January 30, 2005

Reality Bits(リアリティ・バイツ)

5f957c17.jpg X世代を題材に、大学を卒業した4人の男女の交流を描いた青春ドラマ。TV局でADをしながらドキュメンタリーを作ることを夢見るリレイナと男友達のサム。バンド活動で職に就かないトロイに、エイズに脅えるビッキー。そんな彼らがひょんな事から共同生活を始めるが……。


 この映画知ったきっかけは5年前の映画英語の授業の題材だったから。ですが、なんだか気に入ってしまったのは、きれいに装飾された話じゃなかったから。
 就職難でもあり、経済事情があまりよくなかったアメリカをよく表してるそう。夢があって突っ走るけどコケたり、チョコバーを盗み食いしてクビになってしまったり、だけどなんだかみんな生きるのをがんばってる!感じがするし、辛くても楽しんでるなぁって思える。
 
 授業でマリファナについて教えてもらったのもこの映画から。いいのか?ティーチャー?
マリファナ吸ってから、お腹すいた〜ってコンビニに行くシーンがありますが、なんでもマリファナ吸うとお腹がとっても減るらしいよ。
 そういえばその先生はカナダ人だったけど、あたしモントリオールに行った事がありますが、あまーいマリファナの匂いたくさん嗅ぎました。
 カナダの人ってあんまりこっそりしないのかなぁ…?

 とくにお気に入りのシーン、トロイ(イーサン・ホークス)とリレイナ(ウィノナ・ライダー)の2人で話しているところ。
「一杯のコーヒーとタバコと君とのおしゃべりさえあればそれでいい」
(だったけな…?違ってたらすみません。)
でもこのセリフ大好き。いやいや、ホントのダメ男が言ってたら『はぁ?働いてください。』と思うけど…
 こういうの力が入ってなくて好きなんですよね。

 監督がなんと‘ベン・スティラー’知らなかった…彼はおもしろいの作るよね!結構斬新なセンス☆
 サントラも今でも人気があるくらいだから、音楽もカッコいいのです。もう、何回も見てますから、音楽代わりにかけては好きなシーンだけみたりしております。

couchpotatocinema at 22:38│Comments(0)TrackBack(1)青春 | ★★★★★★

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. リアリティ・バイツ (1994)  [ 嗚呼 Every day of a MOVIE ]   May 07, 2005 02:55
好き度:★★★★★☆☆☆☆☆ 主演はウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク、共演にはベン・スティラー(兼監督) 大学を卒業し、卒業生代表としてスピーチを行ない、そして念願のテレビ局に就職したリレイナ(ウィノナ)。彼女は親友のヴィッキーやバンドマンでお金

コメントする

名前
URL
 
  絵文字