悩みの相談先は2ヶ所まで!聞けば聞くほど混乱する

5年間相談や就労支援をやりました。「ひきこもり」って言葉好きじゃないけど、悩んで引きこもっている人もたくさんいました。でも悩んでいるのは大人も一緒。心療内科にかかっている人は早く解決すればいいですね。こころ問題は長引くとたいへん・・・

6b40081694b7d1caf988374645c8fb37_400_convert_20180912125010


憂鬱ってことば漢字で書くと難しいですね。


ゆううつ


こっちがシンプルでいいですね。


ゆううつになるときってどうしてそうなるか

それはこれから起こることを想像しただけでとても気分が悪くなるからです。


職場に行くとまた今日もいやみを聞かないといけないのか?と不安になったり、

また言いがかり的な文句を言ってきたりするからどうしても想像して光景が目に浮かんでしまうからですね。


毎日、毎日嫌な時間を過ごすために職場に行かないといけないか?

もううんざりです。


上司に相談しても解決しないだろうし、

逆にばれたときのほうが恐ろしいです。


会社は遊びにいくところではないのでなんとか解決したいです。

fc6200892a21c92ead4718d887739c93_convert_20180924143648


現代人は悩みの多い人が多く、

うつ病になって仕事を長期的に休む人も増えてきました。


実際カウンセリングをしていると仕事の話を中心にした相談や
さらには、会社の人間関係から精神的不調和になり相談にのってもらいたい
という人が多く訪れました。


やはり、悩みの多くは人間関係が大半です。

人間関係からくる精神的な悩みが本当に多いです。

そういった人がくると必ず今現在の通院歴を聞きます。
あくまでも了解を得てからですが・・

ほとんどの人が、現在通院中、若しくは、過去に行った経験がある人で
恐ろしいくらいの人数です。

でも、病院に通ってから変化がありますか?って聞くと
よくわからないって人がほとんどです。


病院によっては専属のカウンセラーもいますが、
結局のところ患者の気持ちを変えることはできません。

通院している人はあらかじめ聞きますが、どこまで
病院で診てもらっているか聞かないと
本人が悩んでしまうことをアドバイスするとたいへんなことになるからです。

病院のカウンセラーはこう言った。
そこに自分の考えで違うことをアドバイスすると
こまるのは本人です。

カウンセリングは相談者の多くのことを聞かないとうかつなことはいえないんです。

相手のことを真剣に思って受け答えしてあげる。

そうでないと相談者の解決の緒は見つかりませんね。


img_ecd26c7a406e5b60b121595e0b2e4e4b94901_convert_20180924195455



自分は若者の男女の仕事の相談を受け入れてきました。


20代、30代と何人も、何人も相談にのってきましたが
素直で全員誠実。そしてまじめ、そして打たれ弱い人たちです。


自分はそれがいけないとは思いません。

むしろ、企業側の「育てよう」っていう気持ちがなってないことが多すぎです。

むしろ若者よりも、企業側の人間が教えべた。

あたかも若者ばかり、

根性がないとか

やる気がないとか

気がきかないとか

いちゃもんばかりつけます。


結局は自分よりも他人のことばかり
ダメだしする自分のことしか考えられない
堅物

それが、会社の先輩であり、上司になっています。

人の振りみてわが降りなおせ


結果的に自分より若いものに意見を言わせない
聞く耳を持たない従来からの先輩や上司


そんなのが多いから
人を率いていけないのです


今の若い者に教えることのできない
者こそがなってないことってあります。


教えるのがへたくそ。

まとめていく能力のなさ


まあ、社長も見てみない不利ならなおさら将来性のない
会社だと思います。


そういう会社は、人が入ってくる体制も作れず
結果的に自然消滅する会社になります。

そのうちに・・・・

逆をいえば、だからいい人が入ってこない会社なのです。


人のことばかり言う会社はこの先
伸びる余地全然ないです。


叱るのと怒るのは違います。

それが分からないんだよな~


↑このページのトップヘ