辺りにしておきます。


cotogoto at 13:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行 | 家族のこと

July 05, 2011

アメリカ旅行記 その2

DSC_5120アメリカ滞在4日目。7月4日の今日は独立記念日。あちこちで花火が上がっています。
時差ぼけ調整、まだまだ続きます。今朝は娘が3時に起床。家族3人起き出して、おなかがすいたのでパンとフルーツをいただきました。そしてその後再度ベッドにもぐりこみ寝ようと頑張りましたが皆眠れず・・・そのまま朝ごはんの時間に。。。今日もお昼寝が必要だ。はぁ。
午前中はこの地域のコミュニティが毎年行っているパレードを見に湖の畔まで。朝晩は涼しくカーディガンがいる場合もあるほどですが、昼間の日差しはかなり厳しいです。・・・と、言ってもこの季節の日本に比べたら快適そのもの。
写真は滞在中の家。なんと1933年に建てられたログハウスだそうです。そんな古さをまったく感じない。かえってとても「生きている家」を感じます。家に根っこが生えたような、この土地にどっしりと身を落ち着かせたその様は本当に素敵です。DSC_5121
午後からパーティ(バーベキュー)がありました。娘は大喜び。車でお昼寝をしていたのに、庭のプールを見た瞬間、パチっと目がさめました。大はしゃぎの娘が覚えた言葉は「It's My Turn!」(私の番だよ!)
今日もキッチンの窓からは蛍が数え切れないほど飛び上がる、静かな夜です。

cotogoto at 12:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 家族のこと 

July 04, 2011

アメリカ旅行記 その1

DSC_4982やってきました。アメリカ。娘を連れての海外滞在は初めてです。今日は滞在3日目。無理やりお休みをとって来たけれど・・・本当に来てよかった。
初日はニューヨークに泊まり2日くらい観光しようと思ったのですが、レンタカーを借りて走り出すと・・・ん?何かが違う。夫も私もカリフォルニアやオレゴン、アリゾナには何度も滞在していたのでその調子で来たのですが、ニューヨークの町は違いました。やはり都会。しかもアリゾナなどに比べてそれなりの歴史があり、何だか空気にも重みを感じる。18歳のときに初めてきたアメリカ。その時はまだまだ子供だった。今自分たちでこうして娘を連れて来てみると、あの時と今との間に重ねた経験がものすごい量であることに気づかされます。
その大都会、早速道に迷い空港と島を往復したりして気づけばマンハッタンのど真ん中で渋滞のフライデーナイト。すでに夜九時。この観光客が集中する町の中ホテルを探すのは無理だろうということで急遽その後滞在予定のニュージャージーの友人宅へ向かいました。
そして今、そのお宅で3日目。マンハッタンから1時間とは思えない、すばらしい環境です。森の中にたたずむこの家のお庭には、野うさぎやリスが飛び跳ね、鹿も顔を出します。そして夜には部屋の窓から蛍がたくさん!歩いて数分のところに湖があり、皆水着で夏を満喫しています。DSC_5072友人はお料理の先生で、娘と1歳違いのお嬢さんがいます。朝から晩までキャーキャーと遊んでいます。私は朝・昼・夜とクッキングのお手伝い。しかもレッスン付き。内容は完全な健康食。充電休暇中の私に最適なこの環境。1日1日をかみ締めて過ごさなければと思います。
ご飯は胚芽玄米を圧力鍋で炊きます。牛乳はRice Milk。(なんとお米のミルク)、珈琲は根っこを焙煎して作るというオーガニック穀物コーヒー。お肉やお魚は出てきません。たっぷりの野菜を時間をかけて調理していただきます。今のところ夫も頑張って食べていますが、コーヒーだけは飲みたいというのでこんなコーヒーを買ってきました。紅茶のティーパックならたくさんあるけど、コーヒーにもパックがあるのですね!簡単にお湯を入れるだけ。DSC_5081
Rice Milkは薄めですがほんのり最初だけ甘みを感じておいしかったです。普段コーヒーを飲まない私は、穀物コーヒーも「あ、コーヒーってこういう味なのね」と平気で飲めました。

詳しい方はすでにお気づきかと思いますが、友人はマクロビオティックの先生です。以前はニューヨークでフレンチを学んだ人なので、正確にはフレンチマクロビオティックと呼んでいるそうです。私は今後もお肉やお魚を食べると思いますが、メニューの中にひとつこのような料理を取り入れるのは体のために良いなぁと思い、一生懸命お手伝いの毎日です。しかしど素人の私がこんな貴重な経験をさせてもらえるのは本当にありがたい。必ず帰ってからの生活に生かしたいと思います。
さて夫は何をしているか・・・。仕事が山盛りありました。この家の冷蔵庫、無線LAN、デッキの掃除、お庭など、修理や力仕事、早速能力を発揮しています。夫にとっても良い休暇になりそうです。続きを読む

cotogoto at 12:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 旅行 | 家族のこと