img_ecd26c7a406e5b60b121595e0b2e4e4b94901_convert_20180924195455



自分は若者の男女の仕事の相談を受け入れてきました。


20代、30代と何人も、何人も相談にのってきましたが
素直で全員誠実。そしてまじめ、そして打たれ弱い人たちです。


自分はそれがいけないとは思いません。

むしろ、企業側の「育てよう」っていう気持ちがなってないことが多すぎです。

むしろ若者よりも、企業側の人間が教えべた。

あたかも若者ばかり、

根性がないとか

やる気がないとか

気がきかないとか

いちゃもんばかりつけます。


結局は自分よりも他人のことばかり
ダメだしする自分のことしか考えられない
堅物

それが、会社の先輩であり、上司になっています。

人の振りみてわが降りなおせ


結果的に自分より若いものに意見を言わせない
聞く耳を持たない従来からの先輩や上司


そんなのが多いから
人を率いていけないのです


今の若い者に教えることのできない
者こそがなってないことってあります。


教えるのがへたくそ。

まとめていく能力のなさ


まあ、社長も見てみない不利ならなおさら将来性のない
会社だと思います。


そういう会社は、人が入ってくる体制も作れず
結果的に自然消滅する会社になります。

そのうちに・・・・

逆をいえば、だからいい人が入ってこない会社なのです。


人のことばかり言う会社はこの先
伸びる余地全然ないです。


叱るのと怒るのは違います。

それが分からないんだよな~