2007年08月13日

ぶらり北京☆グルメ5

長城を見た後はお待ちかね☆ランチタイム!!
今回の目標
☆いつもコンシェルジュなどに載ってるおいしそうなラーメンを食べる
☆おいしいパスタを食べる

北京でご飯はあまり食べたことがなかったので、かなり慎重に選んでみた。
こないだ日本に帰国した時にラーメンとモスバーガーを食べ損なった私。
ラーメンはかなり禁断症状が出ている…。

しかも、coupy一家は濃厚ラーメンが大好き!家系濃厚トンコツとかが好きなタイプ。
残念ながら天津でそういうラーメンにお目にかかったことがなく、北京にすがる思いだ。
で、行ってみたのは○屋ラーメン。
コンシェルジュとかでいつもおいしそうな写真が出てるので、かなり期待!
私は辛味噌、旦那はトンコツラーメン、麺は極太をチョイス。

結果…味薄ッ

極太麺はおいしかったけど、coupy一家が求めていた味ではなかったみたい。
薄味好きな方にはいいのかも。
うう、日本に帰って「娘娘」のラーメン食べたいっ 普段はあんまり感じないけどこんな時に日本に帰りたくなる。

夜はおいしいパスタを求めてGO。
中国でおいしいイタリアン!!これはかなり見つけるのが難しい。
香港でさえも、あんまりなかった!
なぜなんだろうと考えて、ふと思ったのが、イタリアンと中華って調理の仕方が違うのことが多いなということ。

麺はすごくやわらかくゆでる中華に対して、イタリアンはアルデンテ。
お粥はクッタクタになるまで煮るけど、リゾットは少し芯があるくらいがおいしい。
中華は油をうんと加熱して料理するけど、イタリアンはオイルをそれ程加熱させない。
中華は生のものが少ないけど、イタリアンは生ハム、カルパッチョなんかがある。
中華はチーズを使わないけど、イタリアンは何種類ものチーズを上手に使う。

だからか知らないけど、中国で食べるイタリアンは、パスタの麺は柔らかすぎ、チーズを使う料理はおいしくない、カルパッチョとかをおいしく作れる店がない、などと目も当てられない状況。赤ワインのお供にとは程遠い味ばかり。ガーリック系は結構いけるんだけど…。

香港でさえ、おいしいパスタを見つけるのは至難の業。
だから北京も気をつけないと、ドツボにはまりそう!!

ということで、失敗がないよう旦那が以前一度行ったことがある、北京の「橋場」の隣のLe Cafe Igossoへ。
ここは日本人が経営しているヨーロピアンスタイルキュイジーヌ。
階段を上ってドアを開けるとすぐバーになっているけど、奥のほうに進むと黒に近いこげ茶色を基調とした落ち着いた雰囲気のレストランになっている。
テーブルや椅子、クロスもとてもきちんとしていて清潔感があり、重厚な感じで統一されていて、大人の雰囲気。でも堅苦しい感じはなくて温かみがある感じ。
オーナーの撮った写真が壁にたくさん飾ってあるけど、よく雰囲気に調和していて素敵。
外テーブルもアリです。

ディナーのメニューは
生ハムとブルーチーズ
牛肉のカルパッチョ
シーザーサラダ
濃厚エビのクリームパスタ
イカ墨のリゾット
パンは自由に好きなものをチョイスできます。

生ハムは値段の割にお皿にいっぱい載っていて、かなりお得な感じ。塩気も少なくて美味。チーズとよくあう。
パスタは2品ともおいしかったけど、かなりあっさりしている感じ。
coupy一家は濃厚好きなので、もう一段階ほしいところ。

次の日は午前中、動物園の水族館に行った後、おいしいカルボナーラの店に行こうと思っていたけど、どうやら潰れたようだったので、まーたまたLe Cafe Igossoへ。
下手なイタリアンに入って失敗するのが恐くて再度来店。

こんどは
カルボナーラ
鶏肉とマッシュルームのクリームパスタ
マグロとアボガドのサラダ
をチョイス。

これは大当たり!!
鶏肉とマッシュルームのクリームパスタがすごくおいしかった!
クリームはゴルゴンゾーラチーズが入っていると思われる!
そこに店員さんがパルメザンチーズを削ってかけてくれた。(ここポイント高し!)
いーっぱいかけてもらって食べたけど、これは大満足!!
これよ!この濃厚さ!!旦那と二人で大喜び。
マグロとアボガドのサラダもおいしかった。

このパルメザンチーズは昨日は気がつかなかったんだよね〜!
昨日のイカ墨リゾットと、シーザーサラダ、エビパスタにかけてたら、更にもう一段階濃厚になって私達好みの味になってたんじゃないかな〜?気付くのが遅かった!!

でも発見できたので2回来た甲斐があった!!というものです。

また北京に行ったら寄っちゃいそう
念願叶い、大満足なパスタにありつけました


☆Le Cafe Igosso
北京朝陽区国貿橋下向南700米東建外SOHO斜対面燕園賓館南側
(これって住所か?とにかく「橋場」の隣です)
昼11:30〜夜1:00
010-8771−7013



coupycrayon2006 at 23:42│Comments(4)天津ごはん情報 

この記事へのコメント

1. Posted by ちゃちゃい   2007年08月13日 23:51
Cafe Igosso・・行った事があります。
個人的には三○公○のイタリアンよりも
好きです。
イタリア人が日本のイタリアンを
ほめてるくらいだから日本は
レベルが高いようですよ。
中国もそこまで追い付けるかな?
2. Posted by coupy   2007年08月14日 17:03
☆ちゃちゃいさん
イタリア人が日本のイタリアンを褒めてくれてるなんてウレシイ!!
やっぱりイタリア料理はおいしいですよね。
だから期待してお店に入るから、これだ!っていう味がないと、ガッカリ感が強くなっちゃう。
そして好みが合うお店が見つけられたら幸せですネ♪Cafe Igossoはおいしいし、雰囲気も良くていいですねーー☆
3. Posted by kimuchi   2007年08月15日 21:11
おーっ、偶然。 我らも北京へ行ってたんだよ。
炎天下、遊園地へ行ってました。 でも子供が多かったし疲れたので、手っ取り早くホテルで食べてしまいました。 う〜ん、今度はグルメな旅がしたぞ〜。 coupyちゃん大絶賛(語り口が興奮気味だよ)のそのイタリアン、行ってみたいわん。 
4. Posted by coupy   2007年08月16日 16:10
おお!そうだったの??
本当に暑い日だったよね〜〜!
私は動物園と水族館にもいったの。遊園地もあるの?知らなかったー!
天津のイタリアンは…なだけに、北京では!って期待が大きく膨らんじゃってネ。興奮しちまったよ♪
それにしても北京は大きいねえーーー!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字