2016年07月26日

柳野ふくろうビアガーデン

 今週土曜日に第5回柳野ふくろうビアガーデンが開催されます。
実は前回も雨でしたが、テラスに屋根もでき賑やかに開催されました。

昨日UPしましたが、この日は久し振りの「やまのそらの日」も池ノ窪で開催しています。
昼は山の空でりぐり山茶を・・・
夜はふれあいの里のテラスで生ビールぐびぐびなど、いかがでしょう。
皆さん、おいで下さいね。





1

country777 at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント 

2016年07月25日

久し振りの「やまのそらの日」

 7月30日(土曜日) 11時より
久し振りにやまのそらの日を開催致します。

おいで下さいね。





1


























やまのそらでお待ちしています。





country777 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント | 青人草の荘

2016年07月23日

星の王子さま

 やまのそら 青人草の荘の本棚には若い頃に読んだ本も置いてあります。




1






























2























「星の王子さま」・・・
多分、土佐高校時代ですね。
ページの端が茶色にくすんでいます。
厳しいニュースばかりが世界中から飛び込んでくる中、
星の王子さまの心に静かに想いを馳せます。





country777 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年07月22日

朝の一杯の水出しのお茶

1































2





















 暑さが厳しい間は朝一番に水出しのお茶をグビグビと飲みます。
気怠い朝でもシャキッと目が覚め、元気になります。

実は飲み過ぎた夜は夜中に起きてはかなりの量の水出しのりぐり山茶
「宙」(http://www.kunitomo-f.co.jp/shop/item02000006.htm)や
「懐」(http://www.kunitomo-f.co.jp/shop/item02000007.htm
を飲みます。

お試し下さいね。


country777 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お茶の楽しみ 

2016年07月21日

風蘭香



1




























2

























 裏庭の木の上で風蘭香がひっそりと咲いています。

ずい分前に山林の視察に行った時、梼原か東津野だったと思うのですが、杉の植林の中
びっくりするほどたくさんの風蘭が木々の上で咲いていたのを見たことがあります。

その時の風に乗ったほのかな香りのイメージが鮮明に記憶に残っていて、
萎凋させて花香のする山茶が初めてできた時、即決でこの名に決まました。

「風蘭香」(http://www.kunitomo-f.co.jp/shop/item02000009.htm

ゆっくりとじんわり人気が出ているお茶です。
近々海外向けのお茶のサイトにも取り上げて頂くことになりました。
暑い夏は水出しもお勧めです。
森の中にいざなわれる香りで癒されて下さいね。


country777 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お茶の楽しみ | 山里便り

2016年07月20日

熱中症対策

 今年は梅雨入りが早くて開けるのが待ちどうしかったですね。
やっと梅雨明け・・・ そして当然のことながら猛暑です。





1

























2





















半端ない気温。
そんな時にお役に立てます、「りぐり山茶とお塩の飴」
http://www.kunitomo-f.co.jp/shop/item05000007.htm
ほのかな塩味と山茶の成分がのどを潤し心地良い
山の香りと味が口の中に広がります。








3























小さな小さな御大師様がパッケージシールの茶の葉の影から、
皆様の健康を見守って下さっています。
御大師様を見つけてニコッと笑って下さいね。
この夏も皆様お元気でお過ごし下さいね。





country777 at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お茶の楽しみ 

2016年07月19日

鈴木大拙の禅

 鎌倉の東慶寺様のギャラリーでりぐり山茶の展示会を開催して頂くにあたり・・・
とにかく出来得る限りのことをしておかねばと、知人友人に意見を頂いたりしながら
毎日考えあぐねています。






1





















その中でももう少し知識もなければと鈴木大拙の本を取り寄せました。






2























ウ〜ン、無知の極み、目くら蛇に怖じずの私の生き様の中でも極めつけの大間抜け・・・
当然ながらどれを読んでも難しすぎて、読み進むことすらできません。
ウ〜ン・・・


country777 at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年07月18日

季報 東慶寺

1

























 10月にギャラリーで展示会を開催して頂く東慶寺様(http://www.tokeiji.com/
から「季報」が届きました。

「日々の茶」と題して武者小路千家家元後嗣 千宗屋様の文章が掲載されています。

お茶の事業をしていながら、茶道には不案内なのですが、
ウンウンと非常にわかりやすく大切なことが書かれています。

りぐり山茶も「日々の茶」として皆様の生活の中で生かして頂けます様、願っています。
山越え、谷越え・・・





country777 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれ 

2016年07月16日

野立

1



























2
























 小倉山の東屋では、谷水や湧水をくんで見学のお客様にお茶を飲んで頂いています。






3





















産地のお水で飲むのが一番美味しいといわれていますが、やはりその通り
味も香りも一段と引き立ち美味しく飲めます。

多分茶の葉の持つミネラルのバランスと水のミネラルバランスが同じだと茶葉の持ち味
そのままに水と茶葉の成分が親和した心地良い味、香りになるのだと思うのです。

この日は実は撮影用にお茶を淹れたのですが、いつも使っている銅のやかんが
森の中で何ともかわいかったのでアップしてみました。
ひんやりした谷風もお届けしたいですね。






country777 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お茶の楽しみ 

2016年07月15日

薮の中の家

1




























2
























 梅雨が長引き、庭はこれでもかとうっそうと草木がはびこっています。






3




















以前に門から出ると家の前でバスを待っていたよその人に
「まぁ!! 人が住みゆう家じゃったがやねぇ。」
と驚かれたことがあります。

梅雨明けには草と戦わねばなりませんね。




country777 at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)山里便り 


ブログのトップへ