2012年04月24日

お茶の新芽

 高知の春にしては例外的に、今年の春は寒を残しながらゆっくりと進んでい
たのですが、昨日あたりから急に初夏の様な日差しと暑さになってきました。
これは大変と、朝から茶畑の見回りをしてきました。

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず「宙」の採れる小倉山の畑、今日は草取りをしながらかや肥えを広げて敷き
詰める作業をしてもらっています。芽はまだまだ小さめです。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向かいに見える自然畑も、まだしばらくかかりそうです。

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がかりは毎年一番に摘む戸別様のりぐり藪北「岩戸の茶」の畑です。
山より下の方に位置し、日当たりも良く成長が早いのです。

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戸別様の御神体の大岩の下へたどり着き、畑を確認してホッと一息、
5日から1週間近くはかかりそうです。
今年は寒が長引いたので草も余り成長しておらず、茶摘み前の手入れも
ゆっくりしていたところへ急な気温の上昇・・・ 
慌てて見回りをした次第ですが、まだもう少しかかりそうです。
その間に畑の手入れを急がなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りに戸別様に「今年も良いお茶作りが出来ます様に!!」とお祈りして帰って来ました。
あともう少し・・・ 気持ちが高まってゆきます。



country777 at 16:21│Comments(4)TrackBack(0)茶畑のようす 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by amane   2012年04月25日 01:51
喜びと緊張が伝わってくるようです。すっかり春の色。きれいでしょうね!
2. Posted by kunitomo   2012年04月25日 07:53
amane様
お茶の新芽の光り輝くような黄緑色は、美しいと共に命の力を強く感じますね。
山の中に居ると、人の体も植物の春の芽立と共に、ドクドクと命が駆け巡る感じがします。
3. Posted by 筒井   2012年04月27日 12:14
このお茶畑の刈り込み型がしこし違う様ですが、お茶の木の個性に合わせた刈り込みなのですか。戸別様に行くのはつり橋を渡るのですか、むし、そうだとしたら、私の記憶の中の思い出の神社です。筒井
4. Posted by kunitomo   2012年04月27日 18:28
筒井様
刈込は、郁男さんに任せてあるのですが、山茶と藪北では違ってくるのでしょう。
戸別様には昔は吊り橋をわたっていましたね。仁淀川沿いの男女の出会いの場で有名だったところだそうです。たぶん筒井さんの青春の思い出の神社でしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔