2011年09月

2011年09月30日

秋晴れの日

 今日は昼から雨が降り始めました。

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの年だとこの季節は、空気がピーンと張る様に感じられる程澄んで
乾燥してくるのですが、数日前の秋らしい写真をアップしてみました。

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴天の下、彼岸花もバッタさんも気持ち良さげですね。



country777 at 16:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 山里便り 

2011年09月29日

仕事始めの山茶

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はあの猛烈な暑さが嘘の様に、秋の訪れが早くやって来ました。
お向かいの庭の隅で、野菊が可憐に咲いています。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柿の実も急に色付いてきました。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝晩急に寒くなったので、社員も私も風邪気味です。
今朝は熱くて濃いめの山茶を入れて仕事のスタートです。
秋支度を急がなくては・・・



country777 at 09:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0) お茶の楽しみ 

2011年09月28日

野見湾辺り

 昨日の続きですが、須崎の野見湾辺りがどうして気になっているのか・・・

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

須崎の小さなお堂から見つかった、大日如来様(2008年10月9日のブログ参考)や、
大津波にも何回も遭っているだろうに2000年生きてきた大谷の楠、広谷先生のお話しの
中の古代の南海道といわれる海の道、そんなことが山茶のことに深く重なっているのです。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


外国も含めお茶の視察をする中で、私共の小倉の自然生えの茶園ほど、雑多に
これでもかと遺伝子が混ざり合っている茶の木があるのを見たことがないのです。

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前ソトコトでも特集して頂きましたが、茶の木々ごとに個性を主張しています。
特に1200年代辺りに禅宗と共に、中国から日本と同じようにお茶が伝わったと
いわれる韓国の曹渓山仙巌寺のお茶の木は茶木がほぼ単一なのです。
山の茶木を見ながら、この土佐の山間には古代から何度も色々な形でお茶が
伝わって来たのではないかと考える様になりました。
大豊の後発酵の碁石茶なども、いつ伝わって来たかわかっていません。
雲南省奥地の少数民族が作っているお茶に近いといわれています。

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで前置きは長くなりましたが、先週土曜日は広谷先生の図書館と御一緒
させて頂いている様な、莫大な歴史の知識をご教授頂きながらの幸せな一日でした。

今日の高知新聞にも紹介されましたが、「土佐の宮島」ともいわれる鳴無神社
(おとなしじんじゃ)も素晴らしかったですね。これは浦の内湾ですが・・・ 
この神社は古事記にも出てくるそうで、平安時代には藤原定家と並び
称せられた歌人が次のような歌を詠まれています。

『土佐の海に 御船浮かべて遊ぶらし  都の空は 雪解のどけき』 

                                      藤原家隆朝臣

土佐の海辺にも山にも、深い歴史がありますね。
お茶の伝来に思いを馳せ、景色や歴史を楽しみました。
広谷先生、奥様、田村さんに感謝



country777 at 15:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) つれづれ 

2011年09月27日

お茶の木様

 旧葉山村にお茶の古木があり、神様として祭られているという話しをお世話になって
いる郷土史研究家の広谷喜十郎先生からずい分前にお聞きしていました。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週土曜日、ずっと気になっていた須崎市の野見湾辺りの古代を勉強したいと、
先生と先生の奥様、草流舎の田村さんに御一緒頂きぐるりと回ってきました。
野見湾附近の事は又後日ブログにアップしたいと思いますが、昼食を須崎の道の駅で
取ったので、それじゃぁ「お茶の木様」に行ってみようという事になり訪ねてみました。
車のナビにその住所の「三間川」というところが出ず、葉山に入ってからガソリンスタンドで
訪ねたのですが知らないとの事、資料をお見せすると「三間川に知り合いがいるので
聞いてみちゃお。」と店主の方が問い合わせをして下さり、「すぐやし、わしも地元におって
知らざったき案内しちゃお。」と親切に申し出て下さり、現場まで行って下さいました。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・しかし、地元の人でも知らないはずです。
40年近くの間にお茶の木様はこんなに小さくなってしまっていました。
津野氏に亡ばされた戦国武将、出問九郎兵衛(現在の土佐市出問の城主)の墓だ
という説があり、大切にお祭りされてきたそうですが、ずい分前から枯れ始めて
小さくなったとのことです。先生が用意して下さった資料は「昭和48年4月1日
広報はやま」とあります。40年近い歳月の中でお茶の木に何があったのでしょうか・・・ 
日本では佐賀の嬉野に数百年経つお茶の古木があります。
この茶の木が元気なままであったらと残念に思った事でしたが、主だった幹は
枯れながらも生き延びているお茶の木様の強い生命力を感じながら、手を合わせ
三問川を後にしました。



country777 at 14:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0) お茶の楽しみ | 茶どころ見聞録

2011年09月26日

仁淀川 神楽と鮎と酒に酔う

 先週土曜日、いのの波川の河原で「仁淀川 神楽と鮎と酒に酔う」というイベントがありました。

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方からコンサートなどが始まり、暗くなるとともに盛り上がっていきました。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河原には竹と和紙で作った灯りが一斉にともされ幻想的です。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしてこんな写真になるのか・・・ 美しい光の舞いが写りました。
出店も賑やかで、手箱さんの美味しいキジ汁や大洋建設さんの
いたどりピザやいたどりのギョーザ、美味しかったですね。美しい夜でした。



country777 at 17:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) イベント | 仁淀川

2011年09月23日

小倉の里

 自然畑のある山の真下に小倉という集落があり、國友本家のある里で、
3歳までは私もここで育ちました。お茶の注文を頂いた関西在住の方が、
何と國友家ゆかりの方で小倉に家があったとのこと。今は木々に
埋もれてしまいましたが、國友本家の家の上のに、確か何件かありました。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールでお約束したので、小倉の写真を撮ってきました。
国道439号の改良工事も進み、間もなくの内に野竹と
小倉をつなぐトンネルも開通となります。
お母様と一緒に小倉の景色をご覧下さいね。

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 



country777 at 17:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 山里便り 

2011年09月22日

大阪中崎町

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20代後半、大阪モード学院の夜間へ通っていた時代の友人が前にも紹介しましたが、
大阪北の中崎町でフェアトレードの商品を扱うお店folha(http://www3.ocn.ne.jp/~folha/index.html)を
夫婦で経営しています。今回はしっかりと写真を撮ってきました。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーズドのヨットの帆を使ったバッグは丈夫な上におしゃれですね。

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中崎町全体に、古い町屋を利用したレトロな風情のあるお店がたくさんできています。

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大人組」という雑誌の編集長さん経営のバーで、娘も合流し遅くまで盛り上がりました。
中崎町の夜は更けてゆく・・・



country777 at 17:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0) つれづれ 

2011年09月21日

柳野の敬老会

 19日、柳野の敬老会に今年も呼んで頂きました。
この夏柳野の里では、終のお別れが続きました。
人の世の常とはいえ皆の悲しみの中での敬老会でした。
けれどさすが柳野パワー、例年以上に素晴らしい敬老会に元気を頂きました。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、抱腹絶倒のよっさんとる〜ちゃんの二人羽織、

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このおんちゃん達はだ〜れという「むささび温泉、いい湯だな。」

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

る〜ちゃんの色っぽい熱唱に、お父さんの筒井泰男さんもじ〜んと目頭が潤んでいます。
筒井泰男さんが若いころ、今は亡き父のラブレターを代筆したことは
地元では有名な話です。長い間、我が社に勤めて下さり、お茶の
自然生えの畑を山の中で見つけてくれた人でもあります。

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこれまた我が社の取締役でもあり、茶畑の手入れの責任者筒井郁男さんは
素晴らしい綾小路きみまろ振りでした。日頃のずれている程の(ごめんなさい)
生真面目振りからは、信じられない演技でしたね。
それにしても長い台詞を良く覚えましたね。

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして圧巻は柳野地区長松本和美ちゃんの「カンカン娘」です。
御年、ばらしちゃいますが82歳、恐るべし 
スピード感のあるダンスにピンボケをお許し下さいね。

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに大爆笑をもう一枚!

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩田町長もおいで下さり、賑やかな、賑やかな一日となり、
この地域人であることの幸せを噛みしめた一日でした。



country777 at 12:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 山里便り 

2011年09月16日

小さな幸せ見つけた

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の奈良行きの目的の一つは、石村由紀子さん経営の
「秋篠の森」をお訪れてみることでした。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンタカーでやっとたどり着いた「秋篠の森」は、山暮らしの私にとっては
里の中の小さな神社の森の様な風情で迎えてくれました。

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事は予約していなかったので出来ず残念でしたが、
思った以上に優しさにあふれた素晴らしい施設でした。

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本や小物もいくつか求めてきました。
高知の山の中に居ると心地良く気持ち良くて当たり前に感じる「癒し」が
世の中ではどうなのか・・・ 何なのか、そんな思いもあっての訪れでした。

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良では他に奈良ホテル、そして大阪北ではリッカールトンに行ってみました。
感じたことを、今山に戻り深く深く考えています。

そして明日は第3回目の「やまのそらの日」
ブログ9月3日をご覧下さい。雨天でもオープンしています。
雨の日も雲が下から上がってきて、天上の人気分です。
山の上、「青人草の荘」でお待ちしています。



country777 at 09:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0) つれづれ | 

2011年09月15日

お誕生日

 実は昨日は誕生日でした。
同じ誕生日の社員や今日が誕生日の社員もいるので、皆よく覚えてくれています。

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆からお花をもらいました。うれしいことです。

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人の娘からもアロマキャンドルや色々、カードと共に届き、幸せな一日。
あ〜 年の取るのの早いこと・・・ ・・・



country777 at 16:28|PermalinkComments(3)TrackBack(0) つれづれ