糖尿病 症状と治療法について

糖尿病の症状と治療方法についてわかりやすく解説しているサイトです。

そもそも糖尿病とは

「糖尿病 症状と冶療法について」へ訪問ありがとうございます

そもそも糖尿病とは
糖尿病ってどんな症状が出るのでしょうか?


糖尿病とは炭水化物の代謝障害のことです、代謝障害って言う言葉も
難しいのですが、食事を摂ると糖が血液中に増えますが問題は血液に
入った大量のブドウ糖がエネルギー源として取り入れるはずの筋肉や
脂肪細胞に上手く入れない状態のことです


筋肉は当然ブドウ糖を使うことが出来ませんね、血液中にはいつも
たくさんのブドウ糖が含まれる状態が続きます、そのあまったブドウ
糖は尿から流れ出てしまうのです。

正常な場合は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが
ブドウ糖を血液中に一定に保つために、必要なだけ筋肉や脂肪
細胞に取り入れるようにコントロールしているのですが、そのイン
スリンがすい臓から分泌されないか、その量が不足しているか、
分泌はされているが充分に働かない、などのいろいろな原因で
慢性的に高血糖値になるのが糖尿病のようです。


■糖尿病で一番恐ろしいのは「合併症」
糖尿病の合併症には、急性合併症と慢性合併症に分けられます。
急性合併症には、「糖尿病性昏睡」と「急性感染症」があります。

慢性合併症には「血管障害合併症」「その他の合併症」に分けられます

「血管障害合併症」には
・毛細血管の病変から始まる「網膜症」「腎症」「神経障害」などが代 表的です。

・動脈硬化によって引き起こされる合併症では「心筋梗塞」「狭心症」「脳血栓」
「脳卒中」といった命に関わる病気の原因となります。

糖尿病は一度かかると直りが悪く、体のさまざまな場所に症状が及んでいきます。

早期の発見によって糖尿病を予防するため定期的な糖尿病の検査を受ける
ように心がけたいものですね。
--------------------------------------------------------

【糖尿病】薬なし注射なしで、食
事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値
が下がっていきます。改善しなければ100%返金。

--------------------------------------------------------
TOP→糖尿病のタイプ


健康に関するブログの紹介です
健康ばんざい日記

糖尿病の症状:視力低下と昏睡

視力低下と昏睡
「糖尿病 症状と治療法について」へ訪問ありがとうございます。

前回に続いて糖尿病の症状の続きを記事にしたいと思います。

■糖尿病が続くと、視力の低下や昏睡なども起こってきます。

視力の低下とはどんな状態になるかというと、文字がかすんで
見える、二重に物が見える、などの症状が出てきます。

疲れ目やメガネ、コンタクトで度が合わなくなっても同じような
状態があるのですが、糖尿病の視力低下は網膜の血管に障害が

起きることが原因です。

■皮膚のかゆみの状態

糖尿病の症状に皮膚の症状があります、かゆみの症状が多いよ

うです、糖尿病によって細菌やカビに対する抵抗力が低下して

いることが原因のようです。


以上のような症状が見られたら、血糖値などの数値藻参考にし

て、糖尿病を疑ってみるのも早期発見につながると思います。


こんなサイトさんを見つけました、良かったら覗いてみてください↓

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。

糖尿病の症状

糖尿病の症状

「糖尿病 症状と治療法について」へ訪問ありがとうございます。

■糖尿病の症状その一:尿に糖が出る


健康な人は尿に糖が出ることはありません

それは腎臓でブドウ糖はろ過されて体に再吸収される

仕組みがあるからです。


尿に糖が出てしまう血糖値が160〜180mg/dl以上になる

と再吸収も限界を超えてしまい、尿中に糖が出てしま

うそうです。

■糖尿病の症状そのニ:のどが異常に渇く、多尿にな



糖尿病の症状で、のどの渇きや多尿があります

なぜ、のどが渇くかというと血糖値が上昇すると尿の

中に糖が出てしまいます、この状態では細胞が脱水症

状となり、糖を薄めようとしてのどの渇きや多飲の結

果の多尿となって現れます。

■糖尿病の症状その三:体重の減少と脱力感


インスリンが作用しないとブドウ糖による細胞へのエ

ネルギー補給が出来ず、細胞の働きが悪くなります。

エネルギー不足を補うために脂肪細胞にある中性脂肪

や筋肉の中のたんぱく質が分解されて、エネルギー源

として使われるために、体重の減少となって現れます。

次回に続きます


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。

★---------------------------------------------------------★
トップページへ

糖尿病のタイプ

糖尿病のタイプ

「糖尿病 症状と治療法について」へ訪問ありがとうございます。

1型糖尿病(いちがたとうにょうびょう)とは

すい臓のインスリンを作る細胞が破壊されて、インスリンの分泌が欠乏し、絶対量が不足することによって発症します。
多くは突然発症、空疎くに悪化するタイプです、症状としては風邪のような症状で始まり、のどの渇きや尿の量の増加、急激な体重の減少などの糖尿病の特徴的な症状が現れてきます。

放っておくと昏睡状態に陥る危険もあるので早めに治療を始めなければなりません。

インスリンが作られるのはすい臓の中のランゲルハンス島にあるβ細胞で作られます。
1型糖尿病は、β細胞の「自己免疫反応」やウィルス感染などをきっかけに、β細胞が障害を受けることで発病します。
(※自己免疫反応→本来は体外から侵入した異物と戦う免疫機構が、何らかの異常により、自分の細胞を“害のあるもの”と認識して破壊する一種の拒絶反応です。)

1型糖尿病の原因の大半はこの自己免疫疾患によるものといわれていますが、なかには2型糖尿病によるすい臓疲弊から1型糖尿病となる場合もあります。

1型糖尿病の治療法
1型糖尿病の治療は、インスリン治療が主となります
インスリンを一定の間隔で注射することで、インスリンの分泌パターンを正常に近づけていきます。

インスリン治療と共に10〜15分くらいの軽めの有酸素運動と食事療法をして血糖値をコントロールしていきます。
----------------------------
2型糖尿病とは
2型糖尿病は、インスリンを作り出すことはできるが、分泌量が十分ではない(インスリン分泌不全)、もしくはインスリン感受性が低下しているため作用しない(インスリン抵抗性)タイプを指します。

日本の糖尿病の実に90%以上を占めるの2型糖尿病で、40代で発症するパターンがほとんどです。
初期には自覚症状がないので知らずに進行してしまう怖いタイプです。

2型糖尿病の原因
2型糖尿病は、遺伝的要素に加え、運動不足や食べすぎなどの生活習慣の乱れが原因で発症すると考えられます。

これらが原因で膵臓から分泌されるインスリンが不足したり、インスリンの働きが徐々に悪くなり血糖値が高くなります。

あきらめないで,糖尿病は治る
こちら↓

【糖尿病】薬なし注射なしで、食
事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値
が下がっていきます。改善しなければ100%返金。
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ