野菜料理研究家・食と農コンサルタント 有限会社 コートヤード代表取締役 新田 美砂子 Misako Nitta のブログ キッチンを飛び出し、各地の農産物の現場を見て回り、 マルシェや畑で野菜漬けの日々を送った後 農産物などを使った地域資源を使った地域産品開発・ メニュー開発などを行っている。 歳を重ねても美味しく楽しくお酒を飲みたい! 美味しいおつまみとお酒を楽しみたい! という想いから「べジつま」活動中!

心もお腹も満たす食を提供します


フリーズドライ漬物

DSC_5461














少し前に京都のデパートで見つけたフリーズドライの漬け物各種。
写真の3種のほかにも、
菜花漬けとか、赤かぶ漬けとかキムチ等各種いろいろありました。

水でもどしてもいいし、
温かいご飯にいれれば、ご飯の水分ですぐ戻るし、
そのまま口にいれてもいいという品。

フリーズドライ商品は確実にアイテムが増えていますね。
海外のお土産にもいいですが、
ちょこっとお弁当に入れたいときや、
非常食にもなりますね。
あとはこのままおつまみにも。

缶詰のたくわんも美味なのですが、これはもっと軽いから
持ち運びにいいですね。

漬物も進化しました。

久しぶりに大型スーパーの野菜売り場にいきました

ちょっと時間があったので、仕事のあとに
東京都下の大手Iスーパーの青果売り場を
みてきました。
昨日はたまたま青山でナチュラルハウス本店を
みてきたばかりなので、なんともギャップがあり
面白かったです。

東京都下の中央線沿線の駅前にある大型店でしたが、
青果売り場の面積とアイテム数の多さにびっくり。
そのなかで、カット野菜のセットや鍋用野菜セット
などのパック商品が本当に増えているのが
印象的でした。
またかご盛りのお買い得野菜コーナーがあったり、
春野菜コーナーに南からきた春野菜がたくさんがあったり・・・
そして契約農家や自社農場の野菜の多さにもびっくり。

消費者のニーズも多様化しているので
簡便性が大事なお客様にはパックやキット野菜。
野菜は安いのを買わなきゃと思うお客様にはお買い得野菜。
旬や鮮度を重視するお客様には春野菜。

いろいろなターゲットのお客様に対応しないと
大型スーパーも生き残っていけない時代になったんでしょうか。
お客様のニーズも多様化している時代に対応しようと
しているのかなと感じました。

数か月前、同じスーパーの鮮魚のバイヤーさんと話す機会があり、
それぞれの店舗で売るアイテムを柔軟に変えることができたり、
地域の食材を使って新しい商品を作ったりすることができるように
なったと聞きました。

どういうお客様に何を提供していくのかお店も明確に打ち出さないと
いけない時代になっているのは確かですね。

ひとつの店舗でもいろいろなターゲット向けの商品を提供したり、
あるいはあまり大きくない専門化・特化した店舗が増えてきたり。

時代はどんどん変わっていますね。





東京オリンピックとオーガニックフード

2020年の東京オリンピックまであと5年。
オリンピックには世界各国から人があつまり、
そこで供される食にはガイドラインが必ず作られます。

先日、フードマーケティングセミナーで
2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ オリンピックの
食品調達基準(フードビジョン)の仮訳をいただきました。
そこには、ビジョン、テーマ、コミットメント(公約)、レガシーなどが
書かれています。

基準には、どんな食品をどのように調達して提供するかが、
食品の項目ごとに細かく記載されています。

ロンドンもリオにおいても、
「食品の持続可能な調達」ということが書いてあります。

たとえば、リオの野菜、果物、米、豆の基準は、
ブラジルの法律で定めr間れた有機農産物の認証シールがあるもの。
 ・有機野菜を毎食のサラダや野菜料理に使用する
 ・旬の青果物を使用する
 ・有機、フェアトレード、他認証の青果物の調達目標を設定する
 ・有機でない青果物の調達の際は、持続可能なネットワーク基準を
  充たす青果物を優先

日本も2020年のオリンピックに向けて、このような基準を作成して
世界に発信しなければならないのです。

ロンドンもリオも、食に関する基準がかなり事細かで
食に対する姿勢というものが明確になっています。
国内の「持続可能な食に対する意識」はそこまでないのが現状です。
リオもロンドンもやっていることが、東京で不可能??それはまずい??
どうするのでしょう??
日本の農や食の意識が問われるのがこのオリンピックなのかもしれません。

欧米でのオーガニック食品のニーズは高まっていて、
供給が不足している実態をセミナーで知りました。
オーガニックマーケットは、
ヨーロッパでは、2008年以降年率平均7.5%で急成長、
アメリカの2014年は11,3%の成長率です。
一部の人達のものではなくなってるということは事実です。

世界で食に対する意識の変化が現れてきていることの表れなのでしょう。

オーガニックに対する認識はまだまだ誤解や、理解しづらい部分があります。
国内でのマーケットも小さいものです。
ただ、海外からの輸入のオーガニックフードは少しずつ増えているなということを
買い物のときに感じます。普通のものとオーガニックのものが両方おいてあったり・・・

「体にやさしい食」、「環境にやさしい食」のニーズは少しずつですがわが国でも
高まっているような気がします。

今回オリンピックの基準をを通じて、またセミナーを通じて
世界がここまで来ているということを目の当たりにして、
日本の農や食がどうあるべきなのか、改めて考えてしまいました。
プロフィール


新田美砂子 Misako Nitta

べジつま研究会主宰 野菜料理研究家 食と農コンサルタント
(有)コートヤード代表取締役

全国各地の食材や農産物を使ったメニュー・商品開発を 行っています。!

キッチンから畑、マルシェなどでの現場経験を生かした 食と農のスペシャリストとして仕事をしています。

べジつま研究会主宰。

べジつまは、歳を重ねてもヘルシーに美味しく楽しく

大切な人達とお酒が飲めるように考えたおつまみ
べじつま研究会(食事会)・WSも開催

お問い合わせ メールフォーム
有限会社 コートヤード Web

ギャラリー
  • フリーズドライ漬物
  • 今金男爵いも
  • 今金男爵いも
  • 家庭料理の金額
  • こういうトマト買わなきゃ!
  • ワッサー
  • 愛知の伝統野菜 ちりめんかぼちゃ
  • 愛知の伝統野菜 ちりめんかぼちゃ
  • 愛知の伝統野菜 ちりめんかぼちゃ
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ