2013年08月01日

ブログ引っ越します

写真添付が調子悪くて面倒なので、ブログ引っ越しました。

http://blog.goo.ne.jp/coupycrayon2006

よろしくお願いします〜!

coupycrayon2006 at 01:00|PermalinkComments(1)

ブログ引っ越します

写真添付が調子悪くて面倒なので、ブログ引っ越しました。

http://blog.goo.ne.jp/coupycrayon2006

よろしくお願いします〜!

coupycrayon2006 at 00:59|PermalinkComments(0)

2013年07月30日

東方明珠塔へ

夏休みがやってまいりました!

毎年恒例、夏休みは上海にガップリ、どっぷり浸かっております!
ファイファイともガッツリ遊ぶぞ〜!

今日はファイファイがずっと行きたがっていた東方明珠塔、通称おでんタワーへ。

2013729 001


あ、卵と大根が刺さっている(挿したいものはあなたのお好みで

駅から歩いてラウンドアバウトの上の歩道橋を歩いて大通りを渡らないと、おでんタワーにたどりつけません
中国の車道、よくあることなんだけど、人が車道を横切って渡れないように横断歩道を作ってくれないの。なおかつ中央線に高い柵を置いているんだよね。駅からすぐ近くなのに、それがあるから渡れず少し回って行かないといけないのよね。

ビルや駅のそばはみんなこの高い柵があります。歩行者はいつも周り道。完全車社会だわ〜!面倒〜!

東方明珠塔に入るにはいろんなチケットがあります。
てっぺんまで行くチケットや、上の球体まで行けるチケット、黄浦江のクルージングがセットになっているのもあります。
子どもたちが「船に乗りたい!」と言ったのでクルージングがセットになっているのを買いました。

黄浦江から見た東方明珠塔

2013729 002


よくテレビで見る「これぞ上海」的な映像が撮れます

船に乗る時は前の方に並ぶと、窓側の席が撮れます。
船内は全部テーブル席で、何か持ち込んで食べてもいいし、船内でポップコーンなどを食べてもOKです。

船内からはイギリス租界地区、外灘の歴史的建物も見えます
1842年イギリスがアヘン戦争の代価としてここを買い上げ、自国の法律を施行し、自国の生活を築きあげて行きました。租界時代について書かれた本を読んだら、ここで暮らすイギリス人は、その時代のイギリス人の典型的な生活を変えることなく、時が止まってしまったように本国イギリスでは流行らないような形式の食事やパーティーをそのまま続けていて、後からきたイギリス人をびっくりさせたとのこと。

あ〜わかる。雑誌もネットも一時帰国もままならない時代だもんね。
私も1年日本に帰らないだけで、日本相当変わってるよ…。
いつの間にかズボンはスキニーが主流になってるし、スパッツ流行っていたり。(でもレギンスって名前が変わってた。)
最近は雑誌見るとモデルさんがサラッとゆったり形の花柄のズボンをはいているんだよね。
ちょっと目を疑ったんだけど本当に流行ってるの〜?
私まだブーツカットデニムが好きだったりするよ〜!もう誰も履いてないのかな〜?

また、そのころのイギリス人は中国語を決して学ぼうとせず、中国語を学ぼうとする人を変人扱いしていたとか。
強気な…。このころのイギリスはプライド高いですね!
「犬と〇〇人は立ち入るべからず」なんてやっていた黄浦公園もこの近くです。
これは人種差別というのももちろん否定はできないけど、犬の糞の始末や公園の緑、花を勝手に取ってしまう事で、イギリス人と中国人の間で考え方の摩擦が起きていたためのようです。

そうしてイギリスをかたくなに貫いた町並みは、いまだにその雰囲気があります。
特に黄浦江沿いの中山東一路は金融街だったため立派な建物が多く、一瞬にしてヨーロッパにトリップしたかのようになります。

このような建物は今は銀行、ホテルとして使われていたり、外観をそのままに飲食店やブティックに生まれ変わっていたりしています。おしゃれ〜

さて、いよいよ東方明珠塔に登りましょう。

平日に行ったのでガラ空きでしたが、休日は長蛇の列のようで、列を作るロープやポールなどがそのまま準備されていました。

エレベーターで上の球まで昇りました。

2013729 004


栓抜きビルが見えます。
このような高層ビルが建つようになったのは1990年代ころからだそうです。

2013729 003


黄浦江は今も昔も船の流通が盛んです。
18世紀前半まで上海は蘇州や杭州、南京には及ばない一地方都市でしたが、19世紀にやって来た外国人達が長江につながる黄浦江を押さえれば、中国の内陸まで行けるという「地の利」に目をつけ、貿易の拠点にしたのが上海の発展の始まりだそうです。

一通り展望を堪能してから、階段で下に降りると、

2013729 006


床までガラス張りの展望台!!

ひゃーーー!こわい!

私とファイファイは足がすくんでその上に立てませんでしたが、友達親子は全然怖がる様子もなく、ガラスの床の上でポーズ決めていました

その後、友達の前で気が小さいところを見られたくなかったのか、ファイファイもガラスの上にがんばって立っていました。

私は絶対無理ーーーー!

ここ中国だし!いつこのガラス割れるかもしれないし!(マンションのガラスでさえ、建てつけが悪いのかたまーに落ちるし!)
現になぜか奥の方「修理中立ち入り禁止」だったし!怖さ倍増!

命かけられないよ〜!

スリルを味わいたい方は是非!

おでんタワー、おもしろかったです

coupycrayon2006 at 01:58|PermalinkComments(0)上海観光 

2013年07月26日

ハーちゃんバースデー

ハーちゃん、7月26日で5歳になりました
おめでとう〜

北京オリンピックが始まる前ぐらいにちょうど産まれたんですよ
北京オリンピック自宅で見たかったから、なんて親孝行な赤ちゃんなんだと思いました。丁度間に合った!

その後もあんまり手がかからず、発達も良く、やる気ありノリノリ赤ちゃんに成長し、要領よく育ってきましたが、調子に乗って暴走を始めたので「地獄」の絵本で押さえこみましたが←(うちは効果あったよ!)良くも悪くも子どもらしい子どもといった感じに育っています。(ちょっと図々しくてキレやすいけど…!

ローカル幼稚園も相変わらず頑張って通っています
今まで3つのローカルに通わせましたが、この幼稚園が一番いい!
先生が変わった時はきちんと連絡が来るし、幼稚園のお休みや予定も事前に来るし、表演会の準備も余裕を持ってできるし、やればできんじゃん!と言いたい。(遠足はちょっと濃いいけど

そのローカル幼稚園では、誕生日の子は親が教室にケーキを持って行き、クラスメイトにプレゼントを配るという習慣がありまして、そのプレゼントを買いに安いお店がいっぱいある豫園に買いに行ってきました

日本って誕生日はお友達からプレゼント貰えるでしょ?
でも中国は逆で誕生日は皆にちっちゃいプレゼント配るんだよね。

誕生日の日は子どもが朝から紙の王冠みたいなのつけてて、誇らしげに小さいプレゼントをみんなに配るの。
ハーちゃんも帰りに何かもらって帰って来る事が多いから、何かしないとと思っていたんだよね。

地下鉄豫園駅の1号出口を出て、階段を上って行くとUターンした方向に福佑ビルがあります。

雑貨なんかが所狭しとあふれたビルです!
文房具も少しあります。

子どもの物を買うには丁度いい場所です

でもそのビルが広すぎて、見て回るだけで一苦労

でもあるある!地下のおもちゃ売り場にカーズやセサミやカラーベアなどのキャラクターの巾着があったので「大量に買うから!」と負けてもらって1つ3元(約45円)でゲット!
カラーボールも負けてもらって1つ4元(約60円)、風船も100個で20元(300円)でゲット!
アングリーバードの手品セット1つ1.5元(約20円)でゲット!
巾着の中に大量に買ったものをそれぞれ分け分けしておもちゃを入れて出来上がり
1つ10元(150円ぐらい)以内でできたよ〜

大きくてわりかしおいしい、(上海に来てからめっきり食べなくなった)パリバケのケーキを予約して、持って行きました。

でも門のところで保安にケーキとプレゼントとカメラを渡してさようなら。ええ〜

中には入っちゃいけないんだって子どもの喜ぶ顔見たいのにー!ブーブー

帰りにバッグの中にカメラを入れて帰ってきました。
先生がいっぱい写真を撮ってくれていました。

楽しそうなハーちゃんの写真がいっぱい

ハーちゃんの今年の誕生日プレゼントはリクエストのあった「レンジャーキー」
友達が持っているのを見て一目ぼれおばあちゃんが日本のおもちゃ屋で買えなくて(もう販売してないみたい)中古屋さんを回って手に入れてくれました。
戦隊物の人形を折りたたむと鍵が付いていて、武器と鍵がドッキングする代物らしい。鍵とか武器とか子ども好きだよね〜。おもちゃ会社も考えたな。

でもうちの子はそんなの分からないから、鍵だけほしがって大満足。
帰国したら武器も買ってあげようかな。

ハーちゃんは戦隊物見ないくせに戦隊物おもちゃが大好きで、友達とやり合ってる
最近好きなポーズは敬礼!

ハーちゃんは夏生まれらしい元気な子だな。これからも元気で育っておくれ〜!

coupycrayon2006 at 19:13|PermalinkComments(2)上海の幼稚園 | ハーちゃんワールド

2013年07月24日

地下鉄の扉、容赦なし 危

あんまり地下鉄って乗らないのですが…。

たまに乗ると結構な頻度でドキッ、ヒヤッとさせられるのです

乗客の座り方が悪いとか、乞食が物乞いしてくるっていうのもあるんですけど、地下鉄自体が問題。

こないだ友達とでかけた時の事ですが、友達はベビーカーに赤ちゃんを載せていて、一緒に地下鉄に乗ろうと電車を待っていました。
昼間だったので人も少なくて、待っている人もその扉付近は私たちだけでした。

電車が止まって扉が開いたのですが、降りる人が2人いて、2人とも大きめのスーツケースを持っていたので(荷物はあったけどスムーズに降りた)、私たちは邪魔にならないように一旦端によけて2人が下りるのを待ちました。
さあ、2人が降りたから乗ろうとベビーカーの先を入れた瞬間

プシュー

扉が閉まってしまったではありませんか!!

びっくりして友達と挟まってしまったベビーカーをすぐひっぱりました。
先の方だけだったので、引っ張るだけですぐ抜けました。

でも抜いた瞬間そのまま扉が閉まってしまい、サーッと電車は行ってしまいました。

ポカーン

何が起きた?

2人しか降りないガラ空きの車両。待っていたのも私たち2人だけでグズグズしてたわけでもないのに!ベビーカー挟まったのに!何事もなかったように置いて行かれたよ!

駅員私たちのこと全く確認してないわけ?
でも挟まったんだから、安全確認ぐらいするよね?普通!!
挟まった感触で普通ドアって反射的に開くものだと思うけど、一回もドアが開く気配もなくそのまんま…

ベビーカーだよ?一歩間違えたら大変だよ?

どうなってるんだよ!っと周りを見回すと私たちから5mぐらいに旗持って立っている駅員がいました。

私たちが「ちゃんと駅員いるじゃん!」「私たちの事、全然見てなかったのかな?」「超危なくない?」と文句を言ってチラチラ見ている雰囲気を察したのか、そーっと階段の方に移動して隠れてしまいました…。コラッ!

ホームには車掌から確認できるようにテレビカメラ(しかもテレビカメラのすぐそばにいた)もついているし、駅員も見てるのに、どういうこと?

ちっとも安全確認しないで電車出発させてるってこと?

恐ろしいよ!


昨日も地下鉄に乗ったのですが、その日もガラ空きの車内でプチ悲劇が。

中国はもう夏休みなので、家族連れでどこか出かけるところだったんでしょう。ジジババ両親孫の団体が、地下鉄に乗ってきました。
皆くっついて固まって普通に乗ってきたんですが、最後の1人の前で扉が閉まってしまいました

もう大騒ぎ!

子どもが大声で電車の先頭に向かって
「まだ一人乗っていません!
と叫んだり、家族が
「開閉扉ボタンはないのか?」と探したり扉を叩いたりしていたのですが、無駄な事が分かったようで

次の駅で降りてるから!次の電車に乗ってきて!」

と大声で打ち合わせ。
扉閉まっちゃうと内と外で音が聞こえないからもう必死でした。かわいそうに。

っていうか、駅員!
どこ見てるんだよ!!
全く確認してないよね?

子ども連れて地下鉄でどこかへ行くとき、ちゃんと打ち合わせしとかないとだめだなー、と痛感しました。
離れ離れになっちゃう可能性あるもんね。

子どもだけが乗れずに扉が閉まっちゃったら

子どもだけ乗った状態で電車が行ってしまったら

…ガクガクブルブル

何度もいい聞かせて落ち着いた対応ができるようにしとかないと。

中国ってエレベーターにしろ電車にしろ降りる人がいるのに乗ってくる人がいて、ムカッとしてたけど、やっぱこういうことがあるから、我先に!ってなっちゃうんだろうね。
危険だから、是非改めてほしいものだわ。

coupycrayon2006 at 12:24|PermalinkComments(2)上海の生活 

2013年07月03日

COPA サッカー大会2013

今年の夏もやってきました!TFA主催の上海の日本人の子どもサッカーチームの大会です。
今期は役を担っているので私も忙しいです!!

去年の冬の大会は残念ながら大気汚染の問題で中止になってしまいましたが、大気汚染の問題がほとんどない夏は開催する事が出来ました

ファイファイは

僕は試合は嫌い。練習が大好き

と言って相変わらず闘争心が全くないのですが、去年も大会を通して成長が大きかったと感じたので、ドーンと背中を押して試合エントリーに突っ込んでおきました

応援には決まりごとがあって

「試合中の選手の判断を妨げるような指示の禁止」

というのがあります。

つい、応援の方に熱が入ると
「あいつにパスだ〜!」だとか
「あいつをマークしろ〜!」だとか
言ってしまいますが、そういうことは子どもが自分で考えて判断して動かないといけないので控えるようにとのことです。

もっともです。(反省)

例えば言われてシュートするのと、自分でチャンスを感じてシュートするのでは、成功した時の自信のつき方も違います。
コーチでもないのに素人の保護者が好き勝手に自分の判断で言ってしまっては、子どもも迷ってしまいますもんね。

でもすっごい言いたくなっちゃいますけどね!!

子どもの判断や動きを尊重しようと、応援の言葉は気をつけるようにしています。
勝っているときはもっと力が出るような言葉を、負けているときはまだチャンスがあるぞって切り替えられるような言葉で声援を送るようにしています。

「こうすれば勝てるのに!」
「こう動けば無駄がないのに!」

とは思うのですが、「どうすれば勝てるか」を考えるのは子どもの仕事で、そういう事を考える機会やチャンスを与えられるのが大会のいいところだと思います。

それを自分の子どもの成長に合わせて、声をかけるのがとっても難しいです。
あまり注意ばかりすると、凹んでしまうし
あまり褒めてばかりいると成長がないし

でも難し過ぎて何も言わないでおくと
今日の僕はどうだった?」
なんて聞いてくるんだよね〜!
えーーーーっと…答えられないから苦し紛れに
「ファ、ファイファイはどうだった?」なんて聞き返しちゃったり

大負けした日には同じチームの保護者同士で
「今日はどう褒めるよ?
と切実に悩んだりして…

そんなふうにしていると、一緒のチームの子どもの成長もよく分かって、それがまたとても自分や子どものためになる気がします。
自分の子どもがこんな風で困っているなんていうと、理解してくれたりアドバイスしてくれたり、自分では考え着かないような事を教えてくれたりして、助かります
お互いの子どもの成長を見守っているから遠い親せきみたいな気がしちゃう。

学校行事で学校に行くとチームの子が
「あ〜!ファイファイのお母さんだ〜!」なんて手を振ってくれると、超絶かわいく思えちゃいます

ファイファイは気弱で闘争心もないからボールを奪うでもなく、がっつりディフェンスできるでもなくガツガツシュートするわけでもないので、スタメンならぬスタベン…
でも本人あまり気にしてない様子で見学中は地面にお絵かき…。あらあら

たまに試合に出してもらっても不安なのか、爪噛んでる…。
コーチに
「ファイファイ、爪噛むなー!ボール見ろー!」と注意されてました。
コーチにもメンバーにも申し訳なし…。

だから結局下げられちゃう。
私も指摘したんだけど、爪噛んでるのが無意識らしくて、本人が気がついてないらしく…。緊張してんだね。

でもある時ファイファイが
僕もっと試合に出たい!」
と言い出しました。

『ボール見ないで爪噛んでるやつが試合に出られるかっ!』
って思っちゃいましたが、せっかくファイファイが欲を出しているのだからこの気持ちを大事にしたい。言いたい事をぐっと我慢して

「ファイファイがコーチなら、がんばって試合に出たいと思っている子と、爪噛んでボール見てない子、どっちを試合に出す?」

と聞いたら、「う〜ん」と考えている風でした。

答は言わないぞ。自分で考えるんだ!
考える機会をいっぱい作ってあげるから、答は行動で出してくれ!
と祈っています。

ファイファイのチームは心の優しいおっとり長男タイプの子が多いチームなので、なかなか勝てません。
かなりやられ癖がついています。

でも試合が進むにつれて、なんだか心が一つになって来たのか、勝てるようになってきました!(負けが込んで対戦相手のレベルが下がっているのもあるんですけどね

勝って大喜びの親たち
でも、ファイファイは反応薄い。
も、もしかして…。

「ファイファイ、今日点取ってくれた子の名前覚えてる?」

「わかんない」

ガーン!やっぱり!

自分のチームの試合見てないじゃん!

「ファイファイ、得点を取った子はちゃんと覚えていて、後で『ナイッシュー!』とか言ってあげなきゃ!」
「同じチームなんだからちゃんと見て応援しなきゃー!」

うーん、なんか自分で精いっぱいなのかな…。
なかなか道は険しいです…。本人サッカー好きとか言ってるけど、試合の内容を見るとか人の動きやつながりを見るとかまではよく分かってないんだよね…。
3年生だからそろそろ分かるだろうと思うんだけど〜!

でも最終試合の前夜、ファイファイがイキナリ家で絵をかき始めました。

僕のパスでお友達がシュートしてゴール!……」

おおお!
初めてサッカーの絵を描いたよ!
なんかいいイメージが膨らんだのかな?

良かった良かった!

ゆっくりゆっくりだけど、試合の楽しさも分かるといいな

昨日COPAは閉幕しましたが、今年もとってもいい試合が多かったです。
近所で毎朝頑張って練習している子がいるチームが優勝でした。

継続は力なり!だなあ

いろいろいいものが見られた大会でした

coupycrayon2006 at 10:50|PermalinkComments(2)ファイファイワールド | 上海の生活

2013年06月07日

食器めぐり

今日は食器屋さんめぐりをしました。

最初に行ったのは康定路にあるspin
景徳鎮ですが、モダンでスタイリッシュ。
美しいのになぜかぬくもりを感じてしまう、美人の上に性格がいい人みたいに清々しい〜!
景徳鎮の白さからにじみ出る絶妙な青さがたまりません!
中華風が前面に出ていなくてどんな用途にも使いやすい物が多いです。

特にマグカップ、茶器は素敵です。

それに薄さがすばらしい〜!繊細さが出ます。品があるよね。
手になじむような質感も素敵です。

西洋人もよく利用しているお店です。

今は家に場所がないから帰国が決まったらいっぱい買いたいお店です!←気が早い☆


次にHAPPY CLAYに行きました。
日本人オーナーのお店だそうです。
カラフルなお皿が多いです。
上海やその近郊の土で作っているそうです。上海の周辺は砂がいいのでしょうね。無錫は茶器も有名だし。景徳鎮もあるし。日本へよいお土産になりそうだし、色がきれいなのでデイリーに使いたいですね。

お店の雰囲気も素敵でした。


小岩堂もいいですね。これは昔ながらの景徳鎮のお店です。
spinとはテイストが違うけど、こういう古典的なものも好きです。
絵は1つ1つ手書なので味があって素敵です。

マイセンやロイヤルコペンハーゲンに影響を与えたあの白地に青の青花もあります。
この食器を見ると、「器とか茶器とかは中国すごくいいもの持ってるよな…」といつも感心してしまいます。
指ではじくと(ご主人がやってくれる)とってもいい音がするんです。

日本にも卸しているお店なので、日本語が上手なご主人がいろいろ説明してくれます。
ここも帰国が決まったら買いたいお店です。

★spin(旋)
上海市静安区康定路360号
(北京、湖南にもある)

★HAPPY CLAY
東湖路20号

★小岩堂
水城南路51弄宝石公寓20−202







coupycrayon2006 at 19:27|PermalinkComments(0)上海で買い物 

2013年05月24日

ハーちゃん、サッカークラブに入る

ハーちゃんもサッカークラブに入れる年齢になったので、6歳以下クラス(U6)に入れてみました
年中だからルールも分からないし、な〜んにも分からない状態です。

お兄ちゃんと同じユニフォームが届いてうれしいハーちゃん
その日は着て寝てましたよ(その日気に入ったものを持ちこんで寝る人なのよね

練習時間はU10のファイファイと違うので、ファイファイの時間は私が付き添い、ハーちゃんの時間はダンナが付き添いと手分けして見学しています。

ファイファイはサッカー大好きっ子になり、喜んで練習に行っています
試合でも少しだけボールに触れるようになってきたかな。進歩進歩
コーチに「練習熱心。個人技とかがんばって練習していて上達が見られる」などと褒めてもらえました
ゆっくりゆっくりだけどファイファイなりの成長を見せてくれているので、これからも頑張ってほしい

さあ、ハーちゃんはどうかな?
ダンナにまかせっきりだったから、たまには見に行ってあげよっと
と思い、練習場に行ってみましたが……。

コーチの足にしがみついて離れないハーちゃん発見…
何人かコーチがいる中のお気に入りコーチ1人に目星をつけたらしくてからんでいる様子。練習しろー!

コーチに「ボールを蹴るんだよ。」と言われて、コーチにばっかりパスしてる。他の子と絡まないのか?
コーチもあきらめた様子で、専属になっている模様…すみません

チーム内でミニゲームをするも、ルールが分からないらしい。
まあ、それはおいおい分かるようになるとして、皆1つのボールを追いかけている中、ハーちゃんだけが

僕にパスが来ない

と怒って脱走……

しかたなくコーチがハーちゃん専用ボールをもう一個入れてくれて、それを嬉しそうに1人追いかける…
そのボールを他の子が取ると、怒ってまた脱走おいおい

「最初は練習時間の半分は脱走してたよ
と、ダンナ。
完全に問題児じゃん…

他のお母さんに聞いてみたけど、年中だとそんな子いるいると慰めてくれました。
少しずつチームでやることを理解して、形になってくれればいいんだけど…。ドリブルとかなんかはまじめにやればできるみたいです。

なかなか集中力が続かないのかねえ。それに短気でわがままな奴だからなあ。
協調性とか学んでくれればいいんだけど。

以前、ダンナの話によると、練習時間が終わり、コーチが
「最後の号令掛けたい人
と子どもに聞いたら

「僕がやりたい

と、ハーちゃんが真っ先に手をあげたらしい。
ええ〜!練習さぼってたのに?
と意外な気持ちで見ていたら

「きりつ!ふれー!」

などと意味不明な号令をかけていたそうな。
「起立!礼!」でしょーが。

まだいろいろ分かっていないって感じですね。
分かってないのに勢いだけでやっちゃう物怖じしない性格がすごいね。

うわ〜、ファイファイと正反対の心配内容で見てるの辛いわ。

ファイファイはもどかしくて目も当てられない系。ハーちゃんは自分勝手すぎて目に余る系。週末は胃が痛いなこりゃ。

まあ、来年ぐらいに形になってくれればいいね。今年はすべてをあきらめて見てようか

coupycrayon2006 at 00:08|PermalinkComments(2)ハーちゃんワールド 

2013年05月22日

幼稚園の遠足 チョコレートハッピーランド

鳥インフルエンザも中国で収束宣言。鶏肉も怖々食べ始めてます
今日は鳥インフルの影響で延期になっていた幼稚園の遠足が行われました

秋の遠足は公園と予想外なイモ掘りでした。春の遠足はどんなビックリが待ち受けているのでしょうドキドキ
中国が長くなってきても、予想外の驚きがまだまだあるので、年齢とともに体力的にも精神的にも疲れやすくなってきているのですが、ハーちゃんのためにGO

バスで上海万博跡地にできたらしい「チョコレートハッピーランド(巧克力开心乐园)」というところに行きました。

5~6mはあるかというビニールでできたケーキの形の大きな遊具がたくさん!かわいいじゃん!
よじ登って落下しても痛くないので、子どもたちも喜んで大きなケーキに登る登る!
ケーキにたかるアリのごとく子どもが遊んでいました

それからおそらく万博の箱物の再利用であろう展示場には、いろんな展示品がありました。
中に入ると砂糖の甘い香りが
キティーちゃんの砂糖細工のおうちや、クレヨンしんちゃんの砂糖細工がたくさんありました。
お土産に売ってる缶入りドロップもワンピースやらナルトやらあられちゃんやら…。
こう言う時、なんで喜羊羊(中国が誇るオリジナルの羊のアニメキャラ)使わないんだろう。素朴な疑問。

ブログの写真機能が不調なのでUPできませんが、残念〜!展示品はかわいかったです

それからもっと奥の方に行くと、キティーちゃんの着ぐるみや、お菓子のキャラクターの着ぐるみがいました

お菓子のキャラクターはマカロン?みたいなのとか、とうもろこし?みたいなのとか、弱ったスポンジボブみたいなのとか微妙〜なキャラたちばかりでした

わーい、ゆるキャラゆるキャラ!!

と思い、近づいてみたのですが、待てよ…?
このゆるキャラ、130センチぐらいなのよね。

小さい大人が入っているのかな?
と思っていましたが、裏方が垣間見えた時に、ゆるキャラの中の人が見えたんです…。

子どもが入ってる…

平日の水曜日の午前中、小学校に行ってるはずの時間なのに…。

どういうこと?どういうこと?
色が浅黒くて痩せた感じの小学校低学年ぐらいの子たちでした。まさか学校にも行けず農村から出稼ぎに?

ドーーッ←精神的ストレスの音。

嫌なもの見た…

いやいや、ここは上海だよ!都市部で堂々とこんな事して許されるのかな?
さ、さすがに今時ねえ。じ、地元地域の学校のボランティアの子どもたちが交代でやっているのでは?動揺

さすがにそれもないよねー!

中国の演劇学校?の子たちとかを働かせているとか?
なんなんだろう??

なんか黒い現実の可能性を吹き飛ばしたくて、いい方に考えよう考えようとしてしまいました
人間ショックを受けると回避するためにいい方にとらえようとしちゃうんだね…。

その裏方を垣間見た時から、ついついゆるキャラ達が背負う苦労の重みと、周りの「チョコレートハッピーランド」の楽しくかわいらしいスイーツラブな内装を比べてみてしまいギャップが激し過ぎてショックを受けてしまいました。
またわが子や周りのまるまる肉好きのよい同学たちが、ゆるキャラに抱きついたりするのを見て、なんだかたまらない気持ちになりました。

ゆるキャラ達が無言で健気にかわいらしく手を振ったりしてくれたりするのを見たらせつない…。
複雑な気持ちになるから、頼む、中の人は大人を使ってくれーーーーー!
詳しい事情を知りたいけど、他の中国人ママたちにも事情とか聞きづらいしさー!

次に表演を見ました。
コックさんにふんした人たちが、調理器具を持って打楽器に見立てていろんな調理道具を叩いて演奏してくれました。男の人と女の人がくっついたり離れたりするベタな物語風の演出もあって子どもも喜んでいました。

ここまでが団体行動で、それからは自由行動。日本人の友達と一緒に行動する事にしました。お昼を食べたり、遊具で遊んだりと自由でした。

中はベンチやテーブルがたくさんあって、自由に使えて便利でした

ご飯を食べた後、まずは、パビリオンみたいなところから回ろうと、お化け屋敷風の真っ暗な建物に入ってみました。
きのこのオブジェがたくさんあって、ブラックライトやいろんな色のライトで飾られていて、子どもたちは怖がっていました。大丈夫だよ〜!

でもそこにもいた妖精みたいのに扮した子どもたち。
一言も発せずずっと静かに座っているだけでした。むうう。

お土産を買うためにまたゆるキャラたちがいるところへ戻ったのですが、誰もお客さんがいないためかゆるキャラ達、皆着ぐるみを着たまま低いステージに等間隔に腰をおろして、うつむいていました。物悲しい…。
私たちに気がついて、キティーちゃんだけあわてて来てくれてかわいく手を振ってくれました。
両手をほっぺに当てて楽しそうに動いてくれるたびに、なんか辛くなってきちゃいました。しくしく

次に「チョコレート王国」という建物に入ってみました。
これがきっとここのメインかな?

中に入ると甘いにおいがしました。
大きな彫刻がいっぱい飾られていて、それが全部チョコレートでできていました!

ロダンの考える人の彫刻風チョコレート像やら、ホワイトチョコレートで作られたサモトラケのニケやら、馬に乗ったローマ軍やらもういろいろ。「850kgのチョコレートを使って…」などと1つ1つに説明もありました。
建物の中にはチョコレートでできた建造物まであって、もうびっくり。

奥に行くと2m以上はあるピサの斜塔、エッフェル塔など凝りに凝ったチョコレート細工の建物もあり、壁には5m×3m以上はありそうなモナリザの絵がありました。モナリザはよく見るとトーストの焼き目を組み合わせて書いたものでした。

「このパン、カビないのかな?」
「やっぱりそう思った?」
「薬いっぱい入れて焼いたやつなんだろうね」

大人になるとどうしても舞台裏ばかりが気になる…。

そしてこのチョコレート王国を見て思った…これはバブルだ。バブルの発想だ。
なんだか着ぐるみの子どもたちの境遇も私の想像が正しければの話、格差社会も如実に表していて…。

いろいろ考えさせられる遠足になりました
遠足というか大人の社会科見学というか…。
前回は体力限界な感じで、今回は精神的にえぐられました…。疲労困憊

子どもは無邪気にビニール遊具よじ登ったり10元でできるカートとかに乗ったりして楽しんでいましたけどね。

☆追記
子どもと一緒に作れるチョコレートDIYなるものがありました。
まず型を選んで、いろんな色のチョコレートを湯煎で溶かして型に流し込み、最後に高速冷蔵庫みたいなものに入れて、5~6分で固まらせる事が出来ると言ってました。
型ももらえて、できたチョコレートは箱にきちんと納められてラッピングもあって100元でした。
そのほかにも「ピザ体験館」「ケーキを作れる(ちょっとあやふや)」ところもありそうでした。

coupycrayon2006 at 19:07|PermalinkComments(8)上海の幼稚園 

2013年05月09日

上海で七五三写真

今年はハーちゃんが5歳になる年です

七五三の年です

もちろん上海には神社がないのでここで七五三をやるわけにはいきません。

ところが素敵な日系フォトスタジオがあると言うではありませんか!

年に1回国慶節しか帰国しない事が多いcoupy家。その時に親戚をみんな呼んでお祝いをするべきか…とも考えましたが、国慶節の時は日本は平日だからなかなか皆の予定も立てにくいし、子どもの体調にも気を使うし、写真を撮るのに親たちはきちんとした格好をしたいからスーツだのなんだのが必要になるよね。それをトランクに入れて運ぶのはかなりお荷物。国慶節は10月だから七五三の子たちいっぱいで、写真の予約も撮れるかどうか…

いろいろ考えてみましたが、写真は上海で撮った方が、子どものコンディションがいい時に取れるし、帰国荷物もかさばらなくて済むし、2人の子どもの前歯がそろっている時を見計らって行けるからいいかもしれないと思い、こちらに行ってみました。

La-vie Factory
変身写真、結婚写真、入学写真、赤ちゃん写真、なんでもござれな写真館です

日系だから七五三の衣装もちゃんとありました!しかもかなり豊富〜!男の子の袴って日本でもあまり種類ないけど、ここは上海にもかかわらず豪華で素敵なのがいっぱいある女の子の着物もいっぱいありそう

ファイファイにも丁度いい機会だと思い、袴を着てもらい、一緒に撮る事にしました。

お兄ちゃんにはちょっと裾が短かったけど、上のはおりは丁度良いサイズが2着ほどあったので気に行った方を選べました。
La-vie Factoryはオークラガーデンホテル内にあるので、撮影は室内か室外か選べます。(コースによっては両方選べます)
室内も重厚感があって素敵だし、オークラガーデンホテルの庭はすごくきれいに整っているから、どちらも魅力的ですね

カメラマンも日本人の方で、明るく盛り上げて笑顔をいっぱい引き出してくれました。全く日本で撮るように撮れました

お値段も日本よりずっと安く、ハーちゃんの衣装代、着つけ代、3面台紙1つとネガが全部もらえて一番安いセットで1530元(2万円ぐらい)でした。(ファイファイの着付け料、レンタル衣装代別)台紙も高級感があって日本仕様。素敵でした!

上海で季節のイベント、七五三写真が撮れるなんて、すごい便利!
超大助かりです!!

髪のセットも隣接するIDEAという美容室があるので便利です。
着つけの方も日本語ペラッペラの中国人で、全く問題なしでした。

★La-vie Factory
上海市茂名南路58号花園飯店3階

coupycrayon2006 at 19:22|PermalinkComments(2)上海の生活 | ハーちゃんワールド