2010年07月

2010年07月31日

水出しの山茶

1

 

 

 

 

 

 

 夏は冷蔵庫に、いつも水出しの山茶を作っています。
お湯で出す時の茶葉の2/3〜1/2ぐらいの葉の量で、水を注いでボトルに入れ
冷蔵庫に入れておくだけで、半日ほどで美味しい水出し茶が手軽に作れます。
葉はそのままこさずに入れておいて食べる事も出来ます。
夏の朝一番にゴクリと飲む水出しの山茶が、一日の元気の元になります。



country777 at 13:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0) お茶の楽しみ 

2010年07月30日

カフェMissippy

 山を越えて本山町で用があったので、お気に入りのカフェMissippyでランチを取りました。

1

 

 

 

 

 

 

ミュージシャン、兼写真家、兼画家という店主の個性そのままに不思議な雰囲気のカフェです。


 

2

 

 

 

 

 

 

好きですねー。こうゆう感じ・・・


 

4

 

 

 

 

 

 

「茶」という字が書かれた紙が貼られています。これは何なんでしょうか?


 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

このソファが特等席、先に帰られましたが何と意外な知人がどっしりと座ってカフェしてました。
私は食事の後、アイスマンゴーティーを頼みました。



country777 at 14:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) つれづれ 

2010年07月29日

又、雨の日の茶畑へ

1

 

 

 

 

 

 

 雨の中、東京より茶畑を見たいとお客様がおいで下さいました。


 

2

 

 

 

 

 

 

写真では見て頂いているのですが、自然畑の前まで来ると皆さん、
「お〜」と歓声ともため息ともとれるような声を発せられます。


 

3

 

 

 

 

 

 

 

シンボリックな岩がさらに神秘的ですらあります。
天候にもめげずゆっくり見て頂き満足して頂いた様で、園主としても
誇らしく嬉しい一日でした。



country777 at 16:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 茶畑のようす 

2010年07月28日

紫式部の花

1

 

 

 

 

 

 

 連日猛暑が続いていますが庭はもう秋の気配、
紫式部の花が咲き実も実り始めました。

 

2

 

 

 

 

 

 

小さな青い実は、知らぬ間に薄紫色に色付きます。



country777 at 15:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 山里便り 

2010年07月27日

書道展

 いつもお世話になっている柳野の部落長さんの松本さんが、書道展で賞を取られた
というので母と出かけてきました。

1

 

 

 

 

 

 

おん年八十うん才の松本さん、何とダイナミックな書でしょう!!
柳野の里の為にいつも走り回っておいでで、ホントにホントにお元気、お見事です
母とは昔から大の仲良し、これからも頑張って下さいね。



country777 at 16:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0) つれづれ 

2010年07月26日

お茶の火入れ

1

 

 

 

 

 

 

 梅雨が長引いて湿度がずっと高かったので、粗茶を仕上げるのを伸ばし伸ばしに
していましたが、晴天が続きやっと火入れをしました。

21

 

 

 

 

 

 

 

45

 

 

 

 

 

 

悪天候と戦いながらのお茶作りだったのですが、なかなか良いお茶に仕上がっています。
茶茶の間の和多田さんにもお褒め頂いたのですが、特に「岩座」は火入れした茶葉から
何ともいえない美しい香り(変な表現ですが)がほのかにしています。少しねかせると、
又変化してゆくのでしょう。
年ごとに悩みながらも作業に携わる社員が皆成長してくれて、一歩一歩進んでいます。

6

 

 

 

 

 

 

茶工場上の柚子畑も強烈な日差しの中で暑そうですが、茶工場の中も中々のものでした。
間もなく今年のお茶をお披露目できます。お楽しみに。



country777 at 17:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) お茶の楽しみ 

2010年07月23日

夕暮れ時の青人草の荘

1

 

 

 

 

 

 

 昨日夕方青人草の荘に上がりました。

2

3

 

 

 

 

 

 

 

 

片付けや掃除をすませた後、縁に座って暮れてゆく空に出てる月を楽しみました。

45

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

沈んでゆく夕日の光を残して、雲が刻々と変化してゆき何と美しい事でしょう。
下界の猛暑をよそに、肌がひんやりするぐらいの優しい風が吹いてきます。
夏の夕暮れ時をゆっくりと楽しみました。



country777 at 09:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 青人草の荘 

2010年07月21日

勝喜さんの天空の家

 昨日は晴れて夏らしい上天気でした。
山の方は気温があまり上がらず、過ごしやすい夏日です。

1

 

 

 

 

 

 

柳野の里で地域の活動を御一緒させて頂いている渡辺勝喜さんの家へ上がって来ました。
上がって来ましたというのも、勝喜さんの家は柳野でも一番標高の高い所にあり、里を
見下ろす場所なのです。ご覧の通り天に手が届きそうな山の上です。
高校の先生を退職なさった後、柳野に戻られ地域の為に素晴らしい活動をなさって
おいでです。とても頼りにしている大先輩はこんな天空にお住まいなのです。けれど
仙人風ではなく、ジーパンの後姿はまるで大学生です。今日はお顔は登場しませんが・・・



country777 at 08:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 山里便り 

2010年07月20日

本川の氷室まつり

 日曜日は、旧本川村 越裏門で行われた、氷室まつりに行って来ました。

1

 

 

 

 

 

 

江戸時代、お殿様に氷を献上した氷室を再現したお祭りです。

2

 

 

 

 

 

 

山の上の氷室まで数時間かけて登り、2月の厳寒期に穴に埋めた氷を取り出して担いで
帰って来るのですが、登山隊には何と元防衛庁長官の中谷衆議院議員も加わって
おいでで、元気に(?)帰って来られました。

3

4

 

 

 

 

 

 

今年は100圓鯆兇┐詆垢残っており、この通りです。

56

 

 

 

 

 

 

 

川床の上では本川神楽も舞われ、尾正直知事に氷が献上され、会場は500人近い人で
埋まり盛り上がっていました。

旧吾北村も山深いところなのですが、本川の越裏門や寺川を私が子供の頃は
「越裏門、寺川タヌキの巣」などと言ってさらに山奥く扱いしていました。
住民の減少と高齢化の中で、この様なお祭りを継続されている方々に本当に頭が下がります。
氷は素晴らしく美味しかったです。皆さん、御苦労さまでした。来年も又参加しますね〜。



country777 at 16:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0) イベント | 山里便り

2010年07月16日

青人草の荘の作物

12

 

 

 

 

 

 

 梅雨の合い間に植えた青人草の荘の畑の作物や花が、長雨の恵みで大きく育っています。


 

3

 

 

 

 

 

 

 

ダリヤは早くも小さな花を咲かせました。


 

4

 

 

 

 

 

 

ベリー類も実り始め楽しみですが、多分、人よりも野鳥や獣達に先回りされそうです。

明日から三連休、ゆっくり休みます。
18日 日曜日は、本川越裏門で「氷室まつり」が行われます。
皆さんおいで下さいね。



country777 at 16:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 青人草の荘