おがむこと畑の収穫

July 06, 2012

料理オンチ脱出の旅15日目

090408 1174続いています!お料理。なんだろう最近。始めることすべて続けられています。といってもまだブログとお料理の二つだけだけど。でも今まで何度挑戦しても挫折していたこと。
きっかけとなったのは先日の料理教室でもらってきたパイ生地でつくったキッシュ。自分でも出来た!というのと、何よりも今時間を気にせずにキッチンに立てるようになったこと。さらに慶子さんの帰国でお口に合うおにぎりを作ろうと決心し、去年の夏の決意も思い出したこと。タイミングが全てうまく回ってきたという感じです。それからこうしてブログ(やFacebook、Twitterなど)に写真をアップして決意表明が出来る環境があること。090408 1225写真に写すのだからきれいに作らなくちゃと気合いが入ること。友達に見てもらって助言をもらえること。アップしはじめたからには簡単にやめられないという妙に高いプライド(笑)も。

そして最近気づいたことを忘れないように記しておこう。結婚当初一生懸命見ていたレシピ。それをかたく信じて、しかも今ではあやふやなまま自分流に勝手にかえて料理を作ったりしていましたが、図書館で借りてきた新しい本を見ながら作ると・・・レシピによって全く作り方が違うことに気づきました。そして美味しい。ロールキャベツやしょうが焼きなどの定番はじっくりレシピ通りに作ることを心がけたら私でも簡単に作れました。それからレシピに載っている写真に近づけようと努力すること。たとえばしょうが焼きのお肉の色。夫がよく「こんなんじゃ全然美味しそうじゃない」と言っていました。今回レシピの写真を見ながらお肉の色がそのあたりになるまでしょうゆをからませ炒めると・・・あら不思議。何だか美味しそう。娘は私の分まで食べました。090408 1254
先日から同時進行中の「娘にパクパク食べてもらおう大作戦」。そのために考えたのは、それらのレシピの中から食べてみたいものを娘に選ばせること。あさりのパスタが食べたいとか、ベーコンが大好きだからこのベーコンがたくさんのロールキャベツが食べたいとか。一緒にメニューを選ぶと、その写真を見て自分で決めてそれが次の日には実際にテーブルの上にあるということで、しっかりと料理の名前や具材の名前を覚えられます(私もね)。小さい頃の私は、料理の名前もそこに何が入っているかも分かりませんでした。というより全く興味がありませんでした。こうして少しでも食べ物に興味をもたせる機会をつくってあげるのも親のつとめですね。(いやぁ、お母さん、あなたを責めているわけではありませんよ。けっして。)
090408 1235先日つくったアスパラのリゾット。生クリームがなかったのでいれませんでした。だけどその生クリームは何のために入れるの?と料理の先生をしている友人に聞いたところ「コクを出すため」。そして「脂肪分・コレステロールが高いから入れなくてもOK」とのこと。そういう理由を聞くとレシピに並んだ材料が何となく身近に感じられて納得できます。炒めた野菜を蒸し煮する時に、お鍋の中央に寄せてフタをすると聞いて、それはいったいなんで?と疑問に思い後から聞いてみると「鍋底に触れる面を少なくして、こげつきにくくするから」だそうです。なるほどー。今までレシピを見るのがキライだったのは、こういう理由の分からない難題がたくさんあったからではないかと思いました。材料を見てもどうしてそれを入れるのか、スーパーのどのコーナーにそれが置いてあるのかパッとイメージできないともうお手上げでした。こういうところをいちいち気にする自分がいやでもあるのですが、そうといってレシピ通りきちんと分量を量る几帳面さがあるかといったら全くそれもしません。とにかくひとつひとつ解決して自分なりの「料理」方法を見つけよう。
そうそうもうひとつ今回料理が続いている理由。「ひとりごはん」用のレシピ本を借りてきたこと。分量が少なく、自分たち用に計算し直さなくてよいのです。私と娘の二人生活にピッタリ。

課題:
毎日メニューを考えるけど、材料がそれぞれ違ったりして食費がかかる。→あるものを使ってメニューを考えられるようになりたい。1種類作るのに精一杯で他の料理まで手がまわらない。さらにそれらの組み合わせがちんぷんかんぷん。私の周りには料理上手な友人や先輩があふれています。どうしてもおかしいよこれ、という時はぜひ教えてください。先日教えてもらった言葉。「料理はひたすら、想像力と段取り」。これを目指して今日もコツコツがんばります。
昨日はお義母さんの畑でいただいてきたオクラをどうやってゆでるのか分からなくて検索していたのですが、なかなか見つけられない。よーく見たら、「オカラ」で探していました。出てこないわけだ。

あ〜また長文になってしまいましたよ。これだから朝の時間がブログだけで終わってしまうのね。これも改善しなければ。

cotogoto at 06:53│Comments(3)TrackBack(0) クッキング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by azuki   July 06, 2012 09:43
うわ、うわ、うわ!すご〜い!

seikoさん、いつスイッチがはいったんですか?(笑)
ブログといい、お料理といい、スイッチがはいってるときはガンガンがんばってくださいね。
いっぱい、お料理のこと覚えられますよ!

ブログ、いつも見ているんですが…
私の体調がすぐれず、なかなかカキコできません。
とにかく、「ふらつき」が治らないのです。
病院での検査でも原因がわからずで…。
ああ、私にも突然スイッチが入ってほしい。。。☆
と、こんな毎日過ごしてます。

「たまには、こんな時もあるサ」できりぬけナイトですね。

seikoさんの課題、なるほど〜そうですね。
料理の道・・・次の段階は、
材料を調達するとき、「この材料だと、これとあれとあれにつかえるナ」と頭でレシピが浮かんでくるようになります。
なので、むだに材料費をかけないようにできますよ。
あと、私は、「たれ」「ソース」類は自作のものも、市販のものもよく使います。
(すき焼きのタレであっという間に肉じゃがをつくったりね)
玄米おにぎりなんぞは、日曜日にまとめて作って冷凍しておきます。朝時間のないときは、それを2個握り締めて会社へ出勤します。
そう、段取りと想像力は必要かもね。
私達は時間をそんなにかけていられないの、お料理には。
工夫、工夫!

Mちゃん、幸せね。
そして、お父さんも喜んでるね。きっと。
昔、「子供は親の言うとおりには育たないけど、するようにはなる」って聞いたことあります。
seikoさん、しっかりね。
あと、健康には気をつけてね。トホホ・・・
2. Posted by azuki   July 06, 2012 09:56
seikoさん、追伸です。

田舎ぐらしを実践してお料理やお菓子の教室もされている、
私の大好きな「山本麗子」さんの中華の本、ご紹介します。
図書館で借りてみてください。

本の名前は「山本麗子の家庭中華」
他にも出しているのですが、この本がお勧めです。
作り方も図解でわかりやすいし、
なにより、この本のレシピ、卵入り衣で作ったから揚げは好評で、
BBQの時なども「から揚げもね!」とみんなからリクエストがきます。
(あ、我が家の好みなので、あしからず…)


3. Posted by Seiko   July 06, 2012 10:09
Azuki先生。
大丈夫ですか!?それは重症ですね・・・。私は実は1ヶ月くらい前から貧血症状がひどくなり、午前中は立っていられなくなるくらいでした。胃腸の状態も悪く、とにかくひどい日が続いたので、今回の食生活大改善もそのためです。
その後病院で増血剤やら薬をもらって気持ち悪くならないように夜寝る直前に飲み、早起きはしたいから、睡眠をとるためにモトコと一緒に早く寝る毎日です。まだまだ健康体ではありませんが、1日中横にならずにいられるようになりました。
先生はきちんとした食生活でありながら・・・心配ですね。血液検査でも原因分からないのですか?やはり働きすぎではないかと…。お忙しいと思いますが先生が倒れたらおじいちゃんもおばあちゃんもご主人も大変なことになってしまいますものね。早く元気いっぱいになれるよう祈っています。
山本麗子さんの本、借りてみます!ほんとに世の中たくさんのレシピがあふれていますね。そこから自分にピッタリのものを見つけるのが大変です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おがむこと畑の収穫