悩みの相談先は2ヶ所まで!聞けば聞くほど混乱する

5年間相談や就労支援をやりました。「ひきこもり」って言葉好きじゃないけど、悩んで引きこもっている人もたくさんいました。でも悩んでいるのは大人も一緒。心療内科にかかっている人は早く解決すればいいですね。こころ問題は長引くとたいへん・・・

カテゴリ: 若者不安

7e0deb816e9a7dde131ccf0e77028ad0ff7996f6_convert_20181123114558
ある知り合いの若者は介護の仕事をしています。

とてもやさしい性格で、思いやりがあり、気がきく人ですが、
どうしてこういった人が老人の世話をするのに対価が安いのか?

とても不思議です。

介護を受ける人はめんどうを見てもらう若者とはひ孫のような関係

そんな若い者が厳しい職場で働いているにも関わらず12,3万円しかもらえずどうしたものでしょう?

いまや生活保護でも12万(もちろん条件によって違いますが・・)
そのうえ医療費はただ


ああ~、まじめに頑張っている若者の将来はどうなるんだろう?


頑張れ若者

介護の仕事が好きだけどもう少しレベルアップするには・・・

ユーキャンの介護予防健康アドバイザー通信講座

ユーキャンの准サービス介助士通信講座

サービス介助士受験基礎 通信講座


cat16_convert_20180907222414

自分が以前カウンセリングした若者でうつとひきこもりを繰り返し仕事につけない子がいました。
いくら仕事を変わっても職場の人とうまくいかず人間関係で疲れるのです。


本人は一生懸命頑張って仕事を覚えようとしますがそれが逆に周りの人に迷惑をかけてしまうのです。


特に今まで女性が多い職場だったのではじめはよくしてくれていても、だんだん彼女のすること見ることに口を挟む人が多くついに自分からは何も言えなくなり結局孤立してしまうのです。

特別性格が悪いわけではなく、それよりも周りの人の目が気になりいつもおどおどしているのです。

だから仕事をしても自ら動けなくなります。

結果人を信じることができず殻に閉じこもってしまうのです。

どこの職場でも性格が会わない人はいますが、そのあわない人のことが頭から離れなくなり最後にはうつになってしまうのです。

こころの問題はとても難しく、本人でないと分かりません。

いくらこうしたら良いとか、気持ちのコントロールをしたらいいと言ってもそれをその通りできるはずなどありません。

こころのカウンセリングは目の前にいる人には話はできアドバイスできますが、実際の問題のシーンになると自分ひとりで解決しないといけないのでむずかしいのです。

最近は別の仕事をしているのですがまだ辞めていません。

ひとつ、ひとつ歳をとるごとに成長して欲しいです。

メディアの人は社会に向けて大事なことを発信する重要な役目をおっています。

樹木希林さんは本当に今の子供たちのことを考えメッセージを
だしてくれました。

なかなか芸能人でもいないです。
今先のことでなやんでいる人がいたらメッセージがしっかりと伝わればいいですが


だけどそれだけに慎重でないといけないのも事実です。

樹木希林さんへお願いしたメッセージは確かに届くかも知れませんが

今深刻に本当にいじめにあっている子は深刻な問題なのかも
しれません。


なぜならあす学校に行けば目の前に嫌なやつがいるからです。

いじめに会う子は、それを誰にも言うことができません。
自分ひとりで戦っているんです。

もし、反抗したら更に倍になって帰ってくる。
その仕打ちも分かっているし、痛みも伝わってきます。

だから逃げるしかないんです。


確かに言葉で救える人もいるでしょう。

踏みとどまることもできるかもしれません。


しかし、現実の明日が必ず来るんです。


やはり身近な人たちが気づいてあげないと
立ち直ることはできません。


昔、学校の先生ともなんども対面で話をしたことがあります。

その印象をいうと、先生方は放棄しています。

この個性を無視し、生徒のために気を打ち解けていく人など
いませんでした。


結局は保身。


教育者の素質が元々なかったかもしれません。


教育者は勉強ができるだけでは意味がないですね。



今の学校に一番欠けていることですね。

ココが一番大事ですね。


毎年二学期が始まるときは生徒の身が危険といいますが
年々増えているそうです。


本当に周りの人たちに気がついて欲しいですね。
親身になる。


こころが通わないと・・・・・


樹木希林さんから悩んでいる人へメッセージのほうが
よっぽどこころに響くでしょうね。








↑このページのトップヘ