2006年08月13日

頑張るね

君のことをわかり始めてから

君の怖がることや、嫌なものからは全部守っていこう

そう思って生きてきました

でも、それだけじゃダメなんだよね

君はママの知らないところで、少しづつだけど成長している

「僕ね、前は怖かったけど、頑張るね?」

そう言われたときに、ママはハッとしたんだ

頑張ろうとしている君がいるってこと

ママは忘れてしまってた

頑張って、ダメだったらどうしよう・・・

そう、ずっと思ってたんだ

今はダメでもできる時が来るんだよね

ママは忘れていたよ

うん、頑張ろうね

2006年08月11日

おいしいね

「おいしいね〜」

君の大きな声で、お店の人はいつでもニコニコしてくれるんだ。

ちゃんと座って待ってられるようになったね。

お箸も上手だ。

何度も何度もおいしいを繰り返す。

君はお店の人にも優しいんだね。

ママたちはちょっと恥ずかしいんだけどね。

2005年09月02日

もう怖くない

もう、ママは今度こそ分かったんだよ

今まで怖がらせていたね

君を見ていなかった

見つけていながら、見ていなかったんだよ

怖かったね、きっとママのこと

昨日までの分をこれから埋められるだろうか

まだ君は、ママを待っていてくれているだろうか

今、気づいたから

本当に待たせてばかりで、ごめんね

2005年08月22日

君がいなくなったら

ママは君がいなくなったら、どうしたらいいかわかりません

それは、まるで、どうやったら歩けるのかすら、わからなくなるほどです

でも、ママは時々独りぼっちになりたくなってしまいます

君はどう?

さびしい?

でもね、君を嫌いで一人になりたいじゃないんだ

そんなときは、いつものママに戻って帰ってくるまで

少しだけ待ってて欲しいんだ

必ず戻ってくるから、少しだけ・・・

でも、君がいなくなったら、やっぱりどうしたらいいかわからないから、今はそばに居てね?

お願い

2005年08月10日

お天気 

ママ、今日は良い天気じゃないねー
 
そうだね曇りって言うんだね
 
すごいね、今日はお日様が出ていないから、良い天気って言わないんだよね?
 
それがわかるんだね?
 
ママー、雨は降るかなー
 
どうかなー、でもせみは鳴いてるよ
 
じゃぁ、降らないね
 
そうだね・・・

2005年08月04日

君が教えてくれた

ママ、泣いてるの?
 
涙はね、こうやって拭くんだよ?
 
ありがとうね
 
そうか、こうやって拭くんだね?
 
 

2005年07月05日

大好きだから

ママ、こっち来て
 
どうして?
 
大好きだから!
 
ママが大好きだから!!

2005年06月25日

嵐のように

君がわかんなくなると、みんなが同じ気持ちになるんだよ
 
嵐みたいだよ
 
みんなが君の起こす雨や風でびしょびしょだよ
 
大丈夫だから、そんなに不安に思わなくていいのに
 
君には伝わってないんだね
 
ママはそれが悲しいんだ
 
嵐で君が見えないんだよ
 
空は綺麗な青色だよ
 
眼を開けて見てみようよ
 
忘れないで、パパもママも君を大好きなんだって事 

2005年06月19日

やめてって

君がやめてって言ってるのに、やめてくれなかったんだよね
 
ママは全部見てたから、知ってるよ
 
でも、君がぶったりしたら、君がごめんなさいって言わなきゃいけないんだよ
 
それは悔しいよね
 
ママにもわかるよ
 
だから、やめてって言おうよ
 

2005年06月16日

だめだって

今日は行けないんだって
 
「明日は行くから、今日はお休みします」
 
そんな長い文章をいつの間にか話せるようになったんだね
 
雨だしね、疲れたんだね
 
ま、いいよ
 
こんな日もあるさ

2005年06月13日

できるよ

できないから、手伝ってください
 
いいよ、でも、少しだけやってみようか
 
いや、できないから
 
そんなことないよ、鏡見ると出来るんだよ
一緒にやってみない?
 
いやー、僕はできないからー
 
怒らなくてもいいんだよ、ママは怒ってないよ
少し大きな声になったけど、怒ってない
 
頑張って欲しいんだよ、少しでいいから
ママは怒ってない
少し悲しいだけなんだ
 
できるよ、君にはできるから

2005年06月10日

雨は

ママ、僕は雨が降ってても怖くないよ
 
そうだよ、君は強くなったね
 
雨は全然怖くないよ、風は怖いけど・・・
 
そうだね、雨は怖くないよね
 
すごいぞ、雨と風の違いが君の中では分かれているんだね
 
そんなふうに少しづつ怖いものがなくなっていくといいね
 
もう、雨は怖くないね
 
 
 

2005年06月08日

おいしいです

ママ、ご飯作ってくれてありがとう
 
おいしいです
 
いえいえ、君の素敵な一言で
 
ママもお腹一杯です
 
こちらこそ、毎日食べてくれて
 
ありがとう
 
 

2005年06月05日

大きくなったら

大きくなったら何になるの?
 
大きくなったら、運転手さんになる
 
そうか、素敵だね
 
大きくなったらママと結婚する
 
そっか、残念、パパが先だったよ
 
ママは?何になるの?
 
ママは、ママはねぇ・・・・
 
君のママになる
 
間違えてるよママ、もう、なってるもん
 
うぅん
 
もっともっと、ずっとずっと、君のママでいるってこと
 
えぇー?僕わかんない
 
あれ?ママもわかんなくなってきた
 
だめじゃーん
 
だめだねー

2005年06月02日

大丈夫

大丈夫だよ
 
君に何回話しただろうか
 
そんなに心配しなくていいから大丈夫
 
怖くないから大丈夫
 
痛くないから大丈夫
 
大丈夫、ママは君のそばにいる

みんな似てる

パパはとても優しいよね
 
ママは優しいパパが好きよ
 
君の優しいところ、パパに似たんだよ
 
君の怖がりなところもママは大好きよ
 
君の怖がりなところ、ママに似たんだね 
 
みんなが似ていて
 
楽しいね

2005年06月01日

君を見つけた日

君と初めて逢った日のこと
 
ママは覚えてるよ
 
君も覚えてるんだね
 
ずいぶん待たせてしまったけど
 
ママは君を見つけたよ
 

2005年05月30日

それでいい

残念だったね
 
傘が持てるようになったから
うれしかったのにね
 
風が少し吹いてしまって
歩くのが怖かったんだね
 
一生懸命準備していたことを
ママは知ってるよ
 
本当は行きたかったことも
 
また明日になったら
ママと行こうよ
 
そうしよう

2005年05月26日

ちいさなこと

こうしなくっちゃ
 
ああしなくっちゃ
 
君にとってはどうでもいいこと
 
そう、それくらいは、ほんとはどうでもいいことなんだ
 
でもハハは時につまづいてしまう
 
急に線路は曲がれないんだ
 
うん、そうだね
 
曲がれない、曲がれても意味が無いんだ 

指きり

「約束だよ、ママ」
 
「うん、約束だ」
 
ママは君との約束は必ず守るよ。
 
「絶対?」
 
「絶対さ」
 
だって君は約束は必ず守るもの。
 
ママは知ってる。
 
だから、約束しよう。
 
指きりで・・・