2008年01月15日

CAMES(キャメス)

co

新しいカラーヒーリングシステムを導入しました



couleur1 at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!色のこと 

2005年12月25日

昨日の夢

ae45b7f3.jpg昨日ね、夢でサンタさんに逢えるって書いたでしょ。

私、息子の夢をみたのですよ♪
逆モヒカンにしてきた夢。
それを私が褒めているのです。
素敵だねって。

それは、きっと髪型の話をしていたから。
話の内容は…
私は、短く爽やかにするのが良い!
息子は、髪が長くても爽やかな人はいる…など。

夢では、ふたりの意見を両方取り入れた
逆モヒカンという髪型で現れたのね。


笑っちゃいました(●⌒∇⌒●)

私のサンタさんは息子なのかしら?など色々想いを
巡らしていたの。

サンタさんは、20年プロジェクトで、
私に無償の愛をプレゼントしてくれたんだ〜。って想ったのです。

彼がいてくれたお陰で、私は愛するということを学びました(*^^)v

今までは、情で翻弄されてたけど
愛、そのまんまで見守っていきたいと思います。

とっても素敵な気付きをありがとうございます。




couleur1 at 11:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月24日

Merry Christmas!

5de37f71.JPG大人もこどももみ〜んな
今晩、夢ん中でサンタさんに逢えるんだね

吊るした靴下の中には、愛がいっぱい入っているんだよ



couleur1 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月06日

手袋は必需品です。

朝の通勤25分間が私にとって大切な気付きと
学びの時間になっている。
一日一日、冷たくなっていく風。
毎日違う空。

今朝はね、
自分にとって嫌な出来事は、
何かを学ぶための出来事で、
“嫌”っていうサインで気付かせてくれているんだ。と思ったの。

そしたら、すべての事に感謝でき
それが喜びとなる

前もすべてを感謝するっていう気持ちはあったけど
そうすることが良いことなんだって
頭でわかっていただけなのかもしれないな。


どんどん深くなっていっている。
なんて素敵なんでしょ〜ね。

ありがとうございます。



couleur1 at 10:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年11月23日

母と子が輝くお産

苫小牧の「響き」という素敵なグループが主催された
助産師の岡野真規代さんの講演会に行きました。

前回のブログにも書かせて頂きましたが
はじめて岡野さんの講演をたくさんのスライドを観ながら聴き、
岡野さん、そして出産されたお母さん、産まれた赤ちゃん、
ご家族の大きな愛に言葉に出来ないほど、感動致しました。

ぜひ、この自然分娩を多くの皆さまに、知って頂きたい。
お産を通して、大きな愛を学んで(私もですが)頂きたいと思いました。

これから出産される方はもちろん、男性、女性に関わらず

couleur1 at 12:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年10月16日

産むとこから子育てなのね

1
先日、素敵な人とお話する機会がありました
助産師さんです。
この助産師さんは、吉村医院で経験されてきたことを
この北海道の地で実現するために現在活動されています。
---------------------------------------------------------------
「自然分娩」の世界的な第一人者である吉村正先生。
産婦人科医学博士であり、愛知県岡崎市の吉村医院院長でもある先生は、
2万例にも及ぶ「お産」に立ち会ううちに、自然の摂理に沿ったお産こそ
人類全体のスピリチュアリティまでをも喚起するものと
とらえられています。
吉村医院では、日本で最初に水中分娩に取り組むなど、
薬や帝王切開、医学的な手段をなるべく使わない、
自然なお産を数十年前から実践されています。
現在、医院の敷地には、日本の伝統的な様式でお産を迎えられる
『お産の家』や、裏庭に古屋と呼ばれる江戸時代の茅葺き家が
移築されており、妊婦さんたちは、薪割りや風呂焚き、
ピクニックなどユニークなプログラムを体験しながら、
自然の力を呼び戻し、楽しみながら出産に挑むという、
最先端のお産が行われています。

-----------------------------------------------------------------
医療技術、科学が進歩して『便利な世の中になったもんだね〜』と
喜んでばかりはいられません。
何か大切なものを忘れてはいないか、今、気付かなくてはいけないことが
たくさんあるように思います。


心理学では、乳幼児の発達心理学などがあります。

あ、そうか、一番先のベースの部分がぬけているのね。
どう産むかというところ。。。


couleur1 at 19:44|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年10月08日

オータムファッション

59ac9581.jpgこの秋の流行色、黒・パープルですね。
そしてピーコックグリーンがちらほら。。

イエローアンダートーンのウォームさんたちには厳しい状況。
もちろん、ウォームパープルもありますよ〜

今年の秋冬はCOOLに!なのかしらね〜。

色はCOOLでも形はリボン使い、ラウンドツゥのパンプスなど
可愛いものが流行っていますね。

調和。。。ファッションも心も…調和ですね♪
---------------------------------------------------------
パープルは心身の回復を早め、心を癒してくれる色です。
スピリチュアルな色でもあるし、高貴なイメージも与えてくれます。

チャクラでいうとクラウンチャクラの色。
瞑想するときなどに使うと良い色。
---------------------------------------------------------
私のこの秋・冬のファッションは、やっぱりグリーンが多くなりそうです。
去年、買ったツイードのグリーンのジャケットは今年も使えそうなので
オリーブグリーンのカーゴパンツにからし色のインナーを加え

足元は、リーフグリーンのラウンドツゥリボン付パンプスで。

ショートにした髪にハンチングを被りましょ(*^^)v

私は第1シーズンオータム、第2シーズンスプリングの
純粋ウォーム(笑)なので、黒とパープルは苦手。

黒を着て、縦のラインを作って(スマートに見える)
自分の似合う色のヘンナレッドの大判ストールを
顔周りに格好良くなびかせて、パープルの大きなオーガンジー
コサージュつけて颯爽と歩く。。。。


ってゆうのもいいかな?



couleur1 at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月18日

お月見ですね。

59d417de.JPG札幌は
でも雲の上はきれいな星空が広がって
月も輝いているのでしょうね。

すすき、稲穂、リンドウ、鶏頭、、
お月見さんに何をおもふ?


couleur1 at 10:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2005年09月10日

霧では無かった。

2ac71bc4.JPG摩周湖の夜〜by布施 明さん。

♪(/°°)/ ̄ハィ♪ 今、歌いました?

快晴




couleur1 at 14:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年09月09日

能取湖(ノトロ)のさんご草

66825708.JPG少し早いかな。という時期でしたが、色付いていました

さんご草は塩質の湿原に生息する植物で、
正式には「厚岸草(あっけしそう)」というそうです。
8月下旬から赤くなります。
さんごに似ているところから「さんご草」と名づけられたそうです。

今頃は赤いじゅうたんのようなんでしょうね…。

日本一のさんご草群落地
さんご

couleur1 at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

どこに繋がっているのかな?

61b05695.JPG
知床観光船オーロラからのショットをご紹介しますね。

洞窟が3つ並んでありました。
さて、どっかに繋がっているのかしらねぇ?

あなたならどんな想像をしますか〜?



couleur1 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月07日

生活の中に色を取り入れてね。

b7a4d14e.jpg今、この瞬間、瞬間、あなたは何かを選択しています。
その選択が未来へ繋がっているのです。

日々の生活の中に意識して色を取り入れて下さい

あなたが今気になる色を素直に取り入れて下さい。

自分の心の声を聴いてあげて下さいね
色はとってもおしゃべりです♪
そして心からのメッセージを秘めています。

【色=光=愛】です(●⌒∇⌒●)

食事、インテリア、趣味…etc。
な〜んでも良いのです

今日は何色?
♪☆\(^0^\) ♪(/^-^)/☆♪












couleur1 at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月06日

龍神さんがいる然別湖

ffe47b99.JPG透き通っている湖にオショロコマが泳いでるのが見えるのよ!
湖畔には無料の足湯があってまたまた湖を見ながら入らせて頂きました。
ここのお湯、最高の温泉。。

なんだか雲がね、龍に見えてきちゃった(●⌒∇⌒●)おしょ

couleur1 at 15:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年09月04日

オンネトー

6ccd59d4.JPG足寄にある神秘の湖。
湖の色彩が刻々と変化することから五色沼とも呼ばれます。

雌阿寒岳と阿寒冨士が鏡のように湖面に映し出され、
とても綺麗でした

紅葉の時期、素晴らしいのでしょうね…。


湖から徒歩30分ほどの場所には、高さ約30mの断崖から温泉が
流れ落ちるオンネトー湯の滝があり、
途中には、入浴可能な湯溜りもあるそうです。



couleur1 at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年09月01日

どれみふぁ空しど〜。

9fe221e9.JPGとってもきれいだと思いませんか?
お気に入りの一枚です(●⌒∇⌒●)

すべてに感謝する心を忘れずにいたいですね

couleur1 at 20:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2005年08月31日

ガイアシンフォニー(地球交響曲)

さぎご縁があって、札幌でガイアシンフォニー
(地球交響曲)
第1番を自主上映する実行委員会に参加させて頂いています。
【つながり育つ会】


それまでまったくこういう映画があるという
ことさえ知りませんでした。


とても感動します
是非、多くの人に見て頂きたいです。

宜しくお願い致します。

日程等はここをクリックして見て下さいネ(*^_^*)

ガイアシンフォニーホームページ


※画像は知床1湖で休んでいるサギちゃん。

couleur1 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

エゾシカ

2d28b35c.JPG何かのバランスが崩れているのでしょうね

エゾシカ問題、、下記のようにいろいろあります。
地元のテレビでも取り上げられています。

旅行者で写真を撮って“可愛い〜”と
言って喜んでいますが(実際私も^^;)
地元の皆さんは、いろいろな取り組みをされているのですね。

交通事故に遭ったエゾシカや野生動物を治療して
自然に帰す獣医の方もいらっしゃる。。

それぞれの立場で自分たちの出来ることをやってらっしゃるのですね。

無関心で済ませてしまうのは胸中複雑です。。
------------------------------------------------------------------
エゾシカは、大雪と乱獲で絶滅寸前に追い詰められました。
だが、130年ほどの間に不死鳥のようによみがえり、
いまや私たちの暮らしに脅威を与えるほど激増しています。
50億円を超える農林業被害を出した年もあり、
交通事故では死傷者まで出しています。

4年間でほぼ22万頭捕獲し、ようやく農林業被害は3分の2まで減りましたが、
放置されたエゾシカの死体に群がって、鉛中毒のとばっちりを受けた
オオワシ、オジロワシもたくさんいました。

エゾシカは、果たして放置されたり産業廃棄物として埋めなければならないほど
価値のないものなのでしょうか。

目を西欧に転じてみましょう。鹿肉すなわちベニソンは最高級のジビエ
(狩猟鳥獣肉)で、超高級食材です。
わざわざニュージーランドから大量に輸入されているほどで、
最近は低脂肪、低カロリー、高鉄分の健康肉としても注目されています。
たとえ野生動物であっても、命を奪った以上、きちんと食べて「有効活用する」
システムがあってもいいのではないでしょうか。
年間3万頭を活用するなら、最低でも150億円の経済効果が見込まれます。
「エゾシカ・ワーズ(戦争)」とも呼ばれた厄介ものの野生動物が、
どん底の北海道経済を支える可能性も秘めています。

エゾシカ協会のホームページより



couleur1 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年08月30日

がんばって咲いていてくれました。

2816be34.JPG
サロマ湖畔のワッカ原生花園で撮ったハマナス。
ハマナスは初夏のお花ですが、
実をつけているハマナスが多い中
お花をつけているハマナスがありました
ありがとう。

花の聖水「ワッカの水」
ワッカ原生花園内、龍宮街道の奥にオホーツク海とサロマ湖の塩水に囲まれながら、
真水が湧き出す場所があります。
花の聖水と呼ばれるこの水は、口に含むとほんのり甘く、まさに花の香。
ワッカは、もともとアイヌ語で「ワッカ・オ・イ」「水が・ある・ところ」を
意味しており、推定一万年もの昔から、
人びととワッカ原生花園の生態系を育んできたと言われています。

常呂町ホームページより

ハマナス(浜茄子、浜梨、学名''Rosa rugosa'' Thunb.)は、
バラ科バラ属の落葉低木。
寒い地方の海岸の砂地に生え、夏に赤い花(まれに白花)を咲かせる。
東アジアの温帯から冷帯にかけて分布。日本では北海道に多く、
北海道の花にも指定されている。南は茨城県、鳥取県まで分布する。
「ハマナス」という名は、実の形がナシに似ていることからついた
「ハマナシ」という名がなまったもの。
ノイバラとの自然交雑種にコハマナスがある。
雅子皇太子妃の身の回りの品に付ける「お印」の花としても知られている。


※植物辞典より


couleur1 at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

こんなに近いんですね。

ec27064c.JPG知床峠からみた国後島。

羅臼から国後島まで最も近いところで
わずか25kmしか離れていないそうです。

国境などない世界になればいいのにね


couleur1 at 16:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年08月29日

鴨の朝風呂

c8ad4958.JPG阿寒湖で朝お散歩したときにいた鴨さんたち。
朝日を浴びながら、毛づくろいをするなんて、
なんて気持ち良さそうなんでしょ


湖畔に足湯がありました。
湖をみながらの足湯は最高でした。
鴨さんと同じだね(笑)

かもかも

couleur1 at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!