2018年05月22日

もうすぐ終了のお茶の作業

1























2


























3




















 今日はかろうじて天気がもち釜入りのお茶ができました。
午後の川又のお茶は萎凋して明日仕上げます。

工場も片付いてきました。
後、お天気を見ながら天日干しのお茶を2〜3日作業できればと思っています。
後少し、頑張ろう。



country777 at 16:42|PermalinkComments(0) お茶の楽しみ 

2018年05月21日

カナダの「CHA YI」さん


1

























2





















 先週金曜日、カナダのGatineau市から「CHA YI」のダニエルさんと
社員の方がおいで下さいました。
数年前の京都吉田山大茶会でお茶をお買上げ頂き、たくさんのお茶の中で
たいそう記憶に残ったとのこと。
今回仕入れの為に九州を経て四国にはわざわざ国友農園だけの為においで下さいました。
ありがたいことですね。

青人草の荘で夕方までゆっくりお茶を飲んで頂き喜んで頂けました。
りぐり山茶「龍」(http://www.kunitomo-f.co.jp/e-shop/item/238)を
「禅に通じるお茶だ。」と言って下さり嬉しかったですね。
バンクーバの「05TEA」さんに続きカナダでは東海岸にもりぐり山茶を
御紹介できそうで、とてもとても感激です。








country777 at 14:50|PermalinkComments(2) つれづれ 

2018年05月17日

青人草の荘のギボウシとカンゾウ


1






















 青人草の荘ではえびな(ギボウシ)やカンゾウがこんなに多く増えました。

この季節植物の力に励まされ元気がでます。





country777 at 15:57|PermalinkComments(2) 青人草の荘 

2018年05月16日

のしや本家さんの小夏もなか

 お茶摘みの季節は小夏の季節でもありますね。

リンゴの様に皮をむいて食べる小夏が大好きです。
皮のほんのりした甘味とかすかな苦味もいい感じです。





1

























2






















この日は土佐市の「のしや本家」さんで小夏もなかや小夏羊羹を詰合せてもらいました。

お茶に合う和菓子が揃っていて、大好きなお店のひとつです。
土佐市ドラゴン広場のすぐ近くです。
行ってみて下さいね。



country777 at 08:43|PermalinkComments(2) お茶の楽しみ 

2018年05月14日

草ボウボウの青人草の荘

1





















 今日はお茶の作業がお休みなので朝一番、池ノ窪の青人草の荘へ上がっていました。
週末にフランスからのお客様がおいでになる予定です。

いつもの事なのですが、お茶の作業中のほんの数週間の間に
草ボウボウの薮になってしまいます。

朝早かったので雲海がきれいでした。







2

























3


























4
























9時から別件の用があったので山を下り、もう一度上がってみると
なんとまあきれいに仕上げてくれていました。

お茶が終了したら道以外の草刈りや手入れもしなくてはなりませんね。



country777 at 13:54|PermalinkComments(2) 青人草の荘 

2018年05月12日

ふれあいの里柳野の風景

1





















 今日は釜入りのお茶が一段落ついたので、お茶の作業はお休みにしています。
天日干しのほうじ茶にする茶の確認に柳野へ行ってきました。
ふれあいの里のテラスの前の大黒田の田んぼでは
水が張られ田植えの準備が整っています。






2





















川の向こうではイタドリを共同出荷するとかで苗の植え付けをしています。
山菜採りや茶摘み、田植え・・・春の仕事がもう少しで一段落つきますね。
国友農園も後少し頑張ります。





country777 at 15:34|PermalinkComments(2) 山里便り 

2018年05月11日

千里の道も一歩から

1























2






















 茶工場では作業作業の合間に仕上がったお茶の選別をしていきます。
茶摘みも後半になると硬い葉も入ってしまいますが、
気の長〜い選別によって整ったお茶に仕上がります。








3


























4





















そしてこの選別しはねた茶は焙じて「ハネ茶」として
道の駅633美の里(http://www.633bi.com/)やふれあいの里柳野で
販売して実は大人気なのです。

こつこつ、こつこつと千里の道も一歩から、
良いお茶に仕上げます。




country777 at 16:08|PermalinkComments(2) お茶の楽しみ 

2018年05月10日

ミョウガの茎

1





















 この季節ならではの大好物、ミョウガの茎です。
少しすでに伸びすぎているのですが十分に楽しめます。
時期が短いので雨の日の夜でも裏庭に出て取って食べています。

柳野の筒井生子さんのお味噌がお気に入りでずっと使っているのですが、
焼いて生のお味噌をつけて「あて」にする・・・至福の味です。
この夜はトンカツを揚げながらグビグビいってしまいました。




country777 at 10:00|PermalinkComments(2) 山里便り 

2018年05月09日

「半分生きて、半分死んでいる」

1

























 養老孟司先生のお考えがとても好きです。
何とも変わった題に惹かれて取り寄せました。
「平成とは、すべてが煮詰まった時代」とあります。

次女の出産の時、絶対安静でほとんど身動きができず芦屋の病院のベッドで
昭和天皇の御病状やら、平成の後世のテレビ報道を確か2ヶ月程だったか
見ていた記憶が鮮明に残っています。

平成30年、読み進みながら芦屋の生活、垂水の塩屋での子育てと阪神大震災・・・
色々の事を思い出しました。
第一章「ローカルがグローバルになる」から最終章「人は何のために生きるのか」
思いめぐらし、あっという間に読みました。

お茶ももう少しです。
元気に作業できている事に感謝、感謝です。





country777 at 15:50|PermalinkComments(2)  

2018年05月08日

裏庭のサクランボ

1




















 日曜日は疲れをとる為家でゆっくり過ごしていました。

高枝バサミでヒヨ鳥に取られっぱなしのサクランボをたくさん採りました。
お隣さんや孫にもおすそ分け、私もたくさん食べました。
小さなサクランボですが、良く熟れると結構甘くて美味しくなります。
何より赤い小さな実がツヤツヤと可愛いですね。

この後は晩酌用に、この季節ならではのミョウガの茎を
これも裏庭でとって早めの夕食を楽しみました。
お茶の季節は休日のありがたさが身にしみますね。







country777 at 08:00|PermalinkComments(2) 山里便り 


ブログのトップへ